NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20081109 ウラギンシジミの死骸 (山梨県)

Nature Diary #0218
Date: November 9th, 2008
Place: Kofu, Yamanashi Pref.
Weather:Cloudy



§ Diary §

風景; Landscape

d0090322_21385011.jpg
。。。。。。。。。。楓の葉 (11月9日、岐阜県)

.
。。。。。。。。。。Maple leaves (Olympus E-3, ZD35mm MACRO, ASA200)



ウラギンシジミ; Angled Sunbeam

富山県での研究会からは、日曜日の昼過ぎに帰宅した。

夕方、少し調子の悪いコンデジ(GR-D)だけをポケットに入れて、曇り空の下、家の裏の河原道を少しだけ散歩した。肌寒さを気にしてポケットに手を入れながらしばらく歩くと、小さな公園に植栽されているカシの木の下に、周りの環境から浮き出して見える紙の切れ端のようなものが落ちているを見つけた。

--------死んだウラギンシジミだった。

動かないこのチョウを手にとってみると、紙のように軽く、持っているという実感が乏しい。みたところ、翅の下部に少し破損がある以外には麟粉なども良く保たれているようだ。しかし、頭部や胴体などは無い。

ウラギンシジミはかなりの割合で越冬できずに死亡するらしい。このチョウもこのところの寒さで死んだのだろうか。それとも、カマキリかクモあるいは小鳥にでも捕食されたのだろうか。虫林には後者(捕食説)の可能性の方が正しそうな気がした。

自然とは我々の想像以上に厳しいものだ-----------。
d0090322_21392912.jpg
死んだウラギンシジミ (11月9日、山梨県)

.
A dead body of Angled Sunbeam lying on the ground. (GR-D, GW-1, ASA200)


ウラギンシジミが落ちていた場所にある樫の木の葉を注意深く見渡してみると、道路に面した南面の葉裏に、お決まりの逆さまポーズで静止しているウラギンシジミを一頭見つけた。

生きている蝶を見つけて、なぜかホっとした。
d0090322_21394659.jpg
。。。。。。。。。。ウラギンシジミ (11月9日、甲府市)

.
。。。。。。。。。。 An Angled Sunbeam resting under leaf. (GR-D, GW-1 ASA100)


**************************************************

§Afterword§

山梨県から富山県までのアクセスはなかなか難しい。

当初は富山県の砺波市まで飛行機で行こうかとも考えたが、羽田まで行くのが(戻るのが)どうも不合理な気がしてならない。そこで、車を運転していくことにした。富山県までやはり遠かったが(距離380km、4時間50分)、途中の安房峠付近の黄葉はかなり綺麗だったので得をした気分になった。

土曜日に砺波市で行われた研究会後のパーティでは、久しぶりに会った友人たちと楽しい時間を過ごすことができた。講演に招待してくれた友人(Tさん)に感謝したい。

以上、 by 虫林花山
Commented by fanseab at 2008-11-12 07:27 x
ウラギンは越冬明けの春先に時々死骸を見つけますが、この時期は未経験です。落ちていればあれだけ目立つ翅なのに、意外と死骸が見つからないのは丸呑みされるからなんでしょうか?越冬態勢のウラギンを見ると冬の到来を実感しますね。
Commented by ダンダラ at 2008-11-12 07:50 x
死んだウラギンシジミは前翅の形から見ると非越冬型、樫の木のは越冬型のように見えるので、そんなことも関係あるのかなって想像したりしました。
でも頭部や胴体がないということだから捕食なのかもしれないですね。
Commented by mtana2 at 2008-11-12 18:43 x
捕食でしょうかね~。厳しいですね。
毎朝歩いているコースで見つけたウラギンシジミ、いなくなっていました。元気でいてくれるとよいのですが、毎朝の楽しみがなくなってしまいました。
Commented by 虫林 at 2008-11-13 06:38 x
fanseabさん、
コメント有難うございます。
確かにウラギンは越冬できずに死亡するのがかなり多いと思いますが、意外と死骸を見ることができませんね。まるで何かに運ばれてしまうみたいです。冬の時期には、トカゲや昆虫は活動しないので、可能性は鳥かもしれません。
そろそろ冬の時期にはいってしまい、寂しくなります。
Commented by 虫林 at 2008-11-13 06:43 x
ダンダラさん、
コメント有難うございます。
なるほど、翅の形をみると、非越冬型のウラギンの可能性もありますね。非越冬型であれば、寒さのために死んだということで納得できます。頭部や体は死んだ後に食べられたかのかも。。
まだ色々とわからないことが多いです。
Commented by 虫林 at 2008-11-13 06:47 x
mtanaさん、
コメント有難うございます。
ウラギンシジミが越冬する場所は決まっているようですね。昨年はある場所で数頭のウラギンシジミがいつもいたのですが、突然、いなくなりがっかりした経験があります。鳥か何かが犯人だと思いますが、ウラギンはどうしてあんな派手な色で越冬するのかな?
朝の散歩で、是非とも別の個体をまた見つけてください。
by tyu-rinkazan | 2008-11-10 21:40 | ▣ウラギンシジミ | Comments(6)