NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

20091018 晩秋の河原散歩:クロツとコニワハンミョウ

Nature Diary #0285
Date: October 18th (Sunday), 2009
Place: Minobu-cho, Yamanashi Pref.
Weather: Fine



§ Diary §

日曜日の朝は、目が覚めても布団の中でほっこりとしていたい。

-----が、窓からの光に促されるように起床してしまった。「春眠暁を覚えず」という言葉があるが、虫林にとっては秋の眠りも後を引いてしまうのだ。とくに、二度寝はいいですな~。

家の近くではキンモクセイ(金木犀)のオレンジ色の花が満開で、独特の香りが漂ってくる。しかし、困ったことに虫林はキンモクセイの花の香りはトイレを連想してしまうのだ。なぜ、トイレの消臭剤はキンモクセイの香りが多いのだろう。



クロツバメシジミ; Black Cupid

クロツバメシジミ(以下クロツ)は、局所的な分布を示す蝶で、山梨県では数か所のポイント(虫林の知る)が飛び石のように見られる。毎年秋になるとこのクロツの撮影が楽しみだ。

今回訪れたクロツポイントは、富士川の河原にほど近い石積みの土手で、この蝶の食草である「ツメレンゲ」の花で薄いピンクに染まっていた。良く見るとツメレンゲはまだ6-8分咲きのようだが、蕾のほうが赤みが強いのでかえって綺麗にみえる。

この時期でもクロツはかなり個体数が多くて驚いたが、やはり古いものが目立つ。そこで、比較的新しい個体を選んで撮影することにした。

d0090322_22162932.jpg
ツメレンゲで吸蜜するクロツバメシジミ(10月18日、身延町)

.
A black cupid feeding on the flowers
Canon Power Shot G10, f5, 1/800, EV-1.33, ISO100


この土手は滑り易いので足場にかけた足を目いっぱい踏ん張って体を支えなければならない。実際、数回ほど土手から滑り落ちてしまった----幸いにして怪我はしなかったが、薔薇のとげを手のひらに刺してしまいとても痛かった。

猿も木から落ちるのだから、虫林が土手から落ちてもなんら不思議は無いのだ。

d0090322_2216425.jpg
ツメレンゲで吸蜜するクロツバメシジミ(10月18日、身延町)

.
A black cupid feeding on the flowers with the wings opened.
Canon Power Shot G10, f5, 1/500, EV-1.0, ISO100


クロツの翅表は確かに黒いのだが、ただ黒いだけではなくて怪しい青みを帯びている。

d0090322_22165874.jpg
開翅するクロツバメシジミ(10月18日、身延町)

.
A black cupid resting on the stone with the wings opened.
Olympus E-3, Sigma 150 Macro, f5.6, 1/1000, EV -0.7, ISO400


ツメレンゲで吸蜜するクロツを逆光で撮影してみた。

d0090322_2217131.jpg
ツメレンゲで吸蜜するクロツバメシジミ(10月18日、身延町)

.
Backlight view of black cupid feeding on the flowers
Olympus E-3, Sigma 150 Macro, f2.8, 1/2000, EV +0.3, ISO400


コケで吸水するクロツを魚露目で超近接撮影してみた。クロツの顔はシジミチョウの中でもとりわけ可愛いので、英名のBlack cupid という名前が良く似合う。

ストローはとても細いのがわかるね。

d0090322_2217284.jpg
吸水するクロツバメシジミ(10月18日、身延町)

.
A black cupid feeding water on the moss
Olympus E-3, ZD50mm, EC-14, f22, 1/160, EV-3, gyorome-8, ISO400、内部ストロボ


産卵するクロツを魚露目で超近接撮影してみた。

クロツは産卵するときに、ツメレンゲの葉の間に潜るのでそのシーンを鮮明に写すのは結構骨が折れるのだ。しかし、「待てば海路の日和あり」だ。

しばらくすると、クロツのメスが前脚を枯れ草にしっかりとかけて産卵するシーンが見られたのだ。さっそく、魚露目レンズで超近接の虫の目撮影することにした。後で写真をよく見てみると、腹端から卵が少しでているようだ。

d0090322_22184912.jpg
産卵するクロツバメシジミ(10月18日、身延町)

.
A black cupid egg-lying on the feeding plant.
Olympus E-3, ZD50mm, EC-14, f22, 1/160, EV-3, gyorome-8, ISO400、内部ストロボ

d0090322_2219386.jpg
ツメレンゲで吸蜜するクロツバメシジミ(10月18日、身延町)

.
A black cupid feeding on the flowers.
Olympus E-3, ZD50mm, EC-14, gyorome-8, f22, 1/160, EV-3, ISO400、内部ストロボ



チャバネセセリ; Small Branded Swift

d0090322_22191823.jpg
吸蜜するチャバネセセリ(10月18日、身延町)

.
A Small Branded Swift feeding on the flowers.
Olympus E-510, ZD8mm, EC-14, f16, 1/125, EV0.0, ISO200



コニワハンミョウ; Cicindela transbaicalica

河原をブラブラと歩いてみると、草が倒れて泥や砂を被っているのがめだつ。これは先週の台風18号による増水で冠水したためだろう。

しばらくして、草が無い砂地に差し掛かると、足もとから黒っぽい昆虫が飛び立って数メートル先の地面に静止した。ウーム、コニワハンミョウのようだ。注意してみると、あちらこちらで本種を見ることができた。

今年はどうもハンミョウの仲間と縁があるようだ。

d0090322_22193659.jpg
河原のコニワハンミョウ (10月18日、甲府市)

.
A tiger beetle, Cicindela transbaicalica, on the sandy ground of river side.
Olympus E-510, ZD8mm FISHEYE, F9.0, 1/200, EV0.0, ISO200


とにかくコニワハンミョウは敏捷でなかなか広角写真を撮影する距離(10cm以内)にまで近寄らせてくれない。まして正面からの撮影は到底不可能かと思われた。

しかし、虫林のチーター捕獲作戦応用戦術によるしつこい追跡には、さすがのコニワハンミョウもとうとう根負けしてしまい、最後にはこちらを向いて微笑んでポーズをとってくれたのだ。

昆虫写真の極意は「念ずれば通じる」と見つけたり!

d0090322_22195895.jpg
河原のコニワハンミョウ (10月18日、甲府市)

.
A tiger beetle, Cicindela transbaicalica, on the sandy ground of river side.
Olympus E-510, ZD8mm FISHEYE, F9.0, 1/200, EV0.0, ISO200


この場所は今までこのハンミョウを見た覚えがない----不思議だ。

今回見ることができた個体は、台風による増水で他所から運ばれてきた可能性も否定はできないが、まあ今まで見逃していたと考えるほうが自然だろうと思われる。

人間の目というものは、見ようとしなければ見えないものだから。

d0090322_22201696.jpg
河原のコニワハンミョウ (10月18日、甲府市)

.
A tiger beetle, Cicindela transbaicalica.
Olympus E-3, Sigma150mm MACRO, F5.0, 1/4000, EV-0.3, ISO400


ハンミョウの仲間は毛深いものが多いが、コニワハンミョウの体も剛毛をまとっている。肉眼的には褐色一色にみえるが、レンズで拡大してみると、脚や胴体の一部には虹色を帯びていて意外に美しい。

d0090322_2220304.jpg
河原のコニワハンミョウ (10月18日、甲府市)

.
A tiger beetle, Cicindela transbaicalica.
Olympus E-3, Sigma150mm MACRO, F9.0, 1/500, EV0.0, ISO400, Trimming (+)

d0090322_22204859.jpg
河原のコニワハンミョウ (10月18日、甲府市)

.
A tiger beetle, Cicindela transbaicalica.
Olympus E-3, Sigma150mm MACRO, F9.0, 1/320, EV-0.3, ISO400, Trimming (+)


**************************************************

§ Afterword §

今年のクロツは白馬のポイントで撮影していたが、山梨の地元では今回が初めてになった。ここはいつも遅くまでクロツが残っているので、虫林にとってはとても有難いポイントなのだ。それに、今年は食草のツメレンゲの成長も良好だったみたいでとても嬉しい。

クロツはやはり小さくて可愛い蝶であることを今回も再認識した。もしかしてtheclaさんのように異常型でも発見できるかもしれないと思ったが、やはり世の中はそう甘くはなさそうだ。

ハンミョウの仲間は興味ある甲虫のグループで、散歩道で出会うとカメラを向けてしまう。コニワハンミョウは以前にシルビアシジミのポイントの近くで生息地を見つけたが、こんなに近くにも本種が棲息していたとは迂闊だった。灯台もと暗しだね。



来週末はある学会を主催するので、フィールド散歩に出ることはできない。まあ残念だが、そちらが本職なのだから仕方がないのだ。



以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2009-10-18 22:47 | Comments(20)

20091011 富士山初冠雪、ホシホウジャクとタニグチコブ

Nature Diary #0284
Date: October 11th (Saturday), 2009
Place: Kofu-shi, Yamanashi Pref.
Weather: Fine



§ Diary §

<富士山初冠雪>
数日前に甲府気象台から「富士山の初冠雪」が発表された。初冠雪というのは気象台の職員がお山の上の雪を目で確認することだが、この発表は例年よりも少し遅かったらしい。

ウーム、やはり富士山には雪がないとね。


そこで、日曜日の午後3時半過ぎに甲府市北の丘の上から富士山を見た。驚いたことに初冠雪から数日しかたっていないのに、富士山はかなり下の方まで白くなっているではないか。この数日で雪が降ったのかな。

西日に照らされた甲府市街とともに富士山を撮影した。

d0090322_22184231.jpg
西日に照らされた甲府市街と富士山 (10月11日、甲府市)

.
A landscape of Kofu city and Mt. Fuji in the afternoon.
Olympus E-3, ZD50mm, F9.0, 1/1000, EV-0.3, ISO400



モンキチョウ; Eastern Pale Clouded Yellow

モンキチョウを富士山を背景にして撮影。

夕方でやや薄暗い上に、富士山を出すためにシボリを入れていたので高感度(ASA800)にした。オリンパスはCCDが小さいのでASAを上げるとノイズがね------。それでも翅が止まらないと思ったが、何枚か内の一枚だけは翅がブレずに止まった(少しブレているが)。

これから天気の良い日には富士山を背景にした昆虫写真を一つのテーマとして撮影していきたいと思っている。秋は空気が澄んでいるので楽しみだ。

d0090322_22193346.jpg
モンキチョウと富士山 (10月11日、甲府市)

.
An Eastern Pale Clouded Yellow and Mt. Fuji
Olympus E-3, ZD50m Macro, EC-14, F16.0, 1/500, EV-0.7, ISO800


さらに広角レンズで撮影したが、富士山が小さくなりすぎたかもしれない。でも、面白い写真にはなったので満足だ。少し暗いので、外部ストロボを使用した。

d0090322_22194875.jpg
モンキチョウと富士山 (10月11日、甲府市)

.
An Eastern Pale Clouded Yellow and Mt. Fuji
Olympus E-510, ZD8m Fisheye, EC-14, F18 .0, 1/100, EV0.0, ISO400、外部ストロボ



ホシホウジャク; Macroglossum stellatarum

南アルプスに行く途中で、オレンジ色の花が咲いている場所があったので立ち寄ってみた。見ると何頭かのホシホウジャクが花を訪れていた。

外部ストロボを用いて飛翔写真を撮影した。

d0090322_2220230.jpg
ホシホウジャク (10月12日、南アルプス市)

.
A flying feature of Macroglossum stellatarum
Olympus E-510, ZD8m Fisheye, EC-14, ISO400、外部ストロボ


ホシホウジャクの飛翔を見ていると、意外に単純だ。そこで、少し待ち伏せして近接撮影を試みた。下の写真はレンズから10cm以内の距離である。外部ストロボを用いる場合には、海野和夫氏も指摘しているが、露出はマニュアルで設定した方が楽である。

何しろ飛翔中のホウジャクは高速で羽ばたくので、その翅を止めるのは非常に難しかった

d0090322_2220171.jpg
ホシホウジャク (10月12日、南アルプス市)

.
A flying feature of Macroglossum stellatarum
Olympus E-510, ZD8m Fisheye, EC-14, ISO400、外部ストロボ


吸蜜シーンの拡大だが、もちろんこの写真もトリミングしていない。ここまで近づくのは結構苦労したが、かなりインパクトのある写真になったと思う。

d0090322_22203188.jpg
ホシホウジャク (10月12日、南アルプス市)

.
A flying feature of Macroglossum stellatarum
Olympus E-510, ZD8m Fisheye, EC-14, f7.1, 1/1250, ISO800、外部ストロボ



タニグチコブヤハズカミキリ; Mesechthistatus taniguchii

昨年撮影できなかったタニグチコブヤハズカミキリを運良く見つけることができた。やはりマルバダケブキの枯れ葉の中に潜んでいた。

2年ぶりの再会だ。

d0090322_22204319.jpg
タニグチコブヤハズカミキリ (10月12日、南アルプス市)

.
Mesechthistatus taniguchii
Panasonic DMC LX3, ASA100

d0090322_22205618.jpg
タニグチコブヤハズカミキリ (10月12日、南アルプス市)

.
Mesechthistatus taniguchii
Panasonic DMC LX3, ASA100


見つけたタニグチコブを枝に止まらせて、gyorome-8を装着して虫の目写真を撮影した。西日を入れて逆光での撮影なので、内部ストロボを強めにした。

d0090322_22211243.jpg
タニグチコブヤハズカミキリ (10月12日、南アルプス市)

.
Mesechthistatus taniguchii
Olympus E-3, ZD50m Macro, Gyorome-8, ISO400、内部ストロボ


タニグチコブヤハズカミキリの最も大きな特徴は、鞘翅の上にある大きな黒い紋である。そこで、その黒い紋を強調して撮影してみた。鞘翅には縦にスジがあるが、左右の翅は癒着していて飛ぶことができないのだ。

d0090322_22223557.jpg
タニグチコブヤハズカミキリ (10月12日、南アルプス市)

.
Mesechthistatus taniguchii
Olympus E-3, ZD50m Macro, Gyorome-8, ISO400、内部ストロボ

d0090322_22225059.jpg
タニグチコブヤハズカミキリ (10月12日、南アルプス市)

.
Mesechthistatus taniguchii
Olympus E-3, ZD50m Macro, Gyorome-8, ISO400、内部ストロボ


**************************************************

§ Afterword §

<パソコンのリニューアル>
自宅のパソコンは古くて、起動や動作が遅い上にあまりにも非力------そこで、連休初日の土曜日に近くの電気店でとうとう新しいパソコンを購入した。

あと少しでOSが新しく変更(Windows 7)になるので今購入するのには少し抵抗があるが、まあ趣味の自然写真であれば今のOS(不人気のVista)でもパフォーマンス的には問題ないだろうと思う(安価で入れ替えも可能)。

それにしても、パソコンのリニューアルは、購入後の環境整備が大変だ。

だが、何とかインターネット、メールの設定やソフトのインストールなども無事に終了することができたので一安心だ。何しろ以前のパソコンに比べると処理スピードは格段に速くなったので、ブログの閲覧なども楽に行えるようになったのは嬉しい。

これから写真現像ソフトなども真面目に検討してみたいと思う。




以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2009-10-12 22:23 | Comments(22)

20091004 十五夜の月と県南散歩:ツマグロキチョウ他

Nature Diary #0283
Date: October 4th (Sunday), 2009
Place: Nanbu-cho, Yamanashi Pref.
Weather: Cloud and Fine



§ Diary §

10月3日(土曜日)は十五夜(中秋の名月)

夜、家内に促されて外に出てみると何とも綺麗な満月が雲の間に見えた。そういえば、近年は忙しさにかまけて十五夜のお月さんを見ていなかったなあ------。

十五夜どころか月そのものをしげしげと見るのは久しぶりなので、なんとなくワクワクだ。そこで、久しぶりに月見団子を食べて「お月見」としゃれこんだ-----久々の風流。


<月の撮影>
見るだけでやめておけば良いのに、「十五夜の月」を撮影。

月の撮影には天体望遠鏡にカメラを付けて撮影するのが普通かも知れないけれど、デジカメだけでも何とか撮影できるはずだ。撮影に使用したレンズは ZD70-300mm で、さらに1.4倍のテレコン(E-14)をかませた。このシステムでは300mm X 1.4倍 で420mmで、さらにフォーサーズでは焦点距離が倍になるので実質840mmの超望遠になる。

ブレが怖いので、三脚にカメラを付けて、セルフタイマーで撮影してみた。結局、840mmでも写る月は少し小さいが、「兎の餅つき」くらいはわかるかな?

d0090322_2231710.jpg
月を840mmで撮影(10月3日、甲府市)

.
Full moon on the fifteenth night
Olympus E-3, ZD70-300mm, EC-14, F9.0, 1/250, EV-5.0, ISO200


<月の地図>

トリミングして月を拡大。

ここまで拡大すると海と呼ばれる部分や右下の大きな チコクレーター Tycho crater (→)、海の中の コペルニクスクレーター Copernicus crater (→) くらいは認識できておもしろい----それにしても月の表面は綺麗だね。

d0090322_2234090.jpg
月の地図 (10月3日、甲府市)

.
Map of Full moon on the fifteenth night
Olympus E-3, ZD70-300mm, EC-14, F9.0, 1/250, EV-5.0, ISO200、トリミング




ツマグロキチョウ; Angulated Grass Yellow

10月14日(日曜日)は県南(南部町)の林道を一人で散歩した。

本日の本命はツマグロキチョウであるが、山梨県内でこのチョウを確実に撮影しようとするならば、やはり県南部の河原まで行かなくてはならない。それもどこでもいるわけではなく、虫林の知る撮影ポイントはとても小さい。

到着してすぐに数頭のツマグロキチョウが飛び出した----今年も会えて良かった。

d0090322_22373127.jpg
ツマグロキチョウ (10月4日、南部町)

.
An Angulated Grass Yellow resting on the leaf.
Panasonic DMC LX3, ISO100


飛び出したツマグロキチョウは、時々黄変した葉の上で静止した。確かにこの黄葉した葉はこのチョウのカモフラージュとして適しているのだろう。

d0090322_22374592.jpg
黄葉した葉上のツマグロキチョウ (10月4日、南部町)

.
An Angulated Grass Yellow resting on the leaf.
Panasonic DMC LX3, ISO100


キチョウの仲間は逆光で撮影すると綺麗な色が出るようだ。逆光といっても見る角度でその効果はかなり異なるので、できれば横からの光が欲しい。

下の写真は午後の強い日差しを横から受けて吸蜜するツマグロキチョウを逆光で撮影した。

d0090322_22375941.jpg
吸蜜するツマグロキチョウ (10月4日、南部町)

.
An Angulated Grass Yellow nectaring on the flower.
Olympus , Sigma 150mm Macro, ASA200


ワンパターンであるが、いつものように飛翔するツマグロキチョウを撮影してみた。どうも最近は飛翔写真がマンネリ化してしまってこまる。キチョウやツマグロキチョウは飛翔が穏やかなので、写真が撮影しやすい。

d0090322_22381151.jpg
飛翔するツマグロキチョウ (10月4日、南部町)

.
Flying feature of an Angulated Grass Yellow.
Olympus E-510, ZD8mm FISHEYE, EC-14 ISO400, トリミング



ウラギンシジミ; Angled Sunbeam

この時期の県南はどこにいってもウラギンシジミが多い。とくに地面に降りている時には保護色になるようで、しばしば足下から数頭が飛び立って虫林を驚かせてくれる。

少し湿った地面でミネラルを摂っているウラギンシジミを広角で撮影してみた。背景に愛車が写ってしまったがまあいいか。

d0090322_22382578.jpg
ウラギンシジミ (10月4日、南部町)

.
A male of Angled Sunbeam resting on the ground.
Panasonic DMC LX3, ISO100


ウラナミシジミの吸水を初めて見かけた。

ウラギンシジミやキチョウの集団吸水は時々見られるが、ウラナミシジミの吸水シーンは今まで見たことが無かった。ここではウラギンシジミやキチョウとともに2頭のウラナミシジミ(→)が混ざっていた

d0090322_22383911.jpg
ウラナミシジミの集団吸水(10月4日、南部町)

.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, Asa 400、トリミング


アカタテハ; Red Admiral

今年新しく羽化したアカタテハがコスモスの花を訪れていた。

d0090322_22385373.jpg
新成虫のアカタテハ (10月4日、南部町)

.
A male of Red Admiral feeding on the flower
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, Asa 400



ベニシジミ; Small Copper

黒っぽい夏型のベニシジミ(写真右)の中に、妙に明るい色彩のベニシジミを見つけた(写真の左)。まるで春に見かける明るいタイプ(春型)のようなので驚いた。

朝晩の気温が下がってきたので、春型のような明るい個体が出現してきたのかも?

d0090322_22391035.jpg
明るい色彩のベニシジミ(10月4日、南部町)

.
A small copper feeding on the flower
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA200



ハンミョウ; Tiger beetle

ハンミョウはとても敏感なので、彼らを広角レンズで近接写真を撮影するのは至難の業

しかし、アフリカの草原で足の速いチータを捕獲する時のように、同じ個体をしばら~く追っていると、さすがの韋駄天ハンミョウ君も筋肉内に乳酸でも溜まってしまうのだろうか、あまり飛んで逃げなくなる(弱そうな個体を選ぶとなお良いぞ)。

この写真はほとんど触れるくらいまで近接して撮影したが、下がコンクリートなのがとても残念だ。苦労は必ずしも報われるとはいえないのだ。

d0090322_22392444.jpg
ハンミョウ (10月4日、南部町)

.
A tiger beetle resting on the ground.
Panasonic DMC LX3, ISO100


ハンミョウを前から撮影。ハンミョウは肉食性なので、大顎が発達している。また獲物を見つける目も鋭く、よく見ると少し怖いぐらいの人相じゃなかった虫相だ。

d0090322_22393855.jpg
ハンミョウ (10月4日、南部町)

.
A tiger beetle resting on the ground.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA200


ハンミョウを見ていると、長い脚で体を高く持ち上げている姿勢(写真左)と地面にくっつくような姿勢(写真右)を示す。ちょうど両方の姿勢が撮影できたので供覧して見る。

多分、前者は動き回る時の姿勢で、後者は休んでいる姿勢だと思うが------どうだろうか?

ワンちゃんと同じようにハンミョウにも 立て!、伏せ! と言ってみたいものだ。

d0090322_22395213.jpg
ハンミョウの姿勢 (10月4日、南部町)

.
A tiger beetle
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA200



ヌメリスギタケ; Pholioda adiposa

先日テレビで南方系の「オオシロカラカサタケ」という毒キノコが関東地方でも分布を拡大しつつあるのを知った。これは温暖化の影響らしいが、その分布図を見ると山梨県が空白になっているではないか。

そこで、県南の河原でオオシロカラカサタケを一応は探してみたのだが見つからなかった。

そのかわりといっては何だが、帰途に寄り道した高原で美味しそうなキノコを朽木(立ち枯れ)で発見した。虫林はキノコの同定にあまり自信がないので、写真を撮影して、帰宅後に図鑑で調べてみると、どうやらヌメリスギタケという名前の食用に適するキノコらしい。

こんど見つけたら食べてみよう。

d0090322_2240744.jpg
立ち枯れのヌメリスギタケ(10月4日、南部町)

.
Pholioda adiposa
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA200


**************************************************

§ Afterword §

先週末は滋賀の大津での学会に出席したためにフィールドに出ることができなかった。そのために、この県南散歩のNDは2週間ぶりとなった。秋の週末は色々と忙しくて困るのだ。

やはり1週間に一度はフィールドに出て歩かないと体重が増え、足腰が極端に弱くなり、骨のカルシウム分が減り、血圧が上がって、尿酸値も上昇してしまい、体の調子が非常に悪くなる。さらに、体調不良に加えて認知症まで出てボケてくるのだ。

とにかく、虫林のフィールド散歩は健康維持のために必須なエクササイズ----誰も納得していないか?



以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2009-10-05 22:42 | Comments(18)