NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20071028 晩秋の蝶たち(山梨県)

台風20号の影響で、昨日は終日の雨。
フィールドに出る気もせず、家内の買い物のお供で、子犬のようについて回った。
たまには、こんな休日も良いものだ。

今朝は一転して台風一過の快晴だ!
南アルプスや富士山、八ケ岳がくっきりとみえる。
甲府は本当に山に囲まれた町であることが実感できるね。
d0090322_21151863.jpg
。。富士山

。。。Mt. Fuji
。。。 Pentax K100D, Sigma 18-50mm, ASA 200
。。。(2007-October-28, Kofu-shi, Yamanashi)

さて、どこに散歩に行こうかな?
八ヶ岳のフジコブヤハズカミキリへの挑戦もいいなあ-----と思ったが、外に出て八ヶ岳をみると中腹まで白くなっている。これでは厳しいか。

そこで、県南(南部町)へ秋の蝶の撮影に行くことにした。

**************************************************

話は変わるが、最近、ノートパソコンを変えた。以前に使っていたものが、液晶が不調になったからである。ついでに、画像整理ソフトとして、「Photo Manager」、編集ソフトとして「Digital Darkroom」というソフトを購入した。

以前は、撮影した画像の選別、整理には「フォトのつばさ」というオンラインで購入するソフトを使い、編集にはPhotoshopを用いていた。

結論からいうと、新しいソフトは慣れるまで非常に使いにくい。
とくに選別、整理ソフトはストレスがたまるので、「フォトのつばさ」に戻ろうかと思っている。

**************************************************

§ツマグロキチョウ§

昨年見つけたツマグロキチョウのポイントにまたやってきた。
ここは河原のそばの草地で、食草が多いわけでもないが、ツマグロキチョウが集まっている。
不思議だ。

枯れ草に静止したツマグロキチョウが、朝の柔らかな光で秋色に染まっていた。
キチョウの仲間は逆光で撮影したほうが色が良く出るようだ。
d0090322_2116698.jpg
。。。。。。。。。。秋色蝶:ツマグロキチョウ

。。。。。。。。。。。The Angulated Grass Yellow with autumn color
。。。。。。。。。。。 Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA 100
。。。。。。。。。。。(2007-October-28, Nanbu-cho, Yamanashi)


順光で撮影したものでは、斜めに走る黒褐色の線がツマグロであることを物語っている。
d0090322_2116437.jpg
。。ツマグロキチョウ

。。。 The Angulated Grass Yellow resting on the leaf
。。。 Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA 100
。。。(2007-October-28, Nanbu-cho, Yamanashi)


ススキに静止したツマグロキチョウを、わざと日光を画面の中に入れ、アンダーの露出補正の状態で、フラッシュをたいて撮影してみた。

ご覧のように不思議な雰囲気の写真になった。
今まで何度かトライした画像だが、ゴーストに邪魔されてしまった。今回は何とか見ることができる写真になったので嬉しい。
d0090322_21165523.jpg
。。ススキとツマグロキチョウ

。。。 The Angulated Grass Yellow resting on the Japanese pampas grass
。。。 Pentax K100D, Sigma 18-50mm, ASA 100, Flash (+)
。。。(2007-October-28, Nanbu-cho, Yamanashi)


ツマグロキチョウは飛翔がゆっくりしているので、どちらかというと撮影しやすい蝶である。
ただ黄色の蝶は露出が難しい。
d0090322_2117847.jpg
。。飛翔:ツマグロキチョウ

。。。 Flying feature of the Angulated Grass Yellow
。。。 Pentax K100D, Sigma 18-50mm, ASA 800, Trimming
。。。(2007-October-28, Nanbu-cho, Yamanashi)

d0090322_21172280.jpg
。。飛翔:ツマグロキチョウ

。。。 Flying feature of the Angulated Grass Yellow
。。。 Pentax K100D, Sigma 18-50mm, ASA 800, Trimming
。。。(2007-October-28, Nanbu-cho, Yamanashi)

**************************************************

§ウラギンシジミ§

この時期、県南部ではウラギンシジミがとても多い。
9時少し前にツマグロキチョウのポイントに到着したところ、まだ日が当たらない場所では昨日の雨で濡れていた。ふと見ると、目の前にまだ水滴を付けたウラギンシジミが静止していた。
雨の日にはこんなに水滴を付けて葉に止まっているのだろうか。
d0090322_21173663.jpg
。。。。。。。。。。水滴が付着したウラギンシジミ

。。。。。。。。。。。 The Angled Sunbeam with many water droplets
。。。。。。。。。。。 Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA 100
。。。。。。。。。。。(2007-October-28, Nanbu-cho, Yamanashi)


ウラギンシジミは橙色の翅表のオスが多い。
白紋のメスは見ることが少ないので、慎重に撮影した。
d0090322_21174989.jpg
。。。。。。。。。。ウラギンシジミ♀

。。。。。。。。。。。 A female of the Angled Sunbeam
。。。。。。。。。。。 Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA 100
。。。。。。。。。。。(2007-October-28, Nanbu-cho, Yamanashi)

**************************************************

§クロツバメシジミ§

ツマグロキチョウのポイントを離れて、身延のクロツを見に行った。
ここは古い石積みの土手に、クロツの食草のツメレンゲが群生している。時期的には終盤であるが、まだかなりの個体を見ることができた。
d0090322_211828.jpg
。。クロツバメシジミ

。。。 The black cupid resting on the feeding plant
。。。 Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA 100
。。。(2007-October-28, Minobu-cho, Yamanashi)


本日の目的はクロツの飛翔写真である。
クロツの飛翔写真は、過去に何度か挑戦しているが、ろくな写真が撮影できない。
というのも、クロツは小さく、飛翔は速く、翅表全体が黒いからだろう。また、生息する場所が石積みの斜面であるので、背景の処理も難しい。
d0090322_2118145.jpg
。。飛翔:クロツバメシジミ

。。。 Flying feature of the black cupid
。。。 Pentax K100D, Sigma 18-50mm, ASA 800, Trimming
。。。(2007-October-28, Minobu-cho, Yamanashi)

d0090322_21182858.jpg
。。飛翔:クロツバメシジミ

。。。 Flying feature of the black cupid
。。。 Pentax K100D, Sigma 18-50mm, ASA 800, Trimming
。。。(2007-October-28, Minobu-cho, Yamanashi)

**************************************************

本日は非常に良い天気で、気持ちの良い散歩になった。

ツマグロキチョウはこの時期ではすでに散ってしまったかもしれないと少し心配したが、まだ4-5頭を見ることができてホッとした。
クロツは時期的に終盤で、少し古い個体が多く、あと2週間ぐらいが限度かな。本日は確認しなかったが、甲府市周辺のポイントではそろそろ終了だろう。

このくらいの散歩ではいったいどのくらいのカロリーを消費するのかを見るために万歩計を下げてみた。すると本日の歩数は7990歩であった。ウーム、10000歩いっていないのだ。
次回はもう少し歩き回ってみよう。
Commented by fanseab at 2007-10-28 22:59
一枚目のツマグロ逆光画像、ウットリする美しさです。同じ構図で、
キタキチョウでもそれなりの絵になりますが、やはり、鋭角的な翅型
が画面を引き締めています。
ウラギンは休眠時、普通頭部を下にしていますが、上にして休むこともあるんですね。
Commented by ぴくぱ at 2007-10-28 23:41 x
クロツって、こんな晩秋にも生きているんですね。ちょっと感動です。水滴がびっしりついたウラギンシジミ、良いですね。命の輝きって雰囲気です。
Commented by maeda at 2007-10-29 06:23 x
ツマグロがすばらしい絵になりましたね。
蝶たちの夜間や悪天候時の寝床はどうなっているのか、分かりませんね。
調べてみたいですが難しいです。
Commented by chochoensis at 2007-10-29 10:30 x
虫林さん、「ツマグロキチョウ」のススキでの逆光写真!なんと素晴らしい写真なんでしょう・・・左上の日光の輝きもその様子が解るし、素敵な写真になっていますね。芸術的な作品に感激しました・・・。
ウラギンの水滴に耐えた写真も凄く素敵です!!!
Commented by banyan10 at 2007-10-29 14:10
逆光のツマグロキチョウ綺麗ですね。
僕の場合は逆光で撮るときはもっと寄ってしまうことが多いのですが、少し引いて撮るとまた違う雰囲気になりますね。
水滴の付いたウラギン、クロツの飛翔も素晴らしいです。
Commented by ここっとさん at 2007-10-29 18:40 x
ウラギンシジミ、水滴がついていて、芸術です。お日様のあたるところにとまって、じっと乾くのを待つのでしょうか。
Commented by 虫林 at 2007-10-29 19:40 x
fanseabさん、ありがとうございます。
バックに黄色と赤がぼんやりと入ってくれたのが良かったのかもしれません。でも撮影時には全く気づいていなかったのが残念です。これからはバックの色などにも意識して撮影したいと思っています。
ウラギンは確かに逆さまで休んでいることが多いようですね。このときはどういうわけか上向きで静止していました。
Commented by 虫林 at 2007-10-29 19:44 x
ぴくぱ さん、
クロツは3-4化で11月初旬まで発生するようです。でも、場所によって2週間ぐらいの差があるみたいですね。丁度、食草のツメレンゲの花が満開で、吸蜜するには事欠かないみたいです。
でも、あと2週間ぐらいが限度かな。
Commented by 虫林 at 2007-10-29 19:47 x
maeda さん、
貴ブログで、寝床や越冬場所についての観察は貴重だと思います。
この時は、ツマグロキチョウは葉裏にくっついていました。ウラギンは葉の影でなかったので、このように水滴が付いてしまったのだと思います。
蝶の寝床はあまり知られていないので、これから意識して撮影したいと思います。
Commented by 虫林 at 2007-10-29 19:50 x
chochoensisさん、
ありがとうございます。
海野さんや青森の蝶たちのゼフさんなどが上手な写真を出されているので、太陽を入れた撮影にチャレンジしてみました。
どうしてもゴーストが出てしまうのでなかなかうまくいきませんでしたが、今回は何とか見れる写真になって嬉しく思います。
これからも少し挑戦してみますね。
Commented by 虫林 at 2007-10-29 19:53 x
banyanさん、
おっしゃるとおりで、どうしても近づきすぎてしまう場合が多いのです。
今回は意識して少し引き気味で撮影したのが良かったのかもしれません。なかなか引き気味の写真を撮影するのは難しいのですが、これからも努力してみたいと思っています。
クロツの飛翔はいまいちなんです。何度やっても満足いくものが撮影できません。
これからの課題でもあります。
Commented by 虫林 at 2007-10-29 20:12 x
ここっとさん 、
水滴の付いたウラギンはそのまましばらく観察していました。
太陽が当たると、グァバっと翅を開きました。でも飛ぶこともしないで15分ほどそのまま日向ぼっこをして、飛んでいってしまいました。
翅を乾かすのと体温をあげるのと翅を開いていたみたいです。
それ過程もすべて撮影していたのですが、家で画像を消してしまったのです。
ウーム、残念です。
Commented by cactuss at 2007-10-29 20:28
最近は芸術的な写真を目指しているようですね。
いろいろと試して、魅力的な写真になっていると思います。
太陽を入れたキチョウの写真、水滴がびっしり付いたウラギンシジミの写真は今まで、あまり見たことがない写真なので、刺激を受けます。
Commented by kenken at 2007-10-29 20:36 x
ツマグロにウラギン・・・唸る画像です。
芸術的センスをお持ちですね。
私は、どうも、記録的な絵ばかりになってしまいます。(笑)
クロツはそろそろ終焉ですね。ちょっぴり寂しい気分です。
Commented by maeda at 2007-10-29 21:16 x
「フォトのつばさ」と同じようなフリーソフトで「XnView」というのがあります。
使い慣れたソフトが一番だと思いますが、これもなかなかで、私の常用ソフトになっています。
一度、お試し下さい。
Commented by kmkurobe at 2007-10-29 21:40
ススキとツマグロ、ウラギンの朝露・・・・うーんこれはスゴイ。これはもう芸術写真そのものですね。
しかも構成ばかりではなく、描写もすごいですね。相当のカメラのキャリアが感じられますね。

こんな写真をいつも撮影したいと思っていたのですが・・・・・
すばらしい・・・・恐れ入りました。
Commented by KAZ at 2007-10-29 21:57 x
こんばんは。
ススキにツマグロキチョウは面白いですね、なかなか芸術的ですね。
写っているのは太陽ですが、ツマグロキチョウのお月見の様な雰囲気ですね。
蝶たちが越冬モードになるのもそろそろ秒読み、寂しくなりますね。
Commented by thecla at 2007-10-29 22:20 x
ツマグロの逆光画像、ススキとツマグロと太陽、いい雰囲気ですね。
素晴らしいセンスですね。
クロツもそろそろ終わりでしょうか。やっぱりそろそろムラサキ系の季節ですね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-10-29 23:01
なかなか凝った写真のオンパレードです。逆光のツマグロキ、水滴一杯のウラギン、ススキとツマグロキもなかなか幻想的ですね。センスが光っていますね。飛翔写真も頑張っておられます。
Commented by grassmonblue at 2007-10-29 23:21 x
趣向のカットばかりで、楽しませてもらいました。

これだけの写真なのに、さすが効率的に歩いておられますね。
ぼくは同じ身延のクロツさがしで、17088歩、歩いていました。
携帯電話に歩数計履歴がついているのでチェックできるのです。
Commented by 虫林 at 2007-10-30 06:44 x
cacrtussさん、
昆虫写真撮影は色々な楽しみ方があるので面白いです。
僕は基本的には生態写真だとは思いますが、表現を主体にした写真の工夫もそれはそれで楽しいですね。
Commented by 虫林 at 2007-10-30 06:48 x
kenkenさん、
僕も基本的には記録写真をきっちり写すことに主眼をおいていますが、時には色々工夫してみるのも面白いかな---と思います。
クロツはもう古いものが多くて、そろそろ終わりですね。
これから春までのんびりムードですね。
Commented by 虫林 at 2007-10-30 06:52 x
maedaさん、
有難うございます。
XnViewというソフトは知りませんでした。試してみたいと思います。
フォトのつばさの最も凄いところは、サムネイルの表示速度が極めて速いことで、さらにRawでもJPEGでもそのスピードがかわりません。写真の選別には最適なソフトだと思っています。
XnViewも楽しみです。
Commented by 虫林 at 2007-10-30 06:55 x
kmkurobeさん、
写真は色々試してみると面白いですね。とくにデジカメになってからはその場で写真が確認できるので、うまく行ったときには嬉しいです。
でも基本は、その対象をきっちり撮影する事ですね。
---といいながらも、どれもいつまでたっても難しいです。
Commented by 虫林 at 2007-10-30 06:59 x
KAZ さん、
僕はKAZさんの風景写真の雰囲気が素晴らしいと思います。
風景写真では、太陽を使って色々な表現をしますが、昆虫写真でも少し工夫すると面白いものになるかもしれません。
おっしゃるとおりで、ツマグロがお月見をしているような雰囲気になってしまいましたね。
Commented by 虫林 at 2007-10-30 07:03 x
theclaさん、
昆虫と太陽、背景の色との絡みは工夫次第で面白いものですね。
でも、昆虫をきっちり写す事がメインです。
クロツも古いものが多くて、あと2週間もつかといったところです。
ムラサキ系は僕の周囲にはいないので、今年はこれらを探しに静岡辺りまで遠征してみたいと思っています。
Commented by 虫林 at 2007-10-30 07:08 x
nozomuさん、
太陽を入れると、当然オ琴ながら強烈な逆光になりますので、ストロボをたいて昆虫だけを明るくしたものです。しかし、ゴーストが沢山出るので、なかなか良い写真が撮れませんでした。たまたま、うまく行きました。
水滴のウラギンは運が良かったです。
Commented by 虫林 at 2007-10-30 07:13 x
grassmonblueさん、
身延のクロツのポイントを発見されたのですね。
僕は昨年、身延のポイントを2箇所見つけました。この時期は記録のある場所で色々あるいて探すのがまた楽しみです。
17088歩ですか、これは素晴らしい-----。
見習わなければなりません。僕ももう少し歩いていると思ったのですが、1万歩も行ってなかったのでがっかりです。
これからはブログの最後に歩数をこっそり書いて、励みにしたいと思っています(笑)。
Commented by 霧島緑 at 2007-10-30 23:39 x
撮影チャンスが少ないと感じていたツマグロキチョウをこんな芸術風に写し込んだ写真は見たことありません。秋を感じさせる見事なショットですね。
水滴をまとったウラギンシジミも素敵です。まさに芸術の秋!
Commented by 虫林 at 2007-10-30 23:59 x
霧島緑さん、
過分なお褒めの言葉、真に有難うございます。
ツマグロキチョウは、決して派手な蝶ではないのですが、色々工夫してみると面白いです。でもまだまだで、これからも勉強したいと思います。
ウラギンは、運良く、水滴の付いた個体が発見できました。
夜のチョウ達の生態は不明な点が多くて興味あります。
Commented by ヨッシー at 2007-11-01 00:39 x
 いつもご指導ありがとうございます。私のブログ上では師匠と呼ばせていただいております。日の光を入れたススキにとまるツマグロキチョウ、それと露に濡れたウラギンシジミ、あれは昆虫写真というよりは芸術作品ですね。技術の高さと虫への情熱には頭が下がります。RAW撮影も是非試されてみて下さい。私はここ一発の写真は全てRAWで撮影しています。
Commented by ヨッシー at 2007-11-01 00:39 x
 いつもご指導ありがとうございます。私のブログ上では師匠と呼ばせていただいております。日の光を入れたススキにとまるツマグロキチョウ、それと露に濡れたウラギンシジミ、あれは昆虫写真というよりは芸術作品ですね。技術の高さと虫への情熱には頭が下がります。RAW撮影も是非試されてみて下さい。私はここ一発の写真は全てRAWで撮影しています。
Commented by ダンダラ at 2007-11-01 08:07 x
遅れましたが、散歩の成果が素晴らしいですね。
身延のツマグロ、クロツバメ、特にツマグロは貴重なポイントですね。
食草がないのにツマグロがいるのはもしかしたら近くで越冬するのかも知れないですね。暖かい場所だし、興味あります。
ウラギンは朝露も見事だし、翅表もきれいですね。♀も見直してしまいますね。
写真の閲覧にはVIXいう古いソフトを使用しています。RAWは表示されませんが、同時に撮影したJPEGが確認するので特に不自由はしていません。(かえって便利)
良いのがあったらまたレポートをお願いします。
Commented by 虫林 at 2007-11-01 17:58 x
ヨッシーさん、
過分なコメントありがとうございます。
ヨッシーさんの素晴らしい山の写真にいつも感心しています。
この時期になると、蝶はあまり目移りすることも無く、じっくりと撮影できるので、撮影そのものを楽しんでいます。RAW撮影は、そろそろ考えるようになりましたが、ソフトなどにそれなりの投資が必要かなと思っています。教えてくださいね。
Commented by 虫林 at 2007-11-01 18:04 x
ダンダラさん、いつもお世話になっています。
南部町のツマグロのポイントは非常に狭くて、来年はどうなるかわかりませんが、ここは、ツマグロ→身延のクロツ→南アルプス市のシルビア→ミヤマシジミをひと通り回れる位置関係になっていますので、来年はご一緒しましょう!
「フォトのつばさ」はJPEGでもRAWでも変わりなく、高速で見ることができるビューワーです。オンラインでダウンロードして、50回は無料で試すことができますので、時間があるときにでも試されると良いかもしれません。
by tyu-rinkazan | 2007-10-28 21:30 | ▣ツマグロキチョウ | Comments(35)