NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

2010620 雑木林の散歩道:クロミドリシジミなど

Nature Diary #0329
Date: June 20th (Sunday), 2010
Place: Yamanashi Pref.
Weather: Cloudy



§ Diary §

梅雨の候。

今週末は 蝶山人さんご夫妻神奈川のHさん とご一緒して、自宅近くのクヌギ林にゼフ撮影に行きました。何しろポイントまでは虫林の自宅から車で10-15分くらいの距離ですから楽ですが、遠くから来られる方にとっては早朝の待ち合わせ時間は気の毒で-----とか何とかいいながら、待ち合わせ時間に遅れたのは何を隠そう虫林だけでした。まったく!



ウラナミアカシジミ; Zebra Hairstreak

何しろ梅雨の最中なので、今日も朝からドン曇りでムシムシしていました。しかし、突然、雲が切れて富士山が顔を出したのには驚きました。

富士山には綺麗な笠(傘)雲が掛かっています。

笠雲はレンズ雲(Lenticularis)の一つで、悪天候を知らせる観天望気の一つとされています。すなわち、これから天候が悪化することを意味しているのですが、雲ひとつ無い富士山よりも笠雲がかかった富士山のほうが綺麗ですね



飛び出したウラナミアカシジミを追っていた 蝶山人さん が、「クズの葉に降りたウラナミアカシジミの背景に富士山が見えますよ~」と声をかけてくれました。なるほど良く分かっていらっしゃる、富士山バックの昆虫写真は、山梨に住む虫林の永遠のテーマでもあります。

d0090322_2237914.jpg
#1: 葉上に静止するウラナミアカシジミと富士山

.
A Zebra Hairstreak resting on the leaf in the background of Mt. Fuji.
Olympus E-3, ZD35mm Macro, ASA800, Flash(+)
(2010-June-19, Kofu)



まだ、やや薄暗い上に、富士山を背景に入れるには35mmマクロレンズで大きさはちょうど良さそうでした。しかし、背景を出すにはシボリはかなり入れなければなりませんが、そうするとシャッター速度が遅くなります。

ウーム、三脚は家に置いてきたし、一脚は修理中。さすがに手持ち撮影ではブレが怖いので、外部ストロボを装着して補助光を弱く入れました。

d0090322_123360.jpg
#2: 葉上に静止するウラナミアカシジミと富士山

.
A Zebra Hairstreak resting on the leaf. in the background of Mt. Fuji.
Olympus E-3, ZD35mm Macro, ASA800,
(2010-June-19, Kofu)



そんなことで、ゼブラのアップは最後になってしまいました。
実は、これが今年初めてゼブラですので、結構、嬉しかったりもします。

d0090322_2243611.jpg
#3: ウラナミアカシジミ

.
A Zebra Hairstreak resting on the leaf.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA800,
(2010-June-19, Kofu)




クロミドリシジミ; Copper Hairstreak

本日の目的はクロミドリです。

このチョウは不思議と木を選ぶようで、クヌギがあればどこにでもいるというわけにはいきません。また、大木論もしかりで、大きいクヌギだからといってもそこにいるとは限らないのです。虫林の見つけた場所では、比較的細い木でも発生がありました。ただ、太い木に発生しやすい傾向はあるようですね。さらに、共通した条件は、発生木の前が開けていることでした。

つまり、ある程度の日光と風通しの良さが条件です。たしかに、虫の幼虫でも、人間様でも日光と風通しは大事ですよね。

d0090322_2247116.jpg
#4: 葉上で休むクロミドリシジミ

.
A Copper Hairstreak resting on the leaf.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400, Flash (+)
(2010-June-19, Kofu)


d0090322_22494063.jpg
#5: 葉上で休むクロミドリシジミ

.
A Copper Hairstreak resting on the leaf.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA800
(2010-June-19, Kofu)



蝶山人さんが、撮影したクロミの紋が異常ではないかと教えてくれました。確かに、みると後翅裏面にある大きな橙赤紋の中の黒い点が良くわかりません。角度で見えにくいのかもしれないなと思いましたが、それにしてもおかしいです。

d0090322_22521855.jpg
#6: 斑紋異常(後翅裏面赤紋内黒点消失)のクロミドリシジミ

.
A Copper Hairstreak with abnormal patch of hindwing (a lack of black spot with in red patch)
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA800
(2010-June-19, Kofu)



ミズイロオナガシジミ; Black-banded Hairstreak

本日はどういうわけかミズイロオナガも多数見ることができました。今まで、これほど多くのミズイロオナガをこの場所で見たことがありませんでした。

少し日が差して明るくなったときに、翅を開いてくれました。

d0090322_22523515.jpg
#7: 葉上で開翅するミズイロオナガシジミ

.
A Black-banded Hairstreak resting on the leaf with the wings opened.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400, Flash (+)



スミナガシ; Constable

クロミ撮影の後、H氏とともにアサマポイントに移動するときに、少し立ち寄った場所で、スミナガシを見ることができました。残念ながらこの時期ですと、ピカピカのオニュウというわけにもいかず、翅の一部が欠損していました。

d0090322_2252497.jpg
#8: 倒木上で日光浴するするスミナガシ

.
A Constable basking on the leaf with the wings opened.
Nikon Coolpix P100



でも、虫林はスミナガシ(墨流し)という名前がとても好きなのと、このチョウの色彩にはなんともいえない魅力を感じてしまいます。せっかく近接できたので、図鑑用のアップ写真も撮影してみました。

d0090322_2253491.jpg
#9: 倒木上で日光浴するするスミナガシ

.
A Constable basking on the leaf with the wings opened.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400



アサマシジミ; Sky Blue

アサマシジミの本命ポイントに行く途中で、なかなか良い場所に出会ってしまいました。H氏によれば、そこは以前からアサマの噂があったところらしいです。車を降りて歩いてみると、青紋が発達したアサマシジミが飛び出しました。

d0090322_22531975.jpg
#10: 葉上で開始するアサマシジミ♂

.
A male of sky blue resting on the leaf with the wings opened.
Olympus EP-1 Pen, MZD 17mm, ASA640


d0090322_22533481.jpg
#11: 青紋が発達したアサマシジミ♂

.
A male of sky blue resting on the leaf with the wings opened.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400


d0090322_22535255.jpg
#12: 青紋の発達が弱いアサマシジミ♂

.
A male of sky blue resting on the leaf with the wings opened.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400



甲虫; Beetles

d0090322_2254953.jpg
#13: ゴマダラオトシブミ

.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400

d0090322_22542610.jpg
#14: ホソキリンゴカミキリ

.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400



**************************************************

§ Afterword §

久しぶりにクヌギバヤシのゼフ撮影を堪能できました。さらに、虫林がこれまで知らなかった(もともとあまり知らないけどね)貴重なアサマシジミのポイントを2箇所も追加できたので言うことなしです。

当初、クロミの記事はアップしようかどうかためらいましたが、あまりそのようなことに気を使ってばかりいると疲れますので、自然体でアップすることにしました。とにかく、自然や昆虫たちを慈しみながら楽しみたいと思います。

本日、同行された蝶山人さん、Hさん、楽しい撮影行を有難う御座いました。
クロミ撮影はまた来年チャレンジしましょうね。




以上、 by 虫林花山
Commented by yoda-1 at 2010-06-22 04:35
クロミドリシジミというのがいるのですね。
最初にその生息地を見つけられた際は、さど興奮されてことと推察します。
アサマシジミのマクロ画像も素晴らしいです。
ごく普通種であるミズイロオナガの開翅画像ですが、経験の浅いYODAは
このシーンに遭遇したことがありません。すごくうらやましいです。
Commented by 蘭丸 at 2010-06-22 04:37 x
虫林san、おはようございます。
2枚目のウラナミアカと富士山の画素敵です。
私はと云うと、今年はナゼカ、ミズイロに振られ続けております。。。
拙ホームページに 今年の ミドリシジミ をアップ中です。
ナカナカ更新が捗りませんが、御笑覧頂けましたら幸いです。
http://www.aoi-hotyuuami.com/10Zeph_newpage1.html
ホタルの観賞時期と重なってしまい、「卍巴」を狙えないのが残念です。。。
Commented by 蝶山人 at 2010-06-22 05:12 x
本当にお世話になりました。
虫林先生のお人柄で楽しい撮影行でした。
クロミの開翅という来年の宿題も楽しみです。

斑紋異常個体♂かと思ったら♀でした。
反対側右翅は正常でした。
Commented by ダンダラ at 2010-06-22 09:18 x
クロミドリシジミ、今回は成果があってよかったですね。
それに何と言っても富士山背景のウラナミアカは秀逸です。
撮影できる場所は限られていますもんね。
アサマシジミも新規ポイント追加と成果の多い一日でしたね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-22 11:33
私もウラナミアカと富士山に驚きました。蝶山人さんは今年白馬三山とギフチョウ、クモツキと北アルプスに続く引きの強さですね。
アサマシジミそちらでも青い面積の広い個体もいるのですね。
Commented by banyan10 at 2010-06-22 17:45
富士山背景のウラナミアカ素晴らしいですね。
こんな撮影機会に遭遇したいものです。
ミズイロオナガの開翅は今年も厳しい時期になってしまいました。新鮮な個体のようで綺麗です。
Commented by ヘムレン at 2010-06-22 21:52 x
富士山とウラナミアカ・・・いいシチュエーションですね。
クロミはやっぱり素晴らしいです。黒点消失型とは、驚きです(**)
アサマもいい色だし、ミズイロの開翅も見事です。いい休日になったのではないでしょうか。
Commented by hirax2 at 2010-06-22 23:22
青の強くでたアサマはまさにSkyBlueで素敵ですね。
こんな個体に出会うと、思わず嬉しくなってテンション上がります^^)
ミズイロオナガの開翅も初めて拝見させてもらいました。
Commented by 虫林 at 2010-06-23 06:22 x
yodaさん、
コメント有難うございます、
クロミドリシジミの生息地は見つけた時にはとても嬉しかったですね。
ミズイロオナガは沢山いますが、開翅はなかなか見ることが難しいかもしれません。今回のものは、白い紋が発達していてとても綺麗でした。
Commented by 虫林 at 2010-06-23 06:24 x
蘭丸さん、
コメント有難うございます。
ミズイロオナガは今年はどういうわけかこちらでは多数の個体がみれました。昨年はさっぱりだったのに不思議なものですね。
後ほど立ち寄らせていただきます。
Commented by 虫林 at 2010-06-23 06:27 x
蝶山人さん、
ご苦労様でした。
おかげさまで、こちらこそ楽しい撮影行になりました。
蝶山人さんの富士山バックの写真を見せていただきましたが、良いじゃないですか!またご一緒しましょう。
Commented by 虫林 at 2010-06-23 06:29 x
ダンダラさん、
コメント有難うございます。
富士山バックでのポイントは非常に限られますね。
この場所は、数少ない良い場所だと思います。アサマシジミの新しいポイントでは、青紋が発達して綺麗でしたので嬉しかったです。
Commented by 虫林 at 2010-06-23 06:41 x
kmkurobeさん、
コメント有難うございます。
なるほど、蝶山人さんは山バックの写真の引きが強いみたいですね。
小生もおこぼれにあずかりました。
アサマシジミはこの場所では比較的青紋の発達が良好みたいですね。
Commented by 虫林 at 2010-06-23 06:44 x
banyanさん、
有難うございました。
富士山バックポイントはあまり多くないので、この場所で富士山が見れたのはラッキーでした。
ミズイロオナガは開翅するととても上品な色でいつも感激します。
今年は発生が遅れているようですので、まだ行けますよ。
Commented by 虫林 at 2010-06-23 06:46 x
ヘムレンさん、
有難うございます。
曇り空の割に、結構撮影できましたね。
クヌギ林はこの時期にはいいですね。クロミドリは開翅が撮影できずに残念でしたが、またトライしてみたいと思います。
Commented by 虫林 at 2010-06-23 06:48 x
hiraxさん、
コメント有難うございます。
アサマは場所により青紋の出方が異なっていて思い白いですね。
この場所では比較的青紋の面積が広くて綺麗でした。でも、このような場所はすぐに無くなってしまいますので、大事にしたいものですね。
Commented by clossiana at 2010-06-26 21:03
先日クロミを目の前にしながらミドリ♀だと勘違いするという大失態をやらかしました。でも本来なかなか見られない筈の蝶が街中の公園にふいに現れると間違いますよね?それとも私だけかな?
Commented by 虫林 at 2010-06-28 20:28 x
clossianaさん、
コメント有難うございます。
クロミは意外に市街地のクヌギにも棲息しているみたいですね。僕のポイントも市街地の自宅からは程遠くありませんので、緑の残された公園であればあり得ますよね。
是非ともフォローアップしてみてください。
by tyu-rinkazan | 2010-06-21 22:55 | ▣クロミドリシジミ | Comments(18)