NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20120907 コンデジ(Cyber-shot DSC-RX100)を新規導入

≪コンデジ新規導入≫
カメラ修理のために市内の 「カメラのキタムラ」 を訪れた時に、ソニーサイバーショット DSC RX100 をたまたま手にとってみた。有効2020万画素(1.0型 CMOSセンサー)、広角側で解放f1.8の明るいレンズ、秒10コマの連射性能(キャノン7Dが秒8コマ)などこれまでのコンデジとは思えないスペックだった。虫林にしては珍しく ? 「一目ぼれ」 してしまい、サブカメラとして購入した。衝動買い?----反省。
d0090322_9202278.jpg
Cyber-shot DSC-RX100
 
**********************************************************************

風景、昆虫撮影での使用例
d0090322_5554978.jpg
夕焼けの飛行機雲

Sony Cyber-shot DSC-RX100 (September-05-2012, Kofu, Yamanashi)

d0090322_556716.jpg
夕暮れ時、川岸のセンダングサの葉に静止するヒメアカタテハ

Sony Cyber-shot DSC-RX100 (September-05-2012, Kofu, Yamanashi)

d0090322_5562733.jpg
吸蜜するホシホウジャクの長い口吻

Sony Cyber-shot DSC-RX100 (September-05-2012, Kofu, Yamanashi)

d0090322_5564328.jpg
飛翔するアオスジアゲハ(下の写真はトリミング+)

Sony Cyber-shot DSC-RX100 (September-05-2012, Kofu, Yamanashi)

Afterword
センサーが通常のコンデジに比べると4倍大きい(1.0型CMOSセンサー)というだけあって、解像感や背景のボケかたなどはコンデジというよりもも一眼レフデジタルのものにより近いようだ。小さいので取り回しは抜群に良いが、グリップ感がね-----。

このカメラではチョウの撮影の時に背景を容易にボカスことができる半面、同じ絞りでの被写界深度も浅くなっているので、飛翔撮影のときにはコンデジとしてのメリットが少なくなる。実際、曇り空のうえに飛翔が速いアオスジアゲハであったが、歩留まり率はあまり良くなかった(5%以下)。シャッター速度優先での飛翔撮影のときにはISO感度を上げて、絞りがもっと入るようにした方が良さそうだ。でも、フォーカスが決まった写真はなかなかの雰囲気なので使用可能なことはわかった。これから色々と工夫をしようと思う。

近頃のコンデジは侮れないな。

以上、by 虫林花山



Nature Diary vol.7(46): #469

Commented by fanseab at 2012-09-07 21:33
コンデジの上位機種は色々と魅力的な一台が多くて選定に悩みますね。アオスジアゲハの画像はjpeg撮影でしょうか?リコーのデジカメ同様、少し緑色のカブリが気になります。センサーの特徴かもしれませんが、RAWで撮影し難い(連射時)飛翔撮影時にちょっと気になる傾向です。今後の作例をもう少し見てみたいです。
Commented by 虫林 at 2012-09-07 21:45 x
fanseabさん、
コメントありがとう御座います。
飛翔写真は連写時のもので全てjpegです。確かに緑色のかぶりがあるかもしれませんね。やはり、僕はもともと飛翔写真に連写は使用しないのですが、今回はこのカメラの性能を把握する目的で連写してみました。その結果、露出やWBに少し不安を覚えます。
今後ともどうぞごご指摘下さい。
Commented by Akakokko at 2012-09-07 23:55 x
コンデジでこんなにシャープに飛翔写真が撮れるなんて凄いですね。
AFですか?
ちょっと信じられません。
Commented by 虫林 at 2012-09-08 06:28 x
Akakokkoさん、
コメントありがとう御座います。
撮影はMFですよ。
皆さんあまりやられませんが、同じ絞りであればセンサーが小さい
コンデジの方が被写界深度が深くなりますので有利です。実際、
MFのできるコンデジで試されたら良いかと思います。ただ、
コンデジはシャッターのリスポンスが悪いものが多いので、そ
れが問題となるかもしれませんね。でも、駄目もとで試して下さ
い。
Commented by OTTO at 2012-09-09 13:33 x
虫林さん、こんにちわ。
通りすがりですが、素晴らしいチョウの画像が沢山あるので、初めてで厚かましいかとは存じますが、ちょっとコメントさせていただきます。
コンデジでもこんないい写真が取れるんですね。
特にチョウの飛翔画像は凄いです。
どうやってピントやタイミングを合わせるんでしょうか?
私は、カメラに関してはまったくシロウトなのですが、チョウが大好きで採集する代わりカメラでその美しい生きている姿を映しとめたいものと思っております。
でもいかんせん、撮影に関するテクがまったくダメなので、なかなか思うような写真が撮れません。
今後、このブログを拝見させていただきながら、虫林さんの撮影テクニックを勉強させていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 虫林 at 2012-09-09 20:13 x
OTTOさん、
コメント有難うございます。
ピントはMF(いわゆる置きピン)です。大体の距離を目測でシャッターを切ることになります。ほぼ運を天に任せてということですが、練習すると確率が上がります。シャッター速度は1/2000秒でシャッター優先モード、ISOは800です。
今後とも宜しくお願いします。
Commented by naoggio at 2012-09-10 20:33 x
夕焼け空に輝く一筋の光、きれいですね。
全く関係ありませんが「ロンギヌスの槍」を連想してしまいました。
そしてヒメアカタテハ、いいですねえ。
蝶のこんな写真、見た事がありません。詩情溢れる新しい境地ですね。
Commented by midori at 2012-09-10 22:49 x
コンデジでここまでの機能とは...驚愕です。最近、一眼レフ2台持ちが、ちょっと辛くなってきました。高性能ミラーレスといい、持ち運びが便利なカメラが増えてきましたね(*^_^*)。いつかは、私も...!?ヒメアカタテハは、裏翅も魅力的ですね。コンデジで、秒10コマは凄すぎです(*^_^*)。
by tyu-rinkazan | 2012-09-07 06:04 | Comments(8)