NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20130914 初秋の散歩道:ツマグロキチョウ夏型・秋型

【Mirror Image】

オリンパスのミラーレスカメラには「アートフィルター」なる機能が搭載されるている。コンデジのオリンパス・タフにも11種類もの「マジックフィルター」がある。僕自身はそういう人口的な処理にはあまり肯定的ではなかったが、せっかくの機能なのだからとタフのマジックフィルターを試してみた。すると、これがなかなか面白いのだ。「食わず嫌い」だったみたいです------まことに勝手な言い分。

下の写真は「ミラー」フィルターで、魚露目で撮影したただの草原を90度回転させたもの。
ただの草むらがまるで「万華鏡の中の世界」に変身した。いつか高山のお花畑で試して見たいと思います。

d0090322_11122340.jpg
- Kaleidoscope image

---- Olympus Stylus TG2 tough + Gyorome8 (ミラーイメージ)


*********************************************************************************************************************************

Diary #546 :

ツマグロキチョウのポイント。
翅の先が角張っているツマグロキチョウの姿-----秋型。

d0090322_1113522.jpg
- The Angulated Grass Yellow

---- Olympus OM-D E-M5+M-ZD 14-42mm + Wcon P01 Olympus OM-D E-M5+M-ZD 14-42mm + Wcon P01



ツマグロキチョウは秋型が良い------とおもう。

僕のイメージでは、ツマグロキチョウは秋のチョウとして分類されている。秋型の全体的に厚ぼったくて角張った姿は、ユニークで良い。これらの変化は低気温に対するチョウの順応の表れなのだろうが、目の色まで変化してしまうのも凄いな。

夏型が水彩画だとすると秋型は油絵かな。

d0090322_11133526.jpg
d0090322_11141044.jpg
d0090322_11143299.jpg
- The Angulated Grass Yellow

---- Olympus OM-D E-M5+M-ZD 14-42mm + Wcon P01, Olympus Stylus TG2 tough



まだ夏型も残っていた。
今は夏型と春型が交錯する季節なのだ。

d0090322_1115239.jpg
d0090322_11152759.jpg
- The Angulated Grass Yellow <

----Canon 7D + EF100mm F2.8L macro IS USM




d0090322_1118791.jpg
- Dragonfly

---- Olympus Stylus TG2 tough + Gyorome8



Postscript :
惑星分光観測衛星を搭載したイプシロンロケット試験機が内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた。マスコミは成功、成功と騒ぐけど、これにどんな意義があるのかわかりやすい説明がない。調べてみると、独自開発の固形燃料ロケットとはなかなか画期的なものらしい。これからの宇宙開発の未来が開けてきたようで嬉しい。関係者の皆さん、おめでとうございます。

そろそろ涼しくなってきた。
これから季節の彩が美しくなっていくのが楽しみだ。

Nature Diary vol.8(55): #546
Date: September-14 (Saturday) /2013
Place: Yamanashi





Commented by banyan10 at 2013-09-15 19:05
ツマグロキチョウ、やはり秋型がいいですね。
それにしても眼の色は気にしていませんでしたが、こちらは涼しげ?な夏型がいいかもしれません。
最後のミヤマアカネの魚路目は迫力満点です。
Commented by himeoo27 at 2013-09-16 12:37
コンデジは色々な機能がついているので
試してみると嵌りそうですね。
私は従来からあるパスト連写、パノラマ撮影
に嵌っています。
Commented by Sippo5655 at 2013-09-16 12:43
ツマグロキチョウも、いよいよ秋型・・・
東京近辺でキタキチョウはまだ夏型ばかりのようです。
目の色まで・・・本当だ!
たしかに、油絵のような素敵な質感ですね♪
いつも会いに行く河原は、今頃台風ですごいことになっているんだろうなあ。
あ、トップの草むら
私、真っ先にアゲハの幼虫の正面顔を連想してしまいました(笑)
・・・中心に、怒った時に出すツノが!
すみません、今幼虫まみれになっているもので^^;
真っ赤なトンボさん、迫力~☆
秋の彩・・私も、いっぱい楽しみたいです
春夏と虫ばかり追いかけてきたから・・
Commented by naoggio at 2013-09-17 15:55 x
ウワワワ〜 !
新手のプレデターかと思ってしまいました。草でカムフラージュしていても中身は牙を持った蜘蛛、的な・・・
ミラー機能でこの画像を創造してしまう所が、虫林さんてやはり凄い。
私も土曜日にツマグロキチョウに会いに行ってきました。
同行のmidoriさんは夏型が、Akakokkoさんは秋型が撮影したいとおっしゃっていたのですが、我々も辛うじて両型撮影する事ができました。
不公平にならなくて良かったです。
Commented by ダンダラ at 2013-09-18 12:45 x
最初の画像も面白いですが、私個人としては2枚目の写真にいろいろな点で興味があります。
こういった写真を撮ることがなかなか出来ません。
写真を見る時の環境とかいろいろ考えてしまうのです。
でも大きな絵で見たらとっても奥行きのある写真ですよね。
それがわかっていながらなかなかシャッターを押せないジレンマみたいなのがあります。
近づけないからではなく、無理矢理近づいての広角でもなく、あえてこの距離でこの大きさで撮る。
その感性に拍手したい気持ちです。
Commented by 22wn3288 at 2013-09-19 08:15 x
ツマグロキチョウも秋型が出てきましたね。
ツマグロキチョウ らしくていいです。
環境をどの位取り込めるのか、考えることも必要のようですね。
Commented by 虫林 at 2013-09-21 08:17 x
Banyanさん、
やはりツマグロキチョウは秋型の特徴がユニークでよいですね。
秋になると此の蝶に会いたくなります。
ミヤマアカネも好きなトンボです。
Commented by 虫林 at 2013-09-21 08:19 x
ヒメオオさん、
今時のコンデジの性能は凄いですね。画質もそこそこだし、
機種による特徴が際立っています。
パスト連射も良いですね。
Commented by 虫林 at 2013-09-21 08:23 x
Shippoさん、
コメントありがとう御座います。
ツマグロキチョウもしっかりと秋型が増えていました。
最近、幼虫に凝っていいらっしゃるようですね。僕は
あまり幼虫のことはわかりませんが、おもしろそうです。
Commented by 虫林 at 2013-09-21 08:26 x
Naoggioさん、
コメントありがとう御座います。
タフについているミラー機能は面白いと思いました。
これから少し遊んでみようかなと思っています。
Commented by 虫林 at 2013-09-21 08:29 x
ダンダラさん、
コメントありがとう御座います。
今年は少し意識して、小さなものが小さく写す努力をして
います。この蝶は小さくても背景の中で存在感を示してくれました。これからも試して見たいと思います。
Commented by 虫林 at 2013-09-21 08:34 x
22wn3288さん、
コメントありがとう御座います。
今年は環境を取り込むこともいしきしていますが、蝶をむや
みにアップしないで、自然の中で見えるように撮影したいな
と思っています。なかなか意識しないとできませんね。
by tyu-rinkazan | 2013-09-15 11:41 | Comments(12)