NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20141228 今年最後の散歩道:フユシャクの丘にて

DIARY 9 (638): 77:

このブログでは記事冒頭の DIARY の後に数字が並んでいます。Diaryの文字の後の最初の数字はブログ開始からの年数(9は今年9年目の意味)、次の( )内はブログ開始からの総記事数、最後の数字は今年の記事数である。来年は拙ブログ開設10年目の年 (tenth anniversary)ということになる。友人から「そんなに忙しくしていて、よくブログを更新する時間がありますね」といわれる。「忙中閑あり」という言葉があるが、「暇なときに暇を見つけることはできないが(当たり前)、忙しい時だからこそちょっとの暇を見つける意義がある」。まあ、そんなことは気にしないで、とにかく虫や写真が面白いから続けているでいいでしょ?

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


冬のコナラ林を散歩した

本日は寒いけど雲一つない晴天。

d0090322_8103287.jpg
---- 冬のコナラ林-Japanese Oaks and Blue Sky

----(Kofu-shi, Yamanashi, Dec. 28, 2014, Canon EOS 6D, EF8-15mm Fisheye F4/L USM)



フユシャクの丘

甲府市内を一望できる丘の上。

桜の木の幹をゆっくりと見ていくと、ナミスジフユエダシャクの♂♀やチャバネフユエダシャクの♀などのフユシャクを次々に見つけることができた。フユシャクは冬に羽化してくる蛾で、オスは地味な色合いの翅を持つが、♀は翅がまったく無いか痕跡程度しか残っていない。♀は体の模様が樹皮に巧みに擬態しているので見つけ難い。

フユシャクを探していた時に。山梨県立武田の杜サービスセンターのSさんとお会いした。
大変親切な方で、一緒にフユシャクを探していただいた。
これからセンターにも時々立ち寄ってお話してみたいと思っています。

d0090322_811167.jpg
---- チャバネフユエダシャクの雌-Erannis golda

----(Kofu-shi, Yamanashi, Dec. 28, 2014、Canon EOS 6D, EF24-70mm F4/L IS USM, Olympus Stylus Tough TG-3)


d0090322_8112246.jpg
---- ナミスジフユエダシャクの雌- Operophtera brunnea

----(Kofu-shi, Yamanashi, Dec. 28, 2014) (Canon EOS 6D, EF8-15mm Fisheye F4/L USM, Olympus Stylus Tough TG-3)


.
その他の昆虫

赤い木の実に静止しているヒラタアブを見つけた。
いつもは気にかけない昆虫だが、成虫が少ないこの時期には嬉しい。

d0090322_8114798.jpg
---- ヒラタアブ - Hirata Horsefly

----(Kofu-shi, Yamanashi, Dec. 28, 2014、Olympus OM-D EM-1, M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro)


先週、ウラゴマダラシジミの越冬卵をやっと見つけた。
今週は別の場所で探してみたところ、あっさりと発見できてしまった。
一度見つけると次は楽に見つかるね。

d0090322_812780.jpg
---- ウラゴマダラシジミの越冬卵 -Overwintering Egg of Blue Hairstreak

----(Kofu-shi, Yamanashi, Dec. 28, 2014、Olympus OM-D EM-1, M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro, Tough TG-3)



Note :

年も押し迫り、これが今年最後の記事になります。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

By 虫林花山
Commented by tamayam2 at 2014-12-29 10:07
♡ 一体、虫林さんの眼はどうなっている
のでしょう?私には、ただの幹、ただの壁
としか見えないのに、ちゃんと虫が潜んで
いるんですから。どうぞよいお年を!
2015年も虫の生態を楽しませてください。
Commented by himeoo27 at 2014-12-29 20:05
私も昨日、埼玉県中部の公園を散策
しましたが、ウスバフユシャク雌雄
、チャバネフユエダシャク雄くらい
しか見つけることは出来ませんでし
た。今年、こちらではキノカワガも
少ないです。
Commented by Sippo5655 at 2014-12-29 21:35
なるほど、この数字の意味はそうだったんですね!
しっかりと覚えておきま~す(^o^)/

桜の幹に、、こんなにしているんだ、
私も、探してみよう。

いろいろ幹も見つめて歩くけど

フユシャクの女の子は、まだ見たことがないんです

アブもまた成虫で冬越し、けっこういろんな、
ぬくぬくできるようなところに入り込んでいますよね。

大きなお目目と相まって、可愛いです^^

また来年度の更新も、楽しみにしています!

どうぞ良いお年をお迎えください。
Commented by 虫林 at 2014-12-31 23:42 x
tamayamさん、
コメントありがとうございます。
この時期、撮影できる種類は限られてしまいます。
でも、この蛾は見つけた時は嬉しいです。
Commented by 虫林 at 2014-12-31 23:45 x
ヒメオオさん
コメントありがとうございます。
そうですか、実はこちらのキノカワガも少ないみたいです。
今年は不作の年かな。
Commented by 虫林 at 2014-12-31 23:46 x
Shippoさん
コメントありがとうございます。
フユシャクの♀はこれからでも遅くありません。
見つかると良いですね。
by tyu-rinkazan | 2014-12-29 08:21 | ■他の昆虫 | Comments(6)