NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20090222 県南での春探し (山梨県)

Nature Diary #0240
Date: February 22nd (Sunday), 2009
Place: Nanbu-cho, Yamanashi Pref.
Weather: fair



§ Diary §

この時期の散歩は「春探し」。
春は太平洋からやってくる---------はず。

ということで、太平洋に近い南部町を散歩することにした。海に面していない山梨県では、静岡県との境界の町(南部町)が最も太平洋に近いことになる。ちなみに海の無い県(内陸県という)は、全部で8県あるがご存知かな?(答えは日記の最後)


南部町の山あいの小川の脇では、すでにフキノトウが大きく膨らんでいた。このくらいの時期のものが、エグミが少なくて美味いらしい。

小川の傍の小さな春。

d0090322_21572487.jpg
フキノトウ (2月14日、南部町)

.
Butterbur sprouts by the brook
(Olympus E-3, ZD8mm FISHEYE + EC-14)



メジロ; White-eye

メジロが梅の花で無邪気に蜜を吸っていた。

ちなみに、昔から良い組み合わせのことをたとえて「梅にウグイス」という言葉を使う。さらに花札にも梅の花とともにウグイスの絵が描かれていたように記憶している。すなわち、「梅にウグイス」の組み合わせは古くから知られ、今やゴールドスタンダードになっている。

でも、この組み合わせはどうかな?

というのも、虫林はこれまで、梅の木でウグイスの姿を見かけたことが無い。それに加えて、ウグイスは通常は藪の中にいて、梅の木を訪れることは少ないように思う。一方、メジロの方はというと、花の蜜目当てに好んで梅を訪れるのだ。

それらの事を総合的に考慮すると、「梅にウグイス」ウグイスはメジロの誤りの可能性があるのかもしれない(両者は大きさや色合いは似ているので)。

「梅にメジロ」 「藪にウグイス」 ならしっくりくるのに------。

d0090322_2227522.jpg
梅にメジロ (2月22日、南部町)

.
A white-eye and Japanese plum
(Olympus E-3, Sigma 150mm Macro)



モンキチョウ; Pale Clouded Yellow

さすがにこの時期では、県南部の南部町でもチョウの姿は少ない。うらうらと歩きまわっているうちに、広い水田に面した斜面でやっとモンキチョウ♀を1頭見ることができた。

モンキチョウならば南部まで来ることも無いが、発見するとやはり嬉しい。

d0090322_2225025.jpg
モンキチョウ♀ (2月22日、南部町)

.
A female of Pale Clouded Yellow nectaring on the flower of dandelion
(Olympus E-3, ZD8mm FISHEYE + EC-14)



キタテハ; Chinese Comma

キタテハも現れ、ホトケノザやオオイヌフグリの花で吸蜜し始めた。

d0090322_2253572.jpg
オオイヌノフグリで吸蜜するキタテハ (2月22日、南部町)

.
A Cinese Comma nectaring on the flower
(Olympus E-3, Sigma 150mm Macro)



タチツボスミレ; Viola grypoceras

d0090322_2254820.jpg
タチツボスミレ (2月22日、南部町)

.
Viola grypoceras
(Olympus E-3, Sigma 150mm Macro)


**************************************************

§ Afterword §

例年ならば、この時期にチョウの撮影は難しいが、今年は容易に撮影できる(モンキチョウやキタテハのみ)。あまり暖冬のせいにするのもいかがなものかと思うが、それにしても今年の冬は暖かい。

来る成虫シーズンのために、冬の間になるべく色々な場所を訪れて、自然の状態や地形の様子などを観察してみたいと思っている。


内陸県:栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県、奈良県の計8県。


以上、 by 虫林花山
Commented by chochoensis at 2009-02-23 07:01 x
虫林さん、南に行かれたのですね・・・もうすぐ=春=楽しみですね・・・「梅にウグイス」まさにそのとおりなので頷けます・・・流石ですね。
Commented by Noreen05 at 2009-02-23 21:59
内陸県は8県もあるのですねー!内陸県ではありませんが私も内陸に住んでいますので海を見ると心がトキメキます。海までの距離で考えると結構内陸です(笑)
皆さんのBlogを拝見していても「梅にメジロ」が圧倒的ですね・・・なぁ~るほどって感心しきりです。
春らしい画像にウットリ・・・こちらは地吹雪舞う寒い日々が続いています。
Commented by 虫林 at 2009-02-24 08:55 x
chochoensisさん、
この時期の「春探し」はなかなか楽しいものですね。梅にウグイスはどうしても納得できないのです。やはり梅にはメジロが似合うように思います。ご賛同いただきありがとうございます。
Commented by 虫林 at 2009-02-24 08:59 x
Noreenさん、
内陸県8県はいずれも山岳県で、多くは隣り合っています。たしかに内陸に住んでいますと海を見るとときめきますね。こちらでは梅の花が満開で、そこここにメジロたちが遊んでいます。そちらは厳しい冬のさなかですが、冬が厳しいほど春の美しさ、ありがたさ、楽しさがわかるのだろうと思います。春はもうすぐですね。
Commented by ダンダラ at 2009-02-24 12:35 x
確かにウメに来るのはメジロですね。この前はウメにスズメが来ていましたが、こちらの組み合わせもあんまり見たことないなと思いました。
1枚目のフキノトウの写真いいですね。
蕗味噌にして日本酒と一緒に食べるのが我が家(私)の春の撮影行の楽しみです。
Commented by 虫林 at 2009-02-24 23:29 x
ダンダラさん、
梅の花の時期はメジロがとても多くて、こんなに沢山何処にいたのかと思うくらいです。でも、ウグイスは一度も見たことがないのでとても不思議でした。
蕗味噌は小生も大好きです。でも、家内があまり好きでないようなので、食べるのは僕だけなの残念です。今年も少しだけつくってみようと思っています。
Commented by 愛野緑 at 2009-02-25 23:13 x
皆さん春の蝶を順調に撮影されていますね。私はまだ成虫を撮影していません(^^;
このキタテハは色も褪せて無くてとても綺麗ですね。
Commented by 虫林 at 2009-02-27 11:42 x
愛野緑さん、
コメントありがとうございます。
春に羽化した蝶は、まだ数が少ないのと、気温が低いと飛ばないので、撮影はまだ簡単ではなさそうです。でも、普通種でも撮影できるとうれしいですね。
キタテハも普通種ですが、この時期にはうれしいです。是非とも日当たりの良い場所を散歩してみてください。
Commented by アッキーマッキー at 2009-03-01 20:48 x
虫林さん、こんにちは
ご無沙汰してます。先週は、春探しにはちょうど良かったでね。僕も日当りの良いところで、ヒオドシチョウも見ましたが、今週の雨でだいじょうぶかな?と思ってます。
蕗の薹の天ぷら、うまいのですが、大きくなりすぎるとえぐみが強く、毎年用心して小さいうちに食せるように見張ってます。今年は、今日のお昼に見たらすっかり大きくなってしまって駄目です。やっぱり暖冬のせいでしょうか?
虫林さんも本格的な虫の観察に向けて内陸県で下調べを始めたのですか?僕も春のスミレの算段もしています。今年は、ナガハシスミレなど6種類新たに自分のライブラリーに加えることと、もう一度満足の行くスミレの写真を取り直そうと考えています。
それと、うちの近所の数カ所に湧き水と山葵を見つけてびっくりです。近況まで。
Commented by 虫林 at 2009-03-02 12:46 x
アッキーマッキー さん、
コメントありがとうございます。
スミレの季節になりましたね。ナガハシスミレは信州などではたくさん咲いていますが、残念ながら山梨県ではナガハシスミレを見た記憶がありません。スミレの写真は花の色を忠実に出すことがとても難しいように思います。また、被写体として優れた株を見つけるのも一苦労ですね。
今年もスミレの写真を楽しみにしています。
Commented at 2009-03-04 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tyu-rinkazan | 2009-02-22 22:09 | Comments(11)