NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

201100604 南アルプス散歩:クモマツマキチョウ♂など

Nature Diary #392

とうとう梅雨入りしました。でも、今週末は天気が良さそうなので、「南アルプスの峪」を訪れることにしました。目的はクモマツマキチョウ(以下クモツキ)に会うためです。ここ数年、北アルプスのクモツキに熱を上げていたので、南アルプスのクモツキ撮影行は、何と5年ぶりになります(2006年の6月以来)。

この時期の南アルプスは、目に眩しい新緑と青黒く流れる清冽な流れが、明るい峪を彩ってとても気持ちが良い。こんな美しい新緑に包まれた気持ちの良い林道をクモツキがどこかに飛んでいないかと、上をみたり、下をみたりしながらゆっくりと歩くことは 「虫屋冥利」 というものですな。

d0090322_21111794.jpg
南アルプスの峪 (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, Sigma 17-70mm , ASA200




» クモマツマキチョウ; Anthocharis cardamines

ひたすら歩いてクモツキのポイントに到着。歩き始めてからすでに3時間以上が経過していました。こんなに歩くのは昨年の常念岳以来ですが、日頃の不摂生を反省する良い機会になりました。

ペットボトルの水を飲んで、一息入れてからおもむろに斜面を見渡すと、何頭ものモンキチョウやスジグロシロチョウとともに、遠目にも色鮮やかなオレンジ(クモツキ♂)が飛んでいました。でも、天気が良すぎるので、オレンジたちはまったく静止することなく斜面を縦横無尽に飛び回り、時折、モンキチョウやスジグロシロチョウとチェイス(下の写真の上)しあっていました(遊んでいるようにしか見えないな)。

d0090322_211239100.jpg
飛び回るクモマツマキチョウ♂ (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, EF 300mm F4L IS USM, ASA400, Trimming (+)



クモツキたちを観察していると、一定の行動パターンが見えてきました。すなわち、斜面の草付を飛び回った後に林道に沿って50mほど飛び、そこにあるスミレの群落で吸蜜----という動作を繰り返していました。

そこで、クモツキの吸蜜シーンを撮影するためには、蝶が斜面から林道に出た時に、蝶の後についてスミレの群落までの約50mを猛ダッシュしなければなりません。しかし、問題は50m全力ダッシュすると、動悸、息切れでゼイゼイしてしまい、しばらくのあいだ撮影困難に陥ってしまうことでした。学生時代は50m走で6秒台前半を記録し、短距離ダッシュにはいささか自信があった虫林ですが、今や飛翔速度が遅いクモツキにも負けそうです----ウーム、情けないな。

d0090322_21125619.jpg
スミレの花で吸蜜するクモマツマキチョウ♂ (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, EF 300mm F4L IS USM, ASA400



今までクモツキの吸蜜シーンはハタザオの花で撮影することが多かったので、スミレでの吸蜜撮影はそれなりに嬉しいものでした。でも、絵になるのはやはりハタザオでの吸蜜シーンの方かな。

d0090322_21131669.jpg
スミレの花で吸蜜するクモマツマキチョウ♂ (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, EF 300mm F4L IS USM, ASA400



飛び立った瞬間の飛翔写真が偶然に撮影することできました。

吸蜜している蝶を撮影していると、時々こんな 「ご褒美写真」 が撮影できることがありますね。本当は意図的にこのようなシーンを撮影出来れば良いのですがね-----。

d0090322_21133269.jpg
飛び立ったクモマツマキチョウ♂ (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400, Trimming (+)

d0090322_21134862.jpg
飛び立ったクモマツマキチョウ♂ (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400, Trimming (+)



広角レンズでの飛翔写真も撮影してみました。広角レンズで撮影すると、周囲の環境が入りますが、この写真では思いっきり林道脇のコンクリートの土手の様子がわかりますね。コンクリートの土手の脇の林道を、クモツキの後ろを必至で追いかけたのです-----疲れました。

できれば土手の上の斜面に上って撮影すれば良いのでしょうが、やはり斜面は危険なのであまり無理をしないで林道に出てきた蝶だけを撮影しました------今まで数々の失敗からの教訓。

d0090322_2114358.jpg
飛翔するクモマツマキチョウ♂ (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, Sigma 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, ASA800




» キベリタテハ; Nymphalis antiopa

越冬明けのキベリタテハを見かけました。やはり越冬明けということで、翅は少し破損し、色あせて、キベリというよりもむしろ「シロベリタテハ」という方がふさわしいような状態です。しかし、越冬明けの蝶の雰囲気が色濃く出ているので、丁寧に撮影することにしました。蝶の写真撮影のメリットはこんな時に感じます。その他、エルタテハも見ることができましたが、こちらは撮影に失敗しました。

d0090322_21142050.jpg
キベリタテハ (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400




» ハイイロハナカミキリ; Rhagium japonicum

触角が短いこの虫を見て、即座にこれがカミキリムシの仲間と看破できるヒトが何人いるでしょうか。この甲虫をカミキリムシに分類した方の洞察力に敬意を表したいと思います。また、このハイイロハナカミキリはハナカミキリという名前が一応ついていますがが、花に来ることはめったにありません。

ここでは、林道脇に積まれたツガやトドマツなどの針葉樹の材木上で沢山見ることができました。

d0090322_21143716.jpg
ハイイロハナカミキリ (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, Sigma 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, ASA200



このカミキリは、材上をかなり敏捷に歩きますので、意外に撮影には手間取りました。でも、ゴツゴツとした鞘翅やシブイ色彩は魅力があります。

d0090322_21145466.jpg
ハイイロハナカミキリ (山梨県南アルプス、6月4日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



§ Afterword §

今回は南アルプスでの撮影ポイントを探ることが目的でした。大体のところは把握できたつもりですので、その成果は来年以降に試してみたいなと思います-----楽しみ。

登山シーズン前ということで、宿泊した山小屋では広い部屋に数人という贅沢な状態でした。また、一緒に宿泊された大阪のYさんとは、蝶の話で楽しい時間を持つことができました。現在、虫屋の多くは高齢化していますので、是非ともYさんのような若い虫屋さんには頑張ってほしいものです。

d0090322_21151195.jpg


また、2日目(日曜日)は山を下りる途中で、何人もの虫屋さんとお会いしました。皆さん根っからの虫好きで、個性的な方も多く、話を聞いていると僕自身も色々と刺激を受けました。



以上、 by 虫林花山
Commented by himeoo27 at 2011-06-06 21:28
菫の吸蜜から飛び立つ「クモツキ」写真2点凄い!!!!まさに神業ですね。私は北アルプスでじっくりこの蝶を観察出来たもののシャッターを押すことも出来ませんでした。
Commented by 蘭丸 at 2011-06-06 21:31 x
望遠撮影でのご褒美嬉しいですね。
来週、家族で上高地へ行く予定なので、逢えれば嬉しいなぁ。。。
と、思います。
その時は、私も舞い上がってしまうのダロウナァ。。。。。
Commented at 2011-06-06 21:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 虫林 at 2011-06-07 06:26 x
ヒメオオさん、
スミレの吸蜜から飛び立つ瞬間のものは、あまり意識して撮影していないので、何ともあもがゆい感覚です。とにかく、クモツキはスミレが大好きで、花から花へと渡り歩くので撮影できたのだと思います。
北アルプスでは残念でしたね。見ることができてもなかなか撮影できないのがこの蝶の特徴のように思います。
Commented by 虫林 at 2011-06-07 06:29 x
蘭丸さん、
そうですか、来週上高地に入られるのですね。僕の印象では、来週はクモツキは最高だと思います。僕は残念ながら、次の週末は東京と甲府で用事があり、せいぜい日曜日に数時間だけ散歩できるだけという状態です。ご一緒できればよかったのにね。
Commented by 虫林 at 2011-06-07 06:33 x
非公開コメントさん、
おっしゃる通りです。多分、非公開さんが毎年通われた場所でしょう。
ここは蝶がいても撮影ポイントを見つけていないと撮影できませんね。そうですね、あの山小屋は気持ちが良いので、来年も宿泊しても良いかなと思います。
Commented by yoda-1 at 2011-06-07 06:53
確かにスミレ飛び出しシーンは大きくて見応えありますね。
貴重な画像、おめでとうございます。
虫林さんのブログはいつも、追体験したくなるような記述で、YODAもいつかはこの地のクモツキも観察する機会を持ちたいです。
今年の追体験としては無謀にも、あの常念岳をこの7月に目指しており、会社のエレベータを階段移動に切り替えて準備中です。(笑)
Commented by ダンダラ at 2011-06-07 09:19 x
クモマツマキチョウ、お見事です。
スミレから飛び立つシーンでは、南アルプス産の証拠もばっちりですね。
今週末、例の場所の様子を見に行くつもりでしたが、ご都合が悪そうですね。
天気が何とかなればちょっと出かけてみることにします。

Commented by 虫林 at 2011-06-07 12:03 x
yoda-1さん、
有難う御座います。運だけの飛び出し写真ですので、撮影した本人もあまり自覚がありません(笑)。
南アルプスはチョウがいても、やはり撮影ポイントをしっかりと考える必要があるように思えました(どこでもそうかな)。
常念岳は登ってしまえば、あとは天国です。yoda-1さんなら素晴らしい写真が期待できますよ。階段登りトレーニングは良いですね。僕ももう一度登りたいのですが、別の山に色気を出しています。
Commented by 虫林 at 2011-06-07 12:07 x
ダンダラさん、
有難う御座います。
南アルプス産の紋章がしっかりと写るとやはり嬉しいですね。今週末は例の場所はそろそろですよね。僕もご一緒したいのですが、今週末は土曜日に東京で会があり、日曜日はこちらで野暮用があって近場しかいけないのが残念です。
成果を期待していますね。
Commented by banyan10 at 2011-06-07 16:17
南アルプスは3時間の歩きですか。
僕の方は少し短い時間でしたが、苦労すると喜びも大きく感じますね。
飛び立った瞬間の翅のしなりが躍動感を感じますね。
スミレの吸蜜もしっかり撮影できなかったので、羨ましく拝見しました。
Commented by 虫林 at 2011-06-07 19:36 x
banyanさん、
やはり苦労しても出会えると、報われますね。苦労して出会えないと最悪です(笑)。飛び立ったときの写真は、結構迫力がでますが、またもう一度撮影できないのが残念です。
背景がbanyanさんの場所のようにうまく入れれませんでしたが、来年は少し頑張って斜面に上ってみようと思います。
スミレでの吸蜜では、ベタ開翅にならないのが少し残念でした。
Commented by 22wn3288 at 2011-06-07 20:46 x
南アルプスのクモマツマキチョウは前翅の黒点模様が北アルプスのと少し違いますね。はっきり見分けられますね。
私は3日に北アルプスで写しましたが、其処もスミレでの吸密でした。やはり全開翅にはなりませんでした。
Commented by すーちゃん at 2011-06-07 20:50 x
私、5日に虫林さん現地でお会いした者です。
5日にクモツキはなかなか現れてくれませんでしたが、虫林さんと会話できて大変楽しい一時を過ごせました。
来年は、私がお渡ししたメモの場所へ、ぜひチャレンジして下さいネ。
Commented by 虫林 at 2011-06-08 00:24 x
22wn3288 さん、
南アルプスのクモツキの黒紋は独特ですね。一見しただけで北アルプスのものとは異なります。でも、どちらの日本のクモツキも、ヨーロッパのOrange tipよりもオレンジの面積が広くて、より美しいと思っています。クモツキはやはりいいですね。スミレでの吸蜜では、べた開翅はなかなか撮影できませんが、意外に美しいですね。そちらもオメデトウございます。
Commented by 虫林 at 2011-06-08 00:28 x
すーちゃん、
コメント有難うございます。おかげ様で、5日は蝶はみませんでしたが、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。メモの場所は来年には是非ともトライしてみたいと思います。またお会いできましたら嬉しく思います。有難うございました。
Commented by naoggio at 2011-06-08 16:36 x
南アルプスのクモマツマキチョウは高校生以来、40年近く見ていません。羨ましいです。
3時間以上歩くとなると・・・
私は多分行き倒れの運命でしょう(>ω<)
Commented by 虫林 at 2011-06-09 02:03 x
naoggioさん、
コメント有難うございます。
南アルプスでは、以前に撮影していた場所がクモツキがいなくなってしまいました。今回は違う場所にチャレンジしたということです。慣れないので、一応、撮影ポイントみたいなものを下見してきたというのが本年です。来年に役立つかも---。ここは3時間といっても、探しながらの林道歩きですから、それほどのダメージはありませんよ。
Commented by yasuken at 2011-06-11 03:37 x
虫林さん、こんばんは。
現地でお会いし長衛荘でもご一緒した若造です。
先日はありがとうございました。小屋での虫談義、とても楽しかったです。
あのときも写真を見せていただきましたが、飛び立った瞬間のアップは迫力がありますね。
そしてクモツキの複眼の色、他のシロチョウもそうですが、この複雑な色は生きている時だけのものですね。あの日、クモツキを初ネットしたときの興奮が蘇ってきます。

またどこかでお会いするかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。
Commented by 虫林 at 2011-06-11 06:54 x
yasukenさん、
コメント有難うございます。
クモツキ♂オメデトウございました、。初クモツキは我々虫屋にはお祝いに値しますね。僕の初クモツキはかなり前になりますが、その時の感激は今でも覚えています。
ご一緒した長衛荘では、yasukenさんとご一緒で、とても楽しかったです。またどこかでお会いできたら良いですね。
こちらこそ今後とも宜しくお願いします。
by tyu-rinkazan | 2011-06-06 21:20 | Comments(20)