NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20090426 武田の杜散歩:春型アゲハなど(山梨県)

Nature Diary #0249
Date: April 26th (Sunday), 2009
Place: Kofu, Yamanashi Pref.
Weather:Cloudy and Fine




§ Diary §

午前中は雲が多かったが、昼近くになると綺麗に晴れた。しかし、風が非常に強く、日差しのわりに気温は高くない(今日は東北や北海道では雪が降ったというのだから驚いた)。

武田の杜の駐車場脇の展望台から、甲府市街と雲の帽子をかぶった富士山を撮影した。ここからは写真のように、富士の裾野の下の部分が前衛の御坂山塊によって隠されてしまう。
-----少し残念だ。

d0090322_22204244.jpg
富士山 (4月26日、甲府市)

.
Mt. Fuji
Olympus E-3, ZD12-60mm



ヒゲコメツキ; Pectocera fortunei

新緑の林の中を散歩していると、体長 3cm くらいはあろうかという非常に大きなコメツキムシを見つけた。鞘翅の模様からはじめはシモフリコメツキかとも思ったが、それにしても大きすぎる。
ウーム、大きさや色彩はヒゲコメツキだ。

このヒゲコメツキのオスは以前にも撮影したことがあるが、触角が櫛状でとても立派だ(この虫の名前にもなっている)。今回発見した虫は触角が普通なのでメスなのだろう。

昨年の観察が6月だったので、4月の発生はかなり早いと思う。

d0090322_222115.jpg
ヒゲコメツキ♀ (4月26日、甲府市)

.
Pectocera fortunei
Olympus E-3, ZD8mm + EC-14


今年は今まで虫の目レンズのGyoromeを使用する機会がなかった。そこで、リュックからしばらくぶりにGyoromeレンズを出して拡大撮影を行った。

顔をアップして見ると、この目がなかなか可愛い。

d0090322_22211677.jpg
ヒゲコメツキ♀ (4月26日、甲府市)

.
Pectocera fortunei
Olympus E-3, ZD50mm + EC-14 + Gyorome, 内臓ストロボ



ルイスアシナガオトシブミ; Henicolabus lewisii

コナラなどの葉の上をゆっくり見ながら歩いて行くと、赤いオトシブミが静止していた。どうやら葉を後食していたらしいが、気配に気づいて動き出してしまった。

この虫の透明感のある赤色はとても綺麗だ。

d0090322_22213144.jpg
ルイスアシナガオトシブミ (4月26日、甲府市)

.
Henicolabus lewisii
Olympus E-3, ZD50mm + EC-14 + Gyorome, 内臓ストロボ



コミスジ; Common Sailer

d0090322_22214779.jpg
コミスジ (4月26日、甲府市)

.
Common Sailer
Olympus E-3, ZD50mm + EC14



サカハチチョウ; Large Map Butterfly

タンポポで吸蜜している春型のサカハシチョウを見つけた。

しばらくは大丈夫だろうと思い、のんびりとレンズを交換していたところ、あに図らんや、シャッターを数枚きったところで飛び去ってしまった。

裏面には金色のスジが入り、何となくゴージャスにみえるじゃないか。

d0090322_2222521.jpg
サカハチチョウ (4月26日、甲府市)

.
A Large Map Butterfly feeding on the flowers
Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO



ツマキチョウ; Yellow Tip

ツマキチョウの多い小径を見つけた。

とても小型で弱々しく飛ぶが、意外に静止してくれない。見ていると、オスがメスに求愛を行った。残念ながら交尾までには至らなかったが、求愛の飛翔写真は何とか撮影できた。

d0090322_22222190.jpg
ツマキチョウの求愛 (4月26日、甲府市)

.
Courtship flight of Yellow Tips
Olympus E-3, ZD8mm + EC-14



キアゲハ; Swallowtail

丘の上部にある公園に植栽されているツツジの花に、多くのアゲハ類が訪れていた。ツツジの群落はコンクリートの階段の脇なので、座ってアゲハたちが飛来するのを待てば良い。------ウーム、すこぶる楽。

ここには赤紫、白、オレンジなど数種類の色のツツジの花があるが、アゲハたちは決まってオレンジ色のキリシマツツジの花を好んで吸蜜していた。

アゲハはオレンジ色がお好き?

この時期に出現する春型のキアゲハは小型で、翅は明るいクリーム色の地に黒い線がくっきりと入ってとても美しい。ツツジの花は蜜の量が少ないためだろうか、一つの花での吸蜜時間(数秒)が短くて落ち着きが無い---------撮影は意外に難しかった。

d0090322_22223762.jpg
吸蜜するキアゲハ (4月26日、甲府市)

.
A Swallowtail showing spring type feeding on the orange colored flowers of azalea in the mountain park.
Olympus E-3, ZD12-60mm


今まで蝶の飛翔写真には8mm魚眼にX1.4のテレコンバーターを装着して撮影していたが、今回は12-60mmのズームレンズを使用して見ることにした。

このレンズは広角側でF2.8と明るく、最短撮影距離が25cmなので、アゲハくらいの大きさの蝶の飛翔写真には適している。

d0090322_22225185.jpg
飛翔するキアゲハ (4月26日、甲府市)

.
A flying feature of Swallowtail
Olympus E-3, ZD12-60mm, Trimming (+)



アゲハ; Chinese Yellow Swallowtail

欧米でSwallowtail(アゲハチョウ)はキアゲハをさす。一方、ナミアゲハの英名はChinese Swallowtailというらしい。すると、キアゲハが本来アゲハと呼ばれるに相応しいことになるのかも知れないね。

そういえば、アゲハは中国を中心に東アジアに分布する。数年前の4月に所用で中国の武漢市(Wuhan)を訪れた時、散歩で訪れた丘の稜線で多数のナミアゲハを見かけ、そこが中国であることに不思議な気持になった。

アゲハの春型は「色白美人」だ。
飛翔も比較的穏やかで、楚々とした雰囲気を持っている。

d0090322_2223830.jpg
ツツジの花で吸蜜するアゲハ (4月26日、甲府市)

.
A Chinese Yellow Swallowtail feeding on the flowers of azalea
Olympus E-3, ZD12-60mm

d0090322_22232445.jpg
飛翔するアゲハ (4月26日、甲府市)

.
Flying feature of Chinese Yellow Swallowtail
Olympus E-3, ZD12-60mm



クロアゲハ; Spangle

アゲハやキアゲハとともに時々クロアゲハもツツジの花に飛来した。

黒いアゲハの仲間を総称してカマクラアゲハと呼ぶことがあるらしいが、何でカマクラという名前なのかは知らない。虫林は鎌倉の傍で育ったが、当時はモンキアゲハを見るには鎌倉まで行かなければならなかったので、虫林にとってカマクラアゲハはモンキアゲハだ。

d0090322_22233985.jpg
クロアゲハ (4月26日、甲府市)

.
A Spangle feeding on the flowers of azalea
Olympus E-3, ZD12-60mm

d0090322_22235733.jpg
飛翔するクロアゲハ (4月26日、甲府市)

.
A flying feature of a Spangle
Olympus E-3, ZD12-60mm, Trimming (+)

d0090322_22241396.jpg
飛翔するクロアゲハ (4月26日、甲府市)

.
A flying feature of a Spangle
Olympus E-3, ZD12-60mm, Trimming (+)



カラスアゲハ; Bianor Peacock

d0090322_22243087.jpg
カラスアゲハ (4月26日、甲府市)

.
A Bianor Peacock feeding on the flowers of azalea
Olympus E-3, ZD12-60mm


**************************************************

§ Afterword §

午前中は雲が多く、不安定な天気に思えたので、遠出はしないで近場を散歩した。

近場にアゲハ類が集まる公園を見つけたことは嬉しい。その公園で観察できたアゲハの仲間は、ナミアゲハ、キアゲハ、カラスアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハだ。すると、低山で撮影できるオナガアゲハ、ミヤマカラス、ジャコウアゲハ以外は撮影できることになる。



以上、 by 虫林花山
Commented by 蘭丸 at 2009-04-27 08:56 x
▼ 虫林san、おはようございます。
  春ですねぇ!!!私も、毎日、アゲハの仲間を追っています。

  サカハチは、後翅端の青紋がワンポイントのおしゃれですね。
  春型のキアゲハは大好物です。カラスアゲハは、此方では少ないので羨ましいです。
  今日は、ナガサキ狙いで行こうかな。と、思っております。
Commented by banyan10 at 2009-04-27 17:13
今年はアゲハチョウ科はウスバシロしか撮影していません。
これだけ見れると初夏の気分ですね。
春型アゲハはやはり綺麗ですね。
Commented by chochoensis at 2009-04-27 21:40 x
虫林さん、=ルイスヒゲナガオトシブミ=初めて拝見しました・・・前脚のぷっくりした感じが凄いですね・・・=ヒゲコメツキ=も未だ観察したことが無いです・・・素晴らしいですね・・・。
Commented by cactuss at 2009-04-27 22:47
ツツジに吸蜜に来る春型のアゲハ類は今の時期、いい被写体ですね。でも、いろいろなアゲハが吸蜜に来て、いいところですね。飛翔写真は皆、すばらしい出来です。
Commented by アッキーマッキー at 2009-04-27 23:58 x
虫林さん、こんばんは
日曜日は、ホント寒かったですね。それにもかかわらず、たくさんの蝶が飛んでいたんですね。おとしぶみは、撮影しようとすると、みずから落ちてしまってなかなか撮影できません。

Commented by 虫林 at 2009-04-28 08:13 x
蘭丸さん、
春型のアゲハたちは綺麗ですね。この時期にはツツジがポイントとなるみたいで、小生も良い場所を見つけたと思っています。
そちらではナガサキアゲハまで見ることができるとは、時代は変わりましたね。うまく会えるといいですね。
Commented by 虫林 at 2009-04-28 08:15 x
banyanさん、
ウスバシロも探してみましたが、こちらではまだ見かけていません。羨ましいですよ。まだまだアゲハ類はこれからですので、楽しめますね。
Commented by 虫林 at 2009-04-28 08:20 x
chochoensisさん、
御免なさい名前を間違えました。ルイスヒゲナガオトシブミではなくてルイスアシナガオトシブミでした。このオトシブミはそれほど珍しくはないので、注意深く葉の上を見ていけば見つかると思います。是非とも見つけてください。ヒゲコメツキは昨年はクロミドリシジミを探しているときに、しばしばクヌギの木の梢を飛んでいました。4月に見れるとは意外でした。このオスは立派ですよ。
Commented by 虫林 at 2009-04-28 08:22 x
cactussさん、
ツツジの花でのアゲハ類の撮影は、とても面白いですね。この場所ではツツジの木が小さくて飛翔写真が撮りやすいのでラッキーでした。
これからミヤマカラス、オナガアゲハなども撮影したいと思っています。
Commented by 虫林 at 2009-04-28 08:26 x
アッキーマッキー さん、
おっしゃるとおりで、オトシブミに限らず甲虫は、不用意に近づくとポロっと落ちてしまうことが多くて、今まで何度も悔しい思いをしてきました。
ゆっくりと観察してから、注意深く撮影したいと思っています。
スミレはゲンジスミレの咲き残りが1株だけあって、すでに花を終えたイブキスミレをたくさん見かけました。
Commented by ダンダラ at 2009-04-28 12:49 x
近くにこんなにたくさんアゲハの来る場所があっていいですね。
広角ズームでの飛翔写真は素晴らしいです。
魚眼よりも自然な感じがあって好きです。
Commented by 虫林 at 2009-04-28 13:50 x
ダンダラさん、
実はアゲハ類を撮影した公園は、ダンダラさんの奥様のご実家の裏山です。以前ムラシのポイントを教えていただいたときに、オオミドリシジミの越冬卵を見つけたことを思い出し、オオミドリの幼虫の撮影に行ったのです。幼虫は案の定見つかりませんでしたが(笑)、駐車場から上に上る階段脇にツツジが植栽されていてそこに多くのアゲハ類が訪れていたのです。楽に撮影できますので、いつかお試しを。ただ、来館者が多いのが玉に傷ですが。
Commented by maeda at 2009-04-28 21:34 x
ツツジとアゲハは切っても切れない関係ですね。
こちらでもミヤマカラスとツツジを狙います。
アゲハの種が少ないので、いろいろなバリエーションは無理ですが、楽しいものです。
Commented by grassmonblue at 2009-04-29 10:48 x
ぼくの場合もカマクラチョウといえば、モンキアゲハをイメージします。
東京にいてモンキは神奈川に多いようだと思ったからです。
でも、カマクラチョウという呼び名が出来た時、おそらくモンキアゲハは鎌倉にはいなかったでしょうね。
ところで、奥多摩の山村で実際にカマクラチョウと言っていたご婦人(年配)に会ったことがあります。その時は大型のオナガアゲハとカラスアゲハを言っていました。そこでは大型の黒いアゲハを言っているのだと思われました。
Commented by furu at 2009-04-30 20:53 x
良い公園ですね。顔ぶれが人里の蝶という感じですね。
うちの近所にもツツジが沢山咲いていて山に接している公園があるので行ってきましたが、アゲハ類はゼロでした。
ルイスアシナガオトシブミはマッチョでかっこいいですね。
Commented by 虫林 at 2009-04-30 21:03 x
maedaさん、
アゲハ類はツツジの花がとても好きみたいですね。
以前、帯広を6月の初めに訪れた時に、北海道のミヤマカラスの春型がタンポポの花に多数集まっているのに感激しました。北海道のミヤマカラス(特に春型)は本当にきれいですね。
Commented by 虫林 at 2009-04-30 21:07 x
grassmonblue さん、
カマクラチョウという呼び名がいつできたのかわかりませんが、小生の子供の頃には、モンキアゲハに会うには鎌倉まで行かなければならず、湘南電車から横須賀線に乗りついで行きました。それゆえ、カマクラチョウというとモンキアゲハがすぐに脳裏に浮かびます。
たぶん、一般的にはご指摘のように、大型の黒いアゲハをカマクラチョウと呼んでいたみたいですね。
Commented by 虫林 at 2009-04-30 21:10 x
furuさん、
コメントありがとうございます。
以前のfuruさんのブログで、アゲハ類の素晴らしい飛翔写真を見て感激した覚えがあります。そこも多分、山の上だったのでしょうね。ここは、個体数がかなり多く来るので良いところですよ。
ルイスアシナガオトシブミは特に前足の赤いふくらみが気に入っています。
by tyu-rinkazan | 2009-04-26 22:34 | Comments(18)