NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

20080124 冬の散歩道:オオオサムシ (山梨県)

Nature Diary #0235
Date: January 24th (Saturday), 2009
Place: Hokuto-shi, Yamanashi Pref.
Weather:cloudy, fair later


§ Diary §

本日は風が強くとても寒い。

こんな天気の日は、ベッドの中で本でも読みながらほっこりとしていたいが、意を決して北杜市明野の雑木林を散歩することにした------というのも、昨日は遠来の旧友と夕食を共にして、ついつい(腹12分目くらい)食べ過ぎてしまったからだ。少しカロリーを消費しないとね。

現地では、雪こそ無いが凍てつく雑木林の中の道を、ポケットに手を入れながらゆっくり歩いた。しばらくすると、突然雲が切れて、南アルプスの秀峰 甲斐駒ケ岳 が三角形の山容を見せてくれた。リンゴ林の向こうに聳える甲斐駒ケ岳は、薄く雪化粧してとても美しい。

深田久弥をして、「日本アルプスで、最も代表的なピラミッド」と言わしめた名山だ。

d0090322_15255856.jpg
甲斐駒ケ岳 (01月24日、北杜市)

.
A landscape of Mt. Kaikomagatake
(Olympus E-3, ZD12-60mm)


ここはコナラ、ミズナラ、クヌギの混成林で、春はミヤマセセリ、初夏にはゼフ、晩夏にはゴマシジミが胸をときめかせてくれる。

今は木々が葉を落とし、虫たちの気配は無い。

林の中の小道は落ち葉の絨毯だ。

d0090322_15274051.jpg
雑木林 (01月24日、北杜市)

.
A path in Copse
(Olympus E-3, ZD12-60mm)



アイノミドリシジミの越冬卵; Winter-passing egg of Chrysozephyrus brillantinus

シイタケのホダ木にするために伐採されたミズナラの枝先で、アイノミドリシジミの越冬卵を見つけた。冬芽の基部に産み付けられたアイノの越冬卵は、まるで「冬の森の宝石」だ。

d0090322_15275777.jpg
森の宝石:ミズナラの冬芽基部のアイノミドリシジミの越冬卵 (01月24日、北杜市)

.
A winter-passing egg of Chrysozephyrus brillantinus would be regarded as “a jewel of forest”
(Olympus E-510, ZD50mm MACRO + X1.4 Telecon: EC-14)



オオオサムシ; Apotomopterus dehaanii

冬に崖を崩したり朽木を壊して越冬中のオサムシを出すことを「オサ堀り」という。

オサムシの仲間は通常、夜行性で、日中に出会うことは少ない。そこで、冬季のオサ堀は彼らに出会う有効な手段なのだ。しかし、彼らが越冬する土手や崖には好みがあって、どこでも掘れば良いというものでもない。

ずいぶん前ではあるが、虫林も一時期オサ掘りに熱中した時期があるので、オサムシたちが好んで越冬する場所は何となくわかるのだ(まあ、あまりアテにはならないが)。

雑木林の中の切り通しの土手を、手くわで少し崩してみると、オサムシの頭部だけが露出した。

d0090322_15281434.jpg
土中で越冬しているオオオサムシ (01月24日、北杜市)

.
A walking beetle, Apotomopterus dehaanii, winter-passing in the soil.
(Olympus E-510, ZD50mm MACRO + X1.4 Telecon: EC-14、ストロボ)


土の中から出てきたオサムシは、いつも見るアオオサムシと体型は似ているが、体全体が青色を帯びた黒色だった。大きさもアオオサに比較して少し大きいようだ。

どうやらオオオサムシだ。

オオオサは今まで甲府市内では見たことが無いのでとても新鮮に感じる。図鑑をみると、その分布は山梨県以西となっているので、産しても不思議ではない。ここでは個体数が比較的多いようで、この土手から出てきたオサムシの多くはオオオサだった。

うまい具合に、同じ場所からヒメオサも出て来たので、大きさを比較するために並べて撮影。

d0090322_15282977.jpg
オオオサムシとヒメオサムシ (01月24日、北杜市)

.
Apotomopterus dehaanii and Apotomopterus japonicus
(Olympus E-3, ZD12-60mm)

d0090322_15284463.jpg
オオオサムシとヒメオサムシ (01月24日、北杜市)

.
Apotomopterus dehaanii and Apotomopterus japonicus
(Olympus E-510, ZD50mm MACRO + X1.4 Telecon)

d0090322_1529210.jpg
オオオサムシ(01月24日、北杜市)

.
Apotomopterus dehaanii
(Olympus E-3, ZD12-60mm)


オオオサは、初めのうちは脚をたたんでじっとしていたが、しばらくするとのろのろと歩き始めた。そこで、gyoromeを装着して、虫の目写真を撮影することにした。

d0090322_1529156.jpg
オオオサムシ(01月24日、北杜市)

.
Apotomopterus dehaanii
(Olympus E-510, ZD50mm MACRO + X1.4 Telecon + Gyrome-8、ストロボ)

d0090322_15292941.jpg
オオオサムシ(01月24日、北杜市)

.
Apotomopterus dehaanii
(Olympus E-510, ZD50mm MACRO + X1.4 Telecon + Gyrome-8、ストロボ)



スズメバチの引越し?;

民家の蔵の屋根下にスズメバチの大きな巣を見つけた。見たところ直径40cmほどもあるようだ。巣は並んで2個あるが、近くで見ると一つの巣(左)は壊れて内部が露出している。

とすると、左が古い巣で、右が新しい(昨年に作られた)巣のようだ。今は女王ハチだけがどこかで越冬し、巣は空のはずである。

キイロスズメバチなのだろうか?リンク)。

d0090322_1530065.jpg
スズメバチの巣(01月24日、北杜市)

.
(Olympus E-3, ZD12-60mm)


**************************************************

§ Afterword §

今まで、平地やせいぜい里山の林でしかオサ掘りをやったことがない。いつか南アルプスや八ヶ岳などの標高が高い場所でオサ掘りを行い、憧れのホソヒメクロオサにも久し振りにあってみたい-----と思うが、寒がりで軟弱な虫林には無理かな。

大寒の時期なので寒いのは仕方がない。
甲府市では、あと1カ月もすればセツブンソウの花が咲く。

*写真はクリックすれば全て拡大できます

以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2009-01-25 15:38 | ■甲虫 | Comments(22)

20080117 白山のムネアカオオアリ (山梨県)

Nature Diary #0234
Date: January 17th (Saturday), 2009
Place: Kofu-shi, Yamanashi Pref.
Weather:Fine



§ Diary §

天気が良いので、昼食後に甲府市北の低山「白山:シロヤマ(標高620m)」に登った。葉を落としたコナラ林の中は午後の日差しが差し込んで明るく、黄褐色一色の世界だ。

ママス&パパスの 夢のカリフォルニア California dreamin という歌を思い出す。
All the leaves are brown and the sky is gray.
I’ve been for a walk on a winter’s day.


結局、亀のように遅い虫林の足でも、歩き始めてから約1時間強で頂上に何とか到着した。頂上には八王子神社の祠があるので、本日はゆっくりと手を合わせてお参りした。

d0090322_17211243.jpg
白山頂上 (01月17日、甲府市)

.
Top of Mt. Shiro-yama
(Olympus E-3, ZD12-60mm)


頂上を少し越えたところに大きな岩があり、そこにあがると千代田湖の向こうに南アルプスの山々(特に甲斐駒ケ岳)が綺麗に見渡せる(虫林のお気に入りスポット)。

この大岩の上で、湯でも沸かして即席ラーメンを食べたら最高だろうな-----うーむ、次回は用意しよう。

d0090322_17254759.jpg
白山頂上からの南アルプス (01月17日、甲府市)

.
Landscape from the top of Mt. Shiro-yama
(Olympus E-3, ZD12-60mm)



ムネアカオオアリ; Camponotus obscuripes

林の中の赤松の立ち枯れの樹皮をそっと剥がしてみると、ムネアカオオアリの巣を見つけた。このアリは冬期に枯れ木の中で越冬するのだ。

d0090322_1726625.jpg
ムネアカオオアリの巣 (01月17日、甲府市)

.
Nest of ants, Camponotus obscuripes
(Olympus E-510, ZD50mm + EC-14 + Gyorome-8、ストロボ)


ムネアカオオアリは馴染みのあるアリの一つだが、大きさが1cmほどもありとても立派だ。本日は気温が高いので、越冬していたアリたちは、目が覚めたように活発に歩き始めた。

小さな昆虫の形態は肉眼で認識は難しいが、写真で拡大して見るとその迫力に驚くことが多い

d0090322_17262422.jpg
ムネアカオオアリ (01月17日、甲府市)

.
Camponotus obscuripes
(Olympus E-510, ZD50mm + EC-14 + Gyorome-8、ストロボ)

d0090322_1726403.jpg
ムネアカオオアリ (01月17日、甲府市)

.
Camponotus obscuripes
(Olympus E-510, ZD50mm + EC-14 + Gyorome-8、ストロボ)


下の写真をクリックして拡大してみてください。
d0090322_17265438.jpg
ムネアカオオアリ (01月17日、甲府市)

.
Camponotus obscuripes
(Olympus E-510, ZD50mm + EC-14 + Gyorome-8、ストロボ)



葉脈; Vein

葉脈だけが残った葉を見つけた-----ウーム、何となく綺麗だ。

葉脈は葉の構造を支えるとともに、物質交換、栄養輸送の役割を持つ。植物の血管のようだ。英語で葉脈は vein というらしいガ、人間の vein とは血管(静脈)のことである。

網目模様を強調するためにストロボを用いてみた。この葉脈が形作る密な網目模様は自然界の芸術といっても良い。

d0090322_17271163.jpg
葉脈 (01月17日、甲府市)

.
Vein
(Olympus E-510, ZD50mm + EC-14、ストロボ)


**************************************************

§ Afterword §

根性無しで寒がりの虫林には、この寒い時期に高い山に登ることは無理なので、今回の白山のような低山をのんびりと散歩することが多くなる。ただ昆虫が少ないのが寂しいけどね。

でも、日本にはこの4季のインターバルがあるから良いのだ。すなわち、寒い冬があるからこそ、春の芽生え、一斉に咲く花々の美しさを実感できる。

------と強がってはみたものの、本当は冬の間だけでも暖かい国に行ってみたい。


以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2009-01-18 17:28 | ■他の昆虫 | Comments(8)

20080110 要害山散歩:初雪と越冬昆虫 (山梨県)

Nature Diary #0233
Date: January 10th (Saturday), 2009
Place: Kofu-shi, Yamanashi Pref.
Weather:Fine



虫屋のオフシーズン
この時期から3月中旬までのフィールド散歩は、目的とする昆虫も設定せずに、ただカメラだけを片手に ゆっくり、のんびり、ほっこり、だらだら、とぼとぼ と歩くだけで良い。それでも、どうしても昆虫たちに会いたくなると、照葉樹の葉を覗いたり、樹皮をめくったり、崖を崩してみたり、朽木を壊してみたり、枯葉をどけたり、枝先をみたりもする。

オフシーズンなのだから家で休めばよいのに-----虫屋の性か?



§ Diary §

昨日は「初雪」----- 例年よりも15日ほど遅い。

朝起きて外に出てみると、市街地にはほとんど雪は積もっていないが、山側は白くなっていた。そこで、雪景色の撮影を目的に 要害山(780m) に登ることにした。

要害山は、「武田信玄」の生誕の地として「山梨100名山」にも選ばれている。

温泉宿脇の駐車場から登山道をしばらく登る。日頃の運動不足がたたって、頂上に着いたときには、息は切れ、心臓がバクバクだ----うーむ、今年こそはもっと減量しよう (何回もいっているので、すでに誰も信じてくれない)。

d0090322_2003331.jpg
初雪が積もった要害山の頂上 (01月10日、甲府市)

.
Mt. Yohgai
(Olympus E-510, ZD8mm, f22, EV-1.0, ASA400)


登山道を歩いていると、太陽の光で枝の雪がどんどん溶けていた。そして、溶けた雪が落ちて枝が揺れると、枝についた雪が飛び散って上から降り注いだ。

d0090322_2005097.jpg
枝が揺れて飛散した雪 (01月10日、甲府市)

.
Mt. Yohgai
(Olympus E-510, Sigma 150mm, f5.6, 1/2000, EV0.0, ASA400)



越冬する昆虫たち; Winter passing insects

スギの木の樹皮下で、クビアカヒラタゴミムシを見つけた。かなり小さいが、よく見ると前胸背がオレンジで、紺色の鞘翅とのコントラストがなかなかおしゃれだ。

樹皮下で越冬するということは、このゴミムシは樹上性なのだろうか。

d0090322_201971.jpg
クビアカヒラタゴミムシ (01月10日、甲府市)

.
Loxocrepis rubriola
(Olympus E-3, ZD50mm + EC-14 + Gyorome-8, f22, EV-3.0, ASA400、ストロボ)


さらに、赤味がかった褐色のハムシを見つけた。この状態での同定は難しいが、鞘翅の点刻が明瞭なので、たぶんキイロクビナガハムシだろう。

d0090322_2012540.jpg
キイロクビナガハムシ (01月10日、甲府市)

.
Lilioceris rugata
(Olympus E-3, ZD50mm + EC-14 + Gyorome-8, f22, EV-3.0, ASA400、ストロボ)


背部にハート型の白い大きな紋を持つカメムシも見つけた。

左は紋の上中央がくびれて綺麗なハート型をしているのでエサキモンキツノカメムシだと思う。右は紋にくびれが無いのでモンキツノカメムシと思われる。

d0090322_201426.jpg
背中にハート紋を持つカメムシ (01月10日、甲府市)

.
Sastragara scutellata
(Olympus E-3, ZD50mm + EC-14, f22, EV-1.0, ASA100、ストロボ)


コウヤボウキの乾燥した頭花は「冬の花」だ。

冬の道路脇には、この花の白い(時々ピンクの)冠毛がまるで花を咲かせたかのようにあでやかにうつる。昔、高野山ではこの枝でホウキを作ったので、この名が付いたのだそうだ。

d0090322_2021714.jpg
冬の花----コウヤボウキの頭花 (01月10日、甲府市)

.
Ice on the dry flower
(Canon Power Shot G10, ASA100)


**************************************************

§ Afterword §

今年の最も大きな寒波がやってきたようで、日本全体(もちろん九州南部や沖縄は除く)で雪が降って、天候が荒れているようだ。虫林の住む山梨県甲府市でも初雪が降って、そろそろ本格的な冬に突入した。

こんな寒い時期には、フィールド散歩もなかなかモティベーションをキープするのが難しく、家の中でごろごろして本を読んだり、テレビを見て過ごしてしまう事が多くなる。

でも、短時間でも良いから、毎週1回くらいはフィールドに出たいと思っている。



PS: 今回のNDから写真の大きさを変更した(横写真:幅800ピクセル、縦写真:幅600ピクセル)。クリックすると大きくなります。


以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2009-01-11 20:16 | ■甲虫 | Comments(10)

20090103 初詣:福寿草とナガニジゴミムシダマシ (山梨県)

Nature Diary #0232
Date: January 3rd (Saturday), 2009
Place: Kofu-shi, Yamanashi Pref.
Weather:Fine



§ Diary §

天気が良いので甲府市郊外にある金桜(かなざくら)神社に家族と「初もうで」に出かけた。

金桜神社には樹齢700年を超えるといわれる大きな杉の林(県指定の天然記念物)がある。風雪に耐えてきたこの杉たちは、まさしく 「 ご神木 」 と呼ぶに相応しい風格と威厳を持っていた。

世界の各所で 巨樹信仰 あるいは 巨木崇拝 というものが存在するが、それは巨木が畏怖すべき自然の象徴的な存在だからなのだろう。残念ながら「巨蝶崇拝 」は無いようだ。

こんな巨木たちを見ていると、それが納得できるのだ。

d0090322_2303457.jpg
金桜神社のご神木の大杉、樹齢700年以上 (01月03日、甲府市)

.
The big Japanese cedars in Kanazakura Shrine
(Canon Power Shot G10, ASA100)


神社の境内脇の南斜面には、すでにフクジュソウ(福寿草)の黄色い花が咲いていた。

フクジュソウは、(旧)正月から咲くので、 元日草 とも言われる。しかし、通常の自生地の開花は2月になってからなので、この開花はフライングかもしれない。

フクジュソウ(福寿草)の花言葉は 永遠の幸福 とされるおめでたい花であるが、アドニンという毒成分を含む危険な植物でもある。

曰く、「美しいものには毒がある」------ということだね。

d0090322_231999.jpg
神社の南斜面で見つけたフクジュソウの花 (01月03日、甲府市)

.
Adonis amurensis
(Canon Power Shot G10, ASA100)



ナガニジゴミムシダマシ; Ceropria indura

背中に虹(ニジ)を持つ昆虫では、世界で最も美しいというオーストラリアのニジイロクワガタが有名だが、日本にも虹色の翅をもつ甲虫が棲息しているのだ。それは、ニジイロゴミムシダマシの仲間だ。

少し古くなった松の倒木の樹皮をめくってみたら、1頭のナガニジゴミムシダマシが出現した。

d0090322_2312455.jpg
樹皮下で越冬していたナガニジゴミムシダマシ (01月03日、甲府市)

.
Ceropria indura
(Olympus E-510, ZD 50mm Macro + X1.4 EC-14 + Gyorome 8, f22, 1/160, ストロボ)


甲虫は構造色を持つ。すなわち、キチン質の硬い鞘翅の表面構造が、特定の波長の光を反射するようにできていて、それによってその虫の色が決まるのだ。

ニジゴミムシダマシの虹色も構造色によるものと思われるが、このニジ色は水溜りの油膜やシャボン玉の表面に出現するニュートンリングのようにもみえる。

つまり、ニュートンリングを出現させる構造色ということかな。

d0090322_2313746.jpg
ナガニジゴミムシダマシの虹色はニュートンリング? (01月03日、甲府市)

.
Ceropria indura
(Olympus E-510, ZD 50mm Macro + X1.4 EC-14 + Gyorome 8, f22, 1/160, ストロボ)


このニジゴミムシダマシの虹色は、見る角度でかなり異なる。

生息場所が少し薄暗い場所なので、自然光でのマクロ写真は難しい。そこで、ストロボを用いることになるのだが、ストロボを用いると、虹色はほとんど出ないのだ。

Gyoromeにストロボ併用を試してみたら、こちらの方はどういうわけか、虹色のリングがかなり明瞭に出ることがわかった。多分、干渉作用と関係しているのだろう。

d0090322_2315252.jpg
。。。。。。。。。。ナガニジゴミムシダマシ (01月03日、甲府市)

.
。。。。。。。。。。 Ceropria indura
。。。。。。。。。。( Olympus E-510, ZD 50mm Macro + X1.4 EC-14 + Gyorome 8, , ASA400)


**************************************************

<番外写真>

この写真は、実は“山火事”なのだ。

この山火事は甲府市と笛吹市の境界にある大蔵経寺山の山頂付近で発生した。28日に発生したが、この時期の強風にあおられ、消火活動もままならず、結局、ヘリコプターなどの消火活動で3日後に沈静化したが、およそ4ヘクタールも焼けたそうである。

この写真は、山火事が発生してから3日後の31日に甲府市内から撮影したものだ。
3日後とはいえ、かなり煙が上がっているのがわかる。

d0090322_232789.jpg
。。。。。。。。。。大蔵経寺山の“山火事” (12月31日、甲府市)

.
。。。。。。。。。。 Thewildfire of Mt. Daizohkyouji-yama
。。。。。。。。。。( Canon Power Shot G10, ASA100)


**************************************************

§ Afterword §

今年も Nature Diary (ND) がスタートしたが、これからは毎週更新にこだわらずに、少しのんびりとやりたいと思っている-----時間的に結構きついので。

自然写真へのこだわりは、奥深く、そして面白い。

本年もどうぞ宜しく。


以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2009-01-03 23:27 | ■甲虫 | Comments(16)

20090101 冬来たれば、春近し (虫林花山)

Nature Diary #0231
Date: January 1st (Thursday), 2009

§ Diary §

冬来たれば、春近し
皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

d0090322_0281925.jpg

この写真は昨年の白馬でのよき思い出(幸せの黄色いバンド)です(詳細はND#0167 参照)。
第3回虫林大賞(2008年度)受賞作品----自分の作品から自分で選んでいるので、あしからず。

by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2009-01-01 00:28 | その他・雑 | Comments(55)