NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20170717 信州の散歩道:憧れのアカムネハナカミキリ


DIARY Vol.11 (748): #12, 2017 :

昆虫写真を撮影していると、「あの時にもっと撮っておけばよかったな」と思うことがある。それは初めて出会う珍しい昆虫や貴重な生態シーンに遭遇した時などに多い。そんな過去の苦い経験を思い出させる虫の一つがマクロピドニアことアカムネハナカミキリだ。アカムネハナカミキリの産地は極めて限られていて、この虫に出会うためには信州のある場所に行くしかない。今回はその棲息地を散歩してみた。


アカムネハナカミキリ(赤胸花天牛、学名:Macropidonia ruficollis)

朝のうちは涼しかったが、日が高くなるにしたがいとても暑くなってきた。刺すような夏の日差しに目を細めながら、
ホストのクロツバラの木が散在する草原をひたすら歩き回った。

2時間ほど過ぎただろうか、Tシャツに汗がにじむ頃になってやっとススキの葉上に黒っぽいカミキリを見つけた。慌てて近づいてみると、目的のアカムネハナカミキリだった。アカムネハナカミキリは、前胸背の赤と鞘翅の漆黒の鮮やかなコントラストを呈する。このような配色はホタルカミキリ、クビアカモモブトホソ
カミキリ、チャイロホソヒラタカミキリ、クビアカトラカミキリなどがあり、また最近話題のクロジャコウカミキリも同様の色彩だ。

赤と黒は毒虫の警戒色の擬態
かな。


d0090322_19291893.jpg
d0090322_19293194.jpg
d0090322_19294393.jpg
----アカムネハナカミキリ
----
(July-17-2017, Nagano, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM, EF8-15mm F4.0L USM)


メスは何頭か撮影できたものの、オスにはなかなか出会えなかった。
現地で出会ったカミキリ屋の方がクロツバラの木の幹にオスを見つけて呼んでくれ。

メスに比べてオスの体は細身で、触覚が長くて格好が良い。
d0090322_19300568.jpg
d0090322_19302001.jpg
----アカムネハナカミキリ♂
----
(July-17-2017, Nagano, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM,)


クロツバラの枝を丁寧にみていくと交尾個体も見つけることができた。
d0090322_19303442.jpg
----アカムネハナカミキリ交尾
----
(July-17-2017, Nagano, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM,)



ヌバタマハナカミキリ(射干玉花天牛、学名:Judolidia bangi)

d0090322_19304471.jpg
d0090322_19305939.jpg
----ヌバタマハナカミキリ
----
(July-17-2017, Nagano, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM)



ウンモンテントウムシ(雲紋瓢虫、学名:Anatis halonis)

d0090322_19311497.jpg
----ウンモンテントウムシ
----
(July-17-2017, Nagano, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM)



ウラジャノメ(裏蛇の目、学名:Lopinga achine)

d0090322_19312819.jpg
----ウラジャノメ
----
(July-17-2017, Nagano, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM)



アイノミドリシジミ(アイノ緑小灰、学名:Chrysozephyrus brillantinus)

d0090322_19315515.jpg
d0090322_19320745.jpg
----▶アイノミドリシジミ
----
(July-17-2017, Nagano, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM)



虫眼鏡ノート

久しぶりにアカムネハナカミキリが撮影できました。このカミキリと最後に出会ったのは10年以上も前なので、嬉しくもあり、懐かしくもありだ。このカミキリは稀種という意識があるためか何ともクールで美しく思える。

アカムネハナカミキリの棲息地では、東京と神奈川から来られたというカミキリ屋の方と知り合った。お二人ともいわゆる虫目をお持ちのようで、何頭ものアカムネハナカミキリを見つけたようでした。虫屋というのは、見知らぬ仲であってもすぐに打ち解けて話し込んでしまうから面白い。また、どこかでお会いしましょう。



Written by 虫林花山


Commented by 蝶山人 at 2017-07-24 11:09 x
カミキリは全然わからないので
虫林花山先生の引き出しの多さにびっくり
ウラジャノメもこの時期だと遅いかと思いましたが
アイノミドリもこんな新鮮でびっくり
Commented by naoggio at 2017-07-24 12:57 x
虫林さんこんにちは。
ご無沙汰してしまってすみません。
甲虫音痴の私ですがウンモンテントウムシの美しさに痺れました。
津軽塗のような翅が色といい柄といい最高です。
胸部のM字模様とのコンビネーションも素敵ですね。
Commented by himeoo27 at 2017-07-24 20:26
私もウンモンテントウの写真に1票です。
普通種かもしれませんが綺麗に撮りこん
でいますね!
Commented by Sippo5655 at 2017-07-25 21:19
似たようなカミキリムシには出会いますが
この子は特別な子なんですね!
捜し歩いた甲斐がありましたね!
私も、もっときちんと撮っておけば良かったと思うこと
あります、あります^^;
暑い季節の出逢いは、ただでさえ集中力も続かないから
なおさらですよね。
ウンモンテントウ・・・♪
憧れのテントウムシですぅ(*´∇`*)
Commented by tyu-rinkazan at 2017-07-28 22:05
蝶山人さん、
コメントありがとうございます。
アカムネハナはこの場所でしか見ることができないので、見つけたときは嬉しかったです。
Commented by tyu-rinkazan at 2017-07-28 22:06
naoggioさん、
コメントありがとうございます。
ウンモンテントウは確かにきれいですよね。
僕も好きです。
Commented by tyu-rinkazan at 2017-07-28 22:08
ヒメオオさん、
コメントありがとうございます。
ウンモンテントウは普通種ではありません。
綺麗ですよね。
Commented by tyu-rinkazan at 2017-07-28 22:10
Shippoさん、
コメントありがとうございます。
もっと撮っておけばよかったなと思うことは皆さんもおありなんですね。一安心です。ウンモンテントウもじっくり撮影したいな。
by tyu-rinkazan | 2017-07-23 19:35 | ■カミキリムシ | Comments(8)