NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

2011年 06月 30日 ( 1 )

201100625 クリの花咲く頃: ヒメシジミほか

Nature Diary #397

エゾハルゼミの鳴き声が響く森の小道。

この時期、クリの花が満開で、草いきれと花の匂いに少し息苦くなるような気さえします。本日(25日)の目的は、アイノやメスアカなどの金緑色に輝くクリソゼフィルスですが、どういうわけかその姿を見ることができませんでした。そこで、ウラクロポイントを覗いてみると、何人かの同好者にお会いできました。

少しご一緒した後、一人で近くの高原に移動しました。しばらく草原の中をうらうらと歩いて行くと、新鮮なヒメシジミを数頭発見しました。広角レンズで追いかけ、何とか富士山をバックにヒメシジミの撮影ができました。でも、枯れススキが邪魔なのと富士山に雲がかかっているのが残念です。

d0090322_2353053.jpg
ヒメシジミと富士山 (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 60D, Sigma 24mm F1.8 EX DG Aspherical Macro, ASA400, Trimming (+)



この時期の高原には、蝶の姿をあまり見かけませんでしたが、ギンイチモンジセセリやアサマイチモンジが時々現れて虫林を喜ばせてくれました。それにしても日陰が無い草原は暑いですね。

d0090322_2354421.jpg
キンポウゲの花で吸蜜するギンイチモンジセセリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



この高原には新鮮なアサマイチモンジが多いようでした。

d0090322_2355829.jpg
アサマイチモンジ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



クリの花には蝶だけではなくて、色々なカミキリムシが訪れていました。キマダラカミキリは枯れ枝にいそうなカミキリムシですがクリの花に良く集まります。

d0090322_23612100.jpg
クリの花に来たキマダラカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 60D, Sigma 24mm F1.8 EX DG Aspherical Macro, ASA400



クスベニカミキリは稀なカミキリではありませんが、かといって簡単に見ることができるものでもありません。この虫の赤色は光沢があって、なかなか味わい深い美しさを感じます。

d0090322_2362473.jpg
クリの花に来たクスベニカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



立てかけた竹にベニカミキリが集まっていました。

d0090322_2372281.jpg
ベニカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



d0090322_2373957.jpg
リンゴカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400



d0090322_2375283.jpg
チチブニセリンゴカミキリ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400


d0090322_238418.jpg
ヒメアトスカシバ (富士河口湖町、6月25日)

.
Canon EOS 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400


§ Afterword §

クリの花が咲く頃は、昆虫たちが活発に活動する時期でもあります。チョウに加えてカミキリムシも多く出ているので、目移りして困ります。

実は週末は山梨県のキマルリを撮影しようと午後からそのポイントに行きましたが、天気が笹子トンネルを越えたとたんにドン曇りで、結局キマルリは現れてくれませんでした。来年以降の宿題ですかね。



以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2011-06-30 23:09 | Comments(14)