NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20140329 早春の散歩道:ミヤマセセリの小径にて

DIARY #574 :

春分が過ぎると僕のフィールドも急に活気づいて楽しくなる。
ただ、虫林はこの時期に野外を散歩すると 花粉症 (Hay Fever) の症状が----。

くしゃみにも負けず、目の痒さにも負けず、
鼻水にも鼻づまりにも負けぬ、丈夫なからだをもち、
春一番のミヤマセセリの姿に心躍らせ、小枝の先のコツバメの姿に目を細める、
決して怒らず、いつも静かに笑っている、そういうものに私はなりたい

(宮沢賢治の雨ニモマケズを改変)

そうだ、とにかくミヤマセセリを見に行こう。

---------------------------------------------------------------------------------------------


土曜日は天気が良い。

虫林が「ミヤマセセリ小径」と名付けている近くのコナラ林を散歩した。
そこは市民の散歩道「武田の杜」の南斜面で、この時期はとても日当たり良い。
春になると里山の越冬蝶をはじめミヤマセセリたちを多く見ることができる。

のんびりできる春の散歩道。


 日光浴のヒオドシチョウ

大きなタテハチョウが足元から飛び立ち、少し先に静止----ヒオドシに違いない。
越冬後のこの時期にはしばしば出会うチョウだ。

このチョウは飛び去ってもすぐに戻ってくる。

d0090322_14102045.jpg
---- Tortoisehell large tortoiseshell

---- Olympus Pen E-P5 + MZD12-40mm




 日光浴するミヤマセセリ(今年の初見)

11時近くなって気温が上昇すると、ミヤマセセリがどこからともなく飛び出した。

ミヤマセセリは茶色く、毛深く、お世辞にも綺麗とは言いがたい。チョウを知らない人に見せても蛾の仲間といわれるのがオチだ(注:蛾もキレだけどね)。世間では春の象徴はソメイヨシノの開花だが、このミヤマセセリを見て春本番を感じるのは虫屋ならではだろうと思う。

小径の小道に沿って歩いていると、何度もミヤマセセリが出現し、占有行動をとるテングチョウとバトルを繰り広げていた。地面、枝先、石の上で日光浴してくれた。

d0090322_14104762.jpg
d0090322_1411144.jpg
d0090322_14114586.jpg
d0090322_1412211.jpg
----- Dingy skipper

---- Olympus Pen E-P5 + MZD12-40mm, OM-D E-M1 + MZD60mm Macro, MZD14-150mm




 梅の花のテングチョウたち

ひょうきんものテングチョウがとても多い。
池が見下ろせる場所に満開の梅の木を見つけた。

何頭ものテングチョウたちが訪れ、盛んに吸蜜していた。そういえば、昨年はテングチョウが集まる紅梅を見つけ「紅梅とテングチョウ」を撮影することができた。今年も紅梅の様子を見ようと思い、その場所を訪れてみると、あろうことかその木は伐採されていた。残念だが、里山ではよくあることだ。

d0090322_14125418.jpg
d0090322_14131993.jpg
d0090322_14134138.jpg
d0090322_1414318.jpg
d0090322_20423633.jpg
----- European Beak

---- Olympus OM-D E-M1, MZD14-150mm, Tough TG-2 + gyorome 8




 越冬明けの哀れなスジボソヤマキチョウ

d0090322_14145961.jpg
----- Lesser Brimstone

---- Olympus OM-D E-M1, MZD14-150mm




Notes :

春分も過ぎて今年も撮影シーズンイン。

今年は春先に大雪が降ったりして(甲府市で1m14㎝の積雪)、チョウたちの発生が少し遅れるかもしれないなと思っていたが、どうやらミヤマセセリの発生も春蘭の開花も例年とあまり変わりがないのでほっとする。

d0090322_14154894.jpg
----- Spring Orchid

----



虫林が住む山梨県でもギフチョウは見ることができるが、ここ数年は越後や越中のギフチョウを見に行っている(蝶友kmkurobeさんにご一緒して)。ギフチョウは天気が良くて風が無い日に飛ぶので、週末だけしか散歩できない虫林には「高嶺の花」ならず「高嶺のチョウ」なのだ。

今年も行けるかな?


Nature Diary vol.9 (14): #574, 2014
Date: Mar-29 (Saturday)
Place: Kofu-Yamanashi




Commented by himeoo27 at 2014-03-30 16:43
ミヤマセセリとコツバメに出会うと春が来たという
実感を感じます。今年はまだミヤマセセリをしっか
り写していないので、来週末でも撮影にチャレンジ
してみたいです。
Commented by 虫林 at 2014-03-30 21:37 x
ヒメオオさん
コメントありがとうございます。
今年もミヤマセセリは元気に出ていました。
どういうわけか僕の周囲ではコツバメが少ないよう
に思います。撮影できると良いですね。
Commented by banyan10 at 2014-03-31 08:12
ミヤマセセリも春の代表的な蝶ですね。
撮影しにくい翅裏もほぼ垂直で見事です。
今年は雪で被害にあった木も多いせいか各所で伐採が目立ちます。仕方ないでしょうが、良い木がなくなると残念ですね。
Commented by OTTO at 2014-03-31 21:25 x
トップ画像のヒオドシチョウ、折れた木の先に止まったミヤマセセリ、梅の花のテングチョウ(縦構図)、いずれも生態写真として素晴らしいばかりでなく、一枚の写真作品としてもじつにお見事!写真っていうのは、機材やカメラの要素も勿論あるでしょうが、やはり写す人のセンスと対象物への視線の明晰さで決まるってことが大変よくわかるようないい写真ですね~。
Commented by 虫林 at 2014-04-01 07:41 x
Banyanさん、
有りがとうございます。
ミヤマセセリはこちらでは多いので、この時期は良い
モデルになってくれます。
裏面は自分でも良かったです。
Commented by 虫林 at 2014-04-01 07:45 x
OTTOさん、
お褒め頂き有りがとうございます。
なかなか良い写真が撮影できませんが、たまにうまく
撮影出来ると嬉しいですね。
センスは分かりませんが、昆虫写真は奥が深いですね。
Commented by kmkurobe at 2014-04-01 11:55 x
ご無沙汰しております。当方も目覚めの時がやって来ました。本年もよろしくお願いします。
今年はオリンパスにもシフトしようかと考えてます。
いろいろご教授くださいね。
Commented by ダンダラ at 2014-04-03 10:19 x
そちらでもミヤマセセリの季節ですね。
明るい雑木林の中を歩いてミヤマセセリを探すのは心が弾みますね。
もう少ししたらギフチョウですね。
今年はそちらにも行きたいのですが、なかなか都合が付きません。
Commented by 22wn3288 at 2014-04-04 08:25
ミヤマセセリの完全閉翅が意外に難しいです。
半開翅は撮れますが。
テングチョウの隠れ姿は見事ですね。
もう直ぐギフチョウの季節ですね。
Commented by 虫林 at 2014-04-06 02:04 x
kmkurobeさん、
そちらももうすぐ春ですね。
楽しみです。
オリンパスはご存知のように小さくて、レンズもそろ
っているので、使いやすいです。私のわかる範囲で
あれば何でもお教えします。
Commented by 虫林 at 2014-04-06 02:06 x
ダンダラさん、
やっとミヤマセセリの季節になりました。シーズンイン
ですね。こちらには都合がつくようでしたらいつでもお
いでください。楽しみにしています。
Commented by 虫林 at 2014-04-06 02:09 x
22wn3288さん、
ミヤマセセリは個体によると思いますが、全開翅する
ものとしないものがあります。
もうすぐギフチョウの季節ですが、週末の天気が悪い
ので困ります。今年も撮影してみたいです。
by tyu-rinkazan | 2014-03-30 20:58 | Comments(12)