NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20160408 南信の散歩道:春の蛾・御三家(オオシモフリスズメ、イボタガ、エゾヨツメ)+1を探して

DIARY Vol.11 (718): #14, 2016 :  

桜が開花すると、僕の周りの自然界が一気に賑やかになります。まるで冬の呪縛から解き放たように一気に活性が上がったように思えるのです。そんな春の昆虫たちの中にオオシモフリスズメ、イボタガ、エゾヨツメといった蛾の重鎮がいます。ブログの友人がこの3種の蛾を「春の蛾・御三家」と呼んでいましたが、なるほど御三家とは言い得て妙な表現ですね。そこで、今週はその御三家を求めて南信地方を訪れることにしました。

-------------------------------------------------------------------------


Spring Monster (オオシモフリスズメ:Langia zenzeroides nawai)

この蛾の北限とされている南信地方を訪れてみました。この蛾の分布はやや局地的なようで、見ることができる場所は限られるようです。最初に訪れたポイントでは見ることができませんでしたが、次に訪れた場所で数頭に出会うことができました。そこの電灯はそれほど明るくはありませんが、発生木の関係なのか集まっていました。

d0090322_2301458.jpg
Langia zenzeroides nawai--
I took some pictures of a male of the largest hawk moth, Langia zenzeroides nawai, flying around the light in the night.

April-08-2016, Nagano, Canon EOS6D with EF100mm Macro


オオシモフリスズメは春に発生する蛾では最も大きくて迫力があります。Spring Monster (春の怪物)と呼んでも過言ではないでしょう。

d0090322_2303178.jpg
Langia zenzeroides nawai
-
April-08-2016, Nagano, Canon EOS6D with EF100mm Macro

d0090322_2305553.jpg
d0090322_2311455.jpg
d0090322_2312937.jpg
Langia zenzeroides nawai
-
April-08-2016, Nagano, Canon EOS6D with EF100mm Macro

d0090322_2314757.jpg
Langia zenzeroides nawai
-
April-08-2016, Nagano, Canon EOS6D with LAOWA 15mm Wide-macro




イボタガ (Brahmaea japonica)

イボタガは春を代表する蛾としてつとに有名です。この蛾は僕が子供の頃には春になると見ることができましたが、最近は出会っていませんでした。本日は数頭が灯りの傍の壁面にひっそりと静止していました。

d0090322_2341199.jpg
Brahmaea japonica
-
April-08-2016, Nagano, Canon EOS6D with LAOWA 15mm Wide-macro


この個体はとても新鮮で綺麗でした。
これまで出会ったイボタガの中でもトップクラスです・

d0090322_235623.jpg
Brahmaea japonica
-
April-08-2016, Nagano, Canon EOS6D with EF100mm Macro

d0090322_2352399.jpg
Brahmaea japonica
-
April-08-2016, Nagano, Canon EOS6D with LAOWA 15mm Wide-macro



エゾヨツメ(Aglia japonica microtau Inoue)

御三家の一つはヤママユの仲間のエゾヨツメです。
この蛾の撮影は1週間前でした。

d0090322_236773.jpg
d0090322_2362649.jpg
Aglia japonica microtau Inoue
-
April-02-2016, Yamanashi, Canon EOS6D with EF100mm Macro



トビモンオオエダシャク(Biston robustus robustus)

トビモンオオエダシャクも見つかりました。
この蛾の幼虫は小枝に擬態するので知られています。

d0090322_2364352.jpg
Biston robustus robustus
-
April-02-2016, Yamanashi, Canon EOS6D with EF100mm Macro



虫眼鏡ノート

今週末はフィールド散歩の時間がとれそうもありません。そこで、昆虫写真家の山口進さんと一緒に、金曜日の夜に春の蛾・御三家の撮影にチャレンジしてみました。数年ぶりでオオシモフリスズメに出会いましたが、その大きさもさることながら、翅の形や模様は美的観点からもなかなか秀逸です。また、イボタガやエゾヨツメもそれぞれ独特の魅力がありますね。

これからの時期は本業の方が忙しくなりますが、何としても時間を見つけてフィールド散歩に出たいなと思います。

Written by 虫林花山


Commented by naoggio at 2016-04-11 15:53 x
以前オオシモフリスズメの記事を拝見した時もびっくりしましたが、改めて驚愕です。
5枚目の胴体のアップ、凄いですね。
ふかふかした胸から生えている太い脚の色彩も美しく、神様もよくこんなキャラを世に送り出したものと感心してしまいます。
イボタガは自宅付近でも何度か見ていますが新鮮個体は見た事がありません。
これまた美しい蛾ですね。
Commented by 蘭丸 at 2016-04-11 19:57 x
ご無沙汰しております。
ナントモ豪華な三種ですね!!
御三家とはピッタリな表現ですね!!
私、この三種のいずれも見た事がナイので羨ましい限りです!!
Commented by himeoo27 at 2016-04-11 20:51
今回掲載された御三家の蛾、いずれも超デラックスですが、
やっぱり未見の「イボタガ」には、ぜひ出逢ってみたいです。
Commented by tyu-rinkazan at 2016-04-16 09:49
Naoggioさん、
有難うございます。
オオシモフリスズメは春だけに出るので、
じきの選定が少し難しいです。
今回はラッキーでした。
Commented by tyu-rinkazan at 2016-04-16 09:52
蘭丸さん、
こちらこそご無沙汰です。
この3種ははるに一度は見たいのでそわそわします。
会えると嬉しい蛾です。
Commented by tyu-rinkazan at 2016-04-16 09:55
ヒメオオさん、
有難うございます。
イボタガは春の風物詩ですが、意外に見ることができませんでした。
今回は新鮮な個体と出会えて幸せでした。
by tyu-rinkazan | 2016-04-13 21:33 | Comments(6)