NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20120825 晩夏の散歩道:ミカドミンミン

.
蝉時雨
暑い!本日の気温ランキング速報(最近、ネットでこんなこともわかる)を見ると、全国一位の暑さは山梨県の勝沼市(37.4℃)。甲府市も勝沼市ほどではないが、35℃を越えた。心頭滅却すれば火もまた涼し---などと強がってみたものの、英国旅行のための時差ボケに夏バテが重なって調子があまり良くない。ヒョウモンチョウのようにこの暑い時期は「夏眠」するのが一番だな。

ちょうど、急ぎの仕事も溜まっているので、今週末は遠出をしないで、大学の研究室に蟄居して仕事をすることにした。まるで夏休みの終わりに慌てて宿題をやる小学生のような気分。静かな研究室の部屋で一人仕事をしていると、窓からやかましいほどのセミ時雨が聞こえる。そうだ、ミカドミンミンを探して構内を散歩してみよう----結局、散歩かい?。

 **********************************************************



ムギワラトンボ; Orthetrum albistylum speciosum

ムギワラトンボはシオカラトンボの♀のこと。

でも、なかにはシオカラトンボ型(オス型)のメスもいるみたいだし、未熟なオスはムギワラトンボに似ているからややこしい。そういえば、人間サマでも男性のように見える女性もいれば、女性に見える男性もいる----これとは違うか。男女の間はややこしいのが面白い。

d0090322_21163623.jpg
A immature male of dragon fly (Orthetrum albistylum speciosum) resting on the leaf.

Ricoh GR IV, ISO100 (2012-August-25, Chuo-shi, Yamanashi




ミンミンゼミ; Hyalessa maculaticollis

大学構内を蝉の声を頼りにして見回ると、体の黒味が消失した緑化型ミンミンゼミ(ミカドミンミン)をそれほどの苦労もなく見つけることができる。今では見慣れてしまって感激は薄いが、この緑化型ミンミンは他の地域では稀にしか見られない貴重な変異種なのだよ。ちなみに、山梨県のレッドリストで「要注目地域個体群」の指定を受けている。

大学構内のミンミンゼミでは、約30%くらいが緑化型かな。しかし、緑化の程度は種々で、完全に黒色が消失した個体のみをミカドミンミンとするのであれば、その出現率はかなり低くなる。

d0090322_21165255.jpg
A green type of Hyalessa maculaticollis (Mikado Min Min) resting on the tree trunk.

Ricoh GR IV, ISO100 (2012-August-25, Chuo-shi, Yamanashi



撮影した個体は盛んに鳴いていたが、カメラを向けても逃げようとしなかった。そこで、正面からのドアップを撮影してみた。以前にウルトラマンというテレビ番組にバルタン星人という怪物が登場したが、バルタン星人の顔は明らかにセミからヒントを得たものだろう。

d0090322_2117594.jpg
A front-close-up view of the green type of Hyalessa maculaticollis

Ricoh GR IV, ISO100 (2012-August-25, Chuo-shi, Yamanashi



通常型のミンミンゼミもいるので、対照として撮影した。

撮影した時にはかなり黒く見えたが(少し黒化?)、緑化型を見た後だったせいなのかも知れない。ミンミンゼミには黒化型というのもあるそうだが、そちらは北海道など北に多いそうだ。いつか見てみたいなと思うが、北海道だとミンミンゼミそのものがかなり少なそうだ。

d0090322_21171815.jpg
A usual type of Hyalessa maculaticollis

Ricoh GR IV, ISO100 (2012-August-25, Chuo-shi, Yamanashi



ツクツクホウシ; Meimuna opalifera

ツクツクホウシの声を聞くと、夏も終わりだなと思う。虫屋の虫林にとってはツクツクホウシは夏の終わりを告げる声で、どこかうら寂しく感じてしまう。このセミは樹皮に擬態しているので、見つけるのに少し苦労した。

d0090322_21173265.jpg
Meimuna opalifera

Olympus E-5, ZD8mm Fisheye, ISO400 (2012-August-25, Chuo-shi, Yamanashi



アブラゼミ; Graptopsaltria nigrofuscata

d0090322_21174369.jpg
Graptopsaltria nigrofuscata

Ricoh GR IV, ISO100 (2012-August-25, Chuo-shi, Yamanashi



Afterword

セミ時雨の季節-----夏も終盤だ。

毎年この時期になると暑さがこたえる。日本の夏は8月の終わりから9月の初めにかけてピークがくるように思うが、だいたいどこでも8月いっぱいで夏休みが終わってしまうのが不思議だ。もう少し夏休みを後にずらした方が良いかも知れないな。今年は電力不足が叫ばれていて、クーラーも控えているが、実際のところ電力不足がどの程度のものなのか電力会社は報告すべきだね。値上げもしたことだし----。

こんなに暑い時は、高い山の上のお花畑でベニヒカゲたちとほっこりと戯れたいものだが、仕事の関係で今週末はこもってしまった。でも、優先順位を考えれば、仕事が優先なので仕方がないかなと思う。来週末はどこかを散歩したい。

by 虫林花山



Nature Diary vol.7(44): #469
Commented by yoda-1 at 2012-08-25 21:34
この純正ミカドミンミンを早く見てみたいのですが、山梨県の特定の地域だけが頻出するのですかね。
仕事優先の自制心をうらやましく思います。
Commented by fanseab at 2012-08-25 22:34
甲府盆地は暑そうなので、暫く遠慮しておりますが、この大学
校内画像も陽射しが強そうですね。
ツクツクボウシの絵は魚眼的効果が出ていますが、ワイコン
を使用しているのでしょうか?
Commented by Sippo5655 at 2012-08-25 23:00
向う3週間は、猛暑が続くとか、、
ミンミンゼミの、緑、こんな子がいるんですね。
なんでだ!?
今日は林道で、カナカナカナ・・・聞こえました。
これから大合唱になるんでしょうね。
山は渇水状態でした。
一雨欲しいところです。
お体を休めながら、次の撮影に備えてくださいね(*^-^*)
・・・私、セミすら疎いんですよ、
アブラゼミくらいです 姿形でわかるのは><
Commented by 虫林 at 2012-08-26 00:05 x
yodaさん、
コメント有難うございます。
ミカドミンミンは甲府盆地であれば広く見ることができる
と思います。でも、大学の構内では低い木に静止してく
れるようですので、撮影が容易になります。
仕事と散歩のけじめは意外に難しいですね。
Commented by 虫林 at 2012-08-26 00:07 x
fanseabさん、
ご無沙汰しています。でも、ブログでの記事はいつも
みていますよ。
有難うございます。おっしゃる通りで、この画像だけ
オリンパスの魚眼8mmを使用しました。修正してお
きます。
Commented by 虫林 at 2012-08-26 00:10 x
Shippさん、
コメント有難うございます。
今の時期はミンミンゼミ、ヒグラシの声は夏の風物詩
になりますね。緑化型のミンミンゼミは、甲府盆地意
外でも見ることはあるみたいですが、少ないようです。
今は少し体が疲れているので、来週までに元気にな
ってフィールドを歩いてみたいな。
Commented by himeoo27 at 2012-08-26 18:05
私もヒグラシの鳴き声を聞くと夏の終わりを感じて物悲しくなります。

それにしても、ベニヒカゲや秋型タテハの舞うこの時期、
仕事が詰まっていると辛いですね!
Commented by kmkurobe at 2012-08-27 16:50
残暑がつづきますね。白馬ではミンミンゼミの個体数が少なくてなかなか撮影できませんね。
当地ではヒグラシが夏一番で次がコエゾゼミ。ツクツクボウシは居ないので、現在鳴いているアブラゼミでおしまいです。もう秋になってしまいました。
Commented by 虫林 at 2012-08-28 16:50 x
ヒメオオさん、
コメント有り難うございます。
ヒグラシの声は風情があって良いですね。
そうなんです。この時期に仕事が詰まっていてどこにもいけない
のは残念です。でも、仕方がありませんね。
Commented by 虫林 at 2012-08-28 16:53 x
kmkurobeさん、
コメント有り難うございます。
ミンミンゼミは東日本ですと平地でもとても多いのですが、
日本海側にちかいほど少なくなりますね。白馬ですとなかなか
少ないと思います。
チッチゼミはいないのかな?
すでに秋の色合いが濃くなって今年もシーズンが残り少なくな
りました。少し寂しいですね。
Commented by みやちゃん at 2012-09-13 00:44 x
私は飲尿癖があって今年もクマゼミの♀のおしっこをいくらか飲ませてもらったけど、虫林さんは飲尿の経験はありますか?私的にクマゼミのしかも処女の♀のクマゼミのおしっこは少し甘くて(糖尿病?(笑))美味しいですね。(^-^)v今は生きたままの状態で標本ですけどね。私は人間の女性の(しかも処女の)おしっこを飲むことに命を懸けていますがやはり筋金入りの飲尿マニアなんでしょうかね?(笑)(^-^)vしかし、やっぱりクマゼミの♀は何か可愛らしいからおしっこ飲んでみたいなあみたいな感情持てませんかね?捕まえたとき必ず放尿してくれますしね。(^-^)v
by tyu-rinkazan | 2012-08-25 21:23 | Comments(11)