NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

20080427 初夏の里山散歩:オオルリとクリストフコトラ (山梨県北杜市)

Nature Diary #0166

Place: Hokuto-shi, Yamanashi Pref.
Date: April 27th (Sunday)
Weather:Mainly fine



愛車考
数週間前、県南の山の中で愛車(フォルクスワーゲン・ゴルフワゴン)を路面の岩にぶつけてお釈迦にしてしまった(ミッションの破損)。-----修理代(レッカー代も含む)は全て保険でカバーできたが、実は昨年も同じところでオイルパンを破損し、胆を冷やした覚えがある。虫林は車に対して車種や形にこだわりはなく、機能やスピードにも特別な興味があるわけではない。しかし、車が山の中で故障して動かなくなるのだけは困るのだ。

結局のところ、通常の車高の車では、虫林が好んで行く未舗装の山道を走るのはすこぶる危険であることは間違いない。そこで、家内の強い薦め(命令)もあって、ワーゲンを手放し、山道に強いスズキのジムニーを新規購入することにした。いわば 「転ばぬ先のジムニー」 なのだ?

かくして、この小さな4輪駆動車が虫林の足になったのである。
これからはもっと奥地までいけそうだ。-----懲りていない。


**************************************************


§ Diary §

昨日(土曜日)は、所用で朝から京都に行き、夜遅くに帰宅した。京都では短い時間ではあったが、市内に住む息子とも久しぶりに会い近況を聞く事ができた。

日曜日は朝起きると晴れ。

そこで、新しい愛車のジムニーの初乗りもかねて、北杜市の散歩道まで行くことにした。
先週、クリストフコトラカミキリ(以下、クリストフ)をそこで見つけたが、満足のいく写真が撮影できていない。今週こそ虫の目レンズで撮影してみたいのだ。

季節の歩みは速いものだ。数週間前まで冬枯れていたコナラの林も今は若葉をまとい、まぶしい初夏の光を反射して緑の輝きに満ちている。のんびりと緑の光に包まれて歩いていくと、命の鼓動が聞こえてくるようだ。

d0090322_22354194.jpg
。。。。。。。。。。。。緑に輝く新緑の小道 (2008-April-27, 北杜市)

.
。。。。。。。。。。。。Green livery of early summer
.
。。。。。。。。。。。。Olympus E-3, ZD100mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200
。。。。。。。。。。。。(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


小川の横で大きな声の囀りが聞こえた。声の主を探すと青い鳥(オオルリの♂)だった。オオルリはマレー半島あたりから飛来する夏鳥(summer visitor)で、同じく夏鳥のキビタキとともに鮮やかな色彩で好きな鳥である。

メーテルリンクの「青い鳥」という話がある。オオルリを見るたびに、チルチルの探した「幸せの青い鳥」のことを連想してしまう。オオルリは虫林にとって幸せの青い鳥かもしれない。

オオルリの青は、緑の森中でまぶしいくらいに輝いていた。
d0090322_22374854.jpg
オオルリ♂は幸せの青い鳥?(2008-April-27, 北杜市)

.
A Blue-and-White Flycatcher is one of common summer visitors and usually found in the forest near stream.
.
Pentax K10D, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


アカシデの葉の上で、ナナフシの幼虫を見つけた。
まだ小さいのに前足を揃えて前に伸ばす格好は、成虫と同じなのが可愛い。
d0090322_2238168.jpg
アカシデの葉上のナナフシの幼虫 (2008-April-27, 北杜市,)

.
Phraortes elongatus
.
Olympus E-3, ZD100mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200
(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


コナラの幼木の葉にヒメクロオトシブミを見つけた。とても小さい上に、敏感なのでなかなかゆっくりとは撮影させてもらえない。
d0090322_22381432.jpg
コナラの葉上のヒメクロオトシブミ (2008-April-27, 北杜市)

.
Apoderus erythrogaster
.
Olympus E-3, ZD100mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200, トリミング
(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


タンポポの花が沢山咲いていたが、その中の1本にヒメヒラタタマムシが訪れていた。大きなヤマトタマムシに比較すると、かなり小さいがそれでもれっきとしたタマムシの形だ。
d0090322_2238283.jpg
タンポポの花を訪れたヒメヒラタタマムシ (2008-April-27, 北杜市)

.
Anthaxia proteus
.
Olympus E-3, ZD100mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200
(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


先週と同じ伐採木が積んであるポイントに到着したが、クリストフはなかなか見つからなかった。しかし、一頭みつけるとその後は次々に見ることができた。

材上をかなりのスピードで歩き、さらに静止しないので、初めは50mmマクロで撮影する事さえ難しかった。これでは、虫の目はおろか広角写真も絶望的に思えた。

しかし、クリストフを観察して行くにしたがって、彼らの集まる木が同じミズナラでも好みがあることや、材で静止する場所などがわかってくると、意外に近づけることを発見した。そこで、なんとかgyoromeで、クリストフコトラの虫の目写真を撮影する事ができた。
d0090322_2240335.jpg
虫の目像:材上のクリストフコトラカミキリ (2008-April-27, 北杜市)

.
Plagionotus christophi
.
Olympus E-3, ZD100mm F2.0 Macro + EC14 + Gyrome 8, ASA 200, 内蔵ストロボ
(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


クリストフコトラを虫の目レンズで撮影している最中に、大きなオスが突然やってきて、あろうことか目(レンズ)の前で交尾してしまった(レンズから1cmも離れていない)。ファインダーをのぞきながらビックリした。オスはメスに比べてかなり大きく、上に乗っているとメスの姿が隠れてしまう。-------上(↑)の写真と同じ視野。
d0090322_22404647.jpg
虫の目像:交尾するクリストフコトラカミキリ (2008-April-27, 北杜市)

.
Plagionotus christophi
.
Olympus E-3, ZD100mm F2.0 Macro + EC14 + Gyrome 8, ASA 200, 内蔵ストロボ
(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)

d0090322_22405989.jpg
虫の目像:交尾するクリストフコトラカミキリ (2008-April-27, 北杜市)

.
Plagionotus christophi
.
Olympus E-3, ZD100mm F2.0 Macro + EC14 + Gyrome 8, ASA 200, 内蔵ストロボ
(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


目の前でミヤマセセリのメスが枝に静止した。この後、このミヤマセセリはコナラの幼木の周りをうろうろして、産卵したようにみえた。しかし、残念ながら、今回も産卵シーンは撮影できなかった。
d0090322_22412890.jpg
。。。。。。。。。。。。ミヤマセセリ (2008-April-27, 北杜市)

.
。。。。。。。。。。。。Erynnis montanus montanus
.
。。。。。。。。。。。。Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
。。。。。。。。。。。。(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


驚いたことにコミスジもすでに発生していた。もちろん今年の初見である。
d0090322_22414132.jpg
コミスジ (2008-April-27, 北杜市)

.
Neptis Sappho intermedia
.
Olympus E-3, ZD100mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200
(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


甲府市周辺ではヒカゲスミレは少ない。小川の横の湿地で、ヒカゲスミレを見つけた。このスミレはタカオスミレほど紫ではないが、中間的な色彩を示した。
d0090322_22415549.jpg
ヒカゲスミレ (2008-April-27, 北杜市)

.
V. yezoensis
.
Olympus E-3, ZD100mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200
(2008-April-27, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)

**************************************************

§Afterword§
これから連休に入るが、この時期は多くの昆虫が発生する。
車も新しくなったことだし、ギフチョウやヒメギフチョウの撮影にも行きたいと思うが、うまく日程が調整できればよいのだが------。
by tyu-rinkazan | 2008-04-27 22:47 | ■カミキリムシ | Comments(16)

20080420 春の里山散歩:ゲンジスミレ他 (山梨県北杜市)

<b><font color="#800000"><SPAN STYLE="line-height:3.5mm">Nature Diary #0165</font></b>
<font color="#006060">
Place: Hokuto-shi, Yamanashi Pref.
Date: April 20th (Saturday)
Weather:Mainly cloudy</font></span>

<font color="#990000">鯉のぼり</font>
端午の節句には、子供たちの健康を祈って 「鯉のぼり」 をあげる。しかし、昨今は街中で「鯉のぼり」を見ることがめっきり少なくなってしまったように感じる。寂しい事だ。

下の写真は、甲府市の郊外で見かけた風景であるが、最近では写真のように鯉のぼりを集めて群泳させることが流行っているようである。本物のコイ(鯉)は群れで泳ぐので、鯉の習性を考えればこの方が理に適っているかもしれないね。でも、それにしても数が多すぎるか。

鯉を家族にたとえて、空を泳ぐ鯉のぼり--------いつまでも残って欲しい。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23355634.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>鯉のぼりの群泳</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">In those days and still nowadays, carp pennants (Koinobori) are flown to celebrate Boy’s Day. This is a lanscape of carp pennants swiming in a large group like real carps.</SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Kofu-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>

<center><font color="#800000">**************************************************</font></center>
<font color="#006060"><b>§Diary§</font></b>

スミレを探しながら林の中を歩いていると、幹が1回転した木(ヒノキ)に出くわした。
ウーム、きっとこの木は<u>虫林のように根性が曲がっているに違いない、それとも性格がねじれているのだろうか。</u>

<span style="color:rgb(0,153,51);">♪♪この~木なんの木 気になる木~♪♪</span>
とにかく変な木だ。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23275972.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>幹が1回転した変なヒノキ</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080"> A Japanese cypress tree with its trunk spinning (around) 360 degrees </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


作業道路の上や脇の斜面を見ながらゆっくりと歩いて行くと、ハルリンドウ、キジムシロなどの春の草花とともに、スミレの仲間も咲き誇っていた。スミレでは、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、イブキスミレ、アカネスミレ、エゾタチツブスミレさらには目的のゲンジスミレも見られた。

今回目的としたゲンジスミレは、隔離的な分布 (青森県から岩手県の太平洋側、中部地方から関東地方の内陸部、岡山県、愛媛県の四箇所) を示し、またどの自生地でも数は少ないといわれている。

ゲンジスミレは伐採のために新しく作られた道でその姿を多く見かけた。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23282853.jpg
<font color="#ffffff">。。。。。。。。。。。。</font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>斜面に自生するゲンジスミレ </b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#ffffff">。。。。。。。。。。。。</font><font color="#408080"> V. variegate var. nipponica </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff">。。。。。。。。。。。。</font><font color="#808080"><small>Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm F2.8 EX Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff">。。。。。。。。。。。。</font><font color="#808080"><small>(2008-April-19, Kofu-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


ゲンジスミレという名前は、葉の裏が<span style="color:rgb(0,0,255);">紫色→紫式部→源氏物語</span>からきたもののようである。そういわれてみれば、紫式部のみやびな雰囲気があるような------ないか?

ゲンジスミレは姿の良い株がとても少ない。多くは花茎が地面に垂れてしまう。
この写真の花はバランスがよいので、見つけたときはとてもうれしかった。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_2329042.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>ゲンジスミレ </b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">V. variegate var. nipponica </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>

<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23291258.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>ゲンジスミレ </b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">V. variegate var. nipponica </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


ゲンジスミレの花弁はほんのりとピンクがのり、その中心部に近い部分は黄色から黄緑色に色づいている。花弁の付け根の内面には比較的太い毛が密生している。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23292430.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>ゲンジスミレ </b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">V. variegate var. nipponica </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>Olympus E-3, ZD50mm F2.0 Macro + EC14, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


毎年、ヒナスミレが咲くポイントがある。帰りに立ち寄ったところ、ちょうど花期を迎えていた。
ヒナスミレは通常、一株に1から2輪の花をつけるが、写真のように多数の花をつけるものもある。

スミレの花業界(こんなの無い)では、王様がサクラスミレだとすれば、女王様はヒナスミレといわれている。確かにピンクの花色のヒナスミレには女性的な美しさがあるようだ。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_073258.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>ヒナスミレ</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080"> V. tokubuchiana var. takedana </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small> Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm F2.8 EX Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


葉に斑の入ったフイリヒナスミレを見つけた。

フイリヒナスミレは、通常のヒナスミレに比較して、花色が白っぽいことが多いが、この株では綺麗なピンク色をしていた。----今回のベストショットか
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_23294955.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>フイリヒナスミレ</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080"> V. tokubuchiana var. takedana </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small> Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm F2.8 EX Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>


ヒナスミレが咲く場所では同時にエゾアオイスミレも認められた。エゾアオイスミレはヒナスミレよりも直射日光を嫌い林の中に見られることが多い。
<SPAN STYLE="line-height: 0mm">
d0090322_2330189.jpg
<font color="#ffffff"></font><font color="#800000">◆</font><font color="#006060"><b>エゾアオイスミレ</b></font><font color="#800000">◆</font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 3mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height:4.5mm"><font color="#408080">V. collina </SPAN></font>
<SPAN STYLE="line-height: 1mm"><font color="#ffffff"><small>. </small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 4mm"><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small> Pentax K10D, Sigma DC 18-50mm F2.8 EX Macro, ASA 200</small></font></SPAN>
<SPAN STYLE="line-height: 2mm"></font><font color="#ffffff"></font><font color="#808080"><small>(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.) </small></font></SPAN>

<center><font color="#800000">**************************************************</font></center>
<font color="#006060"><b>§Afterword§</font></b>
日本はスミレ王国といってよいほど、スミレの種類が多い。
毎年、この時期になるとゲンジスミレの花にカメラを向けていたが、今までどうしても良い写真が撮影できていなかったのだ。今回はゲンジスミレの花が良かった。

蝶も花もと贅沢は言わない!
とにかくこの時期は、フィールドをゆっくり歩けるだけで良いのだ。
by tyu-rinkazan | 2008-04-22 23:41 | ■野花 | Comments(12)

20080420 春の山散歩:クリストフコトラカミキリ他 (山梨県北杜市)

Nature Diary #0164

Place: Hokuto-shi, Yamanashi Pref.
Date: April 20th (Sunday)
Weather:Mainly cloudy and sometime sunshine


新緑の候
息を切らして山道を登った。切り株に腰を下ろして、汗を拭きながら振り向くと、新緑の山は淡いピンクの山桜をまじえて薄っすらと浅黄色に色づいていた。新緑の候------一番好きな季節になった。
d0090322_505880.jpg
新緑の山

.
This is a typical landscape of mountains at mid-spring time; they are covered with green and mixed with the spots of pink. The season is changing very rapidly.
.
Olympus E-3, ZD 50mmMacro + EC14, ASA 200
(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)

**************************************************

§Diary§
日曜日は久しぶりに天気も回復した。
朝起きて、NHKの「さわやか自然百景」を見た後に、家から車で30分ほどのフィールドに出ることにした。第一の目的はゲンジスミレとクリストフコトラカミキリを見ることだ。何しろ車はまだ代車なので遠出はできない。

車を止めて、伐採のための小道を歩き始めたが、先週の雨のためか、森からしみ出した水が小川のようになって小道の上を流れている。ぬかるんですこぶる歩き難い。

目の前に紫の花をつけたミツバアケビを見つけた。アケビと葉の形などは似ているが、花色は全く異なるので驚いた。ミツバアケビの新芽や花は山菜になるらしい。大きな花が雌花で、先にかたまっているのが雄花。
d0090322_51176.jpg
ミツバアケビ

.
Akebia quinata
.
Olympus E-3, ZD 50mmMacro + EC14, ASA 200
(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


小道から見下ろす斜面に、テリ張りしているシータテハを見つけた。他のチョウがくるとスクランブル攻撃をしていたが、また同じ場所に戻ってくる。そこで、ゆっくり斜面をくだって、シータテハを撮影した。今年、初めて撮影する越冬明けのシータテハである。キタテハに比較して、翅色が濃い赤茶色なので、遠めにみてもそれとわかる。
d0090322_513774.jpg
テリ張りをするシータテハ

.
Polygonia c-alubun hemigera
.
Olympus E-3, Sigama 150mm Macro+EC14, ASA 200
(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)

d0090322_20284473.jpg
テリ張りをするシータテハ

.
Polygonia c-alubun hemigera
.
Olympus E-3, Sigama 150mm Macro+EC14, ASA 200
(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


小さなコツバメが突然目の前から飛び出したので、目を凝らして行方を追っていたところ、枯れた草に静止した。何しろ小さく、飛んでいるときは青黒いので、目で追うことさえ難しい。

折れた枯れ枝とコツバメの静止位置が、面白いパターンを示しているように思える。
d0090322_20293495.jpg
。。。。。。。。。。。。コツバメ

.
。。。。。。。。。。。。 A Tailless Hairstreak resting on the twig
.
。。。。。。。。。。。。 Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
。。。。。。。。。。。。(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


ゆっくりと坂道を登っていくと、ミヤマセセリが何頭も足元から飛び出してくる。よく見るとすでに♀が多くなっているようだ。このチョウの交尾や産卵は今まで見たことがないが、なぜ見ることができないのだろうか。
d0090322_2055361.jpg
ミヤマセセリ♀

.
Erynnis montanus
.
Olympus E-3, ZD50mm Macro+EC14, ASA 200
(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


山の上では、かなり広範に伐採作業が行われているようだ。切り出されて道の脇に積まれた木をゆっくりと注意深く見ていったが、目的のクリストフコトラカミキリはなかなか見つけることが出来なかった。出現していても良い時期なのだが--------。

そこで、なるべく林の中に残されたミズナラの伐採木を見ていくことにした。息を切らして登った稜線の近くの林の中の伐採木上で、とうとう目的のクリストフを見つけた。しかしクリストフはとても敏感で、撮影できたのは見つけた4頭中1頭だけにとどまった。

クリストフコトラカミキリは大きさ1cm以上ある立派なトラカミキリの1種である。このカミキリは、比較的太い材に集まるみたいだ。クリストフを見つけた木の太さを表すために、かなり引いて撮影している。写真では小さくて見難いので、カミキリは→をつけている。
d0090322_5258.jpg
クリストフコトラカミキリ

.
Plagionotus christophi
.
Olympus E-3, ZD50mm Macro + EC14, ASA 200
(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


クリフトフコトラは、コトラ(小さなトラカミキリ)という名前がつけられているが、決してトラカミキリとしては小さな方ではない(むしろ大きい)。比較的早い時期に出現し、また個体数がそれほど多くないのと翅の模様が独特なので、カミキリ屋には人気がある。

山梨県では少ない種ではないが、分布はかなり局地的といえよう。
d0090322_20304219.jpg
クリストフコトラカミキリ

.
Plagionotus christophi
.
Olympus E-3, ZD50mm Macro + EC14, ASA 200
(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


伐採木上を歩いていたベニヒラタムシを見つけた。この虫は扁平でユニークな形態と鞘翅が鮮やかな紅色を示すのでとても綺麗だ。近縁にルリヒラタムシがいるが、こちらはもっと大型で、瑠璃色の翅をもつ。

両種とも樹皮下に住む昆虫なのにどうしてこんなに派手な色になるのだろうか(多分交尾のときには樹皮下から外に出る?)。
d0090322_20305388.jpg
ベニヒラタムシ

.
Cucujus coccinatus
.
Olympus E-3, ZD50mm Macro + EC14, ASA 200
(2008-April-20, Hokuto-shi, Yamanashi Pref.)


帰り際、桜の花でヒナルリハナカミキリを見つけた。ヒナルリハナカミキリはハムシに似ているが、れっきとしたハナカミキリの仲間である。

ヒナルリハナカミキリは小さくて地味なカミキリムシだが(サクラの花弁の大きさと虫の大きさを対比して欲しい)、Gyoromeで拡大して見ると、なかなかしぶくて格好が良いではないか。
d0090322_2031168.jpg
ヒナルリハナカミキリ

.
Acmaeops minuta
.
Olympus E-3, ZD 50mmMacro+EC14+gyorome, ASA 200
(2008-April-20, Kofu-shi, Yamanashi Pref.)

d0090322_20313094.jpg
ルリマルノミハムシ

.
Nonarthra cyaneum
.
Olympus E-3, ZD 50mmMacro+EC14+gyorome, ASA 200
(2008-April-19, Kofu-shi, Yamanashi Pref.)

**************************************************

§Afterword§

本日は一日中、厚い雲が空を覆っていたが、その切れ間から時々日が差した。でも、薄曇の天気にもかかわらず、花や昆虫たちが虫林を温かく迎えてくれたので良かったと思う。

今回は上にあげた蝶達のほかに、スギタニルリシジミ、ルリシジミ、ヒオドシチョウ、キタテハ、キチョウなどを見ることができた。また、甲虫では美しいマスダクロホシタマムシが目の前に静止したが、カメラを用意している間に飛び去ってしまった。残念だ。クリストフコトラカミキリをはじめ、伐採木に集まる甲虫たちはこれからさらに増えてくると思う。

この場所では、多数のゲンジスミレを見ることができた。スミレ関係の記事は後日アップしたいと思う。
by tyu-rinkazan | 2008-04-20 20:33 | ■カミキリムシ | Comments(18)

20080412 スミレの花色再現

Nature Diary #0163

Place: Nagasaka-cho, Kofu-shi, Yamanashi Pref.
Date: April 12th (Saturday)
Weather: fair


スミレの花色
虫林はスミレの花が好きで、この時期、スミレの仲間を見つけるとカメラを向けることも多い。しかし、撮影後の花色は本来の色合いと異なりがっかりする。とくに赤紫色系の花は青くなってしまうのだ。これは、ホワイトバランスの設定の問題(通常はオート)かもしれないが、Pentax K10DよりもOlympus E-3の方がその傾向が強く、コンデジのRicoh GR-Dはさらにひどい。なかなか目で見たような花色を写真で再現するのは難しいものだ。これはスミレに限らずサクラソウでも同じ問題がある。このような場合、ソフトでのレタッチが必要になる。

最近、撮影したスミレの花をレタッチしていたら、撮影時に覚えている本来の花色に近い再現ができることがわかった(色相などを変化させる)。当たり前と思われるかもしれないが、虫林にとっては嬉しい大きな発見なのだ。これからのスミレシーズンが楽しみになった。

**************************************************

以下の2枚の写真は、左が撮影時のもの、右がレタッチ後のものだ。
平地や市街地の道路脇でも良く見かけるマンジュリカの花色の再現は意外と難しいものである。写真の右は何とか赤紫色の微妙な色が再現できていると思うが、いかがであろうか。
d0090322_22482727.jpg
。。。。。スミレの花色:左はレタッチ前, 右はレタッチ後

.
。。。。。V. mandshurica
.
。。。。。Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
。。。。。(2008-April-12, Kofu-shi, Yamanashi Pref.)

ヒナスミレの花色の基本はピンクだろう。オートWBでは、日向の花は青くなる事が多い。
d0090322_22573047.jpg
。。。ヒナスミレの花色:左はレタッチ前, 右はレタッチ後

.
。。。V. tokubuchiana var. takedana
.
。。。Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
。。。(2008-April-12, Kofu-shi, Yamanashi Pref.)

**************************************************

ゲンジスミレは好きな花だ。ゲンジ(源氏)という名が雅な雰囲気をかもし出している。他県ではこのスミレはかなり稀なものらしいが、山梨県では局所的ではあるものの毎年見ることができる。今年も何とか見ることができた。
d0090322_235041.jpg
ゲンジスミレ

.
V. variegate var. nipponica
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)

d0090322_22591226.jpg
ゲンジスミレ

.
V. variegate var. nipponica
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


甲府市周辺では、アオイスミレよりもエゾアオイスミレの方が個体数は多いようだ。このスミレは日光が強く当たる斜面よりも、明るい林の中や土手に多く見られる。
d0090322_234346.jpg
。。。。。。。。。。。。エゾアオイスミレ

.
。。。。。。。。。。。。V. collina
.
。。。。。。。。。。。。 Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
。。。。。。。。。。。。(2008-April-12, Kofu-shi, Yamanashi Pref.)

**************************************************

4月はスミレの季節だ。これからいたるところで可愛いスミレ達に出会う事ができるのだ。山梨県は、市街地から高山まで、実に多くの種類が生息しているので嬉しい。

今まで、デジカメでのスミレの花色の再現性はかなり低いものと憂いてきた。しかし、今回、レタッチで、それがカバーできるのがわかった。レタッチの上手なヒトからみれば当たり前だろうと言われるかもしれないが、今までそのコツが分からなかったので、虫林にとっては嬉しい発見である。

これからまだスミレは楽しめそうである。
by tyu-rinkazan | 2008-04-17 23:08 | ■野花 | Comments(11)

20080412 春の里山散歩:トラフシジミ他 (山梨県長坂町)

Nature Diary #0162

Place: Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.
Date: April 12th (Saturday)
Weather: fair


里山の春
長坂町の日野春から穴山にかけては、耕作地の周りにコナラやクヌギなどの落葉広葉樹の林が広がっている。この時期、そんな里山を歩くと、小鳥のさえずりとともに、春の花たちが小道の脇に咲き乱れ、目覚めた越冬チョウとともに今年羽化したチョウも短い春を謳歌するように舞っている。里山の春だ。

**************************************************
§Diary§
どうもこのところ天候が不安定だったが、週末の土曜日は何とか晴れた。本日は午後に所用があるので、あまり遠出することはできない。そこで、甲府から車で30分ほどの長坂町にやってきた。

そこは典型的な里山風景が広がり、この時期はとても気持ちよい。ちょうど出会った地元の人によれば、この近くでは以前、昆虫写真家の海野和男氏がアトリエを構えていたということだ。昆虫写真家の名前が突然出てきて驚いたが、どうやらお知り合いのようである。
d0090322_19133123.jpg
春の里山

.
Nagasaka-cho is a fine site to visit to see butterflies and spring flowers, especially violets. This is a photo of cherry blossom in the back ground of cultivated field, presenting a landscape of spring.
.
Olympus E-3, ZD 8mm Fisheye + EC14, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


菜の花のポイントを覗いてみると、驚いたことに、昨年と同様に、トラフシジミが1頭訪れていた。春型のトラフシジミは虎斑模様がとてもはっきりしていて綺麗だ。
d0090322_174735100.jpg
菜の花とトラフシジミ春型 Rapala arata (The Japanese Flash)

.
A Japanese flash feeding on the field mustard
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


トラフシジミはどこにでもいるようでいないチョウだ。このチョウを見ることを目的に出かけることはないが、見かけると嬉しいチョウである。この写真のように拡大して見ると、なかなかお洒落なシジミチョウであることがわかる。
d0090322_17474834.jpg
葉上で静止するトラフシジミ春型 Rapala arata (The Japanese Flash)

.
A Japanese flash resting on the leaf
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


菜の花畑の周りの草原には三々五々にツマキチョウが現れた。ツマキチョウに限らずシロチョウの仲間は、のんびりと飛ぶので、すぐに静止するかと思うが、なかなか止まらない。こんな時は飛翔写真が良い。ツマキチョウはモンシロチョウなどに比べて直線的に飛ぶことが多いようだ。
d0090322_2158467.jpg
草原を飛翔するツマキチョウ♂ (The Yellow Tip)

.
During a couple of hours, I had seen quite a number of yellow tip-mostly male and mostly flying more or less incessantly in the sunnny weather. This figure showing a male of yellow tip flying in the grass field
.
Olympus E-3, ZD8mm Fisheye + EC14, ASA 800
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


ツマキチョウの♀を追っていたら、ヒメオドリコソウの上で静止した。かなり近づけたので、逆光気味に撮影して見た。この時期、メスはまだ珍しいようだ。
d0090322_17481476.jpg
ヒメオドリコソウで休むツマキチョウ♀ (The Yellow Tip)

.
A female of yellow tip resting in the grass
.
Olympus E-3, Sigam150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


雌のミヤマセセリが吸蜜に訪れていた。メスを見るのは今年初めてだ。地面に静止することが多いが、目で追っていると最後にヒメオドリコソウで吸蜜してくれたので撮影した。
d0090322_17482723.jpg
ヒメオドリコソウで休むミヤマセセリ♀(The Spring Flat )

.
A female of Spring flat resting on the grass
.
Olympus E-3, Sigam150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


越冬明けのスジボソヤマキチョウが菜の花を訪れた。いかにも尾羽打ち枯らした様子が哀れに見えるが、思ったより元気に吸蜜していた。
d0090322_17483950.jpg
菜の花で吸蜜するスジボソヤマキチョウ♂ (The Lesser Brimstone)

.
A male of Lesser Brimstone feeding on the field mustard
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


d0090322_1748517.jpg
。。。。。。。。。。菜の花で吸蜜するスジグロシロチョウ (Gray-veined White)

.
。。。。。。。。。。A Gray-veined White feeding on the flower.
.
。。。。。。。。。。 Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
。。。。。。。。。。(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


d0090322_1749822.jpg
菜の花で吸蜜するキアゲハ

.
A Swallowtail feeding on the field mustard
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)


小型のテントウムシを見つけた。そこで、Gyoromeで近接撮影を試みた。帰宅後図鑑で調べて見たが、このテントウムシの名前はわからない。
d0090322_17492338.jpg
テントウムシの1種

.
A kind of Ladaybird
.
Olympus E-3, ZD50mm Macro + EC14 + Gyorome8, ASA 200
(2008-April-12, Nagasaka-cho, Yamanashi Pref.)



**************************************************

土曜日は、散歩後に午後からパーティに出席したが、夜になって花粉症が突然ひどくなり、くしゃみと鼻水、目のかゆみで散々だった。虫林はスギの花粉よりもヒノキの花粉が問題なのかもしれない。今はただ時期が過ぎるのを待つしかないね。そんなことで、日曜日は町内のどぶ掃除の後は、すぐに家の中に蟄居した。

今は何処に行っても花盛りで、とてもよい季節であるが、もう少しすると甲虫なども出現してきてにぎやかになる。でも花粉症がね------。
by tyu-rinkazan | 2008-04-13 18:31 | ▣トラフシジミ | Comments(33)

20080406 ギフチョウの飛翔 

Nature Diary #0161

Place: Nanbu-cho (Yamanashi Pref.), Shibakawa-cho (Shizuoka Pref.)
Date: April 5th and 6th (Saturday and Sunday)
Weather:Fine


飛翔写真
チョウの特性の一つは“飛翔”。
したがって、飛んでいるチョウの撮影は重要な課題といえる。しかし、撮影機材の性能が進歩した今日でさえも、飛翔撮影はけっして容易ではない。今回の飛翔写真は、いつものように MDMSS方式 (metabo dash and multiple shooting system: メタボダッシュ + 数打ちゃ当たる方式) にて撮影。

参考までに、レンズは22mm(35mm換算)、シャッター速度は1/1000か1/2000秒でASA800。ストロボ(FL-36R)で弱い補助光使用。また、多くは片手でカメラをぶら下げるようにして、やや下から縦位置で撮影(カメラが重いのでこの方が楽)。以下の写真はトリミングして掲載している。


。。。。。。。。。。青空を飛翔するギフチョウ (2008-April-5th, 芝川町)
d0090322_2250833.jpg
。。。。。。。。。 A Luehdorfia flying in the sky

.
。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD8mm + EC14, FL-36R ASA 800, trimming (+)


翅の透過光が綺麗なギフチョウ (2008-April-5th, 南部町)
d0090322_22504219.jpg
A Luehdorfia flying in the sky

.
Olympus E-3, ZD8mm + EC14, FL-36R ASA 800, trimming (+)


。。。。。。。。。。ギフチョウの飛翔 (2008-April-5th, 南部町)
d0090322_2250553.jpg
。。。。。。。。。 A Luehdorfia flying in the sky

.
。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD8mm + EC14, FL-36R ASA 800, trimming (+)



ここでは、ギフチョウは周遊しながらテリ張りをしているので、飛翔写真が撮影しやすい。写真は、周遊してきたギフチョウが、カメラの前で、驚いて翻ったものと思われる。


。。。。。。。。。。カメラに驚いて翻るギフチョウ (2008-April-6th, 芝川町)
d0090322_22512341.jpg
。。。。。。。。。 A Luehdorfia flying in the sky

.
。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD8mm + EC14, FL-36R ASA 800, trimming (+)



テリ張りしている個体はのんびりと周遊するので、かなりの近接撮影が可能になる。この写真はもちろんトリミングしているが、そのような状態で撮影したものだ。


拡大:飛翔するギフチョウ (2008-April-6th, 芝川町)
d0090322_22513938.jpg
A Luehdorfia flying in the sky

.
Olympus E-3, ZD8mm + EC14, FL-36R ASA 800, trimming (+)



太陽に薄い雲がかかると、暈(かさ)という大気光学現象が起こり、太陽の周囲に光の輪ができる。この暈は撮影時には気づかなかったが、後で写真を見たときに発見して驚いた。


。。。。。。。。。。ギフチョウの飛翔と暈がかかった太陽 (2008-April-5th, 南部町)
d0090322_22515328.jpg
。。。。。。。。。 A Luehdorfia flying in the sky

.
。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD8mm + EC14, FL-36R ASA 800, trimming (+)


**************************************************

§Afterword§
ギフチョウの飛翔は個体を選んで撮影すればさほど難しくはないだろう。とくに、林のなかの陽だまりでテリ張りをしている個体を見つければしめたもので、かなりの近接撮影が可能となる。今回もモミジイチゴポイントでテリ張りするギフチョウが良いモデルになってくれた。

ここ数年飛翔写真を撮影しているが、なかなか難しい。今年は何とか飛翔写真でのブレークスルーを見つけたいと思いシャッター速度に全速同調するストロボ併用を試している。
by tyu-rinkazan | 2008-04-08 22:52 | ▣ギフ | Comments(30)

20080405 富士川流域のギフチョウ散歩

Nature Diary #0160

Place: Nanbu-cho (Yamanashi Pref.), Shibakawa-cho (Shizuoka Pref.)
Date: April 5th and 6th (Saturday and Sunday)
Weather:Fine


ギフチョウ狂騒曲
「春の使者」であるギフチョウは、春先の1時期にしか出現しない。おそらく、盛期は2から3週間くらいだろうか。天候不順などで、この時期を逃すと1年間待たなければならないのだ。虫屋の間ではギフチョウはとても(異常に)人気が高く、多くの虫屋は首を長くしてギフチョウが発生するのを待っている。有名な産地では愛好家が集まり、ギフチョウ狂騒曲(協奏曲ではない)を奏でるのである。


§Diary§
ギフチョウは風が少なく晴れた日にしか飛ばないので、この時期の週末は天気予報が非常に気になる。今日は朝から風も無く天気が良い。-----ウーム、こんな日は絶好のギフチョウ日和だ。
早速、県南部に出かけるとしよう。

先週、山道で車の底を破損してしまい(愛車はまだドック入り)、代車は真っ赤なフォルクスワーゲンのポロだ。窓から眺める春の山は、山桜の淡いピンクと明るい新緑が入り混ざってとても美しい模様を形作っている。
まさに春爛漫である。


春爛漫 (2008-April 5th, 南部町)
d0090322_20511177.jpg
Landscape of midspring in Japan

.
Olympus E-3, ZD50mm, ASA 200



車屋さんから、代車で山道を走らないでくれといわれているため、ポイントまで、急な坂道を40分ほど登った。スギの林の中はやや薄暗く、さして面白い植物も無い。ここでのギフチョウの食草であるランヨウアオイも少ないようだ。

ポイントに着くと、すぐにギフチョウが飛び出した。このチョウは、地面で日向ぼっこを繰り返した後に、驚いたことにミツマタの花で吸蜜を始めたではないか。ミツマタの花での吸蜜を見るのは今回が初めてである。

バックが暗い林なので、チョウとのコントラストが強く、かなりの露出補正が必要にみえる。指で慌てて露出補正ボタンを調整し、何とか1枚だけ撮影することができた。


ミツマタで吸蜜するギフチョウ Luehdorfia japonica (2008-April 5th, 南部町)
d0090322_20542823.jpg
A Luehdorfia feeding on the flower.

.
Olympus E-3, Sigma 150mm, ASA 200



しばらくすると、タチツボスミレに三々五々とギフチョウがやって来るようになった。タチツボスミレは蜜の量が少ないためか、短時間しか一つの花で静止してくれない。でも、富士川流域のギフチョウは、このタチツボスミレでの吸蜜が絵になるのだ。


タチツボスミレで吸蜜するギフチョウ Luehdorfia japonica (2008-April 5th, 芝川町)
d0090322_20562729.jpg
A Luehdorfia feeding on the violet flower.

.
Olympus E-3, Sigma 150mm, ASA 200


。。。。。。。。。タチツボスミレで吸蜜するギフチョウ (2008-April 5th, 芝川町)
d0090322_20564021.jpg
。。。。。。。。。。。 A Luehdorfia feeding on the violet flower.

.
。。。。。。。。。。。 Olympus E-3, Sigma 150mm, ASA 200



日本産蝶類標準図鑑によれば、富士川流域の個体は他の分布域から孤立し、前翅端のとがりや後翅赤班の厚みが薄いことなどが特徴としてあげられるそうだが、実際には個体群として総合的な見地からは特徴づけることが困難らしい。


タチツボスミレで吸蜜するギフチョウ Luehdorfia japonica (2008-April 5th, 芝川町)
d0090322_2056552.jpg
A Luehdorfia feeding on the violet flower.

.
Olympus E-3, Sigma 150mm, ASA 200



しばらくすると、虫林が昨年から好む、林の中のテリ張りポイントに移動した。そこはモミジイチゴが多い陽だまりで、必ず1頭ときに2頭のギフチョウがテリ張りをしている場所なのだ。ここに来ると、日陰に寝転んで、ギフチョウと遊ぶことができる。

到着すると、やはり1頭のギフチョウが出迎えてくれた。


。。。。。。。。。日光浴するギフチョウ Luehdorfia japonica (2008-April 5th, 南部町)
d0090322_2057960.jpg
。。。。。。。。。。。 A Luehdorfia basking on theground

.
。。。。。。。。。。。 Olympus E-3, Sigma 8mm EC-14, ASA 200


裏面からみた日光浴をするギフチョウ Luehdorfia japonica (2008-April 6th, 南部町)
d0090322_20572217.jpg
A backside view of a Luehdorfia

.
Olympus E-3, Sigma 150mm, ASA 200


表からみた日光浴をするギフチョウ Luehdorfia japonica (2008-April 6th, 南部町)
d0090322_20573415.jpg
A rightside view of a Luehdorfia

.
Olympus E-3, Sigma 150mm, ASA 200



テリ張りしていたギフチョウは、モミジイチゴで吸蜜し始めた。
モミジイチゴはまだ蕾だが、時々吸蜜するようだ。花が下についているので、ぶら下がるように吸蜜している。


。。。。。。。。。モミジイチゴで吸蜜するギフチョウ (2008-April 5th, 南部町)
d0090322_20574767.jpg
。。。。。。。。。。。 A Luehdorfia feeding feeding on the flower

.
。。。。。。。。。。。 Olympus E-3, Sigma 150mm, ASA 200


モミジイチゴで吸蜜するギフチョウ Luehdorfia japonica (2008-April 5th, 南部町)
d0090322_2058181.jpg
A Luehdorfia feeding feeding on the flower

.
Olympus E-3, Sigma 150mm, ASA 200


**************************************************

§Afterword§

土曜日にはポイントで、横浜から来た人から、同じく横浜のE氏のことを少し聞いた。E氏夫妻とはこの数年の間、この時期にこの場所で必ずお会いしていたので、今回、お会いできないのはとても残念だ。是非ともまたお会いしたいものである。

日曜日にはcactussさんとお師匠さんのコンビとお会いし驚いた。昨年も来られていたそうだが、虫林は林の中のポイントに入っていたので、昨年はお会いすることができなかった。今回は、モミジイチゴポイントに3人で行き、撮影を楽しむことができた。

少しだけ飛翔写真を撮影したので、気が向いたら後日掲載したい。
by tyu-rinkazan | 2008-04-06 21:00 | ▣ギフ | Comments(33)

20080330 シュンランとヒメマイマイカブリ (山梨県甲府市)

Nature Diary #0159

Place: Kofu-shi (Yamanashi Pref.)
Date: March 30th (Sunday)
Weather:Cloudy, Rain later



§Diary§

本日は昨日と打って変わって、朝から雲が多く、気温も低い。

昼食後に家内の買い物に付き合った後、午後2時近くにフィールドに出たが、空は今にも泣き出しそうだ(実際に雨になった)。この天気では蝶の撮影は絶望的なので、毎年シュンランを撮影している近くの雑木林に向かった。

車で15分ほどの雑木林につくと、空にヘリコプターがやたら飛んでいて、やかましいことこの上ない。どうやらヘリコプターは甲府市北部の昇仙峡で起きた山火事の消火作業に出向いているみたいだ。先月も石和の山林で山火事が起きたばかりなのに------こんなに頻繁に山火事が起こるのは気持ち悪い。

雑木林を散策すると、シュンランの花はちょうど見ごろだった。

シュンラン(春蘭)はシンビジウムの仲間である。
洋ランのシンビジウムは豪華で派手なものが多いが、日本のシュンランはどこか優しく、はかなげで、慎ましやかな大和撫子の風情をまとっているように思う。

シュンランは江戸時代の昔から人気があるらしく、野外で見つけた葉変わり、花変わりに名前をつけて、大事に栽培されてきた(古典園芸)。このような、変異株はマニアの間で高値で取引されていると聞く。でも、このようなランは野山の中で見るのが最も美しいのでは?


。。。。。。。。。シュンラン:春蘭 (2008-March-30, 甲府市)
d0090322_22535178.jpg
。。。。。。。。。。。 Cymbidium goeringii

.
。。。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD50mm + EC14mm, ASA 200, FL-36R



シュンランの花は、通常は一株に1~2輪の花をつけて、林の斜面にひっそりと咲いている。しかし、驚いたことに多数の花をつけた大株を見つけた。伐採した後の林では、このように多数の花をつけることがあると何かの本で読んだことがある。

一般的に蘭の生長は、他の植物に比較してきわめて遅いと思われる。シュンランも同様で、株の増殖はかなりゆっくりしているはずだ。下の写真のような大株になるのにはいったい何年くらいかかるのだろうか(10年以上は少なくとも必要かな)。


シュンラン:春蘭 (2008-March-30, 甲府市)
d0090322_22545647.jpg
Cymbidium goeringii

.
Olympus E-3, ZD50mm + EC14mm, ASA 200, FL-36R



大きな朽木を少しだけ崩して見たら、ヒメマイマイカブリが2頭出てきた。啓蟄はとうに過ぎているのに--------まだ朽木の中で眠っていたのだ。

春眠暁を覚えずという言葉はヒメマイマイ君に献上しよう。

マイマイカブリは面白い形をした甲虫なので、いつか撮影したいと思っていた。
ヒメマイマイカブリは、マイマイカブリの亜種で、関東から中部、北陸にかけて分布する。頭部から前胸背の色彩は地域により差があり、山梨県産は綺麗な青藍色になるようだ。

出てきたヒメマイマイ君は、初めは寝ぼけまなこだったが、直ぐに目覚めると長い足で活発に歩き始めた。かなり速く歩くので、広角レンズでのピンとあわせが結構難しかった。


。。。。。。。。。ヒメマイマイカブリ(2008-March-30, 甲府市)
d0090322_22553044.jpg
。。。。。。。。。。。 Damaster blaptoides oxuroides

.
。。。。。。。。。。。 Olympus E-3, ZD8mm + EC14mm, ASA 200, FL-36R



マイマイカブリは日本特産のオサムシの仲間である。マイマイとはカタツムリのことだが、カタツムリの殻に頭を入れて食べているところからその名前がついたのであろう。清書によれば、この虫はカタツムリを食べないと産卵できないらしい。カタツムリには卵胞ホルモンのような物質があるのだろうか?

体も細長いが、顔も長く、肉食なので大きな牙を持っている。


ヒメマイマイカブリ(2008-March-30, 甲府市)
d0090322_2256233.jpg
Damaster blaptoides oxuroides

.
Olympus E-3, ZD50mm + EC14mm, ASA 200, FL-36R



虫林が子供の頃に育った海辺の町では、マイマイカブリは少なく、憧れの甲虫だった。その後、少し大きくなり冬に「オサ堀り」をするようになってから、時々目にすることができた。しかし、今でもこのユニークな格好の大きな甲虫は、虫林の心を揺さぶるのだ。

マイマイカブリは、後翅が退化しているだけでなく、左右の翅が癒着して飛ぶことができない。そのため長い足で地面を走るように進むのだ。夜行性なので、日中にその姿を見かけることは少ない。


ヒメマイマイカブリ(2008-March-30, 甲府市)
d0090322_2355334.jpg
Damaster blaptoides oxuroides

.
Olympus E-3, ZD50mm + EC14mm, ASA 200, FL-36R


**************************************************

§Afterword§
午後からフィールドに出たが、途中から雨が降ってきてしまい、早々に退散せざるを得なかった。でも、綺麗なシュンランを撮影できたし、予想外のマイマイカブリにも会うことができたので満足だ。

今回昇仙峡で起きた山火事は一体何が原因だったのだろうか。普通に考えればタバコの火が怪しいが、1ヶ月前にも石和で山火事が起きているところをみると、必ずしもそうとはいえないような気がする。

今は春爛漫、どこにいっても花盛りで、日本の美しさを満喫できる。
そんな時期にはできるだけフィールドにでようと思うが、花粉症がね-----------。
by tyu-rinkazan | 2008-04-01 23:06 | ■甲虫 | Comments(23)