NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

061105 黒い天使(Black Cupid)を探して3 (山梨県身延町)

ある学会の学術集会に参加し、昨日の夕方、東京から帰宅した。連休最終日の今日、やっとフリーになった。

さて、どの辺を散歩しようかな?ここ数週間ほど近場ばかりを散歩しているので、今日は富士川流域のクロツバメシジミの発生地を探して、県南に足を伸ばしてみることにした(実は富士川流域のクロツ発生地探索は、昨年もトライして失敗している)。

知識、記録情報などを総動員して、発生地を探し出す事は大変だが楽しいものだ。昆虫撮影の醍醐味の一つだと思う。そう、ウィークエンドナチュラリストはいわばシャーロックホームズなのだ(虫林は英国推理小説のファン)。

**************************************************
何箇所かで車を止めてはツメレンゲを探しつつ、身延町までやってきた。この辺りは河原も広く茫洋としている。
こんな広々としたところで風に吹かれていると、世の中の小事などは気にならなくなってしまうものだ。
精神衛生上、とてもよろしい。

ボブディランの「風にふかれて」を思わず口ずさんでしまう。
How many road must a man walkdown
before they call him a man. ------------



◆富士川の広い河原◆
d0090322_19325344.jpg
= Pentax istDS, Pentax DA 10-17mm FISHEYE (10mm), F8.0, 1/400, ASA200 =



色々と歩き回った挙句、やっと古い石組みの上でお目当てのツメレンゲ群落を見つけることができた。ここのツメレンゲは小型だが、数が多く、また群落の範囲は虫林の知る中では最大だ。



◆ツメレンゲ群落◆
d0090322_2052967.jpg
= Pentax K100D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA200 =



ツメレンゲ群落の周囲では、主役のクロツバメシジミも飛んでいる。
やっと富士川流域のクロツバメシジミの産地を見つけることができた。
今まで笛吹川、釜無川、ミダイ川流域のクロツ発生地は虫林のファイルにあるが、富士川流域はここが初めてなのだ。
良かった----------。

ここのクロツバメシジミの第一印象は小さいことだ。シルビアシジミよりも小さい個体がしばしば認められた。まあ、大きさの印象はかなり主観的なのであまり参考にはならないとは思うが---。



◆ツメレンゲの芽で静止するクロツバメシジミ Black Cupid  
d0090322_19331133.jpg
= Pentax istDS, Pentax DA 10-17mm FISHEYE + X1.5 RC, F3.5, 1/640, ASA200 =



クロツバメシジミは翅裏がやや褐色味を帯びているのが特徴だ。どういうわけか、現れたクロツは皆すぐに開翅してしまうので、翅裏を撮る機会がとても少なかった。この時期では、体温を高めるためにすぐに開翅するのだろうか。

この翅裏に西日が当たると露出がなかなか難しい。



◆クロツバメシジミ Black Cupid  
d0090322_19333924.jpg
= Pentax istDS, Pentax DA 10-17mm FISHEYE, F4.0, 1/640, ASA200 =



11月とはいえ、ここでは新鮮な個体も結構いるように見えたが、後でアップ写真を見てみると、やはりそれなりのようだ。韮崎や南アルプス市の個体に比較して、後翅表の外縁に並ぶ青白色の点状紋がやや小さい。



◆石上で静止するクロツバメシジミ Black Cupid  
d0090322_19335241.jpg
= Pentax K100D, Pentax D-FA 100mm MACRO, F5.9, 1/640, ASA200 =



すぐ傍でモンキチョウが追飛していたので、一応写真におさめた。構図はうまくいったものの、ピントが甘くなってしまったのが残念だ。



◆モンキチョウの追飛◆
d0090322_19341023.jpg
= Pentax istDS, Pentax DA 10-17mm FISHEYE+X1.5RC, ASA200 =



かなりぼろいヤマトシジミだが、裏の紋が大きいような気がする。
個体差なのか、異常範囲に入るのか分からないが、一応掲載しておく。



◆ヤマトシジミ◆
d0090322_20572645.jpg
= Pentax K100D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA200 =



秋型のベニシジミが美しい。
ベニシジミは沢山見るのであまり気にかけないが、よく見るとその美しさは日本産蝶類の中でもトップクラスに位置するものではないかと思われる。



◆ベニシジミ◆
d0090322_212594.jpg
= = Pentax K100D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA200 =



突然、目の前にカエルが現れた。このカエルは石の色に合わせて白色化しているのがなかなか渋い。ちょっと不気味なのと少し可愛いので写真を撮った。
最近の若者用語では、このような場合、「キモカワイイ」というらしい。

このキモカワイイカエルは丸々と太っていいたが、まさかクロツを食べて太ったのではないだろうね!。



◆石の上で白色化したカエル◆
d0090322_1934244.jpg
= Ricoh GR-D, F5.6, 1/640, ASA100 =



虫林の大嫌いなカマキリを見つけた。
写真の対象としては面白いので撮ってみたが、こっちは、キモカワイイではなく、ただの、キモイだ。


◆カマキリ◆
d0090322_19343938.jpg
= Ricoh GR-D, F6.3, 1/640, ASA100 =



**************************************************

本日は虫林のファイルの中に、また新しいクロツポイントをくわえる事が出来たのでとても満足だ。そろそろ午後1時30分になり、日も弱くなってきたので帰ろう。
Commented by fanseab at 2006-11-05 21:39
一枚目、虫林さんでなくてもボブディランの飄々とした歌声と乾いたスチールギターの調べが聞こえてきそうです。「風に吹かれて」を口ずさみながらのクロツ探索、これはお洒落ですね~♪ 4枚目、11月の西日を浴びた風情が感じられる作品です。
Commented by cactuss at 2006-11-05 21:54
クロツバメシジミの新生息地を見付けるとはすごいですね。大変なことなので、小生はあまりやりませんが、一度、見付けておくと、後で、楽しめるからいいですよね。
Commented by 虫林 at 2006-11-05 22:17 x
fanseabさん、
富士川は釜無川と分かれた後に身延や南部町を通り、静岡の駿河湾に注ぐ大河川です。河原は大きく、ここを歩いているのが私一人なので、思わず感傷的になり、ボブディランを口ずさみました。
今回はクロツが発見できて良かったです。
Commented by 虫林 at 2006-11-05 22:23 x
cactussさん、
クロツが身延町で記録があることは事前に分かっていたので、新産地とまではいえません。しかし、身延町といえどかなり大きいので、どこにポイントがあるのか皆目分かりませんでした。今回は運良く見つけられて良かったです。
実は富士川流域のクロツポイント探しは、昨年もチャレンジして、敗退しています。まあ、2年越しの苦労が実ったというところですね。
群馬も色々クロツポイントがあるみたいですね。
このポイントもこれから大事にして、毎年訪れてみる事にします。
Commented by chochoensis at 2006-11-06 07:14
虫林さん、「黒い天使」の新棲息地=発見!=おめでとうございます。さすが虫林さんならではの綿密な調査によるものだと思いますが、すばらしい事です。このすばらしい環境がいつまでも保全されるように祈っています。「ツメレンゲ群落」素晴らしいです、「クロツ」と石のバランス、素敵だな!こういう写真を撮ってみたいです・・・。
Commented by banyan10 at 2006-11-06 10:39
東京まで来ていたのですね。
だったらそのまま、もう1泊してルーミスに御一緒したかったような。(笑)
でも、クロツの生息地発見も素晴らしいですね。成虫を見るにはそろそろ最後ですよね。
カマキリ、僕は好きですが、こっちは確実にクロツを食べそうですねえ。(^^;
Commented by kenken at 2006-11-06 20:20 x
おぉ、これはのどかな風景ですね。
生息地探索も面白いですが、定点観測にもよさそうな場所ですね。
私も、クロツは、探索と定点観測の両方をしています。
昨年ね、クロツ生息地の岩の上で、同じ色に変色した蛙見ました。
Commented by 愛野緑 at 2006-11-06 21:22 x
クロツ産地発見おめでとうございます。
ベニシジミは数が少なければ相当な人気物でしょうね!
Commented by 虫林 at 2006-11-06 21:50 x
chochoensisさん、
有難うございます。
やっと富士川流域のクロツ産地を発見できました。まだまだ知られざるポイントがあると思いますので、少しづつ見つけていきたいと思っています。
Commented by 虫林 at 2006-11-06 21:53 x
banyanさん、
クロツ成虫の撮影はそろそろ終わりですね。後はツメレンゲを目印に辛酸地の発見することが楽しみです。今回も成虫が確認できるとは思いませんでしたが、うまい具合にまだ見ることが出来ました。
カマキリはキモイですよ。
Commented by 虫林 at 2006-11-06 22:00 x
kenkenさん、
以前にクロツの探索の記事を拝見しました。
小生は昨年失敗しましたので、今回はとても嬉しく思いました。
これから定点観察して、場所による違いがもしもあれば面白いと思っています。
キモカワイイカエルを見ましたか。うーむ、やはりクロツかツメレンゲの花にくる昆虫を食べているのかもしれませんね。
Commented by 虫林 at 2006-11-06 22:03 x
愛野緑さん、
有難うございます。なんとか昨年からの努力が報われました。
ベニシジミの仲間はヨーロッパの方では発達しているようで、
中にはかなり稀なものもあるみたいですね。
時々、ファインダーを覗きながら、その綺麗さにビックリする事があります。もっと評価されてもよい蝶ですね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2006-11-06 22:43
新ポイント開拓成功おめでとうございます。ツメレンゲはあるのに全くクロツがいないというのは良く聞く話ですので、大成果でしたね。非常に小さいというのも興味があります。ツメレンゲが小型なので、それにあわせたという仮説が成り立ちますね。(眉唾)
Commented by ダンダラ at 2006-11-06 22:44 x
数少ない情報を元にクロツの産地を発見されるとは素晴らしいですね。
モンキチョウの飛翔写真から環境の様子も良くわかりますが、良い環境のところですね。
こんなところで一日のんびり写真三昧をしたいものです。
Commented by 虫林 at 2006-11-06 22:52 x
ノゾピーさん、
有難うございます。
ツメレンゲだけではなく、クロツも確認できましたので良かったです。
富士川流域は釜無川とつながっていますが、それぞれ植生はかなり異なりますので、クロツも少し変わっているかもしれません。この違いを写真だけで証明するのは難しいですが、トライしてみたいと思っています。
ツメレンゲの大きさとクロツの大きさは関係があるかも知れませんね。
Commented by 虫林 at 2006-11-06 22:56 x
ダンダラさん、
非常に広い河原に面したところで、当日は実はツマグロキチョウも探したのですが、見ることが出来ませんでした。でも、いてもおかしくないところですので(多分いるはず----カンですが)、クロツとツマグロキチョウの2本立てになればベストですね。
今はのんびり出来る散歩道としてとてもよいところですよ。
Commented by nomusan at 2006-11-06 23:22 x
新産地発見とは素晴らしいですね。しかも本当に素晴らしい環境ですね。拝見しているこちらも心地よくなって参ります。この時期にまだまだ新鮮な個体がおるのですね~。
Commented by Noreen05 at 2006-11-06 23:40
青空に飛ぶモンキチョウ・・・爽やかな風を感じています。
“キモカワイイ”には笑ってしまいました(爆)カエルとカマキリ迫力あります!
私はアガサ・クリスティが大好きです~♪
Commented by 虫林 at 2006-11-07 06:05 x
nomusanさん、
有難うございます。
うろうろして何とか見つけることが出来ました。
ツメレンゲ群落の規模は私の知る限りでは最大ですのでゆっくり観察できるところだと思っています。
まだ新鮮な個体がいますので、11月後半までは飛んでいるでしょう。
Commented by 虫林 at 2006-11-07 06:10 x
Noreenさん、
モンキチョウの写真は、クロツのいる石組みの上から撮影したもので、この時期は本当に気持ちが良い環境でした。
カエルとカマキリは写真にすると主役になる迫力なんですね。
アガサではミスマープルシリーズが好みです。
Commented by KAZ at 2006-11-07 22:18 x
虫林さんお久しぶりです。
クロツバメは渋くていいですね、今年もとうとう撮影に行かずじまいでした。
ベニシジミ、美しいですよね、春にはたくさん撮影します。
めずらしい蝶を追いがちですが、普通種でも美しいものは美しいです。
ムラサキシジミなんか大好きですよ。
Commented by 虫林 at 2006-11-07 23:54 x
KAZさん、
コメント有難うございます。
クロツは蝶の少ないこの時期には、とても有難い蝶ですね。
まだ、すこし頑張ってみたいと思っています。
小生もムラサキシジミは好きです。
あの輝く青はいいですよね。
最近、ムラサキシジミも探しているのですが、
見たいと思うと中々あえないものです。
by tyu-rinkazan | 2006-11-05 19:55 | ▣クロツバメシジミ | Comments(22)