NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20130127 真冬の散歩道:氷柱とオオムラサキ越冬幼虫など


Nature Diary vol.8(06): #493


Diary

大寒は過ぎたものの今年は寒いな。

週末の日曜日(28日)は、最強クラスの寒波にも負けず、激しく押している仕事にもめげずに(目をつぶって)、近くのフィールドをのんびりと散歩することにしました。2週間ぶりかな。 サメは泳ぐことを止めると酸素欠乏で死ぬが、虫林はフィールドに出ないと散歩欠乏になって死ぬ......かも知れない。フィールドに出るための家内への言い訳。


氷柱 Icicle

崖に大きな氷柱を発見。
長さはゆうに 2m を越えている。

北国では屋根、軒先等のつららが落下し、下にいた人の頭を直撃し、けが・負傷するという事故が起きているらしいので、こんな氷柱が垂れている崖にあまり近づくと危ないかも知れないな。

写真は氷柱のスケールがわかるように自分(右下)を入れて撮影したが、少し腰が引けている。

d0090322_16483194.jpg
氷柱が下がった壁... The cicle-hung wall

.
Olympus OM-D E-M5, M-ZD 14-150mm, Jan-27-2013, Kofu, Yamanashi



オオムラサキの越冬幼虫 Overwintering caterpillar of the Great Purple


オオムラサキの幼虫を見るためにエノキの下の落ち葉を少しさらってみました。
しばらくすると、何頭かの幼虫を見つけることができました。

ノンビリと撮影していたら、目が覚めて頭を上げてしまいました。

d0090322_16513853.jpg
d0090322_16533919.jpg
オオムラサキの越冬幼虫... Overwintering caterpillar of the Great Purple

.
Olympus OM-D E-M5, Panasonic Lumix G 8mm, Jan-27-2013, Kofu, Yamanashi

d0090322_16594111.jpg
オオムラサキの越冬幼虫... Overwintering caterpillar of the Great Purple

.
Olympus OM-D E-M5, M-ZD 60mm Macro, Jan-27-2013, Kofu, Yamanashi



ベニヒラタムシ Cucujus coccinatus

ケヤキの樹皮を少し剥がしてみると、ベニヒラタムシを見つけました。

ベニヒラタムシは名前のようにとても平べったい体で、樹皮下で暮らすのに適しています。でも、樹皮下のような暗い場所でこれほど鮮やかな赤色になる必要があるのだろうか。近縁のルリヒラタムシも美しい青色をしている。けっして珍しくはないが美しい虫だ。

d0090322_16545914.jpg
d0090322_16552999.jpg
ベニヒラタムシ... Cucujus coccinatus

.
Olympus OM-D E-M5, M-Zuiko, ED60mm Macro + Nikon 50mm (reverse), Jan-27-2013, Kofu, Yamanashi



ヤノナミガタチビタマムシ Trachys yanoi

樹皮下には越冬中のヤノナミガタチビタマムシ。
このタマムシは米粒より小さく(わずか数ミリ)、肉眼では模様も確認できません。

d0090322_1656613.jpg
ヤノナミガタチビタマムシ ... Trachys yanoi

.
Olympus OM-D E-M5, M-Zuiko, ED60mm Macro + Nikon 50mm (reverse), Jan-27-2013, Kofu, Yamanashi



ハエの一種 Fly

樹皮下には小さなハエも越冬していた。
目が怪しい感じがします。

d0090322_16563527.jpg
ハエ... Fly

.
Olympus OM-D E-M5, M-ZD 60mm Macro + Nikon 50mm (reverse), Jan-27-2013, Kofu, Yamanashi



Afterword

本日は寒いものの穏やかな冬の日で、久しぶりにフィールド散歩を楽しむことができました。やはりフィールド散歩は気持ちがよい。大きな氷柱には少し驚いたが、この氷柱はこれからまだ成長するかも知れないと思っています。2月にももう一度訪れてみようかな。リバースレンズを装着した接写システムは手撮りで撮影したが、なかなか具合は良かった。これからもしばしば登場するだろうと思います。



以上、by 虫林花山
Commented by himeoo27 at 2013-01-27 19:14
暖かい日差しを受けて、寝ぼけまなこで顔を
あげたオオムラサキの幼虫可愛いですね!
Commented by 虫林 at 2013-01-28 00:54 x
ヒメオオさん、
越冬していると思っていたのですが、太陽を浴びると
意外に早く頭を上げてしまいました。越冬の邪魔をし
てしまったかなと思い少しあせってしまいます。
Commented by cactuss at 2013-01-28 21:29
氷柱は見事な大きさですね。そちらもかなり寒いんですね。
60ミリマクロに広角レンズをリバースで取り付ければさらに拡大できるかもしれませんね。
Commented by Sippo5655 at 2013-01-28 22:36
オオムラサキの越冬幼虫って敏感なのかな!?
こんな瞬間を私も見てみたいです。。
ここのところほとんど撮影に出られませんが
時間を見つけて歩いても、虫といえばクモとハエくらいです^^;
せめてカメムシの仲間くらいには出会いたいところなのですが。
Commented by konty33 at 2013-01-28 23:09
もの凄い氷柱に驚きです。流石に気温が低く寒そうですね。
オオムラサキの幼虫は近年見ていないので、この冬は探してみたいと思います。
リバースレンズも大活躍で良い感じです。
Commented by ダンダラ at 2013-01-29 08:42 x
まだまだ寒いですね。
氷柱にはびっくりです。こちらでも秩父に行けばどこかにあるのかも知れないですけど、寒いところは苦手なので・・・
オオムラサキの広角写真良い感じですね。ふとアカボシゴマダラを思い浮かべてしまいました。そちらもそろそろかも知れませんね。
Commented by OTTO at 2013-01-30 09:21 x
虫林さん、こんにちわ。
久しぶりにブログ拝見させていただきました。
年末から年始にかけて、小生も冬眠しておりまして(笑)
数日前から、ネットにアクセスできるようになりました・・・汗;
オオムラサキの幼虫、ちっちゃくて可愛いですね。
自宅の周辺のエノキでも探せば見つかるのですが、今年は雪が立て続けにふるので、さっぱり出来ずにいます。
これからは少しずつ雪が解けて、地面が現れてくる日もあるでしょうから、そろそろ今年の活動を開始しようかな、などと虫林さんの画像を拝見して思ったしだいです。W
ご挨拶が遅れましたが、今年もよろしくご指導のほどお願いいたします。
Commented by clossiana at 2013-01-30 17:26
私も似たような経験をしています。
種類は違いますが今年、アカボシの幼虫を見つけた時のことです。
幼虫の潜んでいた葉をひっくり返した途端に幼虫が動き始めたのです。
太陽光線に晒されるのがいやだって感じでした。
当日は気温も8℃位で寒い日でしたがすぐ動けるのでびっくりでした。
この仲間の冬季の眠りは思っていたよりも浅いのでしょうか?
Commented by naoggio at 2013-01-30 22:22 x
最後の1枚、数秒眺めていて思わず笑いが込み上げてきました。
本当に人相の悪いハエですね。確かに怪しいです。
こんなユニークな写真が撮れる接写システム、楽しそうですね。
私もなんとか時間を作って一工夫してみたくなりました。
Commented by 虫林 at 2013-01-31 18:43 x
cactussさん、
有難うございます。
広角レンズをリバースで取り付けた方が拡大率は上がるようです。
でも、あまり拡大すると、手持ち撮影が困難になり、フットワーク
が悪くなるかなとも思っています。
色々と試してみたいと思います。教えてくださいね。
Commented by 虫林 at 2013-01-31 18:46 x
Shippoさん、
個展の準備でお忙しいことと思います。
でも、素晴らしいことですから頑張ってくださいね。
成功をお祈り申し上げます。
オオムラサキはこちらでは個体数が多いので、越冬幼虫を
見ることもそれほど難しくはありません。かわいいですよ。
Commented by 虫林 at 2013-01-31 18:48 x
kontyさん、
氷柱はこれからまだ伸びるかもしれないなと思っています。
オオムラサキの幼虫はこちらでは比較的多いのですが、
むしろゴマダラチョウの幼虫の方が僕のポイントでは少ない
見たいです。
Commented by 虫林 at 2013-01-31 18:50 x
ダンダラさん、
氷柱は偶然に見つかったのですが、地面が凍っていて足場が
悪いので危険でした。一人なので怪我も怖いのであまり近づけ
無かったのが残念です。
アカボシの幼虫はいろいろ違うのでしょうね。いつか見てみたい
ものです。
Commented by 虫林 at 2013-01-31 18:52 x
OTTOさん、
こんにちは!
今年も宜しくお願いします。
今年は雪が多いようですので、観察が難しいですね。
でも、春が来るのがまた楽しみで良いかと思います。
今年もチョウたちに出会えるのを夢見ています。
Commented by 虫林 at 2013-01-31 18:55 x
clossianaさん、
オオムラサキの幼虫は比較的すぐに動き出しました。
こちらが慌ててしまって、少し撮影した後に枯葉の
中に帰してあげました。寝た子を起こしてしまったようで
少し心が痛みましたけど、大丈夫でしょう。
アカボシゴマダラでも同じようなことがあるのですね。
Commented by 虫林 at 2013-01-31 18:59 x
naoggioさん、
ケヤキの樹皮下にはいろいろな昆虫たちが眠っていて、
とくにチビタマムシは多いようです(ケヤキの害虫)。
またわけのわからない小さなハエなども見ることができ
ました。接写をしてやると、思いもよらない昆虫の表情
が観察できて楽しいです。
僕のシステムはコネクターの工夫だけの問題ですから
まずは指で押さえながらでも試されると良いかもしれません。
by tyu-rinkazan | 2013-01-28 00:35 | Comments(16)