NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20130928 県南の散歩道:彼岸花とナガサキアゲハ

Diary #548 :

オリンパス社の発表した新製品ロードマップでは、フォーサーズ規格をやめてマイクロフォーサーズ(ミラーレス)規格のカメラだけで行くことになった。新しいフォーサーズ規格のフラッグシップ機の登場を期待していた僕には少し残念な発表だったけど、これは社運をかけた企業判断によるものだから仕方がない。そこで、今回のフィールド散歩には オリンパス最後のフォーサーズ一眼レフ E-5
をしばらくぶりで使用してみることにした。



土曜日は秋晴れになったので、県南部まで足を延ばした。
オリンパスブルーの空の下、彼岸花の燃えるような赤が土手を彩る。

d0090322_1785965.jpg
- A landscape of south countryside with red spider lily

---- Olympus E-5, ZD ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD



彼岸花(曼珠沙華)はアルカイド系の毒を持つので、動物除けや虫除けを目的として植えられる。つまり「虫も好かないような花」なのだが、どういうわけかアゲハの仲間は好んでこの花に吸蜜に訪れる。

この土手の彼岸花群落にも、ナガサキアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ が三々五々に訪花していた。最も多かったのはナガサキアゲハで、このチョウは県南部では今や普通に見ることができる。温暖化の影響かどうかについてはよくわからないが、少なくとも昆虫相からは南国化が進んでいると思う。

d0090322_1792466.jpg
d0090322_1710236.jpg
d0090322_17104031.jpg
- A female of the Great Mormon sucking nectar from red spider lily

---- Olympus E-5, ZD ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


ナガサキアゲハのメスは、南国で見かける白紋が大きくて白化した個体も混在している。
こんな個体をみると南国にいるような感覚に陥ってしまう。

d0090322_1711114.jpg
- A whitish female of the Great Mormon

---- Olympus E-5, ZD ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD



キバナコスモスの花にヒメアカタテハが訪れていた。
少し高い土手の上の群落だったので、背景に広がりができた。

d0090322_171206.jpg
- The Painted Lady

---- Olympus Stylus TG2 tough + Gyorome8



Postscript :
オリンパスE-5はフォーサーズ最後の一眼レフ(ミラーレスは一眼だが一眼レフではない)になってしまいました。以前からオリンパス党だった僕には少し残念だが仕方がありません。

このカメラは、とにかく頑丈で、僕のフィールドでの荒い使用にもこれまでビクともしませんでした(多分、現行のデジ一眼レフで最も頑丈だと思う)。近年はオリンパス OM-D E-M5 を導入してから重い E-5 の出番はめっきりと減ってしまいましたが、今回、ZD12-60mm をつけて再び使ってみるとやはりフォーサーズは捨てがたい魅力があるなと思います。


Nature Diary vol.8(57): #548
Date: September-28 (Saturday) /2013
Place: Yamanashi





Commented by nomusan at 2013-09-29 18:50 x
真っ赤な彼岸花にナガサキアゲハの雌、私の一番好きな組み合わせです。
最後の画像、そちらでもこんなに白い個体が見れるのですね。
九州でもこんな個体はあまり見れないような・・・・面白い現象ですね~。
Commented by himeoo27 at 2013-09-29 19:27
キバナコスモスで吸蜜する「ヒメアカタテハ」素敵な
写真ですね!背景の緑の山に映える裏翅の模様
が素敵です。
Commented by otto-N at 2013-09-29 20:13 x
オリンパスは残念でしたが、ナガサキアゲハのメスは、東京のものより絢爛豪華ですね。沖縄で白いのは何度か見てますが、このような個体は九州でも少ないとのこと。地域差が逆転したようで、びっくりしました。
Commented by naoggio at 2013-09-30 15:13 x
ナガサキアゲハのメスは見事な白化個体ですね。
山梨県でこんな個体が見られるとは驚きです。
そういえば先日自宅近辺でこれに近い個体を目撃しました。
過去にはそんな個体は見た事がなかったのですが、定着して時間が経つと出てくるとか・・・
そんな事はないですね。
Commented by 虫林 at 2013-10-01 17:38 x
nomusanさん
nomusanコメント有難うございます。嬉しいな。
以前には九州のカラスアゲハでお世話になりましたね。
白い個体は僕も驚きましたが、時々混ざるようです。
不思議ですね。
Commented by 虫林 at 2013-10-01 17:47 x
ヒメオオさん、
キバナコスモスにはミドリヒョウモン、ツマグロヒョウモンなども
訪れていましたが、彼らは敏感で近接できず、ヒメアカタテハ
は比較的フレンドリーでした。
Commented by 虫林 at 2013-10-01 17:49 x
otto-Nさん、
ナガサキアゲハは数年前には少なかったのですが、県南では
かなりの数を見るようになりました。たしかに沖縄や台湾でみ
るような白化個体もまざってして僕も驚きました。
っていたりして、
Commented by 虫林 at 2013-10-01 17:52 x
naoggioさん、
コメントありがとうございます。
白化個体は南国だけと思っていたら、身近にみられたので
驚きました。横浜あたりでもまざるとなるとその由来が気に
なります。もう少しゆっくりと観察してみたいと思います。
by tyu-rinkazan | 2013-09-29 17:23 | Comments(8)