NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20110319 早春の小径:コツバメ初見とミヤマセセリ

******************************************************
<福島原発損傷>
日本全体が何とも言えない不穏な空気に包まれています。昨日、この4月から大学院への入学を予定していた外国の若者から突然来日をキャンセルしたいというメールを受けました。また、日本を離れて母国に一時帰国する留学生たちも増えています。やはり、福島原発の損傷による放射能汚染が不安なのです。今は日本のもてる放射線管理技術を信じ、早期の復旧を願いながら見守るしかありません。
******************************************************

Nature Diary

「冬のもどり」のような昨日までの寒さが嘘のように暖かくなりました。ただ天気が良いと花粉症がね-----。今年はスギ花粉の飛散量が多くてアレルギー症状が強いといわれています。本日も朝からくしゃみや鼻水が止まりません。それなら、外に出なければ良いのだが、やはり早春のこの時期にはマスクをしてでもフィールドに出てしまいます。虫屋は花粉症などには負けていられないのです(本当かね?)。


» コツバメ ; The Tailless Hairstreak

まだ緑萌え始める前の雑木林の小径に沿ってくしゃみをしながら歩いて行くと、ちらちら飛ぶ小さな青いシジミチョウを見つけました。あわてて近づいて確認してみると春の蝶コツバメでした。この雑木林ではもともとコツバメはあまり多くないので、見つけた時には驚きました。

d0090322_17304745.jpg
笹の葉上に静止したコツバメ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, Sigma 10mm Fisheye, Kenko X1.4, ASA200


コツバメは蛹で冬を越し、ミヤマセセリとともに早春最も早く出現するチョウです。陽の光を浴びながら少し弱々しく飛んでは地面や枯れ葉、小枝上に静止していました。このチョウもミヤマセセリと同様に「春告蝶」で、この蝶をみると、これから春が始まるんだなと実感します。

d0090322_17321049.jpg
コツバメ(甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400


コツバメの翅の裏面は赤味のあるサビ色で、後翅には星を散りばめたようにな白い点が散在しています。地味だけど独特の味わいがあって、いわゆるワビ、サビのあるシジミチョウといえます。細い枯れ草の上に静止したコツバメをマクロレンズで撮影しましたが、まるで宙に浮いているような面白い写真になりました。

d0090322_17423946.jpg
コツバメ(甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400



» ミヤマセセリ The Spring Flat;

足元から越冬明けのテングチョウとともに時折ミヤマセセリが飛び出しました。先週の日曜日にこのチョウを初見してから、まだ一週間ほどですが、本日はかなりの数が観察できました。
自然の歩みは思いのほか速いものですね。

d0090322_1745149.jpg
小枝の先で日光浴をするミヤマセセリ♂ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF300mm, ASA400


出現したミヤマセセリの大部分はオスでした。

d0090322_17453281.jpg
翅を開いて日光浴するミヤマセセリ♂ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF300mm, ASA400


ミヤマセセリのメスはオスよりも少し遅れて出現します。これは効率よく子孫を残すための自然界の仕組みなのでしょう。実際、まだ出現初期のこの時期にはオスを多く認めますが、本日はメスも観察できました。ミヤマセセリのメスは、オスよりも翅表の地色が黒っぽくて、上翅には白い紋があるのですぐにわかります。

d0090322_17455165.jpg
翅を開いて日光浴するミヤマセセリ♀ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400


ミヤマセセリは通常翅を開いて静止しますが、なかには翅を閉じて静止するものもみられました。この違いは温度などによるものかもしれませんが、この個体ではゆっくりと撮影できました。

d0090322_1746784.jpg
翅を閉じて静止するミヤマセセリ♀ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400


お昼近くになって気温が上昇すると、ミヤマセセリのオスはメスを求めて飛び回ります。結構、不規則に飛翔するのでストロボを用いて撮影してみました。写真をみると脚をきっちりとたたんでいるのが分かりますね。

d0090322_17462068.jpg
飛翔するミヤマセセリ♂ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, Sigma 10mm Fisheye, Kenko X1.4, ASA400, ストロボ



<吸蜜>
茶色一色の落ち葉の小路の脇に、ホトケノザやオオイヌノフグリなどの花が群落をつくり、また良く見ると、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレなどのスミレの仲間がひっそりと花をつけていました。お昼近くになると、ミヤマセセリはこれらの花で吸蜜していました。

d0090322_17463352.jpg
ホトケノザで吸蜜するミヤマセセリ♂ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400

d0090322_17464625.jpg
オオイヌノフグリで吸蜜するミヤマセセリ♂ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400

d0090322_1747092.jpg
オオイヌノフグリで吸蜜するミヤマセセリ♂ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400

d0090322_17471459.jpg
タチツボスミレで吸蜜するミヤマセセリ♂ (甲府市, 3月19日)

.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400


**************************************************


§ Afterword §
先週はかなり冷え込んだので、少しつらかったのですが(我が家では節電中)、そろそろ暖かくなって楽になってきました。でも暖かくなるとともに花粉症が出てしまい痛し痒しですね。本日は気温もかなり上がったので、色々なチョウたちを見ることができました。

スキンを新しくしましたが、やはりまだ慣れないためか違和感があります。タイトルエリアの写真は交換にそれほど手間がかからないのがわかったので、できればトップの写真は毎回変えていきたいと思っていますが、どうなることやら-----。



東日本大震災による被害状況がだんだんと明らかになるにつれ、その甚大さや悲惨さがとにかく未曾有の大きさであることに驚いています。実は家内の知り合いが東北(青森、岩手)に多くいるので、当初はかなり心配しましたが、幸いにして被災者はごく少数のようでほっとしました。それにしても、報道によると被災者への援助活動が少し混乱しているようで残念です。まだまだこれから援助活動を盛り上げていかなければなりませんね。東日本大震災の被害者救済のための義援金誘導バナーを張り付けました。






以上、 by 虫林花山
Commented by himeoo27 at 2011-03-20 19:45
3番目の宙に浮かんだようにマクロ接写した「コツバメ」はとても愛らしいですね!今年も早く出会いたいものです。

Commented by 22wn3288 at 2011-03-21 10:36 x
やはり外国人には放射能汚染が心配なのですね。
われわれは日本の力をを信頼するのみです。
コツバメもミヤマセセリも素晴らしい写真で感嘆しています。
Commented at 2011-03-21 12:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 虫林 at 2011-03-21 14:39 x
ヒメオオさん
コメント有難うございます。
コツバメを3月中に見つけたのは初めてです。近づいても逃げなかったので、ゆっくりと近接して撮影できました。細い枝につかまっていたので、こんな写真になりました。
Commented by 虫林 at 2011-03-21 14:45 x
22wn3288さん、
コメント有難うございます。
外国からの留学生や外国の情報では、かなり危険という情報が流れているみたいですね。IAEAが正式に発表してくれましたが、国際的な機関の公式発表が大事だと思われます。日本の技術を信じています。
こちらはコツバメやミヤマセセリが出てきて本格的な春になろうをしています。
Commented by 虫林 at 2011-03-21 14:47 x
非公開コメントさん、
有難うございます。もちろんOKです。
こちらでもリンクしようと思ったのですが、どういうわけかそちらのサイトに飛ぶことができませんでした。いつか教えてくださいね。
Commented by yoda-1 at 2011-03-21 15:16
花粉症、お見舞い申し上げます。
YODAは昨年の夏以降、蕁麻疹体質になりましたが、花粉症もいつ発症するか戦々恐々です。
コツバメ・ミヤマセセリがいつものように綺麗に撮影されていて、堪能できました。ネット上でコツバメ初見です。
7Dは二台購入されたのでしょうか?
広角とマクロの使い分けも大変勉強になります。
ブログトップが日記#になっていてビックリでしたが、変更もなにも、トップ画像カスタマイズの方法もまだ知らないブログ初心者を痛感しました。
Commented by 虫林 at 2011-03-21 18:09 x
Yoda-1さん、
コメント有難うございます。
花粉症はこの時期つらいですが、仕方がありません。
コツバメは僕も意外でした。いつも4月に入ってから見るのですが、3月中に甲府市内でコツバメを見たのは記憶にありませんでした。
どうしてもカメラ1台ですと、広角とマクロが同時に使用できないので困りますね。7Dを2台が良いのですが、まだ一台です。でも、広角用にはバリアングルモニターが便利なので、いずれKiss5Xか60Dを購入しようと思っています。ブログのトップの画面は、たまたま上手く交換できました。発見してしまえば入れ替えだけですので、思ったほど手間ではなさそうです。
Commented by konty33 at 2011-03-21 22:07
コツバメとミヤマセセリの絵はとても春を感じます。素晴らしい写真を拝見しkontyも早く見たくなりました。レンズ交換が大変なのでkontyは7D+100mmマクロと60D+広角で試しています。まだ、バリアングルを有効利用できていませんが、その内にはバリアングルが活躍すると信じて・・・。花粉症お大事に!
Commented by konty33 at 2011-03-21 22:10
アッ、書き忘れました。冒頭のスキンの写真とても雰囲気が出ていて良い感じです。次も楽しみにしています。
Commented by 虫林 at 2011-03-21 23:52 x
konty33さん、
コメント有難うございます。
見ましたよ!この時期にギフチョウを撮影されたのですね。驚きました。そちらでは、すでに春も盛りですね。こちらはミヤマセセリもいっぺんに発生したようです。コツバメは想定外でした。
僕も60Dを考慮しています。でも、7Dでも液晶モードにするとAF速度が極端に遅くなるので困りますね。
Commented by banyan10 at 2011-03-22 13:34
コツバメは土曜に探しましたがまだのようでした。
ミヤマセセリも各種の春の花で吸蜜していていいですね。
こちらは出始めという感じで、少し季節の進みが遅いようです。
Commented by ダンダラ at 2011-03-22 23:10 x
もうコツバメですか。
ミヤマセセリと言い早いですね。
家内に言わせると、甲府は昼間は温度が上がるから蝶の発生も早いのよと言うことですけど。
原発ではセシウムなども出始めているようですけど、虫林さんも忙しくなるのかななんて家内と話しています。
Commented by naoggio at 2011-03-22 23:24 x
コツバメですか、早いですねえ。
3枚とも素晴らしい画像ですね。
ミヤマセセリの1枚目も空気感があっていい感じです。
早く遭いたいですが、今年はどうかなあ・・・
Commented by 虫林 at 2011-03-23 19:12 x
banyanさん、
コメント有難う御座います。
例年、そちらのほうがコツバメが早く出現しますが、今年はこちらが早かったようですね(1頭だけですが)。ミヤマセセリはすでにかなりの数が出ていて、花での撮影も比較的楽でした。これから色々な種類の蝶たちがいっぺんに出現してきて賑やかになっていきますね。楽しみです。
Commented by 虫林 at 2011-03-23 19:19 x
ダンダラさん、
コメント有難う御座います。
こちらではミヤマセセリはかなりの数がいっぺんに羽化したようです。コツバメは想定外だったので驚きました。
原発損傷では、セシウムは半減期が長いので怖いですが、僕の専門領域に関係するのはむしろ放射性ヨードです。ヨードは甲状腺に特異的に集積します。チェルノブイリ原発事故後に甲状腺癌の発生が高まったように、今回もその後の経過観察が必要になるかもしれません。困ったものです。
Commented by 虫林 at 2011-03-23 19:22 x
naoggioさん、
コメント有難う御座います。
僕のフィールドは、毎年ミヤマセセリの数がとても多いのです。このあたりは食樹のコナラ林が広がっているためでしょう。ミヤマセセリを見ると、里山の春が実感できて嬉しくなりますね。そちらでも今週末あたり見れると良いですね。
Commented by 蘭丸 at 2011-03-23 22:28 x
こんばんは。もう、そんな時期なのですね。
今年は、時勢柄コツバメ・ミヤマセセリは無理なようです。
虫林さんの素晴らしい写真に慰められると同時に、
「やっぱり出かけたいなぁ。。。」と、思わされました。
Commented by hirax2 at 2011-03-24 11:38
コツバメにミヤマセセリ、とても季節を感じます。
特にミヤマセセリの翅裏の写った正面からの吸蜜シーンは素敵です。
早く会いたいと思わせて頂きました。
Commented by 虫林 at 2011-03-25 18:32 x
蘭丸さん
コメント有難う御座います。
春は確実に来ているようです。なかなか出かけることが出来ないのですね。でも、時間が出来ましたら、野山を散歩してみて下さい。
Commented by 虫林 at 2011-03-25 18:34 x
hirax2さん、
コメント有難う御座います。
ミヤマセセリやコツバメはこちらでは比較的早く出現するようです。とくにミヤマセセリは個体数が多いと思います。
そちらでも早く会えると良いですね。
by tyu-rinkazan | 2011-03-20 18:40 | Comments(21)