NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20150328 春の散歩道:スギタニルリシジミなど

DIARY Vol.10 (654): #16, 2015 :  

甲府地方気象台は3月25日、桜の開花を発表しました。
平年より2日早く、昨年より3日早いそうです。

週末(土曜日)は春の陽気に誘われて県南部の里山にでかけました。ヤマザクラ、アブラチャン、コブシ、ハシバミ、キブシ、ヤマブキなどの花々が咲き、タンポポ、タチツボスミレ、キランソウ、ムラサキゴケなどが路傍を飾っています。ウグイスの初鳴きを聞きながらのんびりと散歩。

d0090322_2214547.jpg
---- コブシの花-Magnolia kobus

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus OM-D E-M1, M.ZD60mm Macro)



ミヤマセセリの日光浴

最初に立ち寄ったコナラ林では、沢山のテングチョウとともにミヤマセセリの姿も時々見ることができました。ミヤマセセリは春浅い季節だけに出現するスプリングエフェメラル。地味な色彩ですが里山に春を告げるチョウの一つでカメラを向けずにいられません。

d0090322_861135.jpg
---- 日光浴するミヤマセセリ-A sun-bathing male of the Spring Flat

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm F2.0 ED MSC)



吸蜜するコツバメが輝いた

日溜りの枯草ではコツバメが占有(縄張り)行動を繰り返していました。
コツバメというシジミチョウは、小さい上に飛翔が早いので目で追うのに苦労します。

d0090322_22102678.jpg
---- 占有行動するコツバメ-The Tailless Hairstreak

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus OM-D E-M1, M.ZD40-150mm F2.8 Pro + Telecon)


キブシの垂れる花で数頭のコツバメが盛んに吸蜜していました。

吸蜜するコツバメを逆光気味にみると縁毛が青く輝きます。
この青い輝きは翅表の青い色が関係していると思います。
しかし、そのメカニズムは僕にはよくわかりません。

太陽からの光の方向と縁毛の光る具合を確認し、体を移動しながら撮影しました。

d0090322_2048917.jpg
d0090322_20491890.jpg
---- キブシの花で吸蜜するコツバメ-The Tailless Hairstreak

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus OM-D E-M1, M.ZD40-150mm F2.8 Pro + Telecon)



越冬明けのムラサキシジミ

越冬明けのムラサキシジミがアブラチャンの黄色い花を訪れていました。
長い冬を越えて翅裏の模様が薄くなっている姿が少し哀れに思います。

d0090322_20494097.jpg
---- アブラチャンで吸蜜するムラサキシジミ-The Japanese Oakblue

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus OM-D E-M1, M.ZD40-150mm F2.8 Pro + Telecon)



吸水するスギタニルリシジミ

湿った地面ではスギタニルリシジミが吸水していました。

吸水するスギタニルリは20頭ほどはいるようです。
でも、分散しているのでファインダーには10頭ほどしか入りません。

d0090322_21123762.jpg
---- 集団吸水するスギタニルリシジミ-The Sugitani's Hedge Blue

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus OM-D, E-M1 M.ZD40-150mm F2.8 Pro + Telecon)


この辺りにはスギタニルリシジミの食樹であるトチノキは無いので、他の植物を幼虫は食べているのと思われます。そのせいか、ここのスギタニは大きくて、ルリシジミと同じくらいの大きさがあります(両者の区別が容易でない)。飛翔撮影すると翅表の暗色な青色が良くわかります。

d0090322_20503430.jpg
---- スギタニルリシジミ-The Sugitani's Hedge Blue

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus OM-D E-M1 + 60mm Macro, Pen EP-5 + M.ZD12mm)




ルリシジミが全開翅した!

スギタニルリシジミに混ざってルリシジミも吸水していました。

d0090322_20511936.jpg
---- ルリシジミ-The Holly Blue

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)


驚いたことにこのルリシジミは地面で翅を全開しました。
翅に異常があって全開したものと思います。
しかし、この個体の飛翔には問題無さそうでした。

目の覚めるような「輝くブルー」に驚かされました。

d0090322_2052858.jpg
---- 全開するルリシジミ- The Holly Blue

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus OM-D E-M1, M.ZD60mm Macro)



その他の昆虫たち

林道上で曲者ヒメツチハンミョウを見つけました。
盛んに草を食べています。

ツチハンミョウは体内にカンタリジンという毒を持っています。素手で触ると炎症を起こし水脹れなどになるため注意が必要です。土中で孵化した幼虫は花に登り、花に飛んできたハナバチ類によって巣に運ばれ、ハナバチの卵や、巣に貯蔵してある花粉・蜜を食べて育つという生態も「曲者」「悪役」にふさわしいかな。

d0090322_20523447.jpg
d0090322_20525481.jpg
---- ヒメツチハンミョウ-Meloe coarctatus

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus Pen EP-5 + M.ZD12mm, Tough TG-3 )


ホソミイトトンボが数頭草むらを飛んでいました。
目を離すと見失うくらい体が細いイトトンボです。
珍しく季節型があり、今回のは冬型でしょう。

d0090322_20531893.jpg
---- ホソミイトトンボ-Aciagrion migratum

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus OM-D E-M1, M.ZD60mm Macro)


林道にはモンカゲロウがたくさん飛んでいました。

もう少し撮影したくて河原に降りてみました。
しかし、河原の石ではモンカゲロウの姿を見つけることができませんでした。
多分、川の近くに静止するとクモたちの餌食になるからかもしれません。

d0090322_20534061.jpg
---- モンカゲロウ-Ephemera strigata

-----(Nanbu-cho, Yamanashi, Mar/28/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)



??虫眼鏡ノート

アメリカのボストン出張から帰宅して2日目ですのでまだ時差ボケが抜けていませんでした。でも、長い冬がやっと明け、チョウたちが飛ぶこの時期は時差ボケだとか疲れているなどといって家に蟄居してはいられません。今回はほぼ1年ぶりでスギタニルリシジミを初めとする色々なチョウたちや他の昆虫たちにも出会うことができて嬉しかったです。また、現地では静岡の同好者の方と偶然にお会いし、いろいろと親切に教えていただきました----感謝。

これから続々と昆虫たちが出てきますので、フィールドが賑やかになります。
しかし、本業が今年は忙しくなりそうなのでブログの更新が不定期になるかもしれないな。
ブログ更新の意欲はまったく衰えていないのだが------弱気。


Written by 虫林花山


Commented by ダンダラ at 2015-04-01 08:35 x
そちらでもいよいよ春の蝶が満開ですね。
スギタニルリは先日ギフ撮影の折に姿は見かけたのですが、撮影できませんでした。
集団吸水、確かに10頭いますね。
こんなシーンも撮影してみたいな。
今年は、さらにお忙しくなるのですね。
ご一緒できなそうなのが残念ですが、機会があれば声をかけてください。
Commented by 虫林 at 2015-04-02 05:31 x
コメントありがとうございます。
スギタニルリの集団吸水は最近お目にかかってなかったので、たとえ10頭とはいえ嬉しかったです。でも、20頭はいないと迫力がありませんね。今年は本業が色々と忙しくなりそうで気弱になっています。こちらこそ、今年は是非ともご一緒できましたら嬉しいです。
Commented by yurinBD at 2015-04-02 23:36
キブシで吸蜜するコツバメ、春らしくて素敵ですね!
特に、エメラルドグリーンの幻光が確りと捉えられており、
素晴らしいです!
集団吸水のスギタニルリシジミのお写真は、
自然の蝶の姿を見ることができ、感動しました。
Commented by kmkurobe at 2015-04-03 20:08
そちらは春ですねぇ。週末の天気またもいまいちですね・・・・・
M.ZD40-150mm F2.8 Pro + Telecon) なかなか良さそう手すね。ちょっと重そうにも見えますがいかがですか?
Commented by たにつち at 2015-04-05 12:24 x
ご無沙汰しております。
広角マクロとほんとのマクロ、それぞれ美しいですね。
スギタニの集団も、ルリの翅表もまぶしいです。
弘法筆を選ばず?自分の撮影機材のこと疑いたくなってしまいます。
ブログ、今年も(お互い)できる範囲で継続してまいりましょうネ!
Commented by himeoo27 at 2015-04-05 14:00
逆光で青白色に煌めく縁毛が素敵な
コツバメがキブシの花で吸蜜する
シーンも
新鮮なスギタニルリシジミの全開翅
シーンも
どちらも綺麗ですね!
Commented by tyu-rinkazan at 2015-04-05 20:42
yurinさん、
コメントありがとうございます。
コツバメの幻光は見た色と一緒でとてもきれいでした。
Commented by tyu-rinkazan at 2015-04-05 20:44
kmkurobeさん、
コメントありがとうございます。
40-150mmはとても使いやすいので気に入っています。f2.8で近接もそこそこできるのですから驚きです。
Commented by tyu-rinkazan at 2015-04-05 20:47
たにつちさん、
コメントありがとうございます。
ブログの更新は無理ないようにしないとね。
できる時、余裕があるときにしたいと思います。
たにつちさんともまたご一緒しましょう。
Commented by tyu-rinkazan at 2015-04-05 20:49
ヒメオオさん、
コメントありがとうございます。
この時期のチョウたちは撮影できるだけでうれしいですね。面白いシーンが撮影できればなおうれしいです。
by tyu-rinkazan | 2015-03-29 21:06 | ▣スギタニルリシジミ | Comments(10)