NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20140503 白馬の散歩道:ギフチョウとヒメギフチョウ

DIARY #579 :

5月の連休初日は白馬村。

というのも、蝶友のkmkurobeさんから「バンドの交尾撮影成功」という連絡が入ったからだ。「柳の下の2匹目のドジョウ」はいないのは重々承知なのだが、やはりバンドと交尾という刺激的な言葉にはわくわくしてしまう。この時期の白馬村は桜が満開でその景色だけでも見る価値はある。



 Reflection

早朝、中綱湖に差し掛かると。鏡のような湖面に満開のサクラが写っていた。
サクラの花のあでやかさや美しさが、湖面に映って増幅されているようにも見えた。

d0090322_21101657.jpg
d0090322_21103845.jpg
d0090322_2111743.jpg
---- Cherry Blossom on the Lake

---- Olympus Pen E-P5, MZD 14-42mm



この写真は逆さまでは無い。
水を張った田に映った白馬の山。

d0090322_21113943.jpg
---- Reflection

---- Olympus Pen E-P5, MZD 50-200mm



「ケーン」というキジの鳴き声。
そっと近づいてみると♂キジの姿。

♂キジは虫林に撮影されて恥ずかしいのか顔が赤い-----ウソ、繁殖期特有の変化。

d0090322_2112611.jpg
---- Japanese pheasant

---- Olympus OM-D E-M1 MZD 50-200mm




 ギフチョウ

陽だまりで待っていると、次々にギフチョウが飛来したが、気温が高すぎるためだろうかあまり静止してくれない。チョウの撮影ではよくあることだ。

何頭か日光浴したものを撮影できたが、バンドではなさそうだ。

d0090322_21123590.jpg
d0090322_21125867.jpg
---- The Luehdorfia

---- Olympus OM-D E-M1 MZD 50-200mm



飛翔撮影をすることにした。

シャッターのリスポンスはミラーレスでは一眼レフに比べて今一つだと思うが、少し工夫すればかなり撮影できるようだ。また、ミラーレスはレンズも含めて小型軽量なので飛翔撮影には向いている。

d0090322_21133630.jpg
d0090322_2114116.jpg
d0090322_21143221.jpg
d0090322_21145847.jpg
---- The Luehdorfia

---- Olympus Pen E-P5, Lumix G 8mm Fisheye




 ヒメギフチョウ

午後になってkmkurobeさんと合流して、ヒメギフチョウのポイントに移動。
今年はこれまでヒメギフチョウを撮影していなかった。

d0090322_21152251.jpg
---- The Small Luehdorfia

---- Olympus OM-D E-M1 MZD50-200mm




Notes :

残念ながらイエローバンドは撮影することができなかった。でも、イエローバンドではなくてもギフチョウはギフチョウで、そのタイガー紋をみるとやはり胸の高鳴りを禁じ得ない。この時期の白馬村は桜が満開で本当に綺麗だ。午後からはkmkurobeさんにカタクリが多いポイントをご案内いただいた。ギフチョウは1頭のみ確認できたにとどまったけどとても気持ちが良い場所でいつか散歩してみたい。

d0090322_2116730.jpg





Nature Diary vol.9 (19): #579, 2014
Date: May-29 (Saturday)
Place: Hakuba, Nagano





Commented by 22wn3288 at 2014-05-05 08:34
コメンに映るサクラが本当に綺麗ですね。
今年はイエローバンドは少ないのでしょうか。
カタクリに止まるヒメギフはやっぱり画になりますね。
E-M1のリスポンスはE-M5より改善されていますでしょうか。
Commented by namiheiii at 2014-05-05 11:06
カタクリもいいですが、見事にギフチョウの飛翔を捉えましたね。圧巻です。
Commented by kenken at 2014-05-05 17:54 x
湖面の桜、抜群です。
この日はお天気良過ぎたようですね・・・難しいもんです。
昨シーズンはご無沙汰でしたが、今シーズンはいきなりの遭遇でございましたね。1度お目にかかると、また遭遇しそうな・・・(笑)
Commented by Akakokko at 2014-05-05 21:57 x
1枚目の湖畔の写真は、静寂さと美しさに眼を奪われました。
ギフチョウの飛翔も凄いですね。
イエローバンドは、未見なので今年こそは見たいと思っています。
Commented by Sippo5655 at 2014-05-05 22:07
なんか、ラストの一輪のカタクリに
じ~んときちゃいました。
夢の中の、映画のラストシーンみたい。
私はまだヒメギフチョウを見たことがないです。
いつか、出会う日があるのかなあ。。
ギフチョウの翅の模様って、本当に
独特のオーラを放っていますよね。
キジのケーンという鳴き声も、いつか聞いてみたいな!
Commented by dragonbutter at 2014-05-05 23:16
蝶の写真はもちろんですが、虫林さんの風景と花の写真にもいつもながらセンスが感じられてうなってしまいます。
Commented by 虫林 at 2014-05-06 18:19 x
22wn3288さん、
今年のバンドは発生しているのは間違いないのですが、とにかく
静止しないので困りました。気温が高すぎたのかもしれません。
E-M1はE-M5に比べてかなり多くの部分が改善されているよう
です。
Commented by 虫林 at 2014-05-06 18:20 x
namiheiiさん
ありがとうございます。
静止しないので仕方なく飛翔写真を撮影しました。
Commented by 虫林 at 2014-05-06 18:26 x
kenkenさん、
久しぶりにお会いできて本当にうれしく思いました。
奥様とも対面できまして楽しかったです。
また、どこかでお会いしたいものです。
ギフチョウの方はバンドが撮影できませんでしたが、kenkenさん
と会えたのでオッケーです。
Commented by 虫林 at 2014-05-06 18:28 x
Akakokkoさん、
バンドは確実に出現しているので、いつか必ず撮影できます。
今年撮影できれば良いですね。
Commented by 虫林 at 2014-05-06 18:30 x
Shippoさん、
ギフチョウもヒメギフチョウもこの時期だけですので心が躍ります。
ヒメギフチョウの方が撮影が楽ですので、是非ともトライしてみて
ください。
Commented by 虫林 at 2014-05-06 18:33 x
Dragonbutterさん、
いつかご一緒に撮影したと思いながらまだ果たせていません。
是非とも今年はご一緒しましょう。
美しい景色は僕の腕ではなく被写体のクオリティだと思います。
良い被写体に出会いたいと思っています。
Commented by ダンダラ at 2014-05-06 22:06 x
お忙しい中、白馬でギフ・ヒメギフ撮影ができて癒されたのではないでしょうか。
連絡が付かず申し訳ありませんでした。
私は4日に行きましたが、バンドは証拠写真がやっとでした。
Commented by OTTO at 2014-05-07 06:50 x
今回はコントラストを抑えめのややシブい画像で、大人の雰囲気ですね。私も4日、蝶友の皆様に案内されて同地に出かけたのですが、同じ湖の向こうの桜の風景を撮影するのでも、多少気象や日の傾きなどの違いがあるにせよ、こうまで写し取った写真が違うものかと、虫林さんの写真テクに脱帽です。
イエローバンドにはお会いできなかったようで残念でしたね。
4日には出現してくれました。おそらくダンダラさんと同じ場所にいたかもしれませんね。(面識がないもので・・)
数回姿を見せた後、雲が出てきて気温が下がったところで多くの人が帰った後、一瞬できた陽だまりあるカタクリに飛来しました。
今年のイエローバンドは少ないと皆さんおっしゃってましたね。


Commented by 虫林 at 2014-05-11 16:15 x
ダンダラさん、
4日も天気が良かったですね。
連絡したのですが、少し急すぎましたね。
また連絡します。
バンドが撮影できたのですね。
良かったですね。
Commented by 虫林 at 2014-05-11 16:19 x
OTTOさん、
貴ブログでカタクリ吸蜜のイエローバンドを見ましたよ。
すごいですね。よかったですね。
僕はイエローバンドの撮影はまた来年になってしまうかな。
by tyu-rinkazan | 2014-05-04 21:25 | Comments(16)