NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20160503 初夏の散歩道:ルイスアシナガオトシブミの揺籃作りを観察した

DIARY Vol.11 (721): #17, 2016 :  

初夏の山を彩るフジの花。

フジの属名の「Wisteria」は、アメリカの有名な解剖学者「Casper Wistar」」の名にちなみます。さらに、彼の名がついたThe Wistar Instituteは、ペンシルバニア大学の中にあって、ワクチンの開発や癌遺伝子のクローニング、モノクローナル抗体の作成などで有名です。

d0090322_1858416.jpg
----藤の花--
It has already become early summer because of fresh leaves and wisteria flowers. My calendar is based on the seasonal changes of insects and flowers.

May-3-2016, Yamanashi, Panasonic CM10


ダイミョウセセリ:Daimio tethys

d0090322_1911324.jpg
---- Daimio tethys
------
May-3-2016, Yamanashi, Canon EOS6D with EF100m Macro


クロミドリシジミの幼虫:A caterpillar of Favonius yuasai

d0090322_1913548.jpg
---- A caterpillar of Favonius yuasai
------
May-3-2016, Yamanashi, Canon EOS70D with EF8-15m Fisheye


ルイスアシナガオトシブミ:Henicolabus lewisii

先週に下見したポイントを再訪しました。
思惑通り、ルイスアシナガオトシブミがケヤキの葉の上に多数認められました。

d0090322_1915862.jpg
----Henicolabus lewisii
------
May-3-2016, Yamanashi, Olympus Stylus TG-3 tough with Gyorome 8

d0090322_1924466.jpg
d0090322_193314.jpg
d0090322_1932582.jpg
----Henicolabus lewisii
------
May-3-2016, Yamanashi, Olympus Stylus TG-3 tough


揺籃作りも見ることができました。揺籃作りは概ね30分ほどかかるようです。その間、何度も見回って、揺籃作りの進行状況をチェックしました。
なかなか面白いものです。

d0090322_1934985.jpg
----Making cradle by Henicolabus lewisii
------
May-3-2016, Yamanashi, Canon EOS 6D, EF100mm Macro


メスが揺籃の柄を切っているとアリが邪魔をした。
アリの妨害がひどいので、メスは切るのを諦めて立ち去った。

d0090322_1941235.jpg
---- Interference of cutting stalk of cradle by ants by Henicolabus lewisii
------
May-3-2016, Yamanashi, Canon EOS 6D, EF100mm Macro


虫眼鏡ノート

なんとかルイスアシナガオトシブミの揺籃作りを観察することができました。ここにはイタヤハマキチョッキリもいるので探しましたが、残念ながら見ることができませんでした。ゴールデンウイークは残り少ないので、是非とも散歩したいと思います。

Written by 虫林花山


Commented by namiheiii at 2016-05-08 10:42
いや、見事な連続写真ですね。交尾、産卵、揺籃作りを同時にやるのでしょうか?
Commented by himeoo27 at 2016-05-08 16:53
揺籃作りをしているのは雌雄ペアで協力して行って
いるようでビックリしました。
家では何もしないヒメオオは彼らに見習う必要があ
ると反省しました。
Commented by Sippo5655 at 2016-05-10 21:48
藤の季節になりましたね。
ダイミョウセセリにも会いたいなあ。。
私が出歩くフィールドでは
出会えるポイントが限られています。

もう少しでゼフィルスの季節ですね。

ゆりかご作り、アリさんの邪魔が入ることも^^;
よく長い時間観察そして撮影されて、、

1枚にまとめ上げるのも大変だったのではないでしょうか。
こうして見せて頂き、ありがとうございます♪
Commented by tyu-rinkazan at 2016-05-14 22:00
namiheiiさん、
コメントありがとう御座います。
交尾、産卵、揺籃作りを同時にやります。
Commented by tyu-rinkazan at 2016-05-14 22:02
ヘメオオさん、
コメントありがとう御座います。
揺籃作りはメスだけで行い、オスは全く手伝いません。
メスの近くで、交尾しようとウロウロしているだけです。
Commented by tyu-rinkazan at 2016-05-14 22:06
Shippoさん、
コメントありがとう御座います。
揺籃作りは30分ほどかかりますので、待っているのが大変です。
でも、撮影していて面白いです。
by tyu-rinkazan | 2016-05-07 19:04 | ■甲虫 | Comments(6)