NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20080224 春一番とセツブンソウ

Nature Diary #0151

Place: Ichikawamisato-cho, Nanbu-cho, Yamanashi Pref.
Date: February 24th (Sunday)
Weather: Fine but very windy



朝は比較的ゆっくりと起床した。
昨日(土曜日)は所用で神奈川のある大学に行き、夜遅くに帰宅したため眠い。眠い眼をこすりながら外をみると風がゴーゴーと鳴っている。どうやら昨日と同様に「春一番」が吹いているようだ。

「春一番」は立春から春分までの間に吹く強い南風で、この時期にいつもセツブンソウの花が咲く。つまり、虫林の頭では春一番とセツブンソウの花はリンクされているのだ。さらに、キャンディーズの歌「春一番」の印象もあり、春一番を心待ちにしていた。

しかし、この春一番は、もともと長崎県の漁師の間で使われてきた言葉で、多くの被害をもたらす恐ろしい風だ。------決して歓迎すべきものではないらしい。実際、ニュースを見ると、各地で被害が出ている。

注:23日は「春一番」であったが、24日の強風は北風で、春一番とはよばないようです。
ダンダラさん、貴重なご指摘有難うございます。



強い風を表現するために、カメラを三脚に固定して、絞り込み、できるだけスローシャッターで葦が風で揺れる様子を撮影してみた。
d0090322_645250.jpg
春の強い北風

.
The gale of the spring
.
Olympus E-3, ZD8mm+EC14, F32, 1/15, EC+0.2 ASA 200
(2008-Feburuary-24, Kofu-shi, Yamanashi)


先週、体調を崩しまだ声がかれているが(嗄声)、本日は毎年この時期に訪れているセツブンソウの群生地に行くことにした。

セツブンソウは、山間を流れる川のふちに立つ民家の裏斜面に群生している。
山梨県では、ここ以外のこの花の発生地は知らない。
写真の奥に見える白い部分は雪が残っているのである。
d0090322_6455673.jpg
セツブンソウの群生地 (2008-Feburuary-24, 市川三郷町, 山梨県)

.
Habitat of Shibateranrhis pinnatifida
.
Olympus E-3, ZD8mm+EC14, F7.1, 1/60, EV-0.3, ASA 200



到着して見渡してみると、まだ咲き始めであった。
昨年、2月17日に訪れたときには満開だったので、今年は花が2週間ほど遅れているようだ。しかし、花が無いこの時期にひっそりと咲くセツブンソウは、何度見てもいとおしく思える。
スプリングエフェメラルspring ephemeral は大好きだ。
d0090322_646848.jpg
セツブンソウ

.
Shibateranrhis pinnatifida
.
Olympus E-3, ZD8mm+EC14, F4.9, 1/125, EV-0.3, ASA 200
(2008-Feburuary-24, Ichikawamisato-cho, Yamanashi)


セツブンソウは、日本特産の貴重な花であるが、石灰岩質の土地を好むようで、どこにでもある花ではない。この群生地は親子2代(母と娘)にわたり守られている。
d0090322_13473668.jpg
セツブンソウ

.
Shibateranrhis pinnatifida
.
Olympus E-3, ZD8mm+EC14, F4.9, 1/100, EV-0.3, ASA 200
(2008-Feburuary-24, Ichikawamisato-cho, Yamanashi)


セツブンソウの花言葉を調べたら「人間嫌い」と書いてあった(野の花・街の花:講談社)。そんな偏屈なイメージはこの花からは受けない。そこで、インターネットで見てみたところ、「ほほえみ、光輝」としている。この花言葉ならしっくりくる。

白い花弁に見えるのは実がガクで、花はおしべに見える黄色い部分らしい。
d0090322_13414452.jpg
。。。。。。。。。。セツブンソウ

.
。。。。。。。。。。 Shibateranrhis pinnatifida
.
。。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD50mm+EC14, F4.5, 1/60, ASA 200
。。。。。。。。。。(2008-Feburuary-24, Ichikawamisato-cho, Yamanashi)


セツブンソウを見た後に、昨年末に南部町で見つけたムラサキシジミの越冬集団を見にいった。

しばらく訪れていないので、少し不安であったが、現地に到着後、以前に見つけたアオキの葉を捜すと、同じ場所で2頭のムラサキシジミが越冬していた。
d0090322_6475100.jpg
越冬するムラサキシジミ

.
Two Japanese Oakblues overwintering on the leaf
.
Olympus E-3, ZD8mm+EC14, F7.1, 1/100, EV-0.3, ASA 200, Flash(+)
(2008-Feburuary-24, Nanbu-cho, Yamanashi)


もともとこの大きなアオキの葉には、7頭のムラシと1頭のムラツが集団を形成していたのだ。結局、2頭になってしまった。しかし、この2頭だけでも、越冬に成功できたのは嬉しい。
d0090322_13434038.jpg
越冬するムラサキシジミ

.
The Japanese Oakblue overwintering on the leaf
.
Olympus E-3, ZD50mm+EC14, F8.0, 1/160, EV-0.3, ASA 200, Flash(+)
(2008-Feburuary-24, Nanbu-cho, Yamanashi)


太陽を画面の中に入れて近接撮影をしてみた(1頭は陰に隠れてしまっている)。
暖かい春の光を待つ、ムラサキシジミの雰囲気が出ているでしょうか?
d0090322_13443691.jpg
虫の目像:越冬するムラサキシジミ

.
The Japanese Oakblue overwintering on the leaf
.
Olympus E-3, ZD50mm+EC14+gyorome-8, F25, 1/160, EV-3.3, ASA400, Flash(+)
(2008-Feburuary-24, Nanbu-cho, Yamanashi)


帰りに陽だまりになっている土手でモンキチョウを探したが、見つけることができなかった。オオイヌフグリ、ホトケノザ、ナズナなどの花はかなり咲いていたのだが---------来週に期待しよう。

しかし、葉の上に活発に活動するナナホシテントウを見つけた。
いつもはあまり目をくれない小さな虫も、この時期だととてもいとおしく思える。
テントウムシは英語でLady birdと呼ぶが、どうしてなのか不思議だ。いつか時間ができた時にでも調べて見ようかな。
d0090322_647456.jpg
ナナホシテントウ

.
Ladybird
.
Olympus E-3, ZD50mm+EC14, F7, 1/160, EV-0.3, ASA200
(2008-Feburuary-24, Nanbu-cho, Yamanashi)


**************************************************

§Afterword§

ナチュラリストは昆虫や植物を見て季節の歩みを知る。
セツブンソウを見ると、やはり今年は季節の歩みが昨年よりもかなり遅れているように思える。

ムラサキシジミの越冬は2頭に減ってしまったが、ここまで来れば、この2頭は越冬に成功できたのだろうと思う。それにしても、自然界の厳しさを感じざるを得ない。

すでにいくつかの関東のブログでモンキチョウが出されているので探しみたが、残念ながら見つけることはできなかった。こちらではもう少し先のようだ。

春はもうそこまで来ている。
Commented at 2008-02-25 09:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 虫林 at 2008-02-25 09:40 x
ダンダラさん、
貴重なご指摘有難うございます。
昨日の風は北風で、春一番とはいえないですよね。
Commented by 空飛ぶhaha at 2008-02-25 19:40 x
今朝、虫林さんのブログを拝見した後散歩に出かけたのですが、頭の中ではずっと、「♪雪がとけて川になって...もうすぐ春ですね♪」と口ずさんでしまいました。(笑)
ムラサキシジミの2頭は互いの翅を寄せ、じっと春を待っているようですね。日差しを受けるムラサキシジミの翅の色が、あたたかいベージュ色でステキです。
Commented by 虫林 at 2008-02-25 23:26 x
空飛ぶhaha さん、
コメント有難うございます。
キャンディーズの「春一番」は、この時期になると、何となく口ずさんでしまいますね。
ムラサキシジミはおっしゃるようにピタッと寄り添って春を待っているようでした。長い冬を越えて健気に生きているのをみるととても愛らしいです。
もう少し暖かくなったら飛び回る彼らの写真を撮影してあげようと思っています。
Commented by thecla at 2008-02-25 23:32 x
ムラサキシジミ、2頭に減ったもののこの時期まで来ればほぼ越冬成功でしょうか。
私は、今年継続観察しそこなったので、次回は是非ムラツも含め継続観察したいものです。
Commented by 虫林 at 2008-02-25 23:43 x
theclaさん、
コメント有難うございます。
多分、ここまでくれば、乗り切ってくれると思います。
でも、冬を越えるのは彼らにとって、命がけであるのが良く分かりました。
自然界は厳しいものですね。
来年度は継続観察を期待しています。
Commented by chochoensis at 2008-02-26 09:11 x
虫林さん、=セツブンソウ=たった一度しか見ていないですが、儚いような色合いが春らしくて素敵ですね・・・そろそろ春が近づいているんですね・・・いよいよシーズン到来で楽しくなりそうです。
Commented by nomusan at 2008-02-26 12:17 x
セツブンソウ可憐な花ですね。春を告げる花なのですね。見てみたいです。待ち遠しい春ですが、まだまだしばらくは一喜一憂させられそうですね(笑)。
Commented by 虫林 at 2008-02-26 22:26 x
chochoensisさん、
セツブンソウは小さくて、とてもカワイイ花で好きです。
このセツブンソウが咲くと、春までもう少しだと実感できます。
これから、楽しみですね。
Commented by 虫林 at 2008-02-26 22:30 x
nomusanさん、
セツブンソウは仰るとおり、とても可憐な花です。
でも、かなり環境を選ぶようで、山梨県でもここにしか群生地はありません。
三寒四温のこの時期は、気候も不安定ですが、あと少しで本当の春が着ます。
九州では一足早い春が体験できて、羨ましいです。
Commented by ぴくぱ at 2008-02-29 19:15 x
このような写真を見せていただくと、春が近づいてきたのが実感できます。今日は横浜も暖かで、通勤の途中、草むらがあると、ついついベニシジミがいないかと探してしまいましたが、まだでした。でも、もうすぐですね。待ち遠しいです。
Commented by 虫林 at 2008-03-01 23:55 x
ぴくぱ さん、
コメント有難うございます。
少し春めいてきましたが、まだもう少し先ですかね。
ベニシジミもそろそろですね。こちらでもまだ見ていませんが、早く拝ましていただきたいですね。
Commented by mtana2 at 2008-03-02 16:49 x
セツブンソウ、可憐な花でよいですね。前々から見たいと思いながら、時期を外しています。植物園みたいなところなら容易に見られますが、自生の方がよいと思って、結局まだ見たことがないのです。
Commented by 虫林 at 2008-03-02 21:11 x
mtana2 さん、
コメント有難うございます。
セツブンソウは、花の無い時期に咲きますので、注意しないと見逃してしまうかもしれませんね。
セツブンソウは、まだ、遅くは無いと思いますので、見に行かれると良いと思います。
by tyu-rinkazan | 2008-02-25 06:55 | ■野花 | Comments(14)