NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

201100821 雨の散歩道:ミヤマシジミなど

Nature Diary #406

日曜日は朝から小雨に加えて気温も低く、夏から一気に秋になってしまったようです。

そんな天気なので、朝食後は カウチポテト (couch potato) 族 (この言葉を知っている人は良い年かも?) よろしく、ソファに横になって軽薄なテレビ番組をだらだらと観ていました。でも、せっかくの日曜日に部屋にこもっているのは、サンデーナチュラリストの虫林には精神衛生上とても良くありません。結局、雨にも負けず、昼過ぎにフィールドに出かけることにしました。

» スイレン(睡蓮); Nymphaea

少しだけ立ち寄った池には、スイレンが純白の花を咲かせていました。

虫林は長い間、スイレンの漢字名は「水蓮」 だと信じこんでいました。でも、調べてみたら正式な漢字名は 「睡蓮」 でした----恥ずかしいな。日本のスイレンは未の刻(午後2時くらい)に花を咲かせ、夕方に花を閉じるようです。この花を閉じるのを、睡(ねむ)ると見立てて睡蓮と名づけられたようです。スイレンの花には種々の園芸種があるみたいですが、やはりオーソドックスな純白の花が良いですよね。

d0090322_2044879.jpg
スイレン(睡蓮)の花 (山梨県甲府市、8月21日)

.
Ricoh GXR, ASA100




» ミヤマシジミ; The Argyrognomon Blue

雨の日のチョウたちを観察するのはいつもと違った趣があります。そこで、 「ミヤマシジミが棲む河原」 を訪ねてみることにしました。ミヤマシジミなら雨の日でも観察が可能かなと思ったからです。

小雨の中、長靴を履いて、傘を差しながら歩き始めると、さっそく足元の草の葉上で数頭の小さなシジミチョウを見つけることができました。彼らは雨中でも、草の上でじっとしているようです。葉の上にできた水滴とミヤマシジミの組み合わせはこんな小雨の日ならではのシーンですのでゆっくりと撮影させてもらいました(少し薄暗かったので、手振れしないようにストロボ光を弱く(-3) 当てています)。

「雨の御堂筋」ではなくて「雨のミヤマシジミ」ですね----意味不明。

d0090322_20442765.jpg
雨の中で葉上に静止するミヤマシジミ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400, 外部ストロボ

d0090322_20444434.jpg
雨の中で葉上に静止するミヤマシジミ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 60D, Sigma 24mm F1.8 EX DG Aspherical Macro, ASA400、外部ストロボ



<開翅>
雨のため開翅の写真はもともと諦めていたのですが、雲が切れて雨がやみ、周囲が明るくなってくると、ミヤマシジミたちは翅を開いてくれました。晴れの日よりも太陽光が弱いこんな日の方が、しっとりとしてやわらかくまた色の出も良い写真が撮影できるものです。無理して来てよかったな。

ミヤマシジミ♂の明るい青は、日本産ブルースの中でも特別鮮やかです。

d0090322_216843.jpg

開翅するミヤマシジミ♂ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400

d0090322_20453674.jpg
開翅するミヤマシジミ♂ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400

d0090322_20455329.jpg
開翅するミヤマシジミ♂ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



見かけたミヤマシジミは思ったよりも多くはありませんでしたが、この時はオスよりメスの方が多く観察できました。このメスは後ろ翅に青い紋が少しだけ発達しています。青♀といえる程度のものではありませんが、控えめな紋でなかなか良いですね。

d0090322_2046920.jpg
開翅するミヤマシジミ♀ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



<翅裏の青い紋>
ミヤマシジミの翅裏後翅の辺縁に並ぶ黒紋の中には、青い紋が見られます。この青い紋の発達程度は個体によって少し異なるみたいでした。下の写真の上よりも下の個体の方が明らかに青紋が発達しています。

d0090322_20464318.jpg
ミヤマシジミの翅裏 (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



<幼虫>
ミヤマシジミの幼虫には クロオオアリ がついているので、アリを目で探しながら幼虫を見つけました。僕は幼虫探しがあまり得意ではありませんが、それでも2頭ほど見つけることができました。

d0090322_20465776.jpg
ミヤマシジミの幼虫とアリ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400




» その他; Miscellaneous

ツバメシジミの新鮮な♂に出会いました。このチョウの翅裏はとても白くて綺麗です。いつもだとあまり目に留まらないツバメシジミですが、雨の日に出会うとその美しさに感激してしまいました。

d0090322_20471622.jpg
葉の上のツバメシジミ♂ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



コミスジが雨の中で翅を閉じて静止していました。このチョウは晴れていればすぐに翅を開いてしまいますので、逆に翅を閉じた写真を綺麗に撮影するのが困難な蝶です。今回は雨の中でゆっくりと翅裏を撮影できましたが、改めて見ると、このチョウの前翅前縁にオレンジの筋が入ってとても綺麗でした。

d0090322_20473398.jpg
コミスジ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400




<へんてこりんな蛾>

名前はまだ調べていませんが、ススキの葉に前脚2本でぶら下がる 「へんてこりんな蛾」 を見つけました。初めは枯葉でも下がっているのかと思いました。2本の前脚だけでぶら下がるこの蛾は、見れば見るほどどこか愛嬌があってユーモラスですね。

注:蝶鳥ウォッチング のYoda-1さん セグロシャチホコ Clostera anastomosis という種名であることを教えてくれました。本種の詳しい内容は以下のホームページまで http://www.jpmoth.org/Notodontidae/Clostera_anastomosis.html 

d0090322_20475083.jpg
前脚でぶら下がるセグロシャチホコ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400

d0090322_2048943.jpg
前脚でぶら下がるセグロシャチホコ (山梨県白州町、8月21日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



§ Afterword §

<タイトルトップの写真>
渓流(小さな滝)に面した葉上で翅を開いたミヤマシジミです。

なかなか雨の中でのチョウたちを観察する機会が無かったのですが、出かけてみると雨の日だから撮影できるシーンもあることがわかりました。ただ、雨の日は昆虫の活動性が著しく低いので、散歩場所の選択には気を使う必要があるでしょう。また、カメラが濡れてしまいますので、タオルや傘は必携ですね。



以上、 by 虫林花山
Commented by himeoo27 at 2011-08-22 21:25
最後の蛾、最高に可愛いですね!
蛾は、美も、醜も極端で、とても心ひかれる種が多く
最近カメラを向けています。
Commented by yoda-1 at 2011-08-22 22:41
ミヤマシジミの♀雌の青色、はじめてみました。
アリとの共生も素晴らしいです。
虫林さんの楽しみを奪うようで申し訳ないですが、みっけです。
http://www.jpmoth.org/Notodontidae/Clostera_anastomosis.html
しかし画像検索しても、このように本当に落っこちそうにぶら下がっている画像はなく貴重かと思います。
早く助けにいかなくては!!?
Commented by 蘭丸 at 2011-08-23 05:25 x
おはようございます。
雨の中のミヤマシジミ。とても素敵です。
とくに、水滴を呑む写真に惹かれました。
♀の開翅もとてもシックですし・・・・・雌雄異形が最も出るBlues ですね。
Commented by 虫林 at 2011-08-23 13:36 x
ヒメオオさん、
コメント有難う御座います。
この場を見たときに僕もオオッと思いました。なかなか頑張って懸垂でもしているみたいで楽しいですね。
Commented by 虫林 at 2011-08-23 13:39 x
Yoda-1さん、
コメント有難う御座います。
ミヤマシジミの♀は低温期で青燐が増加すると思っていました。でも、熱いときでも青燐が乗るときがあるのですね。ヒメオオさんの最近のブログにすごい♀が出ていましたよ。セグロシャチホコの同定有難う御座いました。早速、文中に注釈をいれました。
Commented by 虫林 at 2011-08-23 13:42 x
蘭丸さん、
コメント有難う御座います。
雨の中での撮影もそれはそれで楽しいものでした。でも、カメラが濡れてしまうのが難点ですね。♀の色合いといい、紋といいとても好きです。これからもう少し青メスに出会えたら嬉しいです。
Commented by chochoensis at 2011-08-25 13:26 x
虫林さん、=ミヤマシジミ=綺麗ですね・・・素晴らしいです。驚いたのは、=水蓮=ではなく=睡蓮=だったとは驚きでした・・・すっかり、間違っていました・・・恥ずかしいです・・・。
Commented by 虫林 at 2011-08-27 00:28 x
chochoensisさん、
コメント有難うございます。
有難うございます。ちょうど新鮮な個体でしたので、良かったです。そうなんです、睡蓮だったのです。僕は全然思いもよりませんでした。
by tyu-rinkazan | 2011-08-22 20:54 | Comments(8)