NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20080420 春の里山散歩:ゲンジスミレ他 (山梨県北杜市)

<b><font color="#800000"><SPAN STYLE="line-height:3.5mm">Nature Diary #0165</font></b>
<font color="#006060">
Place: Hokuto-shi, Yamanashi Pref.
Date: April 20th (Saturday)
Weather:Mainly cloudy</font></span>

<font color="#990000">鯉のぼり</font>
端午の節句には、子供たちの健康を祈って 「鯉のぼり」 をあげる。しかし、昨今は街中で「鯉のぼり」を見ることがめっきり少なくなってしまったように感じる。寂しい事だ。

下の写真は、甲府市の郊外で見かけた風景であるが、最近では写真のように鯉のぼりを集めて群泳させることが流行っているようである。本物のコイ(鯉)は群れで泳ぐので、鯉の習性を考えればこの方が理に適っているかもしれないね。でも、それにしても数が多すぎるか。

鯉を家族にたとえて、空を泳ぐ鯉のぼり--------いつまでも残って欲しい。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23355634.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>鯉のぼりの群泳</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">In those days and still nowadays, carp pennants (Koinobori) are flown to celebrate Boy’s Day. This is a lanscape of carp pennants swiming in a large group like real carps.</SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Kofu-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>

<center><font color="#800000">**************************************************</font></center>
<font color="#006060"><b>§Diary§</font></b>

スミレを探しながら林の中を歩いていると、幹が1回転した木(ヒノキ)に出くわした。
ウーム、きっとこの木は<u>虫林のように根性が曲がっているに違いない、それとも性格がねじれているのだろうか。</u>

<span style="color:rgb(0,153,51);">♪♪この~木なんの木 気になる木~♪♪</span>
とにかく変な木だ。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23275972.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>幹が1回転した変なヒノキ</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080"> A Japanese cypress tree with its trunk spinning (around) 360 degrees </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


作業道路の上や脇の斜面を見ながらゆっくりと歩いて行くと、ハルリンドウ、キジムシロなどの春の草花とともに、スミレの仲間も咲き誇っていた。スミレでは、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、イブキスミレ、アカネスミレ、エゾタチツブスミレさらには目的のゲンジスミレも見られた。

今回目的としたゲンジスミレは、隔離的な分布 (青森県から岩手県の太平洋側、中部地方から関東地方の内陸部、岡山県、愛媛県の四箇所) を示し、またどの自生地でも数は少ないといわれている。

ゲンジスミレは伐採のために新しく作られた道でその姿を多く見かけた。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23282853.jpg
<font color="#ffffff">。。。。。。。。。。。。</font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>斜面に自生するゲンジスミレ </b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#ffffff">。。。。。。。。。。。。</font><font color="#408080"> V. variegate var. nipponica </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff">。。。。。。。。。。。。</font><font color="#808080"><small>Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm F2.8 EX Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff">。。。。。。。。。。。。</font><font color="#808080"><small>(2008-April-19, Kofu-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


ゲンジスミレという名前は、葉の裏が<span style="color:rgb(0,0,255);">紫色→紫式部→源氏物語</span>からきたもののようである。そういわれてみれば、紫式部のみやびな雰囲気があるような------ないか?

ゲンジスミレは姿の良い株がとても少ない。多くは花茎が地面に垂れてしまう。
この写真の花はバランスがよいので、見つけたときはとてもうれしかった。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_2329042.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>ゲンジスミレ </b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">V. variegate var. nipponica </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>

<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23291258.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>ゲンジスミレ </b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">V. variegate var. nipponica </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


ゲンジスミレの花弁はほんのりとピンクがのり、その中心部に近い部分は黄色から黄緑色に色づいている。花弁の付け根の内面には比較的太い毛が密生している。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23292430.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>ゲンジスミレ </b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">V. variegate var. nipponica </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


毎年、ヒナスミレが咲くポイントがある。帰りに立ち寄ったところ、ちょうど花期を迎えていた。
ヒナスミレは通常、一株に1から2輪の花をつけるが、写真のように多数の花をつけるものもある。

スミレの花業界(こんなの無い)では、王様がサクラスミレだとすれば、女王様はヒナスミレといわれている。確かにピンクの花色のヒナスミレには女性的な美しさがあるようだ。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_073258.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>ヒナスミレ</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080"> V. tokubuchiana var. takedana </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small> Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm F2.8 EX Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


葉に斑の入ったフイリヒナスミレを見つけた。

フイリヒナスミレは、通常のヒナスミレに比較して、花色が白っぽいことが多いが、この株では綺麗なピンク色をしていた。----今回のベストショットか
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23294955.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>フイリヒナスミレ</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080"> V. tokubuchiana var. takedana </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small> Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm F2.8 EX Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


ヒナスミレが咲く場所では同時にエゾアオイスミレも認められた。エゾアオイスミレはヒナスミレよりも直射日光を嫌い林の中に見られることが多い。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_2330189.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>エゾアオイスミレ</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">V. collina </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small> Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm F2.8 EX Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>

<center><font color="#800000">**************************************************</font></center>
<font color="#006060"><b>§Afterword§</font></b>
日本はスミレ王国といってよいほど、スミレの種類が多い。
毎年、この時期になるとゲンジスミレの花にカメラを向けていたが、今までどうしても良い写真が撮影できていなかったのだ。今回はゲンジスミレの花が良かった。

蝶も花もと贅沢は言わない!
とにかくこの時期は、フィールドをゆっくり歩けるだけで良いのだ。
Commented by maeda at 2008-04-23 21:01 x
鯉のぼり、昔は沢山見ましたが、最近は十勝の田舎でも少ないです。
少子化だからでしょうか?
それとも慣習が薄れてきているのか、どうなのでしょう。
Commented by 虫林 at 2008-04-23 22:12 x
maedaさん、
コメント有難うございます。
鯉のぼりに対する親の価値観が変わってきているのと、ポールを立てる
手間が問題なのかも知れませんね。
いずれにしろ、こちらでも「鯉のぼり」が少なくなって、寂しくなりました。
Commented by アッキーマッキー at 2008-04-23 22:29 x
虫林さん、こんばんは
きれいなゲンジとヒナですね。うつくしいですね。今度の休み、三ツ峠山にでも行ってみたいけど、まだ足が無理かなあ。少なくとも土曜日は近所にしとこ。でも、おかげさまで驚異的に回復してきていますので、来週くらいはまともに登山できるかなあと期待してます。
Commented by 虫林 at 2008-04-23 22:40 x
アッキーマッキー さん、
コメント有難うございます。
三つ峠山は良いですね。多分、今の時期ですと、ヒメスミレサイシンやシコクスミレ、イブキスミレ、フモトスミレは期待できますね。ゲンジスミレも是非とも見つけてくださいね。足をくれぐれもお大事に。
Commented by ダンダラ at 2008-04-24 11:14 x
いずれもすばらしいスミレの写真ですね。
スミレは好きですが、他の写真が忙しくてスミレを目的に撮影に行ったことはありません。
でも足元に咲いているとついついカメラを向けてしまいますね。
Commented by kmkurobe at 2008-04-24 22:36
フイリヒナスミレ本当にうつくしいですねる鯉のぼりは白馬でも塩の道まつりで同じように、平川を泳いでいます。
Commented by 虫林 at 2008-04-24 22:53 x
ダンダラさん、
お褒めいただき有難うございます。
そういえば、ダンダラさんもスミレはお好きですよね。この時期、こちらで
は蝶の方はひと段落というところで、スミレや甲虫に精を出していました。
そろそろヒメギフが出始める頃で、またそわそわしそうです(笑)。
Commented by 虫林 at 2008-04-24 22:58 x
kmkurobeさん、
有難うございます。
フイリヒナスミレの綺麗な写真は初めて撮影できました。
お褒めいただき、感謝します。
スミレみたいに逃げない対象でも、満足のいく写真は、そう簡単には撮影
できませんね。
鯉のぼりを集団であげるのは、近頃の流行みたいで、それにしても、凄い
数の鯉のぼりを集めるものですね。
Commented by chochoensis at 2008-04-25 06:52 x
「フーむ!凄いです・・・。」流石、虫林さんですね・・・ゲンジスミレ・・・楚々とした風情が素晴らしいです。ヒナスミレもフイリヒナスミレも綺麗に撮影されていますね、お見事です、こういう写真を拝見すると、スミレの写真は全部撮影をやり直したくなってきます・・・それほど素晴らしいです。
Commented by fanseab at 2008-04-25 07:39 x
小生も甲府北西部の道路沿いで鯉のぼりの群泳に出会い、思わず脇見運転?をしたことを思い出しました。多彩なスミレ画像、素晴らしいですね。それぞれの個性を描くため微妙なレタッチに苦労されたのでは?
Commented by 虫林 at 2008-04-25 18:00 x
chochoensisさん、
お褒めいただき、恐縮です。
スミレの写真は以前から撮影していますが、なかなか満足なものが撮れ
ませんでした。花は逃げないとはいえ、綺麗に写すことは難しいといつも
思っています。難しいからまた面白くもありますね。
Commented by 虫林 at 2008-04-25 18:05 x
fanseabさん、
暖かいコメント恐れ入ります。
確かに鯉のぼりの群泳をみると、脇見運転してしまいますよね。
紫やピンク系のスミレの花色は、デジタルカメラで撮影するとどうもうまく
花色が表現できずに以前から嘆いていまして、最近はレタッチして再現
するようにしています。本当に苦労させられます。
by tyu-rinkazan | 2008-04-22 23:41 | ■野花 | Comments(12)