NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20090404 春雨とキスミレ (山梨県、静岡県)

Nature Diary #0246
Date: April 4th (Saturday), 2009
Place: Asagiri Highland, Shizuoka Pref.
Weather:cloudy and rain



§ Diary §

本日(土曜日)はギフチョウに会うために、いそいそと県南部のポイント(富士川流域)を訪れた。しかし、天気は朝から曇りがちで昼近くになって少し日が差したものの気温が上がらない。

どうやら僕は選択を誤ったようだ----------ウーム、これではいくら待ってもギフチョウは飛ばない。not my day。



春景; Spring Landscape

あちらこちらの山では、桜や桃などの花々が山肌を飾るように咲き誇っている。
一年中で最も美しい----桜花爛漫

d0090322_2211933.jpg
桜花爛漫(4月4日、笛吹市)

Cherry blossoms in full bloom
(Olympus E-3, ZD16-60mm)



キスミレ; Viola orientalis

キスミレの自生地に到着して間もなく危惧していた雨が降り出してしまった。まあ、雨が降っても花の撮影は可能なので(むしろ良い場合もある)、傘をさして林の中をゆっくりと探索して見た。春雨の中の散歩も風情があって良いものだ。

どういうわけは当初はなかなか見つけることが出来なかったが、しばらくすると枯葉の堆積した林床にポツポツと黄色い花の小さなスミレが可憐な姿を見せてくれた。

d0090322_22124341.jpg
キスミレ (4月4日、富士宮市)

Viola orientalis
(Olympus E-510, ZD8mm + EC-14)


群生することなく孤立性に咲くキスミレの花はどこか頼り無げで、どこか愛らしくて、どこか楚々としていて愛おしく感じる。

d0090322_2212587.jpg
キスミレ (4月4日、富士宮市)

Viola orientalis
(Olympus E-510, ZD8mm + EC-14)


キスミレは現在ではその数が著しく減少し、多くの県で絶滅危惧種の指定を受けている。幸いなことに富士山周辺では局所的ではあるがまだ見ることができるのが嬉しい。

d0090322_22131114.jpg
キスミレ (4月4日、富士宮市)

Viola orientalis
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)

d0090322_22132789.jpg
キスミレ (4月4日、富士宮市)

Viola orientalis
(Olympus E-3, 150mm MACRO)



フモトスミレ; Viola sieboldii

d0090322_22134097.jpg
フモトスミレ (4月4日、富士宮市)

Viola sieboldii
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)



ナガバノスミレサイシン; Viola bissetii

d0090322_22135336.jpg
ナガバノスミレサイシン (4月4日、富士宮市)

Viola bissetii
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)



ミヤマセセリ; Spring flat

日曜日は所用があって遠出はできず、用が終わった午後3時過ぎから再びミヤマセセリの小径を散歩した。目的はミヤマセセリのメスの翅裏撮影である(オスは先週に撮影成功)。

そろそろ日が傾く時間帯だというのに多くのミヤマセセリが姿を見せてくれた。

メスが飛び出したので、その後を追っていると、突然、オスが飛んできてメスに求愛を迫ってきた。2頭はしばらく同じ石の上に静止していたが、メスにその気がないことを悟ったオスは諦めたように飛び去っていった。

d0090322_22182740.jpg
ミヤマセセリの求愛行動 (4月5日、甲府市)

A courtship behavior of Spring Flats
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)


ススキの枯葉に静止したメスのミヤマセセリを逆光で裏側から撮影してみた。

d0090322_22143567.jpg
ミヤマセセリ♀の翅裏 (4月5日、甲府市)

A female of Spring Flat resting on the dry leaf.
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)


翅裏撮影はメスの方がオスより難易度が高いようだ。

何頭ものメスを追ってみたがなかなか翅裏撮影はできなかった。とにかく、メスは地面に静止してもすぐに翅を開いてしまい閉じることがないのだ。

諦めかけていた時、少し離れた前方に静止したメスを見ると、何と翅を閉じていた。すわ、千載一遇のチャンス到来とばかりに慌てて数枚を撮影した。さらなる近接撮影はできなかったが、一応、メスの裏面を撮影できた。

しかし、まだまだ満足できるレベルではない。この写真はトリミングして掲載している。


d0090322_22145214.jpg
ミヤマセセリ♀の翅裏 (4月5日、甲府市)

A female of Spring Flat resting on the dry leaf with the wings closed
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO、トリミング)

**************************************************

§ Afterword §

今年はまだギフチョウに会っていない。

ギフチョウの撮影のために勇躍県南部のポイントを訪れたが、はっきりしない天気と低気温のためだろうかその姿を見ることができなかった。残念であるが、虫屋は「泣く子と天気には勝てない」のだ。そういえば、昨年はこの場所に来る途中で、車の底を打ってしまい、レッカー車で運ばれたことを思い出す。その後に購入した車はダートに強いので安心だ。

キスミレは数が年々減っているように思える。この場所でも以前に多くの株を見ることができた斜面では絶滅してしまったようだ。少し心配である。

この時期はフィールドを歩けるだけでワクワクする。



以上、 by 虫林花山
Commented by bjynp at 2009-04-05 23:00
虫林さん、こんにちは
そちらに行かれたんですね。今週末は、高尾山、伊豆半島などに出かけておりました。すでに、キフは先週から飛んでいます。最近は、スミレがメインになって、蝶の撮影は二の次です。エキサイトブログにも載せてますので、よかったら覗いて下さい。またの機会にお会いできれば幸いです。
アッキーマッキー
Commented by ダンダラ at 2009-04-05 23:35 x
土曜日は天気がすっきりしませんでしたね。
前日にたにつちさんが撮影に成功されているようですから、天候のせいで出てこなかったのでしょうね。
黄スミレは昨年見に行きましたが、ポイントが良くわからず撮影できませんでした。
良いスミレですね。
Commented by chochoensis at 2009-04-06 14:27 x
虫林さん、=キスミレ=いまだに観察出来ないでいます・・とても風情があって素敵な写真ですね、いつか撮影してみたいものです・・・。
Commented by banyan10 at 2009-04-06 17:01
キスミレは毎年見させていただいていますがよいですね。
ミヤマセセリ雌の裏面は貴重ですが、要求が高いようなので大変ですね。
Commented by ヒメオオクワガタ at 2009-04-06 20:25 x
ミヤマセセリ♀の裏面チャレンジするところ
が凄いですね!
初心者の私は早く彼女の表面を撮影したい
と狙っています。
Commented by kmkurobe at 2009-04-06 20:51
キスミレも見事ですが、さすがのオリンパス・・・・ブルーが綺麗ですね。
ミヤマセセリいい感じですね。
Commented by 霧島緑 at 2009-04-06 22:42 x
ミヤマセセリの撮影頑張られていますね。刺激されます。1種をきっちり追っていくと思いがけないシーンに出会ったりすることがありますね。
ギフチョウの写真が見られないのは残念ですが、次回は大きな成果を期待しております。週末だけは良い天気になってもらいたいですね。
Commented by 虫林 at 2009-04-07 08:37 x
bjynpさん、
この時期にはスミレも気になります。ことしこそコミヤマスミレを見つけてみたいと思っていますが、どうなることやら。
Commented by 虫林 at 2009-04-07 08:39 x
ダンダラさん、
この場所は年々ギフの個体数が少なくなっているようです。もう一方の場所は今年も結構飛んでいると聞きました。この時期のギフは天気に依存しているので、思うようには行かないです。
キスミレは撮影した場所では数が少なくなっていて驚きました。
Commented by 虫林 at 2009-04-07 09:49 x
chochoensisさん、
キスミレは小さくてとてもかわいいスミレです。
いつかご一緒できると良いですね。
Commented by 虫林 at 2009-04-07 09:51 x
banyanさん、
ミヤマセセリのメスの翅裏撮影はとても大変そうです。なかなか満足できる写真が撮影できません。是非ともご協力をお願い申し上げます。
あまりオスと差がないのですが-----。
Commented by 虫林 at 2009-04-07 09:53 x
ヒメオオクワガタさん、
ミヤマセセリはこれからさらに個体数が増えますので、ぜひともチャレンジしてください。さらにメスが出てくると生態的に面白い場面が見ることができるので、翅裏だけではなく、交尾の写真も撮影できたら最高ですね。
Commented by 虫林 at 2009-04-07 09:55 x
kmkurobeさん、
ありがとうございます。
オリンパスの発色は少し個性があって、ペンタックスと違うようで戸惑うこともあります。Sonyは比較的自然で好感が持てますね。
Commented by 虫林 at 2009-04-07 09:57 x
霧島緑さん、
ギフチョウは玉砕してしまいました(笑)。でもこれからがシーズンなので楽しみにしています。こちらこそ霧島緑さんのギフチョウのすばらしい写真に刺激を受けていますよ。
Commented by mtana2 at 2009-04-14 23:25 x
コメントが遅くなりました。(^^ゞ
黄色のスミレはよいですね~。キスミレはまだ見たことがないので、憧れます。群生しないのもよいです。
Commented by 虫林 at 2009-04-15 20:12 x
mtanaさん、
コメント有難うございます。
キスミレは富士山の周囲に多いとは言え、実際に見つけるとなると意外に難しいものです。日本では阿蘇が有名です。
このスミレはとてもかわいいので、毎年1回は会いたくなるスミレです。
by tyu-rinkazan | 2009-04-05 22:20 | ■野花 | Comments(16)