NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20131124 冬の散歩道;フユシャクなど


DIARY #558 :


甲府市内のホテルで学会を主催した。この学会は虫とは関係がないが、会長の特権で、特別講演に池田清彦氏(生物学者で虫屋)をお招きした。ちなみに講演の内容は虫ではない。夕方のワインパーティでは、池田氏を囲んで久しぶりにカミキリ談義で盛り上がったのはいうまでもない。

虫トークになると僕の心は瞬時にして遠い過去にワープする。
虫屋の魂百まで」だね。


ベニシジミと富士山

学会終了後の日曜日、甲府の市街地と富士山が見渡せる高台を訪れた。
ちょうどベニシジミが見晴らしの良いススキの穂の上で開翅。
本日は良いチャンスに恵まれて、凱風快晴の富士山バックの写真が撮影できた。

この写真ではベニシジミがっほっこりと翅をひろげて日光浴している様子だけが写っているが、このススキの周囲にはこの時期の嫌われ者「アメリカセンダングサ」の大きな群落が取り囲んでいた。でも、写真のためならエンヤコーラで、アメリカセンダングサなんかにかまっていられないのだ----ウソ、本当は撮影後に服や靴ひもに付いた種子をブツブツいいながら取り除いた。まったく困ったものである。

写真は目の前の刹那を写し出すが、そんな背景の苦労は写らない。

d0090322_017088.jpg
---- A Small Copper & Mt. Fuji

------ Olympus OM-D E-M1, ZD12-60mm




クロスジフユエダシャク♂の飛翔撮影

車を走らせると、道路をフユシャクが時々横切る。
このところの陽気で、一気に羽化したようだ。
いつも思うことだが、蛾の同定は難しい。

今回はE-M1に8mm(実質16mm)魚眼レンズを付けて飛翔写真も撮影してみた。逆光になることが多いので、オリンパス純正の外部フラッシュも用いた。どうにか飛翔が撮影できたが、E-M1は一眼レフに比較すると、シャッターのリスポンスがいまいちのようだ。つまり、シャッターに遊び(ストロボが光るまでにタイムラグ)があるように感じた。飛翔写真では連射速度を問題にする方もいるようですが、僕の場合はシャッターを押す最初の数枚にかけているので連射速度そのものはそれほど気にしていない。

d0090322_20323614.jpg
d0090322_20345659.jpg
---- Winter Moth

------ Olympus OM-D E-M1, Panasonic 8㎜ Fisheye, 外部ストロボ


d0090322_20364657.jpg
---- Winter Moth

------ Olympus OM-D E-M1, ZD12-60mm




ナカオビアキナミシャク

少し標高を上げた場所では、違う種類のフユシャクもみた。
それにしてもこんなに寒くなってから発生してくるのは不思議だね。

フユシャクは静止しても落ち着きなく動くので撮影が大変だ。

d0090322_20445317.jpg
---- Operophtera brunnea

----- Olympus OM-D E-M1, MZD60mm Macro




クロナガオサムシ

帰る途中で「オサ掘り」によさそうな崖を見つけた。
どんな崖がオサ掘りに良いかは具体的にいえないが、とにかく良さそうだった。
掘り始めてほどなく、数頭のクロナガオサムシが眠そうな目をして現れた。

今年の冬はもう少しオサ掘りをしてみたいが、虫林は寒さに弱いので------。

d0090322_20452373.jpg
---- Carabus procerulus

----- Olympus TG2 Tough




ヒサゴゴミムシダマシ

朽木を崩してみると、越冬しているヒサゴゴミムシダマシを見つけた。
比較的標高が高い山地に生息しているようで下界では見たことがない。

渋い光沢があってなかなか恰好が良い甲虫だと思う。

d0090322_20464515.jpg
---- Misolampidius rugipennis

----- Olympus OM-D E-M1, MZD60mm Macro



POSTSCRIPT :

土曜日に主宰する大きな学会が終わって、今はほっこりのったりとしています。葛飾北斎の富嶽三十六景のひとつに凱風快晴というタイトルの富士山が描かれているが(けっこう有名)、凱風快晴とは気持ちの良い風が吹く良く晴れた日のこと。本日の天気はまさしく凱風快晴の一日で、のんびりとフィールド散歩を楽しむことができた。

d0090322_2049837.jpg
---- Winter Colour


Nature Diary vol.8 (66): #558
Date: November-24 (Sunday) /2013
Place: Kofu in Yamanashi




Commented by namiheiii at 2013-11-26 10:15
風景を飛んでいる!新しい視点ですね。驚きです。
Commented by ツチノコ at 2013-11-26 10:35 x
虫林さま
学会では、場所柄も考えず虫トークに夢虫になってしまい大変申し訳ありませんでした。美味しいワインを飲み過ぎたせいもあるかもしれません。虫林さまの司会進行にもご迷惑をおかけしたと思いますが、ご容赦ください。
私の地元や南西諸島に採集、撮影に行かれる際はご連絡いただければ幸いです。
Commented by 虫林 at 2013-11-26 21:59 x
namiheiiiさん
ありがとうございます。
飛翔写真は皆さん挑戦されていると思います。
風景の中にうまく撮影できれば面白い写真になり
ますが、なかなかうまくいかないですね。
Commented by 虫林 at 2013-11-26 22:03 x
ツチノコさん、
コメントありがとうございます。
お会いできてとてもうれしかったです。虫トークは本当
に楽しく時間が過ぎることを忘れてしまいました。
ぜひともご一緒できましたら幸いです。
また、連絡しますね。
Commented at 2013-11-27 00:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 虫林 at 2013-11-27 06:36 x
非公開コメントさん、
有難うございました。
変更させていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by Sippo5655 at 2013-11-28 21:09
ベニシジミ、味わい深い風合いですね・・!
あの実は私も何度となく身に纏いました(笑)
でもね、あの「べとべと」よりはマシです^^;
べとべと→センダングサ→サングラス、かな。

フユシャク・・これは、秋になるといっぱい舞う
あのフユシャクかなあ・・
蛾の飛翔は、撮影したことないです><
まるで妖精のようですね!
オサ掘りって、、、、、初めて聞きました(◎ー◎;)
掘るんですか。
一仕事終えて ほっこり♪
いいことですね(*´∀`*)
Commented by 虫林 at 2013-11-30 20:53 x
Shippoさん、
ありがとうございます。
フユシャクの飛翔はそれほど速くないので、やってみると
面白かったです。オサ掘りは冬には何度かやっています。
当たると色々なオサムシやマイマイカブリなどが出てきま
す。
この一年はこの会のために準備してきましたので、今はほ
っとしています。
Commented by Akakokko at 2013-11-30 22:28 x
富士山バックのベニシジミに目を奪われます。
撮ってみたいと思わせる1枚ですね。
フユシャクは、独特の姿をした♀しか興味がありませんでしたが、ビシッと決まった飛翔写真に、♂も撮り甲斐がることに気づかされました。
Commented by 虫林 at 2013-12-01 16:48 x
Akakokkoさん、
コメントありがとうございます。
ベニシジミのアングルはいつも狙っていたのですが、なかなか
うまく撮影できないでいました。今回はやっと条件がそろって
何とか撮影できました。
この時期フユシャクが飛んでいますので、飛翔写真を撮影する
にはとても良いですよ。
by tyu-rinkazan | 2013-11-26 00:28 | ■他の昆虫 | Comments(10)