NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20131027 台風一過の散歩道:擬態の名人(蛾)アカエグリバなど

DIARY #554 :

昔は映画も写真も白黒でした。その後、カラーになる時に人工的な色づけと区別するため 総天然色 Natural Color という言葉が用いられました。さまざまな色が溢れている現代社会では、総天然色は死語と化してしまったようです。本日、柿の木の緑から橙色、黄色の葉が入り混じる様子を見ていた時に、なぜかわからないけど頭の中を「総天然色」という言葉がよぎったのです-----僕の頭の中が総天然色なのかもね(お目出度いという意味)。

d0090322_22402533.jpg
------Natural Color

------ Olympus E-5, ZD50mm Macro + x1.4 Telecon



秋色の ヤマトシジミ

オレンジに色づいた柿の葉上で日光浴する♀
アメリカセンダングサの実の上の♂

夏の間は気にもとめなかったヤマトシジミも秋も深まる頃になるととても愛おしく思います。まことに勝手なものです。でも、実際に秋のヤマトシジミは♂も♀も秋色が出て美しく変身しているのです。本日は気温があがったために、センダングサの群落では沢山のヤマトシジミが群れ飛んでいました。

d0090322_16112376.jpg
d0090322_1613572.jpg
d0090322_1615099.jpg
------A Pale Grass Blue resting on the seeds of Devil's Beggartick

------ Olympus E-5, ZD50mm Macro + x1.4 Telecon



枯葉に擬態するアカエグリバ

道の脇で葉の上にのった茶色い枯葉を見つけました。葉脈もしっかり見えます。
でも、少しおかしいぞと近づいてみると枯葉の下に脚がみえました----もしかして蛾?
それでも半信半疑でTG-2のスーパーマクロで頭部を撮影してみると複眼がありました。

やはり枯葉に擬態した蛾です。

調べてみるとアカエグリバという名前の蛾でした。アカエグリバは擬態の名人ならぬ名蛾です。枯葉の擬態ランクでは、コノハチョウよりはかなり上で、以前に撮影したアケビコノハと同レベルです(勝手にランキング)。たまたま緑の葉の上に乗っていたのでわかりましたが、枯葉の中では識別はまったく不可能ですね。頭部が尖っているのは、口吻を果実に突き刺して果汁を吸うためだそうです。

d0090322_1621581.jpg
------A moth, Oraesia excavata, mimicking a dead leaf on the green leaf

---------- Olympus E-5 ZD12-60mm, 50mm Macro, Stylus TG2 tough



残った 稲田

この時期、ほとんどの水田は稲刈りが終了していますがここはまだ------。
みると赤トンボやベニシジミ、キタテハ、テングチョウなどが稲穂の上を飛んでいました。
青空、稲田、赤トンボ、蝶-----どこか豊かでどこかほっこりとする日本の風景。

この連結赤トンボはTG-2にワイコンを付けて撮影しましたが、意外に撮影できたので驚きました。

d0090322_2352571.jpg
------A pair of mating red dragonflies flying over the paddy field

--------- Stylus TG2 tough + Wcon



逆光のウラナミシジミ

本日は ウラナミシジミ がアメリカセンダングサの周りを群れ飛んでいました。
明らかにヤマトシジミよりも数は多いようでした。

彼らはイチモンジセセリのように世代を繰り返して北上するチョウです。しかし、ここ山梨県では多分冬を越すことはできないでしょう。哀れと思いますが、それが自然の摂理なのですから仕方がありません。木枯らしが吹く前に命を謳歌してほしいと思います。

d0090322_163794.jpg
------ A Pea Blue on the flower of Devil's Beggartick against the light

---------- Olympus E-5, ZD50mm Macro + x1.4 Telecon



ゴマダラチョウの幼虫


毎年、この時期になるとエノキの葉を観察しています。
今年はオオムラサキの幼虫もゴマダラチョウの幼虫も少ないようです。

d0090322_1643565.jpg
d0090322_1645437.jpg
------A caterpillar of the Japanese Circe on the leaf

--------- Olympus E-5 , ZD50mm Macro + x1.4 Telecon, Stylus TG2 tough + Gyorome 8



厄介なひっつき虫

この時期、不用意に草むらに入ると大変なことになります。
俗にいうところのひっつき虫にたかられるからです。

ひっつき虫とは虫ではなくて、服にくっつく種子のことです。とくにアメリカセンダングサ、オナモミ、イノコヅチ、ヌスビトハギにはいつも悩まされています。ひっついた種子の取り方としてはカッターナイフで取るとか、一夜干してから取るとかいわれていますがどうもいまいちですね。

表面がつるつるしているレインウェアーのズボンをはくのが良いかも?

d0090322_1651676.jpg
------Prickly Seeds

---------- Stylus TG2 tough



POSTSCRIPT :

オリンパスから OMD E-M1 が発売されてから、天邪鬼にも E-5 を使用しています。E-5はオリンパス最後の一眼レフになったのでもっと使い倒してみたくなったのです。最近はメインカメラにキャノンの一眼レフを使っていたのですが、オリンパスの一眼レフもやはり良いものですね。とくに堅牢性はオリンパスのほうが良いかもしれません。僕はドジで年に何度もカメラやレンズを壊すので、堅牢性についてははとくに重視しています。

本日は台風一過の晴天となり、秋のチョウたちの数は驚くほど多く、彼らも最後の秋を楽しんでいるようでした。もっとも嬉しかったのはアカエグリバに出会えたことでしょう。この蛾の擬態には目をみはりました。

来週から11月に入りますが、とても忙しくなります。


d0090322_192395.jpg
- Autumn Color







Nature Diary vol.8 (62): #554
Date: October-27 (Sunday) /2013
Place: Kofu-shi in Yamanashi











Commented by himeoo27 at 2013-10-27 19:18
アカエグリバは目がついていないと枯葉
そのものですね!
つんとお澄ましした逆光のウラナミシジミ
も可愛いです。
Commented by 虫林 at 2013-10-27 20:06 x
ヒメオオさん
アカエグリバは本当に枯れ葉のようで、初めは半信半疑で
した。何しろ目まで茶色なので、スーパーマクロで撮影し
て初めて自信がもてたくらいです。
本日はウラナミシジミが最も多い日でした。
Commented by Akakokko at 2013-10-28 13:50 x
先日、初めてヒメエグリバをみました。
アカエグリバとは姿が同じで色違いなんですね。
「ここにいるよ」と教えてもらったのですが、枯葉にしか見えず、からかわれているのかと思った次第です。^^;
素晴らしい擬態ですよね。
Commented by namiheiii at 2013-10-29 11:10
アカエグリバ、凄い擬態ですね。びっくりです。
一匹でも難しいのに連結アカトンボ、よく捉えましたね。バックもすばらしい。子供の頃のトンボ釣りを思い出しました。
Commented by ダンダラ at 2013-10-29 13:15 x
いよいよ秋真っ盛りという感じですね。
アカエグリバはこの夏に自宅の手すりに止まっていたのを見つけて写真に撮りました。
木の間とかにいればまずわかりませんね。
TG-2、活躍していますね。
ワイドコンバーターも良い感じです。
Commented by 虫林 at 2013-10-30 07:56 x
Akakokkoさん
ヒメエグリバもすごい擬態ですね、こんな擬態を見ると
不思議な気分になります。
面白いです。
Commented by 虫林 at 2013-10-30 08:00 x
Namiheiiiさん、
アカエグリバは見つけた時は僕も驚きました。
初めは半信半疑に近づきました。
連結赤トンボはちょうど目の前に飛んできたので
撮影できました。
Commented by 虫林 at 2013-10-30 08:04 x
ダンダラさん、
TG-2にはワイコンガありますので、ワイコンも使用して
います。天気が良いと飛翔写真も撮影できるかもしれません。色々と試してみるのも楽しいですね。
by tyu-rinkazan | 2013-10-27 16:18 | ■他の昆虫 | Comments(8)