NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20131013 高原の散歩道:エルタテハの塒発見とフジコブヤハズカミキリ

Diary #552 :
標高1000mほどの高原。
午後の低い太陽の日差しを受け、風に揺れる ススキ(枯れ尾花)の原

d0090322_22591139.jpg
d0090322_22594834.jpg
- Silver Grass Sea

---- Olympus E-5, ZD12-60mm SWD



道の脇に古いモスグリーンのジムニーの廃車。
ウーム、何とも恰好が良い。

d0090322_2303499.jpg
- Scrapped Car

---- Olympus OMD E-M5, MZD 14-150mm



突然、クモガタヒョウモンの♀が出現して日光浴。

d0090322_231652.jpg
- The Anadyomene Fritillary

----Olympus E-5, ZD50-200mm



林の中で枯れたマルバダケブキ。
よく見ると点々とある。

d0090322_231435.jpg
- Ligularia dentata

---- Olympus OMD E-M5, MZD 14-150mm



<エルタテハのねぐら(塒)発見>
筒状になったマルバダケブキの大きな枯れ葉の中にタテハチョウの姿を見つけました。

樹林内のために少し暗いので、LEDライトをそっと当ててみました。
どうやら、エルタテハのようです。

d0090322_232472.jpg
d0090322_2334396.jpg
- The Large Commma

---- Olympus Stylus TG2 tough, LED(+)



動かないことを良いことに、LEDの光を当てながらさらに近接してみました。

エルタテハという名前は、後翅裏の小白紋がL(エル)の字であることに由来します。
しかし、この個体のマークはエルにはみえません。
エルジャナイエルタテハかな------アホ。

d0090322_2342367.jpg
- The Large Commma

---- Olympus Stylus TG2 tough



<フジコブヤハズカミキリ>
マルバダケブキの枯葉では、本来の目的のフジコブヤハズカミキリも見つけることができました。

先日、長野県の川上村でフジコブヤハズカミキリを見つけました(Nature Diary #549)、
ここは山を挟んでちょうど反対側(山梨県)になります。
でも、タニグチコブヤハズの分布地からはさほど遠くありません。

d0090322_2352399.jpg
d0090322_2362614.jpg
- Mesechthistatus fujisanus

----Olympus E-5, ZD50mm Macro


d0090322_2372893.jpg
d0090322_238869.jpg
- Mesechthistatus fujisanus

---- Olympus Stylus TG2 tough, Olympus E-5, ZD50mm Macro


d0090322_2384190.jpg
- Mesechthistatus fujisanus

---- Olympus Stylus TG2 tough, Olympus E-5




Postscript :
最近はオリンパス最後の一眼レフである E-5 を好んで使用しています。

やはりグリップ感やシャッターリスポンスなどは、ミラーレスカメラ(OM-D E-5)とは一味違って信頼できるように思います。一方、E-5は図体がでかくて重いのがやはり難点ですね。一長一短があるので迷うところです。

これから急に寒くなりそうです。

d0090322_23153112.jpg
- Autumn color

----


Nature Diary vol.8(60): #552
Date: October-13 (Sunday) /2013
Place: Makioka-cho, Yamanashi










Commented by banyan10 at 2013-10-17 08:52
エルタテハすごい発見ですね。
越冬するにはたよりない場所ですが、埼玉の平地では剥き出しの幹で越冬するルリタテハも見つかっているので、このままという可能性もあるのでしょうか。
このカミキリは拝見させてもらうたびに格好いいと思ってしまいます。
Commented by yoda-1 at 2013-10-17 12:52
エルタテハ、Lが不鮮明とはよくクレームがでますよね。たぶん外国産はもっと鮮明なのだろうと想像しています。
ずっとその場所にいるのかどうか、是非たまに追跡調査を御願いします。
ブサかわいいシリーズのカミキリも楽しんでいます。
Commented by 愛野緑 at 2013-10-17 13:58 x
手頃な小屋や洞が見つからないとこういう所で越冬するのでしょうか。出会ってみたいシーンです。
Commented by clossiana at 2013-10-17 14:57
エルタテハですが最初は捨てられた車の中で見つけられたのかとドキドキしました。でも自然物で見つけられたのですから一層、凄い!です。大変に貴重な記録ではないでしょうか。この塒がイコール越冬場所なのかどうかに大変興味があるのですがマルバダケブキの枯れた葉は冬の間もずっと茎にくっついているのですか?それとも、この後は風などで吹き飛ばされるのでしょうか?御存知でしたら教えて下さい。それにしても、この植物は咲いているときも、こうして枯れた後も虫たちには魅力一杯なんですね。
Commented by kenken at 2013-10-17 21:00 x
ご無沙汰いたしております。いずれも渋い絵ですね、思わずコメントです。
クモガタ♀、まだまだ残っていたんですね、泣かせてくれます。
エルのねぐらも素晴らしい表現ですが、なんといってもコブヤハズ、元甲虫屋の私には憧れの絵です。これは良いものを見せていただきました。
Commented by 虫林 at 2013-10-18 23:27 x
banyanさん、
有り難うございます。
エルタテハを見つけたときは驚きました。これまでタテハ
の塒はキタテハくらいしか見たことがありませんでした。
コブヤハズの仲間は面白いです。
Commented by 虫林 at 2013-10-18 23:32 x
yodaさん、
エルタテハは追跡観察したいのですが、LEDライトを当て過ぎ
たために覚醒して飛んでしまいました。残念です。
Commented by 虫林 at 2013-10-18 23:37 x
愛野緑さん、
この場所にはネグラになる場所はかなり多くあります。
このマルバダケブキは僕がみてもとても良い場所だと
思いました。
Commented by 虫林 at 2013-10-18 23:42 x
clossianaさん、
コメント有り難うございます。
マルバダケブキの葉は落ちるもののかなりありますが、
今回の葉のようにボロ雑巾のように残るもののあります。
これまでコウモリもこの葉の中で見たことがあります。
Commented by 虫林 at 2013-10-18 23:49 x
kenkenさん、
コメント有り難うございます。
コブヤハズの仲間は以前には珍品だったこともあり、この時期
になると妙に気になってしまいます。このカミキリはいわゆる
キモ可愛いので僕にはフォトジェニックに見えます。
Commented by Sippo5655 at 2013-10-19 22:46
いきなり、ラストの画像が、、
キタキチョウに見えてしまった私です^^;
エルじゃないエルタテハ、感激!
こうやって越冬するんだ・・・
見つからないわけですね、
カミキリも、、
私、冬の宿題0点続きです;_;
まだ、カミキリに会えるかな♪
Commented by 虫林 at 2013-10-20 09:20 x
Shippoさん、
ラストの写真がキタキチョウとは、さすがにShippoさんの感性
は素晴らしいです。エルタテハの塒は僕も越冬する体制にみえ
ました。偶然の発見です。
by tyu-rinkazan | 2013-10-16 23:22 | Comments(12)