NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20130803 秩父の山の散歩道:虫林、森で迷う

≪Thanks! GPS≫
久しぶりに身の危険をおぼえた。
秩父山中の深いシラビソの森の中で迷ってしまったのだ。

これまで、方向感覚には少しは自信があったのだが、いざという時には、人間(とくに虫林)の感覚なんてまったくいい加減で当てにならないものだ。幸い、背中のザックの中にあるGPS (Oregon 450TC) を思い出し、とにかく画面の矢印の進行方向を入り口に合わせて、苔むした岩と倒木がゴロゴロしている薄暗い森の中をひたすら進んだ(時々、半信半疑になったけどね----)。結果、GPSの御陰で何とか入り口の駐車場にたどり着くことができた-----これからは「GPS様」と呼ぶことにしよう。

下の写真は瑞牆山の姿。
ちなみに迷ったのは(近いけれど)この山ではない----念のため。

d0090322_21435365.jpg
d0090322_21443048.jpg
-GPS (Global positioning system, Oregon 450TC, Garmin Co. Ltd., US)

---- Olympus Stylus TG2 tough


*********************************************************************************************************************************


Diary #534 :
土曜日はタカネヒメハナカミキリ(Pidonia tsukamotoi)という亜高山性のハナカミキリを探して秩父山系を訪れたが、前述したように森の中で迷って四苦八苦したあげく、目的のtsukamotoiも見つけることができなかった。まあ、昆虫はあっさりと見つからない方が面白いと思う-----負け惜しみかい?来年にリベンジかな。


帰路の途中で、ヒヨドリバナの群落にアサギマダラが十数頭集まっていた。

このチョウは優雅に見えるが、秋になると南に向かって集団で「渡り」をすることが良く知られている。本格的な「渡り」シーズンまで、少し間があるようだが、そろそろ秋に備えて集まっているのかもしれないな。

d0090322_21461993.jpg
d0090322_21472069.jpg
- The Chestnut Tiger

---- Canon EOS 7D, EF100mm Macro



魚露目で撮影。
アサギマダラは複眼まで白黒の網目模様なんだ。

d0090322_21481652.jpg
d0090322_714421.jpg
- The Chestnut Tiger

----Olympus OM-D E-M5+M-ZD 14-42mm + Wcon P01, Olympus Stylus TG2 tough + Gyorome8




道路の脇でキノコを発見。
なかなかすらっとして恰好が良い。

この写真では普通のキノコのようにしか見えない。

d0090322_21501528.jpg
- Mushroom

---- Canon EOS 7D +EF100mm Macro, Olympus Stylus TG2 tough + Gyorome8



実は、このキノコは驚くほど大きくて背が高い。
スケールにペプシNEX 350ミリリットル缶(高さ115㎜)を下に置いてみた.
高さは優に30㎝を越えているのがわかる。

調べてみると、このキノコはハラタケ科の仲間で、「カラカサタケ Macrolepiota procera」というらしい。おなじみの「マッシュルーム」と同じ仲間なので、食べると中々美味とのことだ。何よりも大きいので食べ甲斐がありそうだ。次回に見つけた時は食べてみようかな--------家人はきっと拒否するかもね。

d0090322_7203647.jpg
- Remarkable height of the mushroom

---- Olympus OM-D E-M5+M-ZD 14-42mm + Wcon P01




Postscript :
今回は不用意に森の中に踏み込み、恥ずかしながら迷ってしまいました----反省。考えてみれば、山の中の登山道は、本当に細い線でしかないので、迷ってしまえばそこに戻るのは至難の業と言えます。図らずも、 GPS の有難さを自らの身をもって知ってしまいました。単独撮影行では危機管理が大事ですね。ちなみに、iPadなどで使用するGPSアプリの多くはネット環境が必要なので、ネットが使用できない山の中では役に立ちません。

帰る途中でオートバイに乗った方から声をかけられました。ヘルメットをかぶっていたので初めはどなたかわかりませんでしたが、みると、最近フィールドで知り合った甲府市在住のMさんでした。彼はこれまでもっぱらバスと自転車で散策されていましたが、最近、オートバイを購入されてとても嬉しそうでした。これからの活躍が楽しみです。


Nature Diary vol.8(47): #534
Date: August-03 (Saturday)/2013
Place: Yamanashi




Commented by hemlenk at 2013-08-05 07:05
ご無事でなによりでした(+_+)
前に、キノコ狩りで何度か山中を彷徨ったことがありますが、山は本当に怖いです。尾根を間違えなければ…と戻ったつもりがとなりの山に入ってしまい困りました。GPSがあってホントによかったですー(=^・^=)
カラカサタケの仲間には毒のあるのもあるので、気をつけましょう(^=^;
Commented by ダンダラ at 2013-08-05 07:58 x
危ないところでしたね。
私の携帯は古いタイプでGPS機能がないので、捜索隊が出ているかな。
でも冗談ではなく、脇道に入るときには気を付けないといけないですね。
Commented by kmkurobe at 2013-08-05 15:35
いや良かったですよ。おつかれさまでした。
私も実はクモツキで怖い思いをしたことがあります。
地図とめで見た沢とは感覚が違いもう少しで、崖にでてしまうところでした。
やはり原点に元来た道を捜すのが大切ですよね。
Commented by tamayam2 at 2013-08-05 18:42
おどろおどろしい山の姿!無事生還なさって、よかったです。
虫林さんでもそういうことがおありになる。やはり山は侮るべからず
ですね。GPS様、ありがとう!すばらしい写真、感謝!
Commented by dragonbutter at 2013-08-05 22:46
大事に至らなくてよかったですね。
私も蝶に夢中になって追いかけたあと、方向感覚がなくなることがあります。
私はどこに行くか嫁に言って出ないことが多いので、迷ったり怪我をした場合のことを考えると出来るだけ行き先を告げようと思いました。
Commented by naoggio at 2013-08-06 12:48 x
御生還おめでとうございます(笑)。
いやいや、笑い事ではありませんね。
私も何度か経験がありますが恐ろしいです。
平坦な林内などは殊に方角を見失い易いので要注意ですね。
GPS様がいらして良かったですね。というか持っていた虫林さんが偉いのですが。
カラカサタケというのですか。立派ですねえ。どこかで見た事あります。
食べられるんですね。食べてみたいなあ。
Commented by 蝶山人 at 2013-08-06 12:49 x
北海道が長いmaedaさんはいつもGPS持参でしたが
本州ではと安心して私は不携帯でした。
先生の教訓も他人事ではないので私も導入を考えてます。
ご無事で何よりです。
Commented by 虫林 at 2013-08-07 21:00 x
ヘムレンさん、
ありがとうございます。
本当に森の中では自分の位置が分からなくなるものなんですね。
GPSは初めは半信半疑だったのですが、やはり有用でした。
似たキノコで毒があるものがあるのですね。気をつけます。
Commented by 虫林 at 2013-08-07 21:04 x
ダンダラさん
山の中で登山道から下りの中に入ると危ないことが身をもって
知ることになりました。GPSがなければ確かに捜索隊が出動し
ていたかもしれませんね。
Commented by 虫林 at 2013-08-07 21:07 x
kmkurobeさん、
ありがとうございます。
僕も道に戻ろうとしたのですが、それができませんでした。
冷静になってGPSがあることを思い出したのが良かった
ように思います。次回からは迷わないようにしなければ。
Commented by 虫林 at 2013-08-07 21:09 x
tamayamさん、
僕はおっちょこちょいですので、時々こんな失敗をします。
もう少し思慮深くならなければ危ないですね。
山で迷うと本当に怖いです。
Commented by 虫林 at 2013-08-07 21:12 x
dragonbutterさん
おっしゃる通りで、僕も家内に行先を告げないで出かけました。
山で何か起こったら、捜索隊さえも出動できなかったかもしれ
ません。次回から行先を書いておくようにします。
Commented by 虫林 at 2013-08-07 21:15 x
naoggioさん
ありがとうございます。naoggioさんは山がお好きなので、
山で迷うこともあったかと思います。焦りました。GPSの示す
進行方向と僕の考える方向があまりに違うのに驚きました。
カラカサタケの大きさにびっくりでした。
Commented by 虫林 at 2013-08-07 21:19 x
蝶山人さん、
GPSはもともとポイントを記録するために購入したのです。山で
迷うことは想定していませんでした。少し高価でしたが、こういう
ことが起きた時には抜群の力を発揮しますね。
危機管理のためには必要かなと思いました。
by tyu-rinkazan | 2013-08-04 22:00 | Comments(14)