NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20080615 武田の杜のクロミドリシジミ散歩 (山梨県甲府市)

Nature Diary #0180
Place: Kofu, Yamanashi Pref.
Date: June 15th (Sunday)
Weather:Mainly cloudy but sometimes sunshine


<ぶどう棚と甲府市街>
山梨県は葡萄やワインが名産として知られている。甲府市の北に横たわる丘にも丁寧に作られた葡萄の棚が所々で見られる。そんな丘の上から見下ろすと、緑の葉をまとったぶどう棚の下方に甲府市街が一望のもとに見渡せた。

d0090322_6311288.jpg
ぶどう棚の丘 (2008-June-15, 甲府市)

.
A landscape from the hill-top covered with grape field.
.
Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm f2.8 EXS MACRO


**************************************************


§ Diary §

本日は梅雨の晴れ間という天気予報なので、撮影日記のダンダラさん、蝶と山・てくてく写日記のBanyanさんと一緒にクロミドリシジミ(以下、クロミ)の撮影に行った。

クロミの撮影は複数で行くほうが有利だ。せっかく飛び出しても、一人だと見失って悔しい思いをすることが多いからだ。今回は蝶を探すことにかけては、「鷹の目」を持つお二人が一緒なので、2 (目の数) X 3 (人数) の撮影達成可能度数(?)は、単に通常の6ではなく、9から10くらいの値になるはずだ。
-----本当かね?


クロミドリシジミ

ポイントに到着し、クヌギの枝を竿で軽く叩いて見ると数匹のクロミがすぐに飛び出してくる。やはり個体数はかなり多いようだ。しかし、昨夜は曇りのために、放射冷却が十分におこなわれず、早朝にもかかわらず気温が少し高い。そのため、飛び出したクロミはなかなか下に止まらないのだ。

d0090322_633625.jpg
葉上に静止したクロミドリシジミ (2008-June-15, 甲府市)

.
A butterfly, Favonius yuasai, resting on the leaf.
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM


アップでみると、翅裏の地色は濃く、後翅端の赤い紋が大きくとても目立つ。長い尾状突起の先端の白も良いアクセントになっているようだ。なかなか洒落たデザインのゼフだね。

クロミのアップ撮影のポイントは、目と尾状突起と両方にピントを合わせることだろう。簡単なように思えるが、光量が少ない早朝では絞りを入れることができないので意外に難しいものだ。こんなとき、ASA感度を上げることのできるカメラが欲しくなる。

d0090322_633178.jpg
。。。。。。。。。。クロミドリシジミ (2008-June-15, 甲府市)

.
。。。。。。。。。。 A butterfly, Favonius yuasai, resting on the leaf.
.
。。。。。。。。。。 Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM

d0090322_6333148.jpg
クロミドリシジミ (2008-June-15, 甲府市)

.
A butterfly, Favonius yuasai, resting on the leaf.
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM

d0090322_6334292.jpg
クロミドリシジミ (2008-June-14, 甲府市)

.
A butterfly, Favonius yuasai, resting on the leaf.
.
Ricoh GR-D


<開翅>
本日の目的はクロミの開翅写真を撮影することである。実は昨日の朝もここを訪れ、クロミの開翅写真は何とか撮影したが、まだ満足のいくレベルの写真は撮影できていないのだ。

開けた斜面のススキの葉に静止してくれたクロミを、刺激をせずにそっと見守ることにした。この場所は、太陽が登るといち早く日が当たるはずである------が、かれこれ2時間近くも待っただろうか、すでに太陽は山の向こうから姿を現しているはずなのに雲で覆われているために日が差さない。ウーム、我慢比べかな。でも3人でチョウの雑談しながらの待機はそれほど苦にならないものだ。

ふと気がつくと、何といつの間にかススキの葉上のクロミが開翅しているではないか。虫林の位置からだとクロミを見上げるアングルになる。こんな角度からの写真もなかなか良いかも知れないなと思い、気にせずシャッターを切った。逆光なのでかなりの露出補正をした。

d0090322_6335437.jpg
クロミドリシジミ♀の開翅(2008-June-15, 甲府市)

.
A butterfly, Favonius yuasai, resting on the leaf.
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM


さらに、上からのポジションに移って翅表の写真を数枚撮影した。それまで、この個体は♂に違いないと思っていたので、翅表の紋(♀のしるし)を見た時は驚いた。どうやら、クロミはすでに発生初期とはいえないようだ。

斜め横からのアングルなので、こんなときこそ、E-3のライブビュー機能を駆使してさらに上からの撮影をしようと目論んだ。しかし、150mmマクロで上からのライブビューは実際的ではなかった。もたもたしているうちにクロミは突然飛んでしまったのだ。

でも、3人とも開翅写真の撮影に成功したのでよかった。
「待てば海路の日和あり」とはこのことだ。

d0090322_634646.jpg
クロミドリシジミ♀の開翅 (2008-June-15, 甲府市)

.
A butterfly, Favonius yuasai, resting on the leaf.
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM


この♂の開翅写真は、土曜日の早朝に1人でここを訪れたときのものだ。この時は、曇っていたにも関らず翅を開いてくれた。ただ少し離れた位置からだったので、トリミングしている。これは本日の撮影ではないが、参考までに掲載しておく。

オスの翅表は濃い茶色であるが、少し光沢がある。

d0090322_6341894.jpg
クロミドリシジミ♂の開翅 (2008-June-14, 甲府市)

.
A butterfly, Favonius yuasai, resting on the wall with the wings opened.
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM,トリミング



ウラナミアカシジミ

d0090322_6343118.jpg
ウラナミアカシジミ (2008-June-15, 甲府市)

.
A butterfly, Japonica saepestriata, resting on the leaf.
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM



アカシジミ

d0090322_6344272.jpg
アカシジミ (2008-June-15, 甲府市)

.
A butterfly, Japonica lutea, resting on the leaf.
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM



オオミスジ

d0090322_6345331.jpg
オオミスジ (2008-June-15, 北杜市)

.
Neptis alwina
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM


帰り際、民家の横でオオミスジを見つけた。ゆっくりと飛翔するが、いざ撮影しようとカメラを向けると、あざ笑うかのように不規則な動きをして虫林を困らせた。しかし、片手での縦位置で、蝶の不規則な動きを何とかしのいで撮影した。蝶が建物の影になっているが、面白い写真になった。写真はトリミングしている。

d0090322_635412.jpg
。。。。。。。。。。オオミスジの飛翔 (2008-June-15, 甲府市)

.
。。。。。。。。。。 A flying feature of butterfly, Neptis alwina
.
。。。。。。。。。。 Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm f2.8 EXS MACRO ,トリミング



カツオゾウムシ

d0090322_6402623.jpg
>カツオゾウムシ (2008-June-15, 甲府市)

.
Lixus impreeiventris
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM



ファウストハマキチョッキリ

d0090322_6352960.jpg
ファウストハマキチョッキリ (2008-June-15, 甲府市)

.
Byctiscus fausti
.
Olympus E-3, Sigma 150mm f2.8 APO MACRO DG HSM,


**************************************************

§Afterword§
クロミドリシジミは数が少なく、その分布も局地的なイメージが強い。しかし、調査をすればするほど民家の近くのちょっとしたクヌギ林でもその姿を見ることができる身近なチョウのようだ。

調べてみると、同じ場所でもクロミが多い木と全く姿を見ない木があることも事実である。それではどのような木がクロミの好みかというと、なかなかそれを特定するのは難しいといわざるを得ない。しかし、虫林のわずかな経験からもいえることは、一般的に言われているような老木である必要はなく、むしろ風通しの良い開けたスペースに面していることが大事な要因のようである。

クロミの撮影後、アイノミドリやメスアカミドリをもともめて、北杜市の林や甲府市北部の山にも移動したが、時期的にまだ早いためか成果はほとんどなかった。

本日ご一緒した、ダンダラさん、Banyanさんご苦労様でした。

以上、 by 虫林花山
Commented by banyan10 at 2008-06-16 10:40
昨日はありがとうございました。
課題だったクロミの開翅まで撮影できてとても嬉しかったです。
下からの開翅も良いですね。
他の場所では先に良いシーンを撮影してしまって申し訳ありません。次の機会がありましたら運転させて下さい。
Commented by ダンダラ at 2008-06-16 12:18 x
昨日はお世話になりました。
おかげさまで無事撮影できました。帰りは20kmの渋滞で、家では自分の写真を眺めるだけでしたが、ちゃんと写っていてほっとしました。
オオミスジの飛翔、素晴らしいですね。撮影風景を見ていたものとして、エーこんなに写ってたんだとちょっとびっくりです。
それにアカシジミ、きれいな色合いで同じアングルで写真を撮ったのに??
と思ったらストロボを使用されたのですね。自然な感じでディフューザーが効いているみたいですね。
Commented by 蝶山人@昼休み at 2008-06-16 13:11 x
多忙ですが昨日クロミドリ有名産地回ってnullでした。
こんな綺麗な写真の数々羨ましいです。
Commented by kmkurobe at 2008-06-16 19:38 x
昨日の快晴は緊急当番で寂しく青空を眺めておりました・・・・・
いいなあ・・・・クロミドリ。今回の記事を拝見してもう一度安曇野産を探してみることにします。今までは大きな木ばかりを探していました。毎年観察はされているようなのですよ。数はとてもそちらのような訳にはいきませんが。
Commented by chochoensis at 2008-06-16 19:56 x
虫林さん、お見事ですね・・・素晴らしい写真に見ほれました・・・。何時までもこの環境が維持されますように・・・。友人との蝶談義・・・良かったですね・・・。
Commented by 空飛ぶ父 at 2008-06-16 21:26 x
クロミドリシジミ、すばらしいです!
この蝶の翅裏、品があって大好きなんです。

見上げるアングルでの開翅写真、最高ですね!

私も今年は、なんとか一目見てみたいと思っています。
Commented by cactuss at 2008-06-16 23:47
山梨はすばらしい所ですね。クロミドリがGR-Dで撮影できるほど近くに止まっているんですね。また、下からの画像は光が透けて、すばらしいですね。見習いたいものです。
Commented by kenken at 2008-06-17 01:13 x
皆さんでのクロミ撮影会、素晴らしいじゃないですかっ!
ん?もう最盛期過ぎなのかな・・・
見上げるアングルの開翅ショット、翅が透けているのが最高です。
Commented by 虫林 at 2008-06-17 06:36 x
banyanさん、
首尾よく撮影できて良かったですね。ここは発生が早い場所で、ちょうど良い時期のようでした。曇っていて日が当たらないのでやきもきしましたが、僕一人でしたら待てなかったと思います。皆さんのおかげです。
Commented by 虫林 at 2008-06-17 06:42 x
ダンダラ さん、
帰りの渋滞は、ご苦労様でした。
3人での撮影は楽しかったですね。オオミスジは不規則な動きをして困りました。偶然にうまく撮影できたみたいです。それから、ウラナミアカは仰るとおりで、確かめたらストロボを使用していました。弱いストロボ光はたまに色だしに使用しています。
Commented by 虫林 at 2008-06-17 06:51 x
蝶山人さん、
今回のポイントは、甲府市街ですのでかなり発生が早く、他の有名産地(?)はこれからだと思いますよ。甲府市内には他にもクロミはいますが、ここは最もラクちんなので、散歩がてらの撮影です。
Commented by 虫林 at 2008-06-17 06:54 x
kmkurobe さん、
是非とも安曇野で探してみてください。
ただし、時期的には今週末が出始めくらいで、メスは8月までいますので、ゆっくりと見られればよいかと思います。探してみれば、意外といるものですよ。幸運をお祈りします。
Commented by 虫林 at 2008-06-17 06:58 x
chochoensisさん、
いつも暖かいコメント有難うございます。
ここは、甲府市街で、下は舗装されいますが、車は規制され安全です。お体の調子をみて、一度どうですか。
Commented by 虫林 at 2008-06-17 07:06 x
空飛ぶ父さん、
有難うございます。以前、宇部にお邪魔したときに郊外の様子をみると、クロミがいそうな林が多かったです。きっと見つけることができますよ。
クロミは日中では木の上に行ってしまって見ることができませんが、早朝ですと、意外に下の枝、とくに少し飛び出している枝に静止しているので、叩くと飛び出してきます。森林の中の木ではなく、前に広いスペースのあるような木を狙ってみれば、きっと飛び出してくれますよ。応援しています。
Commented by 虫林 at 2008-06-17 07:10 x
cactussさん、
山梨では、クヌギ林がかなり残っていまして、そこにクロミが生息しています。甲府から北杜市まで広く分布しているようですよ。群馬あたりでも、家の近くのクヌギバヤシを探せば、意外といるのではないかと思います。
Commented by 虫林 at 2008-06-17 07:15 x
kenken さん、
有難うございます。
今回、出てきたクロミは全て綺麗な個体でした。開翅したときにメスだったので驚きました。この場所は今週末あたりが盛期かもしれませんね。昨年から、色々な場所でクロミを探していますが、今年見つけたここが一番ラクちんで近いので重宝しています。
Commented by maeda at 2008-06-17 22:07 x
クロミの♂の開翅、これはすばらしいですね。
直接見てみたいです。おそらく光沢が見えると思いました。
単なる黒ではないですから。
Commented by grassmonblue at 2008-06-17 22:20 x
いいですねえクロミ
何時ごろからの待機か参考までに教えてください。
先日、ミドリシジミ時期はジャストだったのに、出遅れて残念なことをしました。
また逆光での露出補正はどの程度でしょうか。
Commented by 虫林 at 2008-06-18 15:29 x
maedaさん、
昨年、メスの開翅は撮影しているので、今年オスの開翅を狙っていました。無事、撮影できましたが、遠くからで少し不満足です。
まだ、今年はチャンスがあると思いますので、チャレンジしてみたいと思っています。
Commented by 虫林 at 2008-06-18 15:32 x
grassmonblueさん、
撮影を始めたのは朝5時頃からですね。日が昇って、林の上に出てくるのが7時くらいになるので、それまでが勝負と思いました(実際には中々でないで暗く、やきもきしました)。なかなか予定通りには行かないものです。
露出補正は+1.7くらいだったと思います。
Commented by fanseab at 2008-06-19 07:36 x
記事で書かれておられますが、このシジミが好む「ご神木」があるようですね。小生も昨年岡山県で探索し、その思いを強くしました。しかしご自宅から至近距離にご神木を発見されてよかったですね。
Commented by 虫林 at 2008-06-19 17:52 x
fanseabさん、
コメント有難うございます。
クロミドリシジミを探して、甲府市から日野春、小淵沢近辺まで色々と調査してきました。その結果、よく知られている場所でなくても意外と身近にいることがわかりました。甲府市内でもここ以外に2箇所見つけました。しかし、おっしゃるように多くの個体がいる木(ご神木)は決まっているようで、さらに撮影に適した場所となるとかなり限定されますね。
ここは家から近い上に、足場もよく、安全で、散歩のお年よりはいますが、採集者はこないのでゆっくりと撮影できるので嬉しいです。
まだよさそうな場所は他にもいくつか候補がありますので、今年はそちらも調べてみたいなと思っています。

Commented by clossiana at 2008-06-20 10:54
ご無沙汰しております。時々papilaboさんのブログに出させて頂いているKです。
一昨年のシルビア詣での際には大変お世話になり、有難うございました。
クロミの開翅シーンはとても貴重で素晴らしいと思います。2時間待った賜物でしょうね。私なら性格上とても2時間は待てないですから永久にこんなシーンは撮れない事でしょう。
ところで、私もマイブログを立ち上げましたのでリンクをさせて下さい。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by mtana2 at 2008-06-20 12:39 x
クロミドリが手の届くようなところで撮れるなんて、うらやましい限りです。
開翅も決って、すごいです。動き出す時間、参考になりました。
Commented by 虫林 at 2008-06-20 18:40 x
clossianaさん、
僕も1人だと、2時間はとても待っていられませんが、周りをうろうろしたり、お話をしていると意外と苦ではありませんでした。
こちらこそ、宜しくお願いします。早速リンクしました。
Commented by 虫林 at 2008-06-20 18:44 x
mtanaさん、
コメント、有難うございます。
クロミドリはなかなか下まで降りてきてくれませんが、何とか撮影できました。曇っているので、開翅は無理かなと思っていたのですが、少し明るくなったときに開いてくれました。きっと、飛び立つ前に翅を開いていたようで、開翅してから数分で飛び立ってしまいました。
僕はこれから良い写真を撮影しようと思っていた矢先でしたので、少し悔しかったですよ。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-06-20 22:48
ご近所にクロミとは最高のロケーションですね。尾状の長さ、赤紋のアクセント、まさにゼフの希少種にふさわしい姿です。♂の開翅写真も掲載されておられますが、図鑑によると暗緑色の金属光沢があると書いてありました。きっと光線の具合により素晴しい色に輝くのでしょうね。
Commented by 虫林 at 2008-06-22 09:55 x
ノゾピーさん、
コメント有難うございました。
ロケーションとしては確かに恵まれていますね。クロミはゼフの希少種とされていますが、調べてみると意外に身近に多く見られて驚いています。少なくとも、こちらでは希少種では無さそうですぞ。
もっと、オスの輝きを見てみたいです。
by tyu-rinkazan | 2008-06-16 06:51 | ▣オオミスジ | Comments(28)