NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20090329 ミヤマセセリの小径 (山梨県)

Nature Diary #0245
Date: May 29th (Sunday), 2009
Place: Kofu-shi, Yamanashi Pref.
Weather:fair



§ Diary §

里山では、山桜の花が淡いピンクの彩りを添え、コブシの花もすでに満開で茫々とした褐色の山肌に白いアクセントを加えている。芽生え時のパステルグリーンから夏色のダークグリーンに至るドラマティックな色彩の変遷は、何度経験しても、幾つになってもワクワクするものだ。

この時期にはフィールドを歩けるだけで嬉しい。

武田の杜の散歩道を歩き始めるとすぐ下にある広場では、桜の花が満開だった----春爛漫

d0090322_231620.jpg
桜 (3月29日、甲府市)

.
A peaceful landscape with cherry blossom
(Olympus E-510, ZD8mm + EC-14)



ミヤマセセリ; Spring flat

本日は野暮用があって遠出できない。
ならば、ミヤマセセリの翅裏面撮影のために武田の杜を再訪することにした。

武田の杜は他の場所よりもミヤマセセリの数が多いように思えるが、とくにこのセセリチョウが多い巡回コースを、虫林は「ミヤマセセリの小径」と名付けた-----勝手に名付けるなよ。

「ミヤマセセリの小径」に到着して歩きだすと、期待通りに次々と黒っぽいセセリが飛び出した。

d0090322_2332670.jpg
石の上で日光浴をするミヤマセセリ♂ (3月29日、甲府市)

.
A male of Spring flat basking on the stone.
( Olympus E-3, ZD8mm + EC-14)


ミヤマセセリ(ダイミョウセセリも)は翅を開いて静止するのが普通で、翅裏を撮影することは容易ではない。でも、このセセリは、翅を開いて静止した後に、翅を閉じることがあるのに気づいた。

そこで、目の前の枝先に静止したミヤマセセリを観察していると、しばらく翅を開いた後に期待通りに翅を閉じてくれた。

d0090322_2334726.jpg
枝先で静止するミヤマセセリ♂ (3月29日、甲府市)

.
A male of Spring flat resting on the top of branch.
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO,外部ストロボ)


さらに、近づいて翅裏を近接撮影した。

ミヤマセセリの翅裏には、濃い褐色の地に薄黄色の紋が並び、さらに良く見ると金粉のような粉が散りばめられている。また、春先に発生してくる蝶に共通する特徴だと思うが、ミヤマセセリもかなり毛深い。

d0090322_2371882.jpg
枝先で静止するミヤマセセリ♂ (3月29日、甲府市)

.
A male of Spring flat resting on the top of branch.
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO,外部ストロボ)


目の前に静止したミヤマセセリは、翅に良く目立つ大きな白い紋があった。
今年初めてお目にかかるメスだ。

d0090322_2381056.jpg
ミヤマセセリ♀ (3月29日、甲府市)

.
A female of Spring flat resting on the top of branch with the wings opened.
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)


蝶の多くではメスは地味な色彩でオスの方が派手で美しい。しかし、中にはオスよりもメスの方が美しい種類もある。ミヤマセセリもそんな蝶の一つだろう。

d0090322_2382534.jpg
ミヤマセセリ♀ (3月29日、甲府市)

.
A female of Spring flat
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)


d0090322_2383995.jpg
ジュウニヒトエの花で吸蜜するミヤマセセリ♀ (3月29日、甲府市)

.
A female of Spring flat feeding on the flower
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)

d0090322_2385388.jpg
ジュウニヒトエの花で吸蜜するミヤマセセリ♂ (3月29日、甲府市)

.
A male of Spring flat feeding on the flower
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO、外部ストロボ)


ミヤマセセリの飛翔写真は難しい。黒っぽくて小さい上に、飛び方が非常に不規則で動きを予測しがたいからだ。撮影には外部ストロボを併用した。

d0090322_239976.jpg
ミヤマセセリの求愛飛翔 (3月29日、甲府市)

.
Courtship flight of Spring flats
(Olympus E-410, ZD8mm + EC-14,外部ストロボ、外部ストロボ、トリミング)

d0090322_2392431.jpg
ミヤマセセリの求愛飛翔 (3月29日、甲府市)

.
Courtship flight of Spring flats
(Olympus E-410, ZD8mm + EC-14,外部ストロボ、トリミング)

d0090322_2393984.jpg
ミヤマセセリの飛翔 (3月29日、甲府市)

.
Courtship flight of Spring flats
(Olympus E-410, ZD8mm + EC-14,外部ストロボ、トリミング)

**************************************************

§ Afterword §

今週も武田の杜を散歩した。

チョウの撮影では、翅をいかに開かせるかを工夫することが多い。今回はそれとは逆で、翅を閉じた状態の撮影が課題になった。何とか撮影でき、今回の目的を達する事ができたが、翅裏撮影の難易度はミヤマセセリよりもダイミョウセセリの方が高そうだ。


ウーム、今年もそろそろギフチョウに会いたくなった。



以上、 by 虫林花山
Commented by maeda at 2009-03-30 05:46 x
ミヤマセセリの飛翔は撮影が難しいです。
これは凄く良い感じで撮れていますね。
昨年私も撮りましたが、僅かに2枚しか使い物になりませんでした。
パスト連射だと簡単なのかもしれません。
Commented by 蘭丸 at 2009-03-30 06:22 x
おはようございます。ミヤマセセリが翅をたたんでいる姿。
セセリチョウなのに、新鮮に感じました。求愛飛翔も凄いですね。
今年は、ミヤマセセリに逢える場所へ行けないので、地元では・・・逢えるかな。
Commented by fanseab at 2009-03-30 07:39 x
難関のミヤマセセリ翅裏撮影成功おめでとうございます。これで課題クリアですね。閉じるタイミングを計られての撮影、貴殿の観察眼の賜物ですね。こちらもベニシジミ翅裏撮影と格闘していましたよ!
Commented by clossiana at 2009-03-30 08:21
ミヤマセセリの翅裏の撮影、おめでとう御座居ます。翅裏の撮影どころか一連の写真は、この蝶の全てを撮りつくされているように思います。個人的には7番目の写真が一番好きです。未だ羽化してから日が経っていない様子で、とても綺麗です。
Commented by chochoensis at 2009-03-30 10:47
虫林さん、=ミヤマセセリ=の翅裏の写真・・・はじめて拝見しました。素晴らしいですね・・・飼育したときに一度こういう場面がありましたが、野外では超難関なのではないでしょうか・・・素敵です!
Commented by banyan10 at 2009-03-30 16:50
先日も似たように翅を少し立てるミヤマセセリがいましたが、このようにしっかりは裏面が見えませんでした。やはり撮ろうと思って狙うのがよいのでしょうね。
求愛飛翔は見事ですね。ミヤマセセリは雄同士の絡んだ飛翔しか見た記憶がありません。
ジュウニヒトエの吸蜜もいいですね。以前に見かけたことはあるのですが、撮影できませんでした。
Commented by grassmonblue at 2009-03-30 19:35 x
ミヤマセセリづくし、撮りたいテーマだったので涎涎です。
先週は撮影に出かけたときに限って天気が悪くて(-_-;)でした。
このチョウの飛翔など神業としか思えません。
それにしても、もう桜が満開なんですね。
Commented by 愛野緑 at 2009-03-30 23:25 x
難易度の高い飛翔撮影おめでとうございます。わたしは翅裏より飛翔の方がより難しいと思いますよ。飛んでいても早い、小さい、保護色、でカメラを向けられません・・・。
Commented by 虫林 at 2009-03-31 05:37 x
maedaさん、
ミヤマセセリの飛翔は本当に不規則で、なかなか近くに寄らせてもらえないので難しいです。仰るとおりで、パスト連射だと意外に簡単かも知れませんね。
Commented by 虫林 at 2009-03-31 05:41 x
蘭丸さん、
ミヤマセセリはご存知のようにコナラの林にいますので、探してみる価値があると思います。でも、神奈川辺りならやはり山地に入らないと難しいかな。
Commented by 虫林 at 2009-03-31 05:45 x
fanseabさん、
有難うございます。何とか課題のミヤマセセリの裏面写真を撮影できましたので、ホッとしています。でも、課題のためにいくつか新しい発見があり喜んでいます。ベニシジミの写真は凄いですね、後でコメントさせていただきます。
Commented by 虫林 at 2009-03-31 05:47 x
clossianaさん、
有難うございます。ミヤマセセリの裏面撮影は今年の課題になっていましたので、撮影できて嬉しいです。ミヤマセセリはまだ交尾の写真が撮影できていないのでこれからですね。メスは本当に綺麗でした。
Commented by 虫林 at 2009-03-31 05:49 x
chochoensisさん、
有難うございます。意外に撮影できているようでできていないのがミヤマセセリの翅裏でした。今回は何とかその機会がありましたので、近接撮影で翅裏を撮影する事ができました。ホッとしています。
Commented by 虫林 at 2009-03-31 05:53 x
banyanさん、
ミヤマセセリは半開翅の状態で翅を立てる事はありますので、うまくすれば裏面は見ることが可能ですが、閉翅するのは少ないですね。
ミヤマセセリは♂同士の絡みだと直ぐ離れてしまい撮影はできませんが、♂♀の絡みの場合は結構長いこと絡んでくれますので、そのときがチャンスでした。
Commented by 虫林 at 2009-03-31 05:56 x
grassmonblue さん、
季節の歩みはとても速いものですね。とくにこの桜の咲くこの時期はあっという間に過ぎてしまうので、じっくり楽しみたいと思っています。
ミヤマセセリは、メスが出始めたので、撮影されるのはこれからが本当に面白いと思います。
Commented by 虫林 at 2009-03-31 05:59 x
愛野緑さん、
有難うございます。ミヤマセセリの飛翔はパスト連射で飛び立つ瞬間を撮影すると容易かもしれませんが、通常は画面に入れることさえ難しいのと、黒いのでストロボを用いた方が良さそうです。でも、求愛飛翔の時がチャンスだと思います。お試しあれ。
Commented by kenken at 2009-03-31 07:34 x
ご無沙汰いたしております。
すわっ!もう、撮影モード全開ですね!
ミヤマセセリはなかなかすばしっこくて見失いがちですが、これは良い感じで捉えましたね。
外部ストロボで、ハイスピード・シンクロ・・・えぇもんです。今シーズンは、私もストロボ購入しているので、いろいろ試してみようと思います。
♀の翅表、見惚れる美しさです。
Commented by ダンダラ at 2009-03-31 09:31 x
ミヤマセセリの翅裏も飛翔もすごいですね。
どちらかひとつでも難関なのに、一日で両方クリアとはすごいです。
飛翔は、おっしゃるように軌道が一定しないので難しいですね。
先日トライしようと思ったけど見ているだけでした。
もっともこの日は別に捜し物がありましたけど。
Commented by 虫林 at 2009-04-01 08:03 x
kenkenさん、
コメントありがとうございます。ストロボもシャッター速度全速同調できるハイスピードシンクロ機能のものだと、背景をぼかしたり、飛翔写真にはとても有用ですね。今年もいろいろ試してみるのも楽しいですね。
Commented by 虫林 at 2009-04-01 08:06 x
ダンダラさん、
ありがとうございます。
翅裏も何とか満足できるくらいの近接撮影ができました。飛翔の方は結構大変でした。でも、オスとメスの求愛飛翔では、うまくすれば他の蝶とほぼ同じ要領で撮影できることがわかりました。オスとオスでは絡んでもすぐに離れるので、ノーチャンスでした。
これからいろいろな蝶が出てきますので楽しみです。
Commented by アッキーマッキー at 2009-04-01 22:20 x
こんにちは、虫林さん
ミヤマセセリ、よく撮れていますね。いつも蝶にこれだけ接近できることにまず感心しております。僕はまだまだ修行が足りません。
僕のホームページ、どうも具合が悪いので、一時的に?エキサイトブログに間借りしました。良かったら覗いてみて下さい。
Commented by ヒメオオクワガタ at 2009-04-02 20:37 x
ミヤマセセリの横顔って、こんだけアップにすると
ふっくらしてチャ-ミングですね!!!
生き物の素晴らしさが遺憾なく表現されていて脱帽
です。
Commented by 虫林 at 2009-04-03 09:25 x
アッキーさん、
ミヤマセセリは何とか近接撮影に成功してほっとしています。今回はハイスピードシンクロのストロボを用いたので、バックのボケはそのままでストロボ効果を出してみました。
エキサイトブログにされたのですね、これでそちらへのアクセスが非常に楽になりました。画面が重いと性能の悪いPCではなかなか難しかったです。のちほどリンクしておきますね。
Commented by 虫林 at 2009-04-03 09:29 x
ヒメオオクワガタさん、
コメントありがとうございます。
蝶の近接撮影しますと蝶にはそれぞれ異なった表情があることが見えてくるような気がしています(蝶ばかりではありませんが)。ときどきその表情の面白さに驚くこともありますね。ミヤマセセリはおっしゃるとおりでなかなかチャーミングだと思います。
Commented by kmkurobe at 2009-04-05 20:09
遅まきながら・・・・・
ミヤマセセリの飛翔すごいものですね・・・・
こちら本日よりシーズンインしましたが、飛翔はまるでついていけませんでした。しばらくトレーニングが必要のようです。
Commented by 虫林 at 2009-04-05 22:31 x
kmkurobeさん、
有難うございます。ミヤマセセリの飛翔は通常の方法では結構難しいですね。でも、オスとメス(オスとオスではなく)の絡みの時はチャンスですよ。是非ともお試しを。
by tyu-rinkazan | 2009-03-29 23:25 | Comments(26)