NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20160110 公園の散歩道:フユシャクを探して

DIARY Vol.11 (708): #04, 2016 :  

久しぶりにブログ更新。

フユシャクは冬に羽化する蛾。
この蛾をみると2つの疑問に突き当たる。
1)なぜ冬だけに出現?
2)なぜメスだけ翅が退縮?
多分、その答えは「種の維持に特化」ということだろうか


フユシャク♀

大きな桜の木が並ぶ公園。
フユシャクの♀を探した。
小さな翅のナミスジフユナミシャク♀発見

ここは見晴らしが良いので、富士山背景で撮影した。
広角で撮ると富士山が小さくなるので100mmマクロで撮影。

d0090322_16212185.jpg
----A female of “Winter Moth" resting on the trunk of cherry tree. Please note Mt. Fuji in the background.-- (Kofu-shi, Yamanashi)

------- January-09/2016, Canon EOS 6D, EF8-15mm F4L Fisheye USM, 100mm F2.8L Macro IS USM


オリンパス60mmマクロにGyoromeレンズをつけて撮影。
周囲がケられるけどストロボが使えるので使用範囲が広がるね。

d0090322_16214247.jpg
----Insect eye image of A female of “Winter Moth" -- (Kofu-shi, Yamanashi)

------- January-10/2016, Olympus OM-D E-M5, MZD60mm Macro + Gyorome 8


フユシャク♀の組写真、左上からチャバネフユエダシャク、ナミスジフユナミシャク、イチモジフユナミシャクかナミスジフユエダシャク、ウスオビフユエダシャク

d0090322_1622139.jpg
----Females of “Winter Moth" -- (Kofu-shi, Yamanashi)

------- January-10/2016, Olympus OM-D E-M5, EF60mm Macro



フユシャク♂

夜、自動販売機でフユシャクの♂を見つけた。
そこで、1時間ほど探してみると、何とか数種類をみることができた。

フユシャク♂は普通の蛾。

下の写真の上がクロテンフユシャク、下左からナミスジフユナミシャク、ミヤマフユナミシャク、シモフリトゲエダシャクだ。でも、蛾の同定には自信がないので間違っていたらご指摘願いたいと思います。

d0090322_16221539.jpg
----Males of “Winter Moth" -- (Kofu-shi, Yamanashi)

------- January-10/2016, Canon EOS 70D, EF8-15mm Fisheye, Olympus OM-D E-M5, EF60mm Macro



Written by 虫林花山


Commented by himeoo27 at 2016-01-23 20:03
冬尺蛾の雌5種、雄4種、撮影とは凄い成果
ですね!
個人的には冬尺蛾でも小さい矮小化した翅
を持つ雌が大好きなヒメオオです。
Commented by Sippo5655 at 2016-01-24 22:00
本当に、どうして冬に・・・
直接聞いてみたいです。

私今日、出会いました
たぶん、最後の下段右下の子、間違いないです !
Commented by 虫林 at 2016-01-30 07:09 x
ヒメオオさん、
コメントありがとうございます。
フユシャクは日によってかなり違いますね。
今年は天候不順なので、フユシャクもとまどっているかも。
メスはとても面白いですね。
Commented by 虫林 at 2016-01-30 07:12 x
Shippoさん、
コメントありがとうございます。
フユシャクにであったとのこと良かったですね。
なかなか会いたいと思っても会えないものです。
フユシャクの同定は難しいですね。
by tyu-rinkazan | 2016-01-23 17:03 | ■他の昆虫 | Comments(4)