NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20070318 ----Not my day (富士川流域)

寒波がまだ日本列島を覆っている。
本日が寒さのピークみたいだが、意外に風は無く、天気も良い。

蝶の写真館」のダンダラさんとご一緒して、初ギフ狙いで富士川流域のポイントに行くことになった。
時期的にはまだ早いものの、可能性はかなりあるとふんでいたのだが-----。
結果は「獲らぬ狸の皮算用」-----ということになりました。

今日はスミレ日記になった。スミレも好きなので、これからも載せていくつもりです。

**************************************************

本日は早朝に地区の河川敷清掃があったので、甲府を出発するのが少し遅れた。
それでも、現地に10時30分頃には到着できた。
朝早かったり、気温が低いとギフチョウは飛ばないので、この時間帯くらいがちょうど良いだろう。

しかしながら、そこで1時間以上もギフチョウの飛来を待ったが、全く現れる気配がない。
どうやら、このポイントは日当たりが良いが、風が冷たく気温が低いためだと思われた。。
ウーム、残念ながら山を降りよう。

途中、ダンダラさんが、タチツボスミレと違うスミレが崖の上に咲いていると教えてくれた、
崖は滑りやすく、メタボリックシンドの虫林にはこの崖登りは思いのほかきつい。
近くによって見ると、確かにタチツボスミレではない。花や葉の形態、色などからどうやらコスミレみたいだ。

d0090322_22205894.jpg
。。。。。。。。。。。。コスミレ Viola japonica

。。。。。。。。。。。。。Pentax K100D, Sigma 70-300mm, F6.7, 1/500, -0.5, ASA400
。。。。。。。。。。。。。2007-Mar-18, Shibakawa-cho/Shizuoka


コスミレは九州から北海道まで広く分布するスミレだが、本種の同定は難しい。
花の色や形態に変化が多いからだ。このスミレには時々頭を悩まされる。

この個体は紫の色素(アントシアニン?)の量が通常よりも多いのだろうか、花はコスミレにしては濃い色で、茎も緑色というよりは茶色になり、葉の色が裏面だけでなく、翅表まで紫色を帯びている。
何となく異様な雰囲気のコスミレだ。
今まで見てきたコスミレは、葉の表面は綺麗な緑色をしていたので、まるで別種みたいにみえる。
d0090322_22223419.jpg
。。コスミレ Viola japonica

。。。GR-D, F3.5, 1/540, -1.0, ASA100
。。。2007-Mar-18, Shibakawa-cho/Shizuoka


麓の小道にはスミレ類が多い、多くはタチツボスミレであるが、所々でマルバスミレも見ることができた。
撮影した写真を見てみると、花弁の基部の左側に毛があるようにみえる。
どうやらヒゲケマルバスミレ(f. barbata)らしい。
d0090322_22232750.jpg
。。マルバスミレ Viola keisukei

。。。Pentax K100D, Sigma 70-300mm, F6.7, 1/750, -0.5, ASA400
。。。2007-Mar-18, Shibakawa-cho/Shizuoka


麓の小道にはヤマルリソウが多く見られる。
d0090322_2224623.jpg
。。ヤマルリソウ

。。。Pentax K100D, Pentax DA 10-17mm, F5.6, 1/60, -1.0, ASA200
。。。2007-Mar-18, Shibakawa-cho/Shizuoka



**************************************************

麓での散策から戻ってみると、車の下にまるで黒い血液でも流したようにエンジンオイルが路面にひろがっていた。
あれれ、やってしまった!どうやら山道を走ったときに、何度か石を巻き込んだので、オイルパンを破損したらしい。

今日はまだ昆虫を十分に観察していないにもかかわらず、ダンダラさんが 「すぐに帰りましょう」 といってくれた。申し訳なかったが、ダンダラさんのお言葉に甘えさせていただき、すぐに帰ることにした。
甲府市内に戻り、車ディーラーに見てもらったら、案の定、オイルパンに穴があいていた。
代車を借りて自宅に戻ったが、気分が重い。

Not my day-----。 

教訓:普通車で山道はゆっくり、慎重に走ろう!

Commented by luehdorf at 2007-03-18 22:40 x
 来週(25日)、富士川ギフを狙って出撃予定です。展翅嫌いなので数を採るつもりはありません。もし見かけましても、和田明アキ子、「笑って許して」で、お願いいたします。
 場所は○○沢峠が第一候補です。(旧富沢町○ノ山も狙い目ですが…)
 練馬ナンバーのパジェロのショートボディです。
Commented by thecla at 2007-03-18 23:04 x
富士川ギフ狙い、お疲れ様でした。ひょっとしたら今日あたり、なんて思うとつい出かけてしまいますよね。
私は、そう思いつつも今日はグダグダしてしまったので、出撃された虫林さん、ダンダラさんに敬意を表します。
オイルパンはゴツッとぶつけなくても穴が開くことがあるのですね。私の車も車高が低くなったので気をつけないと。
Commented by 虫林 at 2007-03-18 23:25 x
luehdorfさん、
来週であれば、桜も開花し、ギフチョウもでていると思います。
でも、ご存知のように、この時期、天気次第で、全く様子が違いますね。どうも名前から類推すると小生のポイントとは異なるようですよ。
でも、お会いできたら嬉しいです。
Commented by 虫林 at 2007-03-18 23:30 x
theclaさん、
ギフチョウはこの時期、温度が上がらないとダメですね。
玉砕してしまいました(笑)。
でもまあ、この時期の里山を歩けるだけでも幸せかな。
オイルパンはいつ破損したのか定かではないのですが、山道はご注意くださいませ。
Commented by ダンダラ at 2007-03-18 23:47 x
虫林さん、今日はありがとうございました。
ギフは残念でしたが、条件が悪かったから仕方ないですね。
車は車高の高い私のを使えば良かったかなと反省しています。
Commented by 虫林 at 2007-03-19 06:31 x
ダンダラさん、
ご苦労様でした。
ギフチョウは残念でしたね。やはりこの時期、気温との関係がデリケートのような気がしました。
また、車の破損ではご迷惑をおかけしました。また、懲りずにご一緒しましょう。
Commented by banyan10 at 2007-03-19 15:45
オイル洩れ無事に戻れたようで良かったですね。
条件が良かったら粘りたくなってしまうので、かえって良かったのかもしれません。
ギフは神奈川では数も少し増えているようなので、今週広範には各地で確認されるでしょうね。
Commented by chochoensis at 2007-03-19 18:22 x
虫林さん、お疲れ様でした・・・「車」の破損とは、大変でした・・・この時期、天気が良くても風が冷たいと駄目なのですね・・・これからのギフチョウ出現、期待しています・・・。「スミレ」詳しいんですね・・・教えてもらわなくては・・・。
Commented by イワカガミ at 2007-03-19 22:50 x
顔つきも容姿もほんとに濃い(!)コスミレですね。コスミレは葉の優しい表情も決め手のひとつですから、葉がきちんと開いていないと同定が難しいかもしれません。また変わったのが見つかったら見せてくださいね。
Commented by fanseab at 2007-03-19 23:28
ギフは残念でした。しかしコスミレのムラサキ色のなんと深い色あいだこと!艶っぽいと言ったらいいんでしょうか?素晴らしいです。オイルパン破損の件、小生の愛車の車高はそれなりに高いですが、調子に乗ったら怖いですね。他山の石とさせていただきます。
Commented by 虫林 at 2007-03-19 23:38 x
banyanさん、
エンジンのオイル漏れでエンジンがお釈迦になるところでした。
仰るとおり、ギフチョウが出現していたらどうなったかわかりませんね。
ギフチョウの発生は気温があがれば今週末くらいでしょう。
Commented by 虫林 at 2007-03-19 23:42 x
chochoensisさん、
今回は弱り目に祟り目と言ったところでしたが、次回に期待したいと思います。これからは運転にはより注意します。
スミレは非常に種類も多く、好みの花です。
Commented by 虫林 at 2007-03-19 23:46 x
イワカガミさん、
私の記憶では、アポイタチツボスミレの色がこのコスミレに良く似ていたように思います。葉が開ききってから見たいのですが、見に行けるかどうかわかりません。そろそろ、スミレの季節に入って、ワクワクしますね。
Commented by 虫林 at 2007-03-19 23:49 x
fanseabさん、
ギフチョウの初見は天候などの条件があえばそろそろです。
ちょっと気温が低すぎたためでしょうか、残念でした。
オイルパンの破損は小生のミスです。ダンダラさんがすぐ帰りましょうといってくれたので、助かりました。
Commented by kenken at 2007-03-20 12:39 x
フライングでしたか、ちと風が冷たかったですもんね。
ありゃりゃ・・・オイルパン割れ、それはいけませんね。エンジンは大丈夫そうですか?誰かのようにシーズンの真っ最中に車をオシャカにするよりはマシですので、軽い気分で修理しましょう。

luehdorfさん<「とても天使になれないわ!」(和田アキ子)なんて言われたらどうしますか?(笑)
Commented by nomusan at 2007-03-20 20:00 x
思わぬアクシデント、エンジンは大丈夫でしたか?
週末は何処でも寒かったようですね。
来週末でしょうか。期待しております。
Commented by 虫林 at 2007-03-20 22:51 x
kenkenさん、
フライングなのか、気温が低くて飛ばなかったのか、どうも分かりませんね。
オイルパンの破損はがっくりです。そういえば、昨年、kenkenさんも大変だったのですね。お察しいたしますよ。暖かいお気遣いをいただき感謝します。
Commented by 虫林 at 2007-03-20 22:55 x
nomusanさん、
有難うございます。
ディーラーの人もエンジンのことを気にしていましたね。
その後会ってませんので、様子は分かりませんが、エンジンがおしゃかになっていない事を祈っています。
ギフチョウは今週末は微妙なところですね。どうしようかな?
Commented by Noreen05 at 2007-03-20 23:34
スミレの種類も多いようですね・・・よく区別がつきません(汗)。
コスミレ画像背景のボカシが素敵ですね~♪

>教訓:普通車で山道はゆっくり、慎重に走ろう!
はい!実は先週私も山道でバンパーを固い雪山に接触させています。
気を付けまぁ~す!(爆)
Commented by 虫林 at 2007-03-21 03:00 x
Noreenさん、
北海道には独特のスミレがあり、面白いですよ。
この時期、小生は昆虫とスミレの花で目移りして困っています。

あれれ、Noreenさんも山道での車の運転は慎重にしてください。
私のようなことにならないようにね。
Commented by cactuss at 2007-03-21 19:56
ギフチョウはまだ、早かった様ですね。今年は発生が早いようで、初見は例年よりかえって遅いようなので、早いのか、遅いのかよくわかりませんね。昨年、小生も山の中でパンクしたことがあります。スペアタイヤに変えて、麓まで降りて来ましたが、細いスペアタイヤがもつかどうか心配でした。
Commented by 虫林 at 2007-03-21 20:57 x
cactussさん、
ギフチョウはフライングで、玉砕してしまいました。
オイルパンを破損しましたが、運転して帰れただけでもめっけものかな。
以後、気をつけて運転します。
by tyu-rinkazan | 2007-03-18 22:28 | ■野花 | Comments(22)