NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20130825 夏の終わりの里山散歩:雨上りのクロヒカゲモドキ

Diary #542 :
日曜日。朝からの雨も昼過ぎにはあがったので、台場クヌギが点在する雑木林を散歩。
クヌギの幹の縦長の穴は癒着木の証かな?。

d0090322_712584.jpg
- Sawtooth oak (Quercus acutissima)

---- Olympus Stylus TG2 tough



盛夏にはカナブンやオオムラサキで賑わったクヌギ酒場も今は静か。
それでもクワガタのペアを見つけることができました。

初めはコクワガタかなと思っていたが、よく見るとスジクワガタでした。

d0090322_7132836.jpg
- Stag beetle

---- Canon EOS 60D + Sigma10mm + 外部ストロボ



林の中の小道を進むと、目的のクロヒカゲモドキが飛び出しました。
どうやら翅の形はオスのようです。

このチョウとの出会いは雨上りが多い------ように思う。

d0090322_7135955.jpg
- The Marginalis Treebrown

---- Canon EOS 7D + EF100mm Macro



さらにメスも飛び出しました。

さすがに8月も終わりなので、翅は色褪せ、傷も見て取れます。
しかし、クロモはクロモですね。

d0090322_7143638.jpg
d0090322_715420.jpg
- The Marginalis Treebrown

---- Canon EOS 7D + EF100mm Macro



Postscript :
里山の雑木林の減少とともにクロヒカゲモドキも少ない蝶になりました。僕の知る限りでもクロヒカゲモドキが好んで棲息するクヌギ混じりの雑木林は年々減少しているようです。人が便利さを求めれば自然の破壊は必至だし、人の生活と自然との完璧な共存なんて基本的にはかなり難しいと思いますが-----。僕はまだ日陰者(ヒカゲチョウの仲間が好きな人のこと)の域に達していませんが、このチョウの何とも言えない曲者的な雰囲気はとても好きです。雑木林の曲者たちの行く末が心配ですね。


Nature Diary vol.8(53): #542
Date: August-25 ( Sunday) /2013
Place: Yamanashi





Commented by naoggio at 2013-08-30 13:14 x
虫林さんのブログの1枚目はいつも楽しみです。
今回も穴の開いたクヌギの背景の絶妙なボケ方、効いてますね。
クロヒカゲモドキにはずいぶんお目にかかっていません。
午後からぶらっと出かけてこの珍蝶に会えるとは羨ましいです。
Commented by himeoo27 at 2013-08-31 06:47
クロヒカゲモドキは1回しか見たことがありません。
クロヒカゲの近似種というよりヒカゲチョウに似て
いるので何故ヒカゲチョウモドキに命名しなかった
のか不思議だと感じました。
Commented by thecla at 2013-08-31 15:41 x
クロヒカゲモドキは、曲者ですか。確かに一筋縄では行かない曲者っぽさがありますね。私もまだ日陰者の心境には程遠いですが、雨上がりの午後にすぐ観察出来る環境はちょっと羨ましいです。
Commented by 虫林 at 2013-09-01 09:53 x
naoggioさん、
クロヒカゲモドキはこちらでも少なくなっています。
雨上がりでしたので、近くの場所に行ってみました。
時期が時期ですので、古い個体しか見ることができません
でしたが、来年はもっと探してみたいと思います。
Commented by 虫林 at 2013-09-01 09:56 x
ヒメオオさん、
おっしゃるとおりでヒカゲチョウの方ににているように思います。
僕もヒカゲチョウモドキの方がしっくりきますね。でも、黒っぽい
個体もいますので、そんなものはクロヒカゲモドキかな。
Commented by 虫林 at 2013-09-01 10:03 x
theclaさん、
クロヒカゲモドキはやや薄暗いところで棲息して、なかなか姿を
見せてくれないのと、意外な場所で出現するので曲者的かなと
思いました。
僕は雨上がりには期待できるので、近くの林に見に行くことにし
ています。
by tyu-rinkazan | 2013-08-30 08:03 | Comments(6)