NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20160918 秋雨の中での散歩道;クヌギシギゾウムシなど

DIARY Vol.11 (731): #27, 2016 :
 
今年は次から次と台風が接近・上陸するので、週末は天候不順。
今回の3連休のうち唯一フリーの中日(18日)も雨模様。
楽しみにしていた友人たちとの蝶写撮影行が流れてしまいました。
残念ですが、虫屋は「泣く子と雨には勝てない」のです。

虫林は「全天候型ウィークエンドナチュラリスト」を自認している。
そこで、朝食後にぶらぶらと里山の雑木林を散歩することにしました。


秋めく里山

d0090322_21251232.jpg
---- 色づく稲田
----
(September-18-2016, Yamanashi, Canon EOS M3, EF40-70mm f/4L IS USM)


雨の中、黄色い稲穂にウラナミシジミを見つけた。

d0090322_21254140.jpg
---- ウラナミシジミ
----
(September-18-2016, Yamanashi, Canon EOS 5D M-III, EF100mm Macro f/4L IS USM)

d0090322_21263817.jpg
---- 戦うアメリカザリガニ
----
(September-18-2016, Yamanashi, Canon EOS 5D M-III, EF100mm Macro f/4L IS USM)



クヌギ林にて

d0090322_21271755.jpg
----台場クヌギ
----
(September-18-2016, Yamanashi, Canon EOS M3, EF40-70mm f/4L IS USM)


雨が止むと突然ウラギンシジミが飛び出した。

d0090322_2128987.jpg
d0090322_21283557.jpg
----ウラギンシジミ♀
----
(September-18-2016, Yamanashi, Canon EOS M3, EF40-70mm, EOS 5D M-III, EF100mm Macro)


クヌギの幹の穴の周囲にキイロスズメバチが集まっていた。
どうやら営巣しているのかもしれない。

d0090322_21294034.jpg
----キイロスズメバチ
----
(September-18-2016, Yamanashi, Canon EOS 5D M-III, EF100mm Macro f/4L IS USM, MT-EX24)



クヌギシギゾウムシ

クリシギゾウムシ、コナラシギゾウムシ、ハイイロチョッキリは撮影していた.
でも、クヌギシギゾウムシやツバキシギゾウムシは出会ったことがなかった。
本日はクヌギ林で、クヌギシギゾウムシを探してみることにした。

熟したクヌギの実の上に口吻が長いシギゾウムシ。
クヌギシギゾウムシに違いない。

d0090322_2130037.jpg
----クヌギシギゾウムシ
----
(September-18-2016, Yamanashi, Canon EOS 5D M-III, EF100mm Macro f/4L IS USM, MT-EX24)

d0090322_21305847.jpg
d0090322_21313144.jpg
d0090322_213282.jpg
----クヌギシギゾウムシ
----
(September-18-2016, Yamanashi, Canon EOS 5D M-III, EF100mm Macro f/4L IS USM, MT-EX24)




虫眼鏡ノート

本日は朝から雨模様でなかなか止まなかったので、傘をさして、長靴を履いて里山を散歩した。こんな時は家でゆっくりすれば良いのだが、ぼくにとってのフィールド散歩は気分転換とともに健康維持の目的もあるので、雨でもとにかく出ることにしている。今回は目的としたクヌギシギゾウムシを見ることができて嬉しい。来年は是非とも日本一口吻が長いといわれているツバキシギゾウムシにも挑戦してみたいなと思っています。


Written by 虫林花山


# by tyu-rinkazan | 2016-09-19 21:32 | ■甲虫 | Comments(0)