NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20121028 黄葉とオオムラサキの幼虫

Nature Diary vol.7(54):#479

昨日(土曜日)は学会終了後のエクスカーションで、主催者が東京スカイツリーに案内してくれた。このスカイツリーの展望デッキ入場チケットはPCでのオンライン予約制らしい。よくぞチケットをゲットしてくれたものだ-----感謝。高速エレベーターで到着した標高350mの展望デッキからは、見下ろす町並にスカイツリーと雲の陰が面白い光景を見せていた。

久しぶりに東京タワーにも行きたくなったな------年がわかる。

d0090322_2219696.jpg
スカイツリーと雲の影 A landscape of Tokyo from Tokyo Skytree

Olympus OMD, MZD60mm Macro, October-27-2012, Chiba

 ************************************************************************************************************

Diary

土曜日はスカイツリーの後にパーティにも出席したので、結局我が家に着いたのが夜の12時だった。
日曜日は朝起きると、雨が拙宅の庭木の葉を静かに濡らしていた。冬の訪れを待つこの時期(晩秋)に降る雨はどこか寂しい。


オオムラサキの幼虫; Caterpillar of the Great Purple

小雨の中、池の周りをのんびりと散歩。

雨にもかかわらず、何人ものヘラブナ釣の釣り人たちが浮子(うき)を見つめていた。
池の横のエノキの幼木の葉を見ると、オオムラサキの幼虫を発見。

d0090322_22281985.jpg
オオムラサキの幼虫と池 A caterpillar of the Great Purple and the pond

Olympus OMD, Panasonic 8mm Fisheye, October-29-2012, Kofu-shi, Yamanashi


綺麗に黄葉したエノキの葉に、まだ鮮やかな緑色の幼虫が静止していた。
オオムラサキの幼虫たちも越冬に向かい緑色から茶色に色を変えていくのだろう。

d0090322_059142.jpg
d0090322_0593847.jpg
d0090322_22223445.jpg
黄葉とオオムラサキの幼虫 A caterpillar of the Great Purple and the yellow-tinged leaves

Olympus OMD, MZD60mm Macro, October-29-2012, Kofu-shi, Yamanashi


この幼虫は葉の色の変化と同調していて黄色味が強く、その存在を認識するのが難しい。
このくらい似ていれば鳥たちも騙されるだろう。右に幼虫の場所を矢印で示した。

d0090322_1154100.jpg
黄葉とオオムラサキの幼虫 A caterpillar of the Great Purple and the yellow-tinged leaves

Olympus OMD, MZD60mm Macro, October-29-2012, Kofu-shi, Yamanashi

d0090322_22285390.jpg
オオムラサキの幼虫 A caterpillar of the Great Purple and the yellow-tinged leaves

Olympus OMD, MZD60mm Macro, October-29-2012, Kofu-shi, Yamanashi



ゴマダラチョウ; The Japanese Circe

オオムラサキの幼虫に比べて少し太っちょのゴマダラチョウの幼虫も発見。

オオムラサキとゴマダラチョウの幼虫は似ている。
ゴマダラチョウの幼虫は背面の突起が3対だが、オオムラサキは4対あるのでその区別は難しくない。

幼虫の食痕が目立つ。

d0090322_145293.jpg
ゴマダラチョウの幼虫 A caterpillar of the Japanese Circe

Olympus OMD, MZD60mm Macro, October-29-2012, Kofu-shi, Yamanashi



キノカワガ; The Japanese Circe

木の幹に擬態の名人のキノカワガ。
じっとしているキノカワガを見つけるのは簡単ではない。

d0090322_22235489.jpg
キノカワガ Blenina senex

Olympus OMD, MZD60mm Macro, October-29-2012, Kofu-shi, Yamanashi


Afterword

本日は雨のため、近くの林でオオムラサキの幼虫を観察した。エノキはすでに黄葉が始まっていて、これから幼虫たちも色を変え、地面におりて越冬するのだろう。昆虫たちはすでに冬支度を始めたようである。

虫林もそろそろ越冬準備をしなくては-----意味がわからない。



以上、by 虫林花山

Commented by ダンダラ at 2012-10-29 10:53 x
エノキが大分黄葉してきましたね。
こちらではまだ緑色の葉が多いです。
昨日床屋に行くついでに道すがらのエノキを見てみましたが、昨年はたくさん見られたアカボシゴマダラの幼虫が全く見つかりませんでした。
今年は本当にチョウの姿が少ないです。
そちらではいかがですか。
Commented at 2012-10-29 11:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ごま at 2012-10-29 13:01 x
オオムラサキ、ゴマダラの幼虫の色、上手く葉に同化するものですね。
興味深く拝見しました。
この時期、エノキの葉が黄色になるので見つけやすいですね。
札幌時代(大昔)を思い出しました。
Commented by Sippo5655 at 2012-10-29 23:25
スカイツリーに行かれましたか。
私は東京にいながら、まだ行ってません^^;
東京タワーの方が好き・・・だったりして。

オオムラサキ幼虫、、いや見事な擬態ですね!
アマガエルもいる場所に合わせて七変化と聞きますが
みんな、それぞれに工夫を凝らしているんだなあ・・・
こんな小さな、赤ちゃんなのに。

比較するとゴマダラチョウの幼虫ってほんとずんぐりむっくりですね^^;
今季、ついにゴマダラチョウの成虫を見ることなく終わってしまいました。
アカボシは多く見たのですが。
昨年と逆転です。
Commented by clossiana at 2012-10-30 13:23
ご無沙汰しております。オオムラサキの幼虫の体色の変化は先ず緑色の部分と茶色い部分とが2層に別れるのだと思っていました。こうして見させて頂くと体全体が黄変し始めるのですね。勉強になりました。私も近々様子を見に行きたくなりました。
Commented by naoggio at 2012-10-30 14:07 x
スカイツリーからの展望はやはり今までの高層からの眺めと一線を画した感がありますね。凄いです。
6〜7枚目のオオムラサキ幼虫、最初は何の事かわかりませんでした。
もしも鳥に見つかる事があったとしても、私に見つかる事は絶対にありません。
↓の1枚目の紅葉の写真、素晴らしいですね。
Commented by 虫林 at 2012-10-30 18:26 x
ダンダラさん、
そろそろ秋色も濃くなってきてさびしくなります。
オオムラサキはご存知のように、今年は例年になく個体数が
多かったように思います。幼虫もあまり苦労なく見つけることが
できるみたいです。一方、ツマグロキチョウのように今年は全く
ダメな種類もありました。
種類によってだいぶ違うみたいですね。
Commented by 虫林 at 2012-10-30 18:35 x
非公開コメントさん、
こちらこそお世話になりました。
本当に楽しかったです。
拙ブログを見られたとのこと恐縮します。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。
Commented by 虫林 at 2012-10-30 18:37 x
ごまさん、
オオムラサキの幼虫たちはこれから冬に向けて色を変えて
行くみたいですね。不思議なものですが、自然界は我々が
考えているよりも巧妙です。札幌ですとエゾエノキでの幼虫
ですね。
Commented by 虫林 at 2012-10-30 18:39 x
Shippoさん、
昨年、この時期のオオムラサキの幼虫を見つけてから、今年も
是非観察したいと思っていました。土地柄、オオムラサキの幼
虫は身近なんです。
ゴマダラチョウは成虫はオオムラサキよりも小さいのですが、
幼虫はむしろ大きいのがいつも少し意外です。
Commented by 虫林 at 2012-10-30 18:42 x
Clossianaさん、
こちらこそご無沙汰でした。
おっしゃる通りでオオムラサキの幼虫はもう少しすると、緑色の
部分と茶色い部分とが2層に別れるようですね。まだ初めの段
階はこのようになるのかもしれません。今年は個体数も多いよ
うですので、少しゆっくりと観察してみます。
Commented by 虫林 at 2012-10-30 18:45 x
naoggioさん、
スカイツリーはこの時期混んでいるので、個人的に行くことは多分
無かったと思います。今回はお世話になって行ってきました。やは
り高いですね。雲が低くて雷が鳴ったら、もしかして下から聞こえて
くるのかななどと馬鹿なことを考えていました。
オオムラサキは葉の色と同調する姿が興味深かったです。
自然界は巧みですね。
Commented by OTTO at 2012-10-30 23:10 x
超亀レスで失礼いたします。
これからは、オオムラサキやコムラサキ、ゴマダラの幼虫探しのシーズンですね。寒風に吹かれながら、エノキやヤナギのあたりを探し回るのも冬の楽しみの一つです。
オオムラサキ幼虫と、釣堀の遠景のショットがお見事!
絵として、決まっていますね。なんかの物語がありそうな景色になってます。
Commented by 虫林 at 2012-11-04 10:08 x
OTTOさん、
有難うございます。
僕も以前に何度か真冬にオオムラサキの幼虫探しをやりましたが、
葉が落ちる前の幼虫たちも観察すると面白いです。
そこは釣り掘りではなくて、ただの池です。ヘラブナの大物が釣れ
るということで、知る人ぞ知る場所みたいです。
by tyu-rinkazan | 2012-10-28 22:41 | Comments(14)