NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

カテゴリ:▣コミスジ( 2 )

20161106 里山の散歩道:クズの葉でコミスジの越冬幼虫をみつけた

DIARY Vol.11 (736): #33, 2016 :

ブゴグの記事は僕のフィールド散歩のアーカイフですので定期的に更新してきましたが、このところ記事をつくる時間がとれませんでした。本日(土曜日)は所用で松本に向かう「特急あずさ」の車中で久しぶりにブログを書きました。車窓から外をみると先日降った雪がところどころまだら状に残り、見はるかす八ヶ岳や南アルプスの山々はすっかりと雪化粧していました。


フィールドの晩秋

2週間ほど前、自宅からほど近い里山の小道をのんびり散歩しました。すでに木々の葉は冬に向かって褐色に色を変え始めている。春から初夏のみずみずしい新緑の季節も良いものですが、葉が落ちる前の茶が枯れた景色には、ジョン・コンスタブル(イギリスの風景画家)の絵に見るようなそこはかとない哀愁を感じることができます。

d0090322_2255317.jpg
----晩秋の里山
----
(November-06-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM)


林の中の小道を歩いた。
赤や黄色い実を見つけた。

d0090322_22555664.jpg
d0090322_22562235.jpg
----木の実
----
(November-06-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM)



コミスジの幼虫

クズの葉でコミスジの越冬幼虫を探してみました。クズはとにかくたくさんあるので、幼虫が潜む葉をなかなか見つけることができませんでした。でも、しばらく探していると枯葉の中にその姿がありました。

越冬幼虫探しは「宝探し」みたいで楽しいです(見つけることができればね)。

d0090322_22564532.jpg
----コミスジの幼虫
----
(November-06-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF8-15mm F4L USM, Fisheye)


コミスジの越冬幼虫は長さが2cmくらいはあります(大きい)。

成虫の大きさ(翅を含める)はオオミスジが最も大きく、ついでミスジチョウ、コミスジはこの3種の中では最も小型です。でも、越冬幼虫の大きさは逆で、コミスジが最も大きく、ついでミスジチョウ、オオミスジの幼虫はコミスジの半分以下くらいしかありません。面白いものですね。

d0090322_22573417.jpg
d0090322_22571183.jpg
----コミスジの幼虫
----
(November-06-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM)


真上からみるコミスジの幼虫。
魚のような模様をしている。

d0090322_2258648.jpg
d0090322_22583068.jpg
----コミスジの幼虫
----
(November-06-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM)

d0090322_22594479.jpg
d0090322_230091.jpg
----コミスジの幼虫
----
(November-06-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF100mm F2.8L IS USM)


虫眼鏡ノート

これから虫屋にとっては「耐える季節」になります。神様がいなくなる月(10月)という意味で「神無月」という言葉があります。虫屋にとって12月から翌2月の間は成虫の姿を見なくなる「虫無月(むしなづき)」になりますね。 
 虫無月でもできるだけフィールドに出たいと思う。



Written by 虫林花山


by tyu-rinkazan | 2016-11-27 23:02 | ▣コミスジ | Comments(2)

20151108 秋雨の散歩道:コミスジの幼虫を見つけた

DIARY Vol.10 (696): #58, 2015 :  

本日はせっかくの日曜日なのに朝から生憎の雨模様。
こんな日は家でほっこりするのも良いが、週に一度はフィールドを散歩したい。
そこで昼食後に、近くの雑木林の周りを傘を差しながら歩くことにした。



秋色(黄色〜レンガ色)に色づく葡萄棚

面白いことに、棚の色合いが微妙に異なっている。
これは葡萄の種類が異なるため-----かも知れない。

d0090322_23232354.jpg
---- A Landscape of Vineyard with Autumn Colour-- (Shikishima-cho in Yamanashi)

--------November-08/2015, Canon EOS 6D, EF100mm Macro IS USM



コミスジの幼虫を見つけた

クズの葉の一部が枯れている部分で茶色い幼虫を発見。
本日の散歩の課題にしたコミスジの幼虫にちがいない。

d0090322_23234946.jpg
------A Catterpillar of Common Glider-- (Shikishima-cho in Yamanashi)

--------November-08/2015, Canon EOS 70D, EF8-15mm FISHEYE USM


コミスジの幼虫は、背面の模様が魚の形。
とくに、後部は金魚の尾ヒレみたい。

d0090322_23242768.jpg
---- -A Catterpillar of Common Glider-- (Shikishima-cho in Yamanashi)

--------November-08/2015, Canon EOS 70D, EF8-15mm FISHEYE USM, Macro twin light MT-24EX


横から見ると波打った枯れ葉みたいだ。

d0090322_2326068.jpg
---- -A Catterpillar of Common Glider-- (Shikishima-cho in Yamanashi)

--------November-08/2015, Canon EOS 6D, EF100mm Macro IS USM, Macro twin light MT-24EX


TG-3の顕微鏡モードで深度合成。
体に細かい毛が密生しているのがわかる。

d0090322_23262978.jpg
d0090322_23265417.jpg
-----A Catterpillar of Common Glider-- (Shikishima-cho in Yamanashi)

--------November-08/2015, Olympus Stylus Tough TG3


まだ緑色が残る葉でもコミスジの幼虫を見つけた。
この幼虫はうっすらと緑色を帯びている。

d0090322_23271769.jpg
d0090322_2327447.jpg
-----A Catterpillar of Common Glider-- (Shikishima-cho in Yamanashi)

--------November-08/2015, Canon EOS 6D, EF100mm Macro IS USM, Olympus Stylus Tough TG-3



擬態の名人 キノカワガ

地衣類がついた斜面で偶然キノカワガを見つけた。
何度見てもすごい擬態だな。

d0090322_2328846.jpg
-----Blenina senex-- (Shikishima-cho in Yamanashi)

--------November-08/2015, Olympus Stylus Tough TG3



??虫眼鏡ノート

秋も深まり肌寒い季節になってきた。

本日は小雨模様だったので、傘を差しての散歩になった。嬉しいことにクズの葉にコミスジの幼虫を見つけることができた。コミスジの幼虫は今年の課題だった。興味深いのはまだ緑色が残る葉では幼虫も緑色を帯びていたことだった(擬態?)。擬態といえば、地衣類が付着した斜面で「擬態の名人キノカワガ」も見つけることができた。昆虫たちの擬態はいつも巧みなものだ。

今月は毎週のように出張があって落ち着かない。でも、週末の日曜日だけは何とかフィールドに出たいと思っている。このところ万歩計を持参しているが、先週、東京に滞在した時に水道橋から御茶ノ水まで歩いて、1日で2万歩を超えた。いつか1日3万歩にも挑戦したいと思っている。

Written by 虫林花山





by tyu-rinkazan | 2015-11-08 23:28 | ▣コミスジ | Comments(4)