NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20110102 初散歩:オオムラサキの越冬幼虫など

Nature Diary #0365
Date: January 2nd (Sunday), 2011
Place: Kofu, Yamanashi Pref.
Weather: fine




<お正月と寅さん>
このところの不景気のせいなのか、テレビ番組の軽佻浮薄は目を覆うばかりです。もしも番組製作費が不十分なのであれば、いっそのことお正月期間中には 「男はつらいよ」 シリーズを片っ端から流してほしいと思います----本当は自分が見たいだけ?

やはり日本のお正月はフーテンの寅さんですよね。




§ Diary §

お正月2日の午前中は、ある山岳用品専門店の福袋を1個購入するのが恒例になっていましたが、今年はどういうわけかお店の福袋企画がありませんでした。そこで、近くの散歩道のひとつである 「武田の杜」 に初散歩(散歩始め)に行くことにしました。

本日は天気が良いので、遠くの山々がとても綺麗に見えました。よく訪れる「クリの小径」から南方に目をやると、甲府市街地と御坂の山々そして富士山が見はるかされました。
d0090322_1922363.jpg
武田の杜から甲府市街を望む

.
It was chilly but fine in the morning. I visited my favorite point, Takeda forest, to see some overwintering insects. From the hill-top point, I noticed a beautiful landscape of Mt. Fuji behind the Kofu city.
.
Olympus E-3, ZD8mm, ASA 200



オオムラサキの幼虫; Caterpillar of the Great Purple

エノキの大木の下の枯葉を少しめくってオオムラサキの越冬幼虫を探してみました。ここは毎年幼虫を見つけている場所なので、数分もあればその姿を見ることができます。基本的にオオムラサキの幼虫は、エノキの木の北側で多く、木に近いほど密度が濃いようです。

落ち葉(エノキ)にひっそりとくっついてる幼虫を撮影。
d0090322_1922215.jpg
越冬するオオムラサキの幼虫

.
A caterpillar of the Great Purple overwintering on the dry leaf.
.
Olympus E-P1, MZD14-42㎜, ASA 200



30分ほどの間に5頭ほどの幼虫が見つかりました。
幼虫を集めて集合写真を撮影しても仕方がないけどせっかくだからハイチーズ。

何度見ても背中の4対のでっぱりがクールだな。
d0090322_19223679.jpg
d0090322_19321671.jpg
越冬するオオムラサキの幼虫

.
Caterpillars of the Great Purple overwintering on the dry leaf.
.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II



ゴマダラチョウの幼虫; Caterpillar of the Japanese Circe

同時にゴマダラチョウの幼虫も見つかりましたが、こちらはオオムラサキに比べて数が少ないようでした。成虫は明らかにオオムラサキの方が大きいですが、幼虫の大きさはゴマダラチョウの方が大きいみたいです。

d0090322_19324051.jpg
越冬するゴマダラチョウの幼虫

.
A overwintering caterpillar of the Japanese Circe
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II



ホオジロアシナガゾウムシ; Mecysclobus erro

昨年最後のNature Diary (ND)で、アカコブコブゾウムシという森のダッコちゃんをご紹介しましたが、今回は別のダッコちゃんであるホオジロアシナガゾウムシを見つけました。この仲間にはカシアシナガゾウムシもいますが、虫林の経験ではこのホオジロアシナガゾウムシが他種よりも少ないように感じています。

とにかく、虫が少ないこの時期に、細い枝先でじっと冬が明けるのを待っているダッカチャンたちはとても健気に見えるばかりでなく、たくましくも見えますね。
d0090322_1924377.jpg
d0090322_19241723.jpg
d0090322_19243191.jpg
ホオジロアシナガゾウムシ

.
A winterpassing elephant beetle, Mecysclobus erro, tightly holding the small branch with the long legs.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II



キイロテントウムシ; Illeis koebelei

d0090322_19244514.jpg
キイロテントウムシ

.
A yellow ladybird overpassing on the dry leaf
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II



ヒメスズメバチ; Vespa ducalis, hornet

土手を少し崩したら、土の中で越冬しているヒメスズメバチを見つけました。

ハタラキ蜂やオス蜂は冬の前に死んでしまうので、越冬しているのは「新女王」のはずです。
見つけた女王様は意外に綺麗でカラフルでした。

*Dragonbutterさんからのご教示を頂きました。有難うございました。
ヒメスズメバチはオオスズメバチに次ぐ大きさで、腹端が黒いのが特徴です(この写真では良く分かりません)


それにしても、怖い顔ですね。

d0090322_1925158.jpg
d0090322_19251717.jpg
ヒメスズメバチ

.
I found a overwintering hornet in the ground.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II



**************************************************

§ Afterword §

本日は天気も良かったので、初詣ならぬ「初散歩」をしました。

今年一年のフィールド散歩がまた始まりましたが、とにかく、健康維持のためにもできるだけ歩きたいものだと思っています。また、日本国内だけでなく、今年もまたいくつかの海外出張がすでに決まっていますので、何とか海外でもフィールドに出てみたいなと思っています。

虫林のモットー: 「虫を楽しみ、花を楽しみ、自然を楽しみ、そして人生を楽しむ」 のように今年も生きたいと思います。




以上、 by 虫林花山
Commented by 蘭丸 at 2011-01-02 21:00 x
あけましておめでとうございます。
ダッコchang 、冬の雑木林のホノボノ役デスね。
オオムラサキ幼虫にゴマダラ幼虫と、夏の主役も暫しの休みですね。
今年も、虫林san の 素敵な写真をたのしみにしております。
今年もよろしくお願いいたします。
Commented by bjynp at 2011-01-03 10:12
虫林さん、こんにちは
さっそくの初散歩で、色んな虫を見つけられましたね。今日は、予定が入ってますが、今度エノキの木の下を探してみます。

それにしても、土手を崩してオオスズメバチを見つけるなんて、虫林さんの嗅覚はすごい!!

アッキーマッキー
Commented by dragonbutter at 2011-01-03 10:49
オオムラサキの集合写真は圧巻ですね。皆無事育って欲しいものです。
越冬中のスズメバチは初めて見ました。私は素人なのでよくわかりませんが、腹部の赤褐色の帯が目立つのでヒメスズメバチの可能性はないでしょうか。
Commented by 虫林 at 2011-01-03 11:05 x
蘭丸さん、
明けましておめでとうございます。
越冬する昆虫は、なかなか見つかりませんが、見つけた時には嬉しいですね。本年も宜しくお願いします。
Commented by 虫林 at 2011-01-03 11:07 x
アッキーマッキーさん、
オオムラサキは山梨ではとても個体数が多いので、幼虫を見つけるのも楽です。そちらで見つけることができれば素晴らしいですね。
Commented by 虫林 at 2011-01-03 11:12 x
dragonbutterさん、
有難うございます。
確かに大きさと色彩には少し違和感を覚えていました。ヒメスズメバチは腹端が黒いので見分けるそうですが、今回の写真ではそこが見えるものがありませんでした。でも、おっしゃる通りで、多分、ヒメスズメバチなのかな。顔の毛もオオにしてはおかしいですよね。変更します。有難うございました。
Commented by KAZ at 2011-01-03 17:32 x
明けましておめでとうございます。
お正月早々色々見つけましたね、さすがです。
最近寒いせいか私はどうも出不精でいけません。
虫はムラサキツバメの越冬集団を1つ見つけただけでしたが、
高くてまともな画像にはなりませんでした。
どうも今年は調子が悪いです。
本年もよろしくお願いいたします。

Commented by mtana2 at 2011-01-03 19:19 x
あけましておめでとうございます。
オオムラサキ、健在ですね。
越冬幼虫のサイズはゴマダラチョウ>オオムラサキ>コムラサキですね。
今年は、ご一緒できる機会があるとよいな~って思っております。
今年も、ブログ、楽しませていただきます。
今年も、よろしくお願いします。
Commented by himeoo27 at 2011-01-03 20:32
昨シーズン見つけたオオムラサキやゴマダラチョウの幼虫は、確かに木の北側の根元付近に多いですね!
大晦日はキノカワガ&フユシャクとムラサキシジミの集団越冬が見つかったので、ゴマダラチョウの幼虫探しは諦めました。次はゴマダラチョウの幼虫探しのリベンジ狙います。
Commented by ぽんぽこ山本 at 2011-01-03 23:43 x
あけましておめでとう御座います!
今年もカッコイイすばらしい写真を楽しみにさせていただきます。
今シーズンはゼフ卵は少ないのですが、なんだかオオムラサキの幼虫が各地で多いようです。 東京・神奈川・九州などの少ない場所でも見つかります! エノキがあればとりあえずボウズメクリ・・・・!!
街中でも発見できるかもしれません。【ぽん!】
Commented by 虫林 at 2011-01-04 05:56 x
KAZさん、
明けましておめでとうございます。
この時期の虫や花のブログは更新が簡単ではありませんね。
でも、越冬する虫たちを探していけば、また面白いことに出会えるようです。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
Commented by 虫林 at 2011-01-04 05:59 x
mtana2さん、
明けましておめでとうございます。
ご無沙汰しています。
冬は鳥を見るには最適な季節ですが、虫はね----。
時々、コルリやルリビタキに心を揺すぶられていますが、長いレンズを持たない僕には見るのが精一杯です。
そろそろ300mm程度は購入したいな。
本年もご一緒できれば幸いです。
Commented by 虫林 at 2011-01-04 06:02 x
ヒメオオさん、
見ましたよ!
キノカワガを撮影したのですね。オメデトウございます。
さすがですね。この蛾は意外に局所的ですので、探すのに苦労します。でも見つけてしまえば、何年かはOKですよ。
オオムラサキの幼虫も、成虫を夏に確認できた場所であれば、それほど難しくはありません。木の北側の落ち葉が狙い目でしょう。
Commented by 虫林 at 2011-01-04 06:04 x
ぽんぽこ山本さん、
明けましておめでとうございます。
いつも一味違ったコメントを頂き、感心しています。
やはり、昆虫道は深くて魅力的ですね。
そうですか、今年はオオムラサキが豊産しそうですね。
こういう年には、集団の吸汁を撮影するチャンスですかね。
本年もどうぞ宜しくお願いします。
Commented by ダンダラ at 2011-01-04 22:03 x
暮れに甲府に餅つきに行った折りに、例の裏山にムラサキシジミを確認に行ったのですが、あえませんでした。
以前ウラギンシジミの越冬場所を教えていただいた場所にも行ってみましたが、今年は見かけませんでした。
オオミドリの卵は2.3つ枝を見ただけですぐにあきらめ、オオムラサキの幼虫探しはかがむのが面倒なのでチャレンジしませんでした。
最近は根気のいる探索はダメです。
オオムラサキの幼虫の越冬場所は、随分昔に同様のことを調べて記録に残したことを思い出しました。
おっしゃるようにゴマダラの方が少なかったです。
Commented by 虫林 at 2011-01-06 02:32 x
ダンダラさん、
コメント有難うございます。
例のムラサキシジミのポイントでは、木が切られてしまって環境が少し変わりました。今年も何とか訪れましたが、残念ながらムラシの姿は見つけることができませんでした。
オオムラサキの幼虫の場所は以前にクロヒカゲモドキを撮影したポイントのエノキです。
Commented by kmkurobe at 2011-01-06 10:31
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
私も以前、鈴鹿でオサ堀りをしていて、オオスズメバチを掘り当てたことがあります・・・・まったく動かなかったのですが、さすがに手に乗せる勇気はありませんでした・・・・桜の季節の再会を楽しみにしていますよ。
Commented by 虫林 at 2011-01-06 23:18 x
kmkurobeさん、
昨年中は本当にお世話になりました。
白馬にお邪魔するのが癖になってしまいました。
今年も是非とも宜しくお願いします。
今回のスズメバチはオオスズメバチと異なり、少しだけ可愛げがありました(笑)。
Commented by naoggio at 2011-01-08 18:53 x
初コメになります。
大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
気をつけて見てみれば、冬の林にも色々な昆虫がいるものですね。楽しそうです。
オオムラサキとゴマダラチョウ、普通、前者3令、後者4令の越冬と言われますが、私の持っている図鑑では前者3、または4令。後者4令、ときに3令、まれに5令。とあります。大きさの逆転した越冬幼虫いないかなと思ったこともありましたが、今のところそんな目に遭遇したことはありません。
Commented by maximiechan at 2011-01-10 15:38
大変遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。
自然を見る目の素晴らしさにいつも感動しています。オオムラサキの幼虫なんか私には見つけられないでしょう。キイロテントウムシが木の葉の間からちらっと見えているのはなんと素敵な絵でしょうか。
今年、機会があったら是非山梨方面の蝶を教えてください。また、白馬方面も私はまだ行ったことがないので、皆さん大集合する時、ご一緒できたらなんて思っています。
よろしくお願いします。
Commented by 虫林 at 2011-01-12 22:53 x
naoggioさん、
レスが遅くなってすいませんでした。
ちょうど留守にしていました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
Commented by 虫林 at 2011-01-12 22:55 x
maximiechanさん、
こちらこそ明けましておめでとうございます。
オオムラサキの幼虫ははじめは難しいですが、要領がわかれば、それほど難しもなさそうですよ。
今年はご一緒できたら嬉しいですね。
Commented by 勝瀬 健 at 2011-01-18 15:42 x
最近は東南アジアに行ってなかったので、キマルリを始めシジミの生態写真を見て懐かしい気持ちです 今年も一杯写真を見せてください
Commented by 虫林 at 2011-01-18 19:49 x
勝瀬さん、
コメント有難う御座います。
東南アジアのシジミチョウがご専門の方にコメントしていただけて光栄です。それにしても、東南アジアの蝶は奥が深くて面白いですね。拝受しました本の情報で、タイにも行ってみたいと思います。
by tyu-rinkazan | 2011-01-02 19:33 | Comments(24)