NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20160820 雑木林の散歩道:小枝を切り落とす職人(ハイイロチョッキリ)

DIARY Vol.11 (728): #24, 2016 :  

今年は春からオトシブミ・チョッキリの仲間を好んで撮影している。この仲間は形態が独特で、また揺りかごをつくるなどの生態も面白い。その昔、アンリ・ファーブルもこの虫に興味を持ったようで、有名な彼の昆虫記の中にも登場させている。今回はドングリの実が熟する夏の終わりに出現するハイイロチョッキリを撮影した。


コナラとハイイロチョッキリ Cyllorhynchites ursulus

地面の上にドングリと葉が数枚付いたコナラの小枝がたくさん落ちていた。さらに、小枝が上からひらひらと落ちてくるのも見ることができた。これはハイイロチョッキリの仕業に違いない。ドングリを拾って調べてみると、産卵した後がついていた(挿入矢印)。

d0090322_6104360.jpg
---- 道を埋めるコナラの小枝
----
(August-21-2016, Yamanashi, Canon EOS 5D M-III, EF8-15mm f/4L Fisheye USM , Speedlight 430EX)


撮影にはなるべく低いコナラの木が良いのだが、ドングリをつけるのは大きな木が多い。
そこで、脚立に乗ってドングリを見てみると、長い口吻を持つ♀の姿を見つけた。

d0090322_614256.jpg
----ドングリ上のハイイロチョッキリ♀
----
(August-20-2016, Yamanashi, Canon EOS M3, EF-M 28mm f/3.5 Macro IS STM)


オスが突然飛んできて葉の上に静止した。
体が小さいのと飛翔速度が速いので、飛んでいると目で追うのが難しい。

d0090322_6154499.jpg
d0090322_616381.jpg
----葉上のハイイロチョッキリ♂
----
(August-20-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm f/4L Macro IS USM, MT-EX24)


ドングリに穴をあけるメスの姿を見つけた。
口吻が長いので、穴をあける時には背伸びしているようで面白い。

d0090322_6172394.jpg
----ドングリに穴をあけるハイイロチョッキリ♀
----
(August-20-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm f/4L Macro IS USM, MT-EX24)




穴あけが終わるとすぐに穴にお尻をくっつけて産卵した。

d0090322_618968.jpg
----産卵するハイイロチョッキリ♀
----
( August-20-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm f/4L Macro IS UTM, MT-EX24)


産卵した後に適当な場所で枝を切り始めた。
作業開始から30分ほどで枝が落ちた。

d0090322_6184140.jpg
----枝を切るハイイロチョッキリ♀
----
(August-20-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm f/4L Macro IS USM, MT-EX24)

d0090322_619741.jpg
----枝を切るハイイロチョッキリ♀
----
(August-20-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm f/4L Macro IS USM, MT-EX24)


枝を落としたメスは力尽きたように切断面にしばらく静止していた。小さなハイイロチョッキリにとって、固いドングリの実に穴を開け、枝を落とす作業はかなりの労働に違いない。

ちなみに、オトシブミ・チョッキリの長い口吻は大顎を含む口の器官がそのまま細長く伸びたもので、先端部に大顎(かなり小さいけど)がある。その大顎で固いドングリの実にゴリゴリと穴をあけ、枝をガリガリと切るのだ。形態が合目的で感心するな。

d0090322_624163.jpg
----枝を切るハイイロチョッキリ♀
----
(August-20-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm f/4L Macro IS USM, MT-EX24)



クヌギとハイイロチョッキリ

ハイイロチョッキリといえばコナラを思っていたが、クヌギの実にも産卵するということをY氏から教えていただいた。実際、実をつけたクヌギの木で待っていると、数頭のハイイロチョッキリの姿を見ることができた。

d0090322_6275078.jpg
----クヌギの葉上のハイイロチョッキリ♂
----
(August-20-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm f/4L Macro IS USM)


クヌギの木を観察していたら交尾している個体を発見した。
オトシブミもチョッキリもオスは何もしない。
忙しく作業するメスの横に静止して見守るだけだ。

d0090322_6282515.jpg
d0090322_6284085.jpg
----交尾するハイイロチョッキリ
----
(August-20-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm f/4L Macro IS USM, MT-EX24)


虫眼鏡ノート

オトシブミ・チョッキリの仲間は面白い。先日、昆虫写真家のY氏に電話した時に、ご自宅の周りでハイイロチョッキリが出ていることを聞いた。ハイイロチョッキリはこれまで撮影したことがなかったので、さっそく、週末(土曜日)の午前中にご自宅にお邪魔して、周囲の雑木林で撮影させていただいた。感謝です。

そろそろコナラシギゾウムシとクリシギゾウムシも気になっている。



Written by 虫林花山


Commented by Sippo5655 at 2016-08-23 21:29
私が出歩いたフィールドでも
こんな状況がいっぱいでした!
この子たちが生きている証なんですね!
おかあさんは、大変だ、、
がんばれ、、おかあさん(^^♪
Commented by tyu-rinkazan at 2016-08-28 12:03
Shippoさん、
コメントありがとうございます。
ハイイロチョッキリはコナラの林では常連さんですね。
オスはこの作業にアシストしないのがひどいです。
by tyu-rinkazan | 2016-08-23 06:32 | ■甲虫 | Comments(2)