NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20080412 スミレの花色再現

Nature Diary #0163

Place: Nagasaka-cho, Kofu-shi, Yamanashi Pref.
Date: April 12th (Saturday)
Weather: fair


スミレの花色
虫林はスミレの花が好きで、この時期、スミレの仲間を見つけるとカメラを向けることも多い。しかし、撮影後の花色は本来の色合いと異なりがっかりする。とくに赤紫色系の花は青くなってしまうのだ。これは、ホワイトバランスの設定の問題(通常はオート)かもしれないが、Pentax K10DよりもOlympus E-3の方がその傾向が強く、コンデジのRicoh GR-Dはさらにひどい。なかなか目で見たような花色を写真で再現するのは難しいものだ。これはスミレに限らずサクラソウでも同じ問題がある。このような場合、ソフトでのレタッチが必要になる。

最近、撮影したスミレの花をレタッチしていたら、撮影時に覚えている本来の花色に近い再現ができることがわかった(色相などを変化させる)。当たり前と思われるかもしれないが、虫林にとっては嬉しい大きな発見なのだ。これからのスミレシーズンが楽しみになった。

**************************************************

以下の2枚の写真は、左が撮影時のもの、右がレタッチ後のものだ。
平地や市街地の道路脇でも良く見かけるマンジュリカの花色の再現は意外と難しいものである。写真の右は何とか赤紫色の微妙な色が再現できていると思うが、いかがであろうか。
d0090322_22482727.jpg
。。。。。スミレの花色:左はレタッチ前, 右はレタッチ後

.
。。。。。V. mandshurica
.
。。。。。Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
。。。。。(2008-April-12, Kofu-shi, Yamanashi Pref.)

ヒナスミレの花色の基本はピンクだろう。オートWBでは、日向の花は青くなる事が多い。
d0090322_22573047.jpg
。。。ヒナスミレの花色:左はレタッチ前, 右はレタッチ後

.
。。。V. tokubuchiana var. takedana
.
。。。Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
。。。(2008-April-12, Kofu-shi, Yamanashi Pref.)

**************************************************

ゲンジスミレは好きな花だ。ゲンジ(源氏)という名が雅な雰囲気をかもし出している。他県ではこのスミレはかなり稀なものらしいが、山梨県では局所的ではあるものの毎年見ることができる。今年も何とか見ることができた。
d0090322_235041.jpg
ゲンジスミレ

.
V. variegate var. nipponica
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)

d0090322_22591226.jpg
ゲンジスミレ

.
V. variegate var. nipponica
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


甲府市周辺では、アオイスミレよりもエゾアオイスミレの方が個体数は多いようだ。このスミレは日光が強く当たる斜面よりも、明るい林の中や土手に多く見られる。
d0090322_234346.jpg
。。。。。。。。。。。。エゾアオイスミレ

.
。。。。。。。。。。。。V. collina
.
。。。。。。。。。。。。 Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
。。。。。。。。。。。。(2008-April-12, Kofu-shi, Yamanashi Pref.)

**************************************************

4月はスミレの季節だ。これからいたるところで可愛いスミレ達に出会う事ができるのだ。山梨県は、市街地から高山まで、実に多くの種類が生息しているので嬉しい。

今まで、デジカメでのスミレの花色の再現性はかなり低いものと憂いてきた。しかし、今回、レタッチで、それがカバーできるのがわかった。レタッチの上手なヒトからみれば当たり前だろうと言われるかもしれないが、今までそのコツが分からなかったので、虫林にとっては嬉しい発見である。

これからまだスミレは楽しめそうである。
Commented by maeda at 2008-04-18 07:37 x
色の再現性については難しいですね。
モニターの発色からキャリブレイトしないといけないようですし。
いつもそう思いながら、まあ良いかと納得しております。
Commented by mtana2 at 2008-04-18 09:00 x
私もスミレが好きなので、よく撮りますが、色の再現性が気になっておりました。今度やってみます。
ゲンジスミレはまだなので見てみたいです。
Commented by BANYAN10 at 2008-04-18 17:18
花の色は思ったように撮れない場合も多いですね。
過度な補正はどうかと思いますが、見た目に近付けるレタッチは僕もよくやります。
ゲンジスミレいいですね。
Commented by アッキーマッキー at 2008-04-18 21:14 x
虫林さん、こんばんは
きれえなスミレですね。僕も芝川町でアカネスミレなのにでかいのか、アカネとサクラの間の子なのか、サクラなのかまだはっきりいませんが、大きくて色がメチャきれいなスミレを見つけました。何とか今晩中にアップする予定です。
それに、ゲンジ、いいですね。まだ僕は見たことがなく、あこがれのスミレのひとつです。
明日は、因縁の○岳に登ってきますね。トウカイスミレ、楽しみにしてます。
Commented by 虫林 at 2008-04-18 23:35 x
maedaさん、
仰るとおりで、モニターによっても色は微妙に変わってきてしまいます。
でも、WBが関係する場合は、極端ですので、レタッチしないと違和感
があります。スミレの場合は微妙な色合いが多いので、難しいですね。
Commented by 虫林 at 2008-04-18 23:38 x
mtanaさん、
今まで発色の違和感を放置してきましたが、レタッチでかなり再現できる
ことがわかりました。うまくレタッチするのは意外に難しいですけどね。
ゲンジスミレは、山梨でもそう簡単に見つかるものでは無さそうですが、
でも探していればありますよ。
Commented by 虫林 at 2008-04-18 23:40 x
banyanさん、
明るさなどのレタッチはいつもしているのですが、色相をいじった事は今
回が初めてです。でも、うまく行けばかなりオリジナルの色に近づけます
ね。色々試してみますね。
Commented by 虫林 at 2008-04-18 23:44 x
アッキーマッキー さん、
この時期はスミレフリークは忙しいですね。また面白いスミレを見つけた
そうで何よりです。ぜひとも見せてください。
ゲンジスミレは山梨では他県に比較して多いものの、かなり局所的な分
布をします。ゲンジスミレの発生する場所は、人家の近くでもありますの
で、少し心配です。
Commented by kmkurobe at 2008-04-19 07:45 x
私もブルー系の色は ・カメラのモニター・パソコンのモニター・プリントアウトした写真。何とかならないかと思ってました。
結局SILKYPIX Developer Studio 3.0で現像してレタッチソフトで
自分の持っているモニターに好みの色に調整して、プリンターでほぼ同じように調整しています。ですから他の方のモニターにはどう写っているのでしょう。
Commented by 虫林 at 2008-04-20 20:52 x
kmkurobe さん、
コメント有難うございます。
ムラサキやピンク系の花色はなんとなくあきらめていましたが、これを期に、色々試してみたいと思います。本来の色のほかに、モニターでの調整も問題になるので、話は複雑になりますね。
Commented by たにつち at 2008-04-22 12:45 x
スミレの花色の課題、まったく同感です。
でも、以前から虫林さんとこでみるスミレはきれいだと思っていましたよ。
ゲンジスミレ・・会いたひ、、
by tyu-rinkazan | 2008-04-17 23:08 | ■野花 | Comments(11)