NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20070801 朝飯前のクロミドリシジミ開翅 (山梨県)

8月1日、関東・甲信で、梅雨がやっと明けた。気象庁が記録をとり始めた昭和25年以来で、4番目の遅い記録だそうだ。何をもって梅雨明けとするのか、よく分からないが、とにかく明けたらしい。でも、台風5号が、九州および中国地方に上陸し猛威をふるった。

梅雨が明けたとたんに、周囲の顰蹙をかいながらも、虫林は木、金と夏休みをとった。
せっかく夏休みをとったのに、金曜日(本日)は朝から雨が降っている。
仕方が無いので、早朝に撮影した数日前の朝飯前写真をアップする。
d0090322_9493970.jpg
。。夏の象徴:ヒマワリ(向日葵)

。。。 The symbol of summer: Sunflower
。。。. Ricoh GR-D, ASA 100
。。。.(2007-July-31, Sutama, Yamanashi)

**************************************************

前回のブログで、「朝飯前のクロミドリ散歩」をすると書いた。そこで、数日前のウィークデーの早朝(朝飯前)に、クロミドリの撮影にいった。目標は開翅写真を撮影する事だ。

訪れたポイントは、林の前が開けており、クロミドリが飛び出したときに草の上に静止する可能性が高い。案の定、3頭ほどが草地に降りたが、虫林は目に自信がなく、凝視していても見えなくなってしまう。結局のところ、静止した場所が把握できたのが、一頭だけだった。大事な1頭である。
d0090322_9503631.jpg
。。。。。。。。。。クロミドリシジミ Favonius yuasai

。。。。。。。。。。。 A butterfly, Favonius yuasai, resting on the leaf
。。。。。。。。。。。. Ricoh GR-D, GW-1, ASA 100
。。。。。。。。。。。.(2007-July-31, Sutama, Yamanashi)

**************************************************

いつもは撮影が終われば移動するか帰宅したが、本日はなんといっても、開翅が目的なので、静止したクロミドリに日が当たるまで待ってみることにした。
雲がやや多いので、日が当たるかどうかも、少し不安だったけどね--------。

でも、待つこと1時間(長いでしょう?)、待望の朝日が葉の上のクロミドリにも当たり始めた。クズの葉の上の細かい水滴に朝日が当たりキラキラと輝いている。
d0090322_9505142.jpg
。。翅を閉じたクロミドリシジミ Favonius yuasaiに日が当たる

。。。 A butterfly, Favonius yuasai, getting the sum, with the wings closed
。。。. Pentax K10D, Tamron 70-300mm, ASA 200
。。。.(2007-July-31, Sutama, Yamanashi)


すると、クロミドリはおもむろに翅をもじもじして、少しずつ翅を開き始めた。
少し開いたところで、一気に念を入れる。「開けーゴマ」じゃなかった「開けークロミ!」。

以下は開くまでの連続写真である。
d0090322_951432.jpg
。。翅を少し開いたクロミドリシジミ Favonius yuasai

。。。 A butterfly, Favonius yuasai, resting on the leaf, with the wings semi-opened
。。。. Pentax K10D, Tamron 70-300mm, ASA 200
。。。.(2007-July-31, Sutama, Yamanashi)

d0090322_951173.jpg
。。翅を半分開いたクロミドリシジミ Favonius yuasai

。。。 A butterfly, Favonius yuasai,getting the wings half-opened
。。。. Pentax K10D, Tamron 70-300mm, ASA 200
。。。.(2007-July-31, Sutama, Yamanashi)

d0090322_9512865.jpg
。。翅を全開近くまで開いたクロミドリシジミ Favonius yuasai

。。。 A butterfly, Favonius yuasai, getting the wings almostly full-opened
。。。. Pentax K10D, Tamron 70-300mm, ASA 200
。。。.(2007-July-31, Sutama, Yamanashi)


全開したクロミドリシジミ♀は、さすがに翅表に細かい傷が目立ち、尾状突起も少しだけ破損しているようだ。来年はもっと早い時期に撮影してみよう。
d0090322_951404.jpg
。。翅を全開したクロミドリシジミ Favonius yuasai

。。。 Favonius yuasai getting the wings full-opened
。。。. Pentax K10D, Tamron 70-300mm, ASA 200
。。。.(2007-July-31, Sutama, Yamanashi)

**************************************************

日が昇った後に観察すると、ここの草地では背景に甲斐駒などの南アルプスが入る。本日は、雲に隠れてアルプスの1部しか見えないが、いつか南アルプスの山々を背景にしたクロミドリシジミの開翅写真を撮影してみたいもので。
d0090322_9515363.jpg
。。広角:クロミドリシジミ Favonius yuasai

。。。Wide-angle view of Favonius yuasai with the wings full-opened
。。。. Pentax K100D, Sigam 15mm Fisheye, ASA 200
。。。.(2007-July-31, Sutama, Yamanashi)


さらにGR-Dでも撮影してみた。背景の処理には、コンデジは難しいところがある。
d0090322_952666.jpg
。。。。。。。。。。広角:クロミドリシジミ Favonius yuasai

。。。。。。。。。。。Wide-angle view of Favonius yuasai
。。。。。。。。。。。. GR-D, GW-1, ASA100
。。。。。。。。。。。.(2007-July-31, Sutama, Yamanashi)

**************************************************

虫林は今まで、クロミドリは稀なチョウで、撮影するのはかなり困難なものだと思っていた。しかし、真面目に探してみると個体数は少なくはないようだ。ただ、発生木の前に開けた草地があるような場所(撮影に適した場所)は多くない。

クロミドリのオスは6月下旬から7月上旬のチョウである。しかしメスは8月のかなり遅くまで残っていると思われる。でも、さすがにそろそろ終わりかな。

今年は、6月から7月まで、山口、岩手、内モンゴルと週末の遠征が続いたので、その間、クロミドリシジミの観察は出来なかった。来年は是非とも早い時期からクロミドリを観察してみたい。
Commented by kenken at 2007-08-03 19:37 x
こりゃ来シーズン、新鮮な個体の時期に行きたいですね。
クロミの新鮮な個体は他のZephには見られない銅色の光沢を放ってくれます。私も未撮影で、ご一緒したいもんです。
Commented by maeda at 2007-08-03 21:12 x
これはお見事です。
♂の開翅が見られると凄いですね。
次シーズンの楽しみでしょうか?
Commented by chochoensis at 2007-08-03 21:16 x
虫林さん、「クロミドリシジミ」の開翅は凄いですね・・・待つ事1時間ですか・・・それも凄いです。見事な写真は忍耐のご褒美ですね、お見事です・・・素晴らしい!!!
Commented by nomusan at 2007-08-03 21:33 x
これは凄いですね。待つこと1時間・・・けど、これが見れるなら・・・。
私も、早くも来年の♂の開翅画像が今から待ち遠しいです(爆)。
エエもん見せていただきました。
Commented by cactuss at 2007-08-03 23:43
クロミドリの開翅はすごいですね。
こちらでは見るのも大変です。
今までに一度しか撮影したことがありません。
Commented by ダンダラ at 2007-08-03 23:44 x
クロミドリにこだわっただけあって素晴らしい写真が続きますね。
クロミドリって秩父のIさんも言っていましたが、意外と身近なところにいるんですね。
Iさんによると♀は10月頃まで生き延びることがあるようですからまだまだ観察の機会はあるかも知れないですね。
私もチャンスがあれば見に行ってみたいです。
Commented by 虫林 at 2007-08-04 03:16 x
kenkenさん、
クロミ♂は来年の目標です。
でも、今の感じですと、かなりの確率で見ることができます。
どうぞ、お出でください。
Commented by 虫林 at 2007-08-04 03:17 x
maedaさん、
コメント有難うございます。
そうですね、来年が本番といったところですね。
待ち遠しいです。
Commented by 虫林 at 2007-08-04 03:21 x
chochoensisさん、
開翅まで1時間以上待ちました。でも、日が全く当たる可能性の無い段階では、半信半疑でした。日が当たって開いたときはうれしかったですね。
Commented by 虫林 at 2007-08-04 03:24 x
nomusanさん、
すでに複数の場所で棲息を確認しているので、楽しみです。
来年の6月後半が確かに待ち遠しいですね。
Commented by 虫林 at 2007-08-04 03:26 x
cactussさん、
クロミドリは探してみると、以外に近くで見つかるものです。
小生も何でこんなにいたのに、今まで見つけれなかったか不思議です。
ぜひとも、ためしに探してみてください。
Commented by 虫林 at 2007-08-04 03:29 x
ダンダラさん、
有難うございます。
クロミドリはIさんの仰るとおりです。
意識してさがしてみると、以外に見つかるものですね。
決して少ない蝶ではありませんが、写真に撮影するには場所の選択が大事ですね。
Commented by 霧島緑 at 2007-08-04 09:34 x
念願のクロミドリの開翅撮影おめでとうございます。
今日までのプロセスを経た成果だと思います。早起き、そして待った甲斐が十分ありましたね。素晴らしい。
Commented by 虫林 at 2007-08-04 18:44 x
霧島緑さん、
暖かいコメント、有難うございます。
仰るとおりで、クロミドリの開翅撮影に至る過程で、色々なことを考えました。何とかこれで一応の区切りが付けれました。
by tyu-rinkazan | 2007-08-03 09:59 | ▣クロミドリシジミ | Comments(14)