NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

201100625 クリの花咲く頃: ヒメシジミほか

Nature Diary #397

エゾハルゼミの鳴き声が響く森の小道。

この時期、クリの花が満開で、草いきれと花の匂いに少し息苦くなるような気さえします。本日(25日)の目的は、アイノやメスアカなどの金緑色に輝くクリソゼフィルスですが、どういうわけかその姿を見ることができませんでした。そこで、ウラクロポイントを覗いてみると、何人かの同好者にお会いできました。

少しご一緒した後、一人で近くの高原に移動しました。しばらく草原の中をうらうらと歩いて行くと、新鮮なヒメシジミを数頭発見しました。広角レンズで追いかけ、何とか富士山をバックにヒメシジミの撮影ができました。でも、枯れススキが邪魔なのと富士山に雲がかかっているのが残念です。

d0090322_2353053.jpg
ヒメシジミと富士山 (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 60D, Sigma 24mm F1.8 EX DG Aspherical Macro, ASA400, Trimming (+)



この時期の高原には、蝶の姿をあまり見かけませんでしたが、ギンイチモンジセセリやアサマイチモンジが時々現れて虫林を喜ばせてくれました。それにしても日陰が無い草原は暑いですね。

d0090322_2354421.jpg
キンポウゲの花で吸蜜するギンイチモンジセセリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



この高原には新鮮なアサマイチモンジが多いようでした。

d0090322_2355829.jpg
アサマイチモンジ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



クリの花には蝶だけではなくて、色々なカミキリムシが訪れていました。キマダラカミキリは枯れ枝にいそうなカミキリムシですがクリの花に良く集まります。

d0090322_23612100.jpg
クリの花に来たキマダラカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 60D, Sigma 24mm F1.8 EX DG Aspherical Macro, ASA400



クスベニカミキリは稀なカミキリではありませんが、かといって簡単に見ることができるものでもありません。この虫の赤色は光沢があって、なかなか味わい深い美しさを感じます。

d0090322_2362473.jpg
クリの花に来たクスベニカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



立てかけた竹にベニカミキリが集まっていました。

d0090322_2372281.jpg
ベニカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



d0090322_2373957.jpg
リンゴカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



d0090322_2375283.jpg
チチブニセリンゴカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400


d0090322_238418.jpg
ヒメアトスカシバ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400


§ Afterword §

クリの花が咲く頃は、昆虫たちが活発に活動する時期でもあります。チョウに加えてカミキリムシも多く出ているので、目移りして困ります。

実は週末は山梨県のキマルリを撮影しようと午後からそのポイントに行きましたが、天気が笹子トンネルを越えたとたんにドン曇りで、結局キマルリは現れてくれませんでした。来年以降の宿題ですかね。



以上、 by 虫林花山
Commented by ぽんぽこ山本 at 2011-07-01 00:37 x
ヒトアトスカシバだ~~!! 良いですね~~~~!!!
ここ数年、ハチ蛾に狂っています。 現在、飼育品ですがムラサキスカシバが羽脱中です。  今年はスイカズラの虫コブからヒトアト!ブドウとブドウズルからブドウスカシバが出ました。そして最後のムラサキの最中なんです! これからはキタスカシバを探す予定です!!
それにしてもカッコイイ蛾ですよね!! 【ぽん!】
Commented by naoggio at 2011-07-01 15:36 x
場所にもよりますが、今年はゼフィルスが少ないような気もします。そんな時でも虫林さんのように色々な知識と興味があるとフィールドを楽しめていいですね。
クスベニカミキリはおっしゃられている通り深みのあるいい色をしていますし、ぽんぽこ山本さんが盛んにおっしゃっていますが、スカシバの類も色々いて面白そうです。
暇を見つけて勉強します。
Commented by ごま at 2011-07-01 19:12 x
お世話になりました。
久しぶりにお会いでき嬉しい一日になりました。
虫林さんについて行くのが正解だったかもしれません。
結局、ウラクロはダメでした。
d氏は最後にウラキンに会えたらしいです...。
Commented by 蘭丸 at 2011-07-01 19:36 x
こんばんは。
キマルリは残念でしたが、豪華な顔ぶれですね。
今年は、冬の寒さ~急に夏になり『蟲』の出方もイマイチ判り辛いデスガ、
まだまだこれからも、酷暑に負けずに「虫林ワールド」を楽しみにしております。
Commented by ぽんぽこ山本 at 2011-07-02 00:01 x
7月1日は地元の中学校の講師で昆虫採集に出かけました。 JR青柳駅周辺でやっとミズイロオナガシジミなどが出始めました。 我が家周辺のウラキンやメスアカも秒読みです! カラスシジミも直だと・・?【ぽん!】
Commented by 虫林 at 2011-07-02 17:30 x
ぽんぽこ山本さん、
そうですかポンポコさんはハチ蛾にこっていらっしゃるようですね。確かに見た感じはハチにそっくりでした。ほんと少しびっくりしました。ヒトアトスカシバは多い種類だとは思いますが、それにしても良い昆虫ですね。
Commented by 虫林 at 2011-07-02 17:32 x
naoggio さん、
今年のゼフの発生はやはり遅れているのかもしれませんね。また発生数も少ないのかな?なかなか良い場面に出会っていません。
クスベニカミキリの深い赤は良いですよね~。
大好きなカミキリムシの一つです。
Commented by 虫林 at 2011-07-02 17:34 x
ごまさん、
色々と有難うございました。こちらこそ久しぶりにお会いできて嬉しかったですよ。撮影スタイルも皆さんそれぞれ決まっていてさすがだなと思いました。ウラクロは神出鬼没ですね。
Commented by 虫林 at 2011-07-02 17:36 x
蘭丸さん、
キマルリは2日間も通いましたが、天候不順もあって出会うことができませんでした。来年以降の目標になってしまいました。
なかなか週末の1日だけでは良い出会いが難しいかもしれませんが、フィールドを歩けるだけでも気分転換には良いですね。
有難うございました。
Commented by 虫林 at 2011-07-02 17:40 x
ぽんぽこ山本さん、
地元の中学生に教えているのは価値あることですね。
やはり子供たちにももっと昆虫に興味を持ってもらいたいものです。
そちらもそろそろゼフのシーズンインなのですね。
一気に色々な種類のゼフが出てくるようで僕も期待しています。
情報有難うございました。
Commented by daron3 at 2011-07-02 20:36
初めてコメントします。
当日 ごまさんと一緒に居た者です。
日頃良く拝見して参考にさせて頂いているのでお会いできてとても光栄でした。
ウラクロシジミは前週はそこそこ飛んでたのですが、一週間で激減したのは旬の期間がとても短いのでしょうか。
キマダラルリツバメは今年(本日)も挑戦したのですが、昨年のような証拠画像すら撮れずに終わりました。やはり難しいです。
Commented by Akakokko at 2011-07-02 22:34 x
あの後、ヒメシジミやギンイチを撮られたのですね。
我々はウラクロを粘りましたが、結局ダメでした。
↑前コメントのdaronさんは遅くまで粘ってウラキンを撮れたそうです。
もうキマルリはシーズン終了ですか?
ウラクロ同様まだ見たことのないチョウです。
明日、出張先の関西に戻るので、京都の途中下車でキマルリを探そうと思っているのですが、ダメですかね。
Commented by 虫林 at 2011-07-03 00:35 x
daronさん、
こんにちは、
ウラクロシジミは神出鬼没でなかなか撮影させてくれませんね。
でも、それがまた良いのかも。
山梨県のキマルリは僕も振られてしまいました。やはり難しいのかな。
キマルリは来年また狙ってみます。
今後とも宜しくお願いします。
Commented by 虫林 at 2011-07-03 00:37 x
Akakokkoさん、
あの後の高原はとても暑かったです。でも、ヒメ、ウギンイチ、アサマイチモンジが慰めてくれました。
キマルリは山梨で振られてしまいました。是非とも京都で良い写真を期待していますよ。きっと大丈夫です。
by tyu-rinkazan | 2011-06-30 23:09 | Comments(14)