NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20080816 田園散歩;ゴマシジミとオオヒカゲ (山梨県)

Nature Diary #0197

前日の天気予報では「曇りのち雨」だったが、本日は朝から実に天気が良い。

峠を越えて曲がりくねった道を下っていくと目の前に「青い空と白い雲、秩父の山々そして満開のそば畑」が突然広がった。あまりに綺麗なので、車を道路わきに止めて外に出た。

高原のソバ畑を渡る風は、わずかに秋の気配を含み、爽やかで心地よい。

虫林はソバが好きで、以前は自分でも趣味でソバを打っていた時期もあったくらいだ。ソバのことを調べると、日本のそば粉の70%以上は、中国の内モンゴル自治区あたりからの輸入に頼っていることをしった。そういえば、内モンゴルは過去に何度か訪れたことがあるが、時期的にソバの花に出会っていない。是非ともいつか、限りなく広いソバ畑を見に行ってみたいと密かに考えている。

d0090322_2158313.jpg
高原のそば畑 (2008-August-16 川上村)

.
A landscape of buckwheat field in highland district, Kawakami-mura
.
Olympus E-3, ZD 8mm f3.5 Fisheye, F9.0, 1/2500, EV-0.3, ASA800



ゴマシジミ: Teleius Large Blue

昨年見つけたポイントはネコの額ほどの小さな場所であるが、実は「あやはべる」のfuruさんが以前からご存知のところで、現地で突然に彼と出会ったときには本当に驚いた。そこで、今年は何とか他のゴマ撮影ポイントを見つけてみたいとオデコ覚悟で出かけたのだ。

そこは、風の噂にゴマが見られるという場所で、斜面の水田や休耕田の周りにゴマの食草のワレモコウがある。到着してゆっくりと歩き回ったが、1時間を過ぎてもゴマは発見できなかった。そこで、同様の環境の場所を探して車で移動してみることにした。

場所を変えることすでに4度。容赦なく照りつける太陽に閉口しながら、斜面の水田の周りの草地を歩いていた時、何気なく目を向けたワレモコウの花に、やや褐色の大きなシジミチョウが静止していた。

ゴマシジミだ!-------やはりこのあたりで発生していたのだ。

d0090322_2201528.jpg
ワレモコウの花に静止するゴマシジミ (2008-August-16 北杜市)

.
This mornig I visited paddy fields on a slope in Hokuto-shi, hoping to see Teleius Large Blue. I found a female of Teleius Large Blue resting on the flower of Waremokou in the tussock by the paddy fields.
.
Olympus E-510, ZD 8mm f3.5 Fisheye , F7.1, 1/250, ASA200


見つけたゴマはメスのようで、ワレモコウの花に腹部を曲げて産卵しているようにみえた。しかし、いくら卵を探しても見つからないところをみると、これは疑似的な産卵行動なのだろうか。

d0090322_2203226.jpg
。。。。。。。。。。産卵するゴマシジミ (2008-August-16, 北杜市)

.
。。。。。。。。。。 A Teleius Large Blue egg-lying on the flower
.
。。。。。。。。。。 Olympus E-510, ZD 8mm f3.5 Fisheye


山梨県ではゴマシジミは最近とても少なくなってしまった。以前はかなり広い範囲に分布していたようだが、現在ではその棲息地は極めて狭い範囲に局限されている。

この場所では、水田や休耕田の脇の草むらで、数頭のゴマシジミを見ることができた。翅裏は褐色なので、たぶん黒ゴマなのだろう。実際、飛翔しているゴマは黒く見えた。

d0090322_2204696.jpg
。。。。。。。。。。ゴマシジミ (2008-August-16,北杜市)

.
。。。。。。。。。。 A Teleius Large Blue
.
。。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD 50mm f2.0 MACRO + X1.5 Telecon (EC-14)

d0090322_221073.jpg
ゴマシジミ (2008-August-16 北杜市)

.
A female of Teleius Large Blue resting on the dry flower
.
Olympus E-3, ZD 50mm f2.0 MACRO + X1.5 Telecon (EC-14), F4.5, EV-0.7, ASA400


個体数はそれほど多くなかったが、雌雄のゴマによる交尾拒否行動が見られた。ここのゴマシジミはクロゴマなのかと思っていたが、飛翔写真をみるとオスは基部が青くなっているのが嬉しい。

d0090322_2211567.jpg
ゴマシジミの求愛行動 (2008-August-16 北杜市)

.
A mating reject behavior of Teleius Large Blue
.
Olympus E-3, ZD 50mm f2.0 MACRO + X1.5 Telecon (EC-14), F2.8, 1/2500, EV-1.0, ASA400

d0090322_2212754.jpg
ゴマシジミの求愛行動 (2008-August-16 北杜市)

.
A mating reject behavior of Teleius Large Blue
.
Olympus E-3, ZD 50mm f2.0 MACRO + X1.5 Telecon (EC-14), F2.8, 1/2500, EV-1.0, ASA400



オオヒカゲ: Large Blown

ゴマシジミが撮影でき余裕が出たので、さらに新ポイントを探して反対側の斜面を訪れてみた。道を詰めていくと、その先には湿地が広がっていた。そこで引き返そうとしたとき、昼間だというのに大きなヒカゲチョウが出現した。なんとオオヒカゲだ!

今年訪れた岩手県のある林では、オオヒカゲを沢山みることができたが、地元山梨県では、記録のある地域をいくら探しても今まで出会ったことが無かった。やっと出会えたアゲハほどもある大きなヒカゲチョウを、額から流れ出た汗を拭くのも忘れて慎重に撮影した。

しかし、数枚のシャッターを切った後、オオヒカゲは湿原の中のブッシュに飛んで行ってしまった。その後を追って、よほど湿原の中に踏み入ろうと思ったが、本日は運動靴を履いているので、泥まみれになるのを恐れて躊躇してしまったのだ----虫林は根性なしです。

d0090322_224393.jpg
オオヒカゲ (2008-August-16 北杜市)

.
A Large Blown resting on the leaf
.
Olympus E-3, ZD 50mm f2.0 MACRO + X1.5 Telecon (EC-14), F5.0, 1/250, EV-1.3, ASA400


**************************************************


キベリタテハ: Camberwell Beauty

ゴマシジミの撮影後、峠を越えて、キベリタテハに会いに川上村を訪れた。

そこは以前、アカムネハナカミキリの撮影で来た時に、道に迷って偶然発見した場所だ。周囲がシラカンバの林で、キベリタテハがこの時期に多く出現する。

d0090322_2245421.jpg
。。。。。。。。。。河原のキベリタテハ (2008-August-16, 川上村)

.
。。。。。。。。。。 The Camberwell Beauty resting on the stone in the riverside
.
。。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD 50mm f2.0 MACRO + X1.5 Telecon (EC-14)


キベリは敏感で、1m以内になかなか近づかせてくれなかった。それでも何回もトライしていたら、やっとクローズアップの写真が撮影できた。何とゴージャスなタテハチョウなのだろうか。

虫林は以前から、キベリタテハには特別な感情を持っていて、どこか近寄りがたいのだ。
もし、蝶の中で一番素晴らしいものを選べといわれれば、キベリタテハにするかもしれない。

そんなキベリの開翅アップは、とても嬉しい。

d0090322_22588.jpg
キベリタテハ (2008-August-16 川上村)

.
A close-up view of the Camberwell Beauty with the wings opened
.
Olympus E-3, ZD 50mm f2.0 MACRO + X1.5 Telecon (EC-14), F7.1, 1/500,EV-0.7, ASA200


キベリタテハは駐車場のトイレが好きで、何頭もが壁に静止していた。

駐車場のトイレにからみつくように飛ぶキベリタテハを撮影していたら、同様に蝶の撮影をされている方に出会った(横浜のIさん)。初対面であったが、そこから歩いて5分ほどの河原にキベリが吸水に集まっていることを教えていただいた。

「トイレの花子さん」は怖いが、「トイレのキベリさん」は許せる。

d0090322_2252332.jpg
。。。。。。。。。。トイレの入り口に静止するキベリタテハ (2008-August-16, 川上村)

.
。。。。。。。。。。 The Camberwell Beauty
.
。。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD 8mm f3.5 Fisheye,

d0090322_2253835.jpg
飛翔するキベリタテハ (2008-August-16 川上村)

.
A flying feature of the Camberwell Beauty
.
Olympus E-510, ZD 8mm f3.5 Fisheye、トリミング



スジボソヤマキチョウ: Lesser Brimstone

数年前に訪れたときに、ここでヤマキチョウを撮影した。

しかし今回はヤマキチョウの姿を見ることはなかった。でも、スジボソヤマキも十分に綺麗な蝶で、人種差別ならぬヤマキ差別をしている自分を恥じながら、スジボソヤマキの逆光写真を撮影した。

ファインダーを通して見るレモンイエローの翅の輝きはとても印象的だった。

d0090322_226440.jpg
逆光のスジボソヤマキチョウ (2008-August-16 川上村)

.
A Lesser Brimstone against the sun feeding on the flower
.
Olympus E-3, ZD 50mm f2.0 MACRO + X1.5 Telecon (EC-14)


**************************************************

§Afterword§

今回のゴマシジミのポイントは今まで記録のあると思われる場所だが、虫林はその場所を訪れたことがなかったので、ゴマを見つけた時にはとても嬉しかった。しかし、撮影していたらここにも採集者が現れた。

ゼフィルスなどの蝶と違い、アリ蝶のゴマシジミの発生場所は特別に局限され、また採集しやすいので、採集者がこの場所を訪れてむやみに採集すれば、ゴマを根絶やしにするのはとても簡単である。もう一度書くが、この蝶は採集で絶滅する。是非ともゴマは写真で撮影するにとどめていただきたい。


今回は新しいポイントを増やそうとチャレンジしたが、幸いにしてそれなりの成果を上げることができた。
------幸運だったと思う。


以上、 by 虫林花山
Commented by kenken at 2008-08-17 23:41 x
2枚目のクローズアップキベリは素晴らしい色ですね。
黄色というか、褐色に近いヘリが新鮮さの証でしょう。
これ、自然光?ストロボ使用?いずれでしょうか。
こんな写真を撮ってみたいものです。
Commented by 虫林 at 2008-08-18 07:25 x
kenkenさん、
キベリタテハの翅表辺縁の黄色い帯は、黄色というよりは黄金色です。地色が濃い赤紫色のベルベットのようで、この黄金ベルトとともにとてもゴージャスですね。もう少し、今度はゆっくりと撮影しようと思っています。
Commented by fanseab at 2008-08-18 07:34 x
ゴマの新ポイント開拓お疲れ様です。広角画像で生息環境がよく分かりますね。キベリも出色です。
Commented by 虫林 at 2008-08-18 12:00 x
fanseabさん、
ゴマシジミのポイントはもっと探せばまだ見つかると思いますが、暑い中で草原をうろつくのは結構厳しいですね。今回は記録のあるような場所を探してみましたが、いつか全く新しいポイントを見つけてみたいです。これも、この趣味の楽しみの一つですね。
Commented by 蝶山人@昼休み at 2008-08-18 12:14 x
ゴマは本当に難しい蝶になりましたね。
山梨は諦めて来年は青森県東通村の
横付けポイントでも狙おうかと思っています。

蕎麦好きなら長野も良いでしょうが一度会津もご案内させて下さい。

個人的に透過光のスジボソの写真大好きです。
Commented by banyan10 at 2008-08-18 17:29
ゴマの新ポイントおめでとうございます。
広角が素晴らしいですね。
オオヒカゲも山梨の生息地は聞いたことがないので嬉しいニュースです。
キベリの飛翔は今年の課題の1つです。先を越されました。
Commented by maeda at 2008-08-18 18:58 x
本州のゴマは本当に厳しいですね。
かつて岐阜のゴマを捜したことがありますが、同じように水田のあぜ道をずいぶんと歩きました。結局見つかりませんでした。
今のそちらの環境を残していきたいですね。

トイレ前のキベリ、私にはとっても羨ましい絵ですが、虫林さんは嫌いですか?
Commented by 虫林 at 2008-08-18 19:10 x
蝶山人さん、
山梨のゴマシジミはまだ誰も知らない伐採地などにいるとは思いますが、この時期は採集者の皆さんがとても多くて、落ち着いて撮影ができずに困っています。
青森の下北半島のゴマは、綺麗な青ゴマですから、行ってみる価値があるし、その頃なら、他の蝶も期待できるので良いかもしれません。
来年のお盆は家内の実家の八戸市に行きたいと思っています。
Commented by 虫林 at 2008-08-18 19:13 x
banyanさん、
ゴマの撮影ポイントを見出すのはなかなか大変でした。でも、せっかくゴマを見つけても採集者がいると落ち着いて撮影できませんね。
オオヒカゲは偶然に見つけたのですが、そこは穴場かもしれません。来年は長靴を履いてもう一度調査したいと思っています。湿地帯でよい雰囲気ですよ。
Commented by 虫林 at 2008-08-18 19:16 x
maedaさん、
北海道のゴマは容易に見ることができるみたいですので、羨ましく思います。こちらでも、色々な場所で聞きますが、多くは現在は見ることができません。こんな環境を残したいです。
キベリの広角はこのトイレのものが最も良かったのです。男子トイレの前でよかったです(笑)。
Commented by cactuss at 2008-08-18 21:27
ゴマシジミは本当に見付けるのに苦労する様になりましたね。
こちらでも撮影するのが大変です。
キベリタテハはいい色が出ていますね。この時は雲がかかっていたのでしょうか。
Commented by 霧島緑 at 2008-08-18 22:36 x
ゴマの発生地発見、おめでとうございます。
もう少し涼しければもっと気合が入るのでしょうが・・・。以前はあちこちにあっただろう土手などの草地に、点々とワレモコウが咲いているとワクワクしますね。採集者に知られていない発生地は無いものなのでしょうかね。私も探しますよ。
キベリも見事ですね。
Commented by mtana2 at 2008-08-19 12:39 x
新しいポイントが見つかるとうれしいですね。ゴマなので特に大事にしてください。
キベリタテハ、うっとりです。すばらしい!
無論、スジボソヤマキも十分に美しいです。
オオヒカゲもやりましたね。
Commented by clossiana at 2008-08-19 20:39
以前から虫林さんの新ポイントを見つけられる姿勢は凄いと思っていましたが、今度もゴマの新ポイント発見は凄いです。でも既知の場所で撮るより、その方が何か血が騒ぎますよね。それとオオヒカゲ。山梨では少ないと以前の貴ブログで仰られていましたので、こちらのほうが私は拍手したいです。生息環境は水辺なのですね。とても有難い情報でした。ありがとう御座いました。
Commented by furu at 2008-08-19 21:25 x
またしてもゴマポイント自力発見お見事です。広角向きの良いポイントですね。私も気になっている草地があるので週末にでも確認に行ってみようと思います。
オオヒカゲ発見は快挙ですね。まだ知られてないポイントが結構ありそうですね。
キベリは今年の重点目標なのでなんとか証拠写真以上のものをゲットしたいです。
Commented by grassmonblue at 2008-08-20 00:43 x
ゴマにオオヒカゲの生息地の開拓、ただただ感嘆して拝見しています。
昨年、山梨県のゴマがしらみつぶしに探索採集されている現場を目の当たりにしました。ため息(-_-;)
Commented by 虫林 at 2008-08-20 00:47 x
cactussさん、
ゴマシジミはかなり少なくなりました。それに輪をかけるように採集者が押し寄せています。困ったものです。
キベリタテハを撮影したときは、曇り時々晴れぐらいの天候で、はれてもピーカンまではいかない状態でした。
Commented by 虫林 at 2008-08-20 00:50 x
霧島緑さん、
やっと探しても、採集者の姿をみると、どうしても落ち着いて撮影しにくくなります。ここのゴマは個体数があまり多くないので、心配になってしまいます。採集者の全く知らないポイントを見つけてみたいです。がんばりましょう。
Commented by 虫林 at 2008-08-20 00:52 x
mtanaさん、
有難うございます。
ゴマのポイントは富士山以外は、数箇所しか知らないので、もう少し探してみたいと思っています。
キベリタテハは本当にゴージャスなチョウですね。もっと撮影したいものです。
Commented by 虫林 at 2008-08-20 00:56 x
clossianaさん、
有難うございます。新しいポイントを見つけるのも楽しいものです。なかなか見つかりませんが-----。
オオヒカゲは山梨では、或る地域にしかいないようですが、今まで何度かチャレンジしても見つかりませんでした。来年は長靴を履いてさらに置くまで調査したいと考えています。
Commented by 虫林 at 2008-08-20 00:59 x
furu さん、
有難うございます。気になる場所は他にもあるのですね。是非とも頑張ってください。
オオヒカゲの発見は実はとても嬉しいのです。来年はその湿地をもっと検索してみれば、また必ず見れると思います。来年に期待しています。
Commented by 虫林 at 2008-08-20 01:02 x
grassmonblue さん、
明野あたりが有名ポイントになっているみたいで、凄い数の採取者が入れ替わり訪れています。落ち着いて撮影などできないので、採集者が多い場所には近づきません。今回のポイントにも採集者が現れてしまいました。いつまで持つ事やら----。
Commented by chochoensis at 2008-08-20 06:59
虫林さん、未だに満足した個体が撮影できない=ゴマ=です・・・新規に棲息地を発見してしまうなんて、凄いです・・・今年はもう駄目かな・・・と思っていたら、この素晴らしい写真でもう一度探してみたくなりました・・・。素敵です・・・。
Commented by 虫林 at 2008-08-20 14:56 x
chochoensisさん、
ゴマシジミのポイント探しは、まったく記録の無い場所を探せば一番よいのですが、効率が悪いので、記録のある場所を中心に探しました。でも、ゴマを見つけた時はとても嬉しかったですよ。
chochoensisもきれいなゴマシジミに出合えれば良いですね。
Commented by アッキーマッキー at 2008-08-20 20:27 x
虫林さん、こんにちは
ご無沙汰しています。相変わらずアクティブに活動されていますね。いずれも見事な写真で感服しています。ホント、採集者の方も少し考えて頂きたいですね。滋賀にいたころ、近くに白化型のクロシジミの産地があったのですが、そこは棚田整備で大規模な埋め立てが行われ、その後クロシジミの棲息範囲が非常に狭まってしまいました。こちらは、乱獲ではなく自然破壊でしたが。しばらく活動が下火でしたが、マクロ100mmが完全に死んでしまい、とうとうマクロ200mmを購入したのをきっかけに撮影ごころがまたむらむらしてきました。最近は、トンボにはまりかけてます。また覗いてみてください。今日は熊本ですが、自然観察する時間はありませんでした。明日は神戸、あさっては大阪です。それでは、また。


Commented by 虫林 at 2008-08-21 17:16 x
アッキーさん、こんにちは、
クロシジミは日本全国で非常に少なくなっています。↓の富士山ではまだ見ることができますので、来年あたりいかがですか。
マクロ200mmではトンボの撮影にはとても良いですね。是非ともすばらしい写真を撮影して見せてください。
熊本→神戸→大阪ですか、移動が大変ですね。どうぞご自愛下さい。
小生も明日から少し留守にします。
Commented by アッキーマッキー at 2008-08-22 07:34 x
こちらに来てからは、クロシジミは一度も見てません。機会があればぜひご一緒させて下さい。
サイトも見て頂き、ありがとうございました。アサマとヒメ、裏前翅の紋様が見えず僕には鑑定できませんでした。しっかり鑑定できるよう再チャレンジしたいと思っています。

Commented by 虫林 at 2008-08-22 21:25 x
アッキーさん、
再度のコメントありがとうございます。
富士山にはアサマ、ヒメ、ミヤマの3種とも生息するので紛らわしいですね。この中では、アサマは貴重です。来年はクロでご一緒しましょうね。
Commented by thecla at 2008-08-24 22:09 x
田園風景の中のゴマ素晴らしいですね。
昨日、私も山梨のオオヒカゲ見かけたのですが、撮影する前に逃げられてしまいました。
山梨のゴマは出るはしから採集されてしまうような感じですね。これからの季節は来年のために採集自粛とかしてくれるといいのですが、難しいでしょうね。
Commented by 虫林 at 2008-08-25 14:38 x
thecla さん、
コメントありがとうございます。
同じような場所に行かれたのですね。オオヒカゲは探すとなかなか見つからないのですが、他の目的で来ると出てきて驚かせてくれます。へんな奴ですね。
でも、来年はもう少し本腰をいれてオオヒカゲを探してみようと思っています。
ゴマは採集自粛しないと絶滅しますよね。
by tyu-rinkazan | 2008-08-17 22:09 | ▣オオヒカゲ | Comments(30)