NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

201100612 クヌギ林散歩:ウラナミアカシジミなど

=ゼフィルスの季節=
ひと雨ごとに草木が伸び、緑もいつの間にか濃くなった。虫屋にとっては最もワクワクする季節の到来です。近くの林でもそろそろゼフィルス(ゼフ)が出始めたので、これからは早起きしてゼフたちに会うのがとても楽しみです。 「早起きは三文の得」ではなくて、「早起きはゼフの得」 ですな。


Nature Diary #393

土曜日は東京出張から夜遅く帰宅したので、朝起きるのが遅れてしまいました---失敗。さらに、「地域の草刈り」にも参加しなければならなかったので、結局、フリーになったのは午前10時を回っていました。ということで、散歩開始が少し遅くなりましたが、せっかくの日曜日なので、今年のゼフの発生状況などを調べながら近くの雑木林を歩いてみることにしました。



» ウラナミアカシジミ; Japonica saepestriata

長サオで少したたくと、何頭かのオレンジ色の蝶が飛び立ちました----ウラナミアカシジミ。
今年のゼフィルス(ゼフ)初見です。

昨年までは、アカシジミも同時に見ることができましたが、どういうわけか本日出てきたオレンジ蝶(10頭ほど)は、全てウラナミアカでした。雑木林の伐採との関係でもあるのかな?

d0090322_5192890.jpg
クヌギの葉上に休むウラナミアカシジミ (甲府市、6月12日)

.




» ミズイロオナガシジミ; Antigius attilia attilia

葉に静止したミズイロオナガシジミを見ていたら、翅を半開翅しました。
そこでさらなる開翅を期待してしばらく待ちましたが、残念ながらそれ以上は開きませんでした。

d0090322_5311533.jpg
ミズイロオナガシジミ (甲府市、6月12日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA200




» ウラゴマダラ; Artopoetes pryeri

飛んできた白い蝶をみるとウラゴマダラシジミでした。
近くに食樹のイボタは無さそうなので、どこで発生したのかな。

d0090322_20315930.jpg
ウラゴマダラシジミ (甲府市、6月12日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA200




» イタヤカミキリ; Mecynippus pubicornis

カミキリ特有の飛翔姿で飛んできた----イタヤカミキリ。

このカミキリは日本全国に分布し、イタヤカエデやヤマハンノキ、ヤナギ類を食するので、これからそれらの木の枝(生木の枝)を注意して観察すれば、さらに発見できるかもしれないな。

d0090322_2032382.jpg
イタヤカミキリ (甲府市、6月12日)

.
Canon EOS 7D, Sigma 10mm Fisheye, Kenko X1.4, ASA400




» ヒゲコメツキ; Pectocera fortunei

ヒゲコメツキのオスは触角が大きく長く、立派な櫛毛があるので、見つけると嬉しい虫の一つです。
この雑木林では、このコメツキが多いようで、毎年この時期になると何度か見ることができます。

d0090322_71287.jpg
ヒゲコメツキ♂ (甲府市、6月12日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA200



あまり動く様子が無かったので、改造レンズで撮影してみました。

d0090322_2033103.jpg
ヒゲコメツキ♂ (甲府市、6月12日)

.
Olympus EP-1, 改造レンズ, ASA200, 外部フラッシュ



» その他; Miscellaneous

目の前の枝に新鮮なテングチョウが静止していました。
今年羽化した新成虫は、しばらくすると来年の春までの長い眠りに入ってしまいます。

d0090322_20321354.jpg
テングチョウ (甲府市、6月12日)

.
Canon EOS 7D, EF 300mm F4L IS USM, ASA400



目の前の葉で、ヘンテコリンな虫を見つけた。たしかこれはクサカゲロウの幼虫だろう。以前に南米でゴミを背負ったような昆虫を見つけたことがあるが、それをブログに出したところ、コメントで「蘭丸さん」から日本のクサカゲロウの幼虫が似ていることをご指摘いただいた。

日本のものは真っ白で、あたかも塩(あるいは綿)でも背負っているようにみえる。

d0090322_2034020.jpg
ヘンテコリンな虫 (甲府市、6月12日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA200



「赤とんぼの歌」の一節---- ♪♪ 山の畑で桑の実を小籠につんだは幻か ♪♪ -----を思い出す。

d0090322_20301751.jpg
桑の実 mulberry (甲府市、6月12日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA200



§ Afterword §

やっとこちらもゼフのシーズンインになりました。

今年のゼフの発生はやはり少し遅れているようで、本日の目的だったクロミドリの姿は見ることはできませんでした(それらしい姿はあったが)。でも、来週あたりは羽化してくるだろう-----楽しみだ。




以上、 by 虫林花山
Commented by 蝶山人 at 2011-06-13 06:15 x
昨年はお世話になりました。
今週末辺り本命出始めでしょうか?
昨日4時起きの地元探索は失敗しました。
またご指導よろしくお願いします。
Commented by 虫林 at 2011-06-13 14:46 x
蝶山人さん、
こちらこそ昨年は楽しかったです。
本命は例年ですと、すでに姿を見かけるのですが、残念ながらまだ見ることはできませんでした。今週末からは確実に出始めると思いますよ(大体1週間遅れ)。今年も○○山バックの写真を撮影したいと夢見ています。
Commented by 蘭丸 at 2011-06-13 21:09 x
今年の初Zeph、おめでとうございます!!!
一日に、3種も・・・・・羨ましい限りです。
私も、先週ミズイロの開翅に遭遇しました。予期していなかったので、
甘い画になってしまったのが悔やまれます・・・・・。
今週は時間を見つけてはZeph詣でと、なりそうです。。。
Commented by 虫林 at 2011-06-13 23:04 x
蘭丸さん、
コメント有難うございます。
今年はミズイロオナガはかなり多く見られますが、その他はイマイチです。今週末あたりからもう少し積極的に調べてみようと思います。
ゼフはやはり良いですね~。
Commented by kmkurobe at 2011-06-14 10:19
ヒゲナガコメツキいいですね。確か甲虫図鑑のカバーだか表紙だったかに乗っていて、子供の頃大変あこがれたものでした。いよいよそちらはゼフの季節ですね。アサマ、フタスジなどこちらは随分と遅れています。ゼフが何時くらいに発生するのか、いまは予測もつきませんね。
Commented by ダンダラ at 2011-06-14 18:55 x
ウラナミアカ、良い感じですね。
ウラゴマダラは○○○湖の近くにはイボタがありましたが、私も家内の実家付近では見たことがありません。
こちらもようやく栗の花が咲き始めましたが、ゼフの姿はほとんど見かけません。
Commented by naoggio at 2011-06-14 19:07 x
やはり少し遅れ気味ですか・・・
でもきれいなウラナミアカが見られて良かったですね。
私も今週末くらいから山梨県に進出するつもりでおります。
どこかでお目にかかれると良いのですが。
ヒゲコメツキ、立派ですねえ。
Commented by ヘムレン at 2011-06-14 21:42 x
ゼフのシーズンインですね。少し遅れ気味・・ですか。
ヒゲナガ・・のアップ!面白いですね。改造レンズ・・・バッチリです。
桑の実、キイチゴ・・・見つけると、ついつい摘んでしまいます(^^;)
Commented by 虫林 at 2011-06-14 21:43 x
kmkurobeさん、
ヒゲコメツキは大きいし、ヒゲが立派だし、とても良い甲虫です。
いつかゆっくりと撮影したいと思っていましたが、やっとチャンスが
めぐってきたように思います。
こちらのゼフもかなり遅れているみたいですが、一応、1週間くらいの
遅れと思っています。でも、予測は難しいですね。
Commented by 虫林 at 2011-06-14 21:48 x
ダンダラさん、
ウラナミアカは、叩き出しですと簡単に見れる蝶ですが、食樹のクヌギ
の葉上に静止している個体を発見するのはやはり嬉しいものですね。
なるほど、いぼたが○○田湖の廻りですか、そういえば、そこに行く途中で以前に開翅を撮影した記憶があります。こんど、その辺りを探索してみますね。
今年はウラクロ狙いのため、クリの花が満開になるのを楽しみにしています。
Commented by 虫林 at 2011-06-14 21:51 x
naoggioさん、
今年のクロはこちらではかなり遅れています。例年ですとすでに出ていても不思議ではありません。でも、美しいウラナミアカがクヌギの葉上で撮影できたので満足です。叩き出しだと見るのが簡単ですが、ルッキングだと見つけるのは簡単ではないですよね。
こちらに来られた時にはお目にかかれると嬉しいですね。
Commented by 虫林 at 2011-06-14 21:54 x
ヘムレンさん、
コメント有難うございます。
ゼフ(クロミ)は少なくとも1週間は遅れているみたいです。早く会いたい
ものですが、無効次第ですから仕方がありませんね。
キイチゴは僕も時々つまみますよ。キイチゴは最高においしいイチゴだ
と僕は信じて疑いません。毎年、少し食べて満足しています。桑の実も
甘くておいしいのですが、やはりキイチゴに軍配を上げたくなります。
by tyu-rinkazan | 2011-06-12 20:48 | ▣ウラナミアカシジミ | Comments(12)