NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20081019 晩秋の河原散歩;ミヤマシジミの青メス (山梨県)

Nature Diary #0214
Date: October 19th, 2008
Place: Hokuto-shi, Yamanashi Pref.
Weather:Fine



§ Diary §

本日は天気が良い。

朝、家内と息子を駅まで送った後に、南アルプスの前衛の山に散歩に行くことにした。登山口の駐車場に車を止めて、ゆっくりと登り始めたが、運動不足がたたって結構しんどい。しばらくすると、林の中から稜線に飛び出した。そこは視界がとても良く、朝の富士山が雲海の向こうにはっきりと見えた。

こんなにくっきりとした富士山を見るのは久し振りのような気がする。

d0090322_6504912.jpg
朝の太陽と富士山 (2008-October-19、韮崎市)

.
Olympus E-510, ZD 8mm FISHEYE, X1.5 Telecon (EC-14), ASA100

d0090322_651235.jpg
富士山 (2008-October-19、韮崎市)

.
Olympus E-510, ZD 35mm Macro, ASA100


ミヤマシジミ; Argyrognamon Blue

南アルプス散歩の帰りに、北杜市の河原のミヤマシジミのポイントに立ち寄ってみた。そこは夏しか訪れたことが無い場所で、晩秋のこの時期の様子はわからない。
目的は青鱗の発達した青メスの撮影だ。

ポイントに到着してすぐに、チラチラと飛翔するミヤマシジミが迎えてくれた。

この時期ではさすがにスレている個体が多いようだが、新鮮なものも時々見ることができた。ミヤマシジミはセンダングサの花でしばしば吸蜜していた。

d0090322_6593948.jpg
。。。。。。。。。。吸蜜するミヤマシジミ♂ (2008-October-19、北杜市)

.
。。。。。。。。。。 Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO, ASA200


この河原には、ミヤマシジミの食草のコマツナギがとても多い。時期的には花の時期を過ぎてしまっているが、オスがたまたまコマツナギの葉に静止したので撮影した。

d0090322_6595986.jpg
ミヤマシジミ♂ (2008-October-19、北杜市)

.
Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO, ASA200

d0090322_701399.jpg
ミヤマシジミ♀ (2008-October-19、北杜市)

.
Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO, ASA200

d0090322_704999.jpg
ミヤマシジミ♀ (2008-October-19、北杜市)

.
Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO, ASA200



青鱗の発達したミヤマシジミ♀; Well-developed blue scales

この時期にミヤマシジミを見にきた目的は、青鱗の発達したメスを探すことだった。

この青鱗の発達したメスは、発生時期を通して見られるみたいだが、秋遅くには青メスの発生率が上がるといわれている。また、この現象は成長期の温度と関係するみたいで、実際に蛹を低温暴露することで、その発生率が上がることが実験的に確かめられている。

青鱗のよく発達したメスは、まるで別種のように美しい。

d0090322_71838.jpg
青鱗の発達したミヤマシジミ♀ (2008-October-19、北杜市)

.
Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO, ASA200

d0090322_712249.jpg
青鱗の発達したミヤマシジミ♀ (2008-October-19、北杜市)

.
Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO, ASA200

d0090322_713794.jpg
青鱗の発達したミヤマシジミ♀ (2008-October-19、北杜市)

.
Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO, ASA200



ミヤマシジミ飛翔; Flying features


d0090322_715385.jpg
飛翔 (2008-October-19、北杜市)

.
Olympus E-3, ZD 8mm fisheye, X1.5 Telecon ‘EC-14), ASA800

d0090322_721197.jpg
飛翔 (2008-October-19、北杜市)

.
Olympus E-3, ZD 8mm fisheye, X1.5 Telecon ‘EC-14), ASA800

d0090322_722587.jpg
。。。。。。。。。。飛翔 (2008-October-19、北杜市)

.
。。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD 8mm fisheye, X1.5 Telecon ‘EC-14), ASA800


秋の日はすぐに傾いてしまう。
ミヤマシジミを撮影していたが、午後3時を過ぎると太陽がかなり低くなり、あたりが薄暗くなってきた。西日をいれて撮影した後に、ポイントを後にした。

d0090322_6534230.jpg
ミヤマシジミ (2008-October-19、北杜市)

.
Olympus E-510, ZD 8mm FISHEYE, X1.5 Telecon (EC-14), ASA800、ストロボ



**************************************************

§Afterword§

南アルプスの前衛の山に登った目的は、タニグチコブヤハズカミキリを探すことだった。昨年は数頭発見できた場所なのだが、今回は残念ながら見ることができなかった。でも本日は天気も良く、富士山や黄葉も楽しむことができた。

北杜市のミヤマシジミは、この時期でもまだ新鮮な個体を見ることができて、さらに青鱗が発達したメスはまるで別種のように美しかった。これほどはっきりしたアオ個体はまだ見たことがなかったので嬉しい。


以上、 by 虫林花山
Commented by ダンダラ at 2008-10-20 11:15 x
支脈に青鱗がこんな感じでのっているのは見たことがないような気がします。
縁毛もきれいだし、新鮮な個体のようですね。
飛翔も相変わらず素晴らしいですね。
Commented by banyan10 at 2008-10-20 22:50
ミヤマの青雌はすごいですね。
秋に栃木へ行く時は探してみるのですが、個体数が少なくまだ見たことないです。
Commented by 虫林 at 2008-10-20 22:51 x
ダンダラさん、
今回のミヤマシジミの青メスは、ファインダーを覗いたときからとても綺麗で驚きました。これほど青が鮮やかな個体は初めてだったので嬉しく思いました。翅脈に沿って青鱗がのっているのも今回が初めてです。
この場所はまだ個体数がある程度あるみたいですので、これから数週間はまだ楽しめそうですよ。
Commented by 虫林 at 2008-10-20 22:53 x
banyanさん、
コメント有難うございます。
青メスは一頭だけでしたが、とても綺麗で嬉しかったです。ただ、なかなか敏感だったのと、翅を完全に開いてくれなかったので、写真としては少し不満が残ってしまいました。これから、もう少し楽しめますね。
Commented by thecla at 2008-10-20 23:51 x
ミヤマ青♀素晴らしく綺麗ですね。
私が昨年6月に撮影した♀も結構青かったですが、こっちの方がのり方がシャープかなと思います。
青♀は宝探しのようで楽しいのですが、いつももっと撮っておけば良かったの繰り返しです(^^;
Commented by spatica at 2008-10-20 23:58 x
ミヤマシジミ、まだいるのですね。
それに青が乗った♀は綺麗ですね~。
タニグチは残念でしたが、またきっと会えるのではないでしょうか。
Commented by maeda at 2008-10-21 06:13 x
これは綺麗な♀ですね。
以前、採集していた頃、これを探したことがあります。
前翅にも青が入っていました。
その後、撮ろうと思っても見つけることが出来ず、未だに再開のチャンスがありません。
Commented by 蝶山人@昼休み at 2008-10-21 11:58 x
ミヤマの青♀初めて見ました。
日本の蝶でこんなのが居たなんて驚きです。
まだまだこのシーズンでも行けるんですね?
Commented by miyu-uni at 2008-10-23 00:47
あまり詳しくないので♂の青が綺麗に見えました。
♀の青鱗が発達したものは珍しいのですね!
蝶の写真はもちろんですが、富士山の写真も
気持ちがいいです(^-^)
Commented by 虫林 at 2008-10-23 07:19 x
thecla さん、
そういえば、theclaさんも以前に撮影されていましたね。
ミヤマシジミの青メスは今までも少し撮影してきましたが、今回のものは本当にはっきりとわかるので、嬉しかったです。
仰るとおりで、小生ももっと撮影しておけば良かったなの繰り返しですね。
Commented by 虫林 at 2008-10-23 07:22 x
spaticaさん、
有難うございます。
今回の青メスは非常に綺麗でしたね。このような強く青がのったのは初めてです。
タニグチは残念でした。まさか1頭も見つけることができないなんて。
でも、こんな事もあるのが自然ですね。
今年もまだチャンスはあると思いますので、チャレンジしてみたいです。
Commented by 虫林 at 2008-10-23 07:24 x
maeda さん、
遅レスでもうしわけありません。
この時期には、他にあまり蝶がいませんので、ゆっくりと青メスを撮影できます。でも、なかなかこれぞ!というものがいないのが残念です。
まだ少しチャンスがありそうなので、探してみようと思います。
Commented by 虫林 at 2008-10-23 07:26 x
蝶山人さん、
今回のようにはっきりとした青メスは初めてです。
さすがに個体数は減ってきているようですが、まだいけそうですよ。
Commented by 虫林 at 2008-10-23 07:29 x
miyu-uniさん、
有難うございます。
ミヤマシジミのオスは青が非常に鮮やかで、この系統のシジミ(ブルース)では、僕は1番好きです。今回の青メスは、今まで見た中で最も綺麗でした。晩秋になると、ヤマトシジミもそうですが、蝶が美しくなります。
富士山は誰が撮影しても絵になる山ですね。
Commented by kmkurobe at 2008-10-23 22:56
青雌綺麗ですねこのようなタイプは始めてみました。面積はやや拾い個体を撮影したことがありますが、このように翅脈に沿って濃く青色が乗っているのは凄いですね。こちらはどうやらミヤマシジミをもって終了したようです。もう白馬では成虫越冬種とボロヒョウモンだけになりました。
長いオフの始まりですね。
Commented by 虫林 at 2008-10-26 14:33 x
kmkurobeさん、
有難うございます。
このタイプの青メスは小生もはじめてみました。もっと青いものを見たいのですが、なかなか見ることができません。
白馬はそろそろオフになりますね。でも、素晴らしい景色をいつも楽しませていただいています。
Commented by eichan at 2008-10-28 22:04 x
はじめまして。
タニグチは、前週に4♂4♀を持ち帰りました。
生息地がとても狭いですよね。
2♂リリースしましたが、残っていませんでしたか?
既に霜が降りていたので、その後の新たな発生はなかったかもしれないですね。
地味な♀の青鱗。とてもきれいですね。
Commented by 虫林 at 2008-10-28 23:42 x
eichanさん、
はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
タニグチはかなり探しましたが、残念ながら、1頭も見つけることができませんでした。確かに先行者の跡があったので、これはダメかなとあきらめた次第です。
でも、どこかでまた探してみたいと思います。
小生も以前はカミキリムシをやっていました。もし宜しければ、これから色々教えていただければ幸いです。
コメント有難うございます。
by tyu-rinkazan | 2008-10-20 07:04 | ▣ミヤマシジミ | Comments(18)