NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20170826 晩夏の散歩道:カワラハンミョウを探して日本海の浜へ

DIARY Vol.11 (754): #18, 2017 :

夏の終わり(8月下旬)に日本海の海岸を昆虫写真家の山口 進さんと訪れました。目的はカワラハンミョウというちょっと綺麗な甲虫の撮影です。ムムム---ハマベ(浜辺)なのにカワラ? ----と思われるかもしれませんが、このハンミョウは河原以外に海岸にも棲息しているのです(むしろ海岸の方の分布が広いかも)。近年はその数が減ってしまい、なかなかその姿を見ることができません。環境省のレッドデータブックの絶滅危惧II類(VU)に認定されています。

カワラハンミョウの浜
夏の終わりの浜辺は、歩く人も少なく、聞こえるのは打ち寄せる波と風の音のみ。
日差しはまだ勢いを失っておらず、遮るものも無い浜辺を歩くと汗が噴き出てくる。

d0090322_10103645.jpg
----日本海の浜辺
----
(August-26-2017, Niigata, Canon EOS M6, EF 8-15mm F3.5 IS STM)



アオスジアゲハの吸水
一頭のアオスジアゲハが海岸で吸水していた。

これまで何度かアゲハチョウの仲間が海水で吸水するのをみています。体の浸透圧を一定に保つために、塩分が多い海水を飲むことができない我々ホモサピエンスにとっては、海辺吸水シーンは違和感を覚えます。虫の浸透圧調節機構は、人間のものとはかなり違うのかもしれないな。

d0090322_10104856.jpg
d0090322_10105822.jpg
----アオスジアゲハの吸水
----
(August-26,12-2017, Niigata, Canon EOS M6, EF 100mm F2.8 IS USM)



カワラハンミョウ

タオルで汗をぬぐいながら歩いていくと、突然、足元からハンミョウが飛び出した。
目的のカワラハンミョウだ。
数年前にこのハンミョウにあっているので、今回は冷静に観察できるのが嬉しい。
このハンミョウは白地に黒い紋があり、それが背景に溶け込む(カモフラージュ)。
それでなくても目があまりよくない僕は、目を離すと見失ってしまうくらいだ。

d0090322_10112118.jpg
d0090322_10121655.jpg
d0090322_10122644.jpg
----カワラハンミョウ
----
(August-26,12-2017, Nagano, Canon EOS M6, EF 8-15mm F4 USM, EF 100mm F2.8 IS USM)


このハンミョウの紋には個体差がある。
下の写真は黒い紋が少ない(白い部分が多い個体)。

d0090322_10124074.jpg
d0090322_10125155.jpg
----カワラハンミョウ
----
(August-26,12-2017, Nagano, Canon EOS M6, EF 100mm F2.8 IS USM)


d0090322_10132229.jpg
d0090322_10133388.jpg
d0090322_10134706.jpg
----カワラハンミョウ交尾
----
(August-26,12-2017, Nagano, Canon EOS M6, EF 8-15mm F4 USM, EF 100mm F2.8 IS USM)



エリザハンミョウ

d0090322_10140173.jpg
----エリザハンミョウ交尾
----
(August-26,12-2017, Nagano, Canon EOS M6, EF 100mm F2.8 IS USM)



Written by 虫林花山


# by tyu-rinkazan | 2017-09-17 10:18 | ■甲虫 | Comments(0)