NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20080102 武田の杜初散歩;キイロテントウとトゲアリ (山梨県甲府市)

甲府市内のアウトドアショップで、今年も恒例の福袋の初売りがあった。

虫林は福袋好きの家内の特命を受けて、店の外で並び、何とか購入した。福袋というものは、確かに値段の数倍の価値があるものが入っていて、何となく得をした気分になる--------------が、ウーム、これ以上は書けない。

**************************************************

本日はとても天気が良いので、近所の武田の杜へ初散歩に出かけた。

狭い小道に入って足元を見ながらのんびりと歩いていると、落ち葉の上にキイロテントウを見つけた。大きさはナナホシテントウの半分ほどであろうか。小さくておしゃれなテントウムシだ。

広角撮影した写真を、背景だけが白黒写真調になるように、ソフトでレタッチしてみた。
黄色いテントウムシだけが強調された。
d0090322_20122813.jpg
枯れ葉上で休むキイロテントウムシ Illeis koebelei

.
It was chilly but fine in the morning. I visited my favorite point, Takeda forest, to see insects. Walking along the narrow path, I saw Yellow ladybirds on the dry leaf .and took some photos for them using insect eye lens, Gyorome-8.
.
Olympus E-3, ZD100mm Macro, EC-14, Gyorome-8, ASA 400

(2007-Jan-2, Yamanashi)


テントウムシの英名は「Ladybird」という。この場合のLadyというのは、キリスト教的な意味でのLadyすなわち聖母マリアを指しているらしい。つまり、Ladybirdとはマリア様の鳥なのだ。

日本にはテントウムシの仲間は150種ほどもいて、その多くは肉食性であるが、このキイロテントウやシロホシテントウは食菌性で、ウドンコ病菌を食べる益虫なのだ。
d0090322_20135999.jpg
キイロテントウムシ Illeis koebelei

.
Yellow ladybird resting on the dry leaf.
.
Olympus E-3, ZD100mm Macro, EC-14, Gyorome-8, ASA 400, Built-in-flush (+)

(2007-Jan-2, Yamanashi)


杉の木の幹の腐朽部にアリを見つけた。

目の悪い虫林は、そのアリがムネアカオオアリだと思っていた。しかし、撮影した画像をモニターで確認したところどうも違う。これはムネアカオオアリなんかではない。
胸部と腹部の間にある腹柄に一対の鍵状のトゲを持ち、何とも奇妙な形のアリなのだ。

帰宅後に図鑑で調べてみると、和名はトゲアリというらしい。本州、四国、九州、台湾、朝鮮に広く分布するという。
d0090322_20141335.jpg
杉の樹幹を歩くトゲアリPolyrhachis lamellidens

.
An ant with spines walking on the trunk of Japanese cedar
.
Olympus E-3, ZD100mm Macro, EC-14, Gyorome-8, ASA400

(2007-July-2, Yamanashi)


調べて見ると、このトゲアリというアリは、恐ろしく狡猾および凶暴な昆虫だった。

まず、トゲアリの雌(女王)は、他のアリ(クロオオアリやムネアカオオアリ)の巣に侵入し、その巣のハタラキアリに数日間馬乗りになって、相手の臭いを身にまとう。そして、その巣の住人に成りすますのだ。
--------忍者みたいだね。

次に、その巣の女王アリに接近し、暗殺して、自分が新たな女王になり、自分が生んだ卵を、その巣の働きアリに育てさせる。やがて自分の生んだ働きアリが多くなると、木の洞に引越しして巣を作る。

こうした習性を一時的社会寄生というらしい。
恐ろしいものだ。
d0090322_20142790.jpg
トゲアリPolyrhachis lamellidens

.
An ant with spines walking on the trunk of Japanese cedar
.
Olympus E-3, ZD100mm Macro, EC-14, Gyorome-8, ASA400

(2007-July-2, Yamanashi)


カラスウリがオレンジの綺麗な実をつけていたので、撮影してみた。
僕は食べたことは無いが、友人の話によると、カラスウリの実はかなり苦いらしい。でも、鳥が啄ばんでいるのを見たことがある。鳥には苦味の感覚は無いのだろうか。
d0090322_20144027.jpg
。。。。。。。。。。カラスウリの実

.
。。。。。。。。。。snake gourd
.
。。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD100mm Macro, EC-14,ASA400
。。。。。。。。。。(2007-July-2, Yamanashi)

**************************************************

今年も武田の杜を最初の散歩道に選んだ。

さすがにこの時期になると、蝶の姿を見ることはできなかったが、キイロテントウとトゲアリに出会えたので満足だ。とくに、トゲアリの一時的社会寄生という生態の恐ろしさには驚いた。

やはり、昆虫の世界は面白いものだ。
Commented by maeda at 2008-01-03 07:31 x
自然をありのまま写したというわけになりませんが、自分の感じたままをレタッチで表現するというのも良いと思います。これは単なる写真でなく芸術ですね。
Commented by 霧島緑 at 2008-01-03 11:55 x
明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりありがとうございました。
昨年は、多忙にも拘らず「毎週更新」の目標を達成された事は頭の下がる思いです。おめでとうございました。
アウトドアショップでの福袋とは、きっとこだわりのグッズが入っていたのでしょうね。
本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。
Commented by mtana2 at 2008-01-03 16:03 x
新年おめでとうございます。
またご一緒できるとよいですね。
今年もよろしくお願いします。
Commented by 虫林 at 2008-01-03 23:52 x
maedaさん、
有難うございます。
この時期ですから、少し遊んでみました。たまにはこんなのもありかなと思います。
Commented by 虫林 at 2008-01-03 23:53 x
霧島緑さん、
明けましてオメデトウございます。
こちらこそいつもお世話になっています。
本年も宜しくお願いします。
Commented by 虫林 at 2008-01-03 23:55 x
mtana2さん、
オメデトウございます。
また、いつかご一緒できると良いですね。
本年も宜しくお願い申し上げます。
by tyu-rinkazan | 2008-01-02 20:15 | ■他の昆虫 | Comments(6)