NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

20101226 冬の散歩道:クワノコブコブゾウムシなど

Nature Diary #0363
Date: December 26 (Sunday), 2010
Place: Kofu, Yamanashi Pref.
Weather: fine



§ Diary §

このところの週末は何らかの予定が入っていてなかなか自由な時間がとれかったのが残念でした。しかし、今週は久しぶりに土日の両日ともにフリーになりました。そこで、土曜日は「みなとみらい」の横浜美術館で開催されている 「ドガ展」 に家内と一緒に出かけてきました。たまには芸術的な雰囲気に浸るのも良いものですな。

明けて日曜日は天気は良かったけれど、甲府市の朝の最低気温は零下3.1度で、どうやら今年一番の寒さだったみたいです。でも、その寒さをものともせずに(本当はオーバーウェイトのため)、家の近くの「武田の杜」にフィールド散歩に行くことにしました。

葉を落としたコナラ林は、とても明るく静かです。
d0090322_22441920.jpg
コナラ林の小径

.
A walking path in the woods of Quercus serrata
Olympus E-P1, MZD14-42㎜, ASA 200



すでに午前10時を過ぎているのに、北斜面の日陰ではまだ霜が残っていました。
枯葉に霜が付くと、まるでお化粧でもしたようにとても綺麗に見えます。
d0090322_22443733.jpg
霜が付着した枯れ葉

.
The dry leaves were decollated with frost.
.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II



ムラサキシジミ; The Japanese Oakblue

枝に絡まった枯葉の下で、ひっそりと体を寄せ合いながら越冬している2頭のムラサキシジミを見つけました。そういえば、今年はどういうわけかムラサキシジミをまだ撮影していなかったので、やっと古い友達に会えたような気がして嬉しくなりました。
d0090322_22445490.jpg
越冬するムラサキシジミ

.
Two Japanese Oakblues overwintering on the dry leaf.
.
Olympus E-P1, MZD14-42㎜, ASA 200



枯葉は外から見えにくい場所でしたので、少し葉をめくって撮影していたら、突然1頭が下に落ちてしまいました。多分、気温が低くて飛ぶことができなかったのでしょう。そこで、撮影後にそっと元の越冬場所(枯葉)に戻してあげました。
d0090322_2314959.jpg
d0090322_22451458.jpg
越冬するムラサキシジミ

.
Two Japanese Oakblues overwintering on the dry leaf.
.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II




オオミドリシジミ; Oriental Hairstreak

コナラの幹から出ている細い枝でゼフ(ミドリシジミの仲間)の越冬卵を発見しました。

場所からするとオオミドリシジミの越冬卵だと思いますが、ゼフィルスの発生時期にこの場所を訪れたことはありません。来年は6月位に調べてみようと思いますが、えてして越冬卵が見つかっても成虫はなかなか見ることができないものです。
(2枚目の写真はトリミング+)
d0090322_22452849.jpg
d0090322_22453792.jpg
オオミドリシジミの越冬卵

.
A overwintering egg of the Oriental Hairstreak was found on the twig.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II,トリミング(1/2)



クワノコブコブゾウムシ; kobuzo rectirostris

本日の目的は「森のダッコちゃん」こと越冬ゾウムシです。

なかなか目的のゾウムシは見つけることが出来ませんでしたが、やっと小枝(樹種不明)の先にしがみついているゾウムシ君を何とか見つけることができました。
(クワノコブコブゾウムシの名前はびんげんさんからご教示いただいた)

d0090322_22455558.jpg
クワノコブコブゾウムシ

.
An elephant beetle overwintering on the twig.
Upper: Olympus E-P1, MZD14-42㎜, ASA 200


このゾウムシは「クワノコブコブゾウムシ」という面白い名前です。
ついでに属名が Kobuzo (コブゾウ)というのも笑ってしまいますね。
d0090322_2246957.jpg
クワノコブコブゾウムシ

.
An elephant beetle overwintering on the twig.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II


みると小枝の樹皮の窪みに頭部を斜めに入れて越冬しているようにみえます。

脚は2本だけで体を支えている姿が 「ダッコちゃん」 スタイルです。でも、今の若い人は昔一大ブームだったダッコちゃん人形のことを知らないかもしれないな(年がバレる)。

2枚目の写真はトリミング(1/2)しています。
d0090322_22462168.jpg
d0090322_22463199.jpg
クワノコブコブゾウムシ

.
An elephant beetle overwintering on the twig.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II




**************************************************

§ Afterword §

冬の散歩道は明るくてとてものんびりしていて良いですが、やはり寒いので防寒対策には気を使います。今までアンダーズボンなどはあまり使用していませんでしたが、本日ははいて出かけました。とても温かくてこれからは必需品になりそうです。

もうすぐ、冬休みに入りますが、またのんびりと散歩してみたいと思います。



以上、 by 虫林花山


by tyu-rinkazan | 2010-12-27 22:48 | ■甲虫 | Comments(14)

20101219 冬の散歩道:キノカワガなど

Nature Diary #0362
Date: December 19 (Sunday), 2010
Place: Kofu, Yamanashi Pref.
Weather: fine



§ Diary §

甲府市内にはブドウ棚が多い。
紅葉したブドウの葉が逆光気味の太陽の光で深紅に輝いていたのが印象的だった。。

このブドウの葉は順光ではくすんだ暗赤色で、あまり綺麗とはいえない。
光の効果が実に大きいことを実感。
d0090322_224693.jpg
冬の陽光が透けたブドウの葉

.
It was very impressive for me that the grape leaves were brilliant red in color against the winter sun-shine.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA200




ウラギンシジミ; Bright Sunbeam

寒がりな虫林が散歩するのは陽があたる南斜面に限る。

というのも、北斜面や日陰は気温が低くて寒いからだ。こんなことを書くと、もっと寒い北国に住む方からお叱りを受けそうだが、血圧が高い虫林にとって、寒い場所はあまり良くないのだ----ウソ、ただ軟弱なだけだ。


斜面を少し登ると、そこには 「ゆず」 の木が数本植栽されていた。
見渡すとほどなく、葉裏で越冬しているウラギンシジミを1頭見つけた。

人間の目では、ウラギンシジミの翅裏は純白で遠くからでもよく目立つ。
すると、越冬している個体の多くは天敵の鳥たちに食べられてしまうに違いないと思うが、鳥たちの目には彼らの姿はどう映るのだろうか---興味があるな。
d0090322_22463018.jpg
d0090322_22465435.jpg
ウラギンシジミとユズの実

.
A butterfly, Bright Sunbeam, overwintering under the leaf of Yuzu orange.
.
Upper; Olympus E-P1, MZD14-42mm, ASA 200,
Lower; Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II





ヤマトシジミ; Pale Grass Blue

12月も押し迫ったこの時期に一頭だけヤマトシジミを見つけた。
とても小さい個体で、さすがに翅も少し擦れていた。
d0090322_22471011.jpg
ヤマトシジミ

.
A small butterfly basking on the dry leaf with the wings opened.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200




キノカワガ; Blenina senex

「木化けの名人(名蛾?)」キノカワガはけっして珍しい種類ではなさそうだが、かといってどこでも見ることができるほど多くもない。数年前、この忍者みたいな蛾を探してウロウロしたことがある。その時に初めてこの蛾を見つけた小さなお宮を訪れてみた。

そのお宮には大きなスギとともにケヤキが数本あるが、そのうちの1本だけにキノカワガが多くみられる。同じケヤキで同じくらいの大きさなのになぜ1本だけに多いのだろう。昆虫を観察していると、そういうことが良くあるものだ。

このケヤキは 「キノカワガのご神木」 だな。
d0090322_22472340.jpg
ケヤキ

.
Japanese zelkova
Olympus E-P1, MZD14-42㎜, ASA 200



キノカワガのようなカモフラージュが巧妙な昆虫を発見するのは、目に自信が無い虫林には容易ではない。でも、ここに確実に棲息しているという確信をもって探すと見つけることができるのだ(必ずしも上手くいくとは限らないが---)。視力は意識と深く関係するのだろう。

この写真には3頭静止しているが、わかり難いので黄色い丸で囲んだ。
d0090322_22473855.jpg
ケヤキの樹皮上のキノカワガ

.
Thee moths of Blenina senex resting on the surface of the tree.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, Speedlight 430EX II



今年は個体数が多いようで、ご神木では10頭ほど(過去最高)を発見できた。

キノカワガはその名の通りで、翅の模様、色彩、質感などが樹皮に似ている。でも、形や大きさは差が無いものの、個体によって模様や色彩はかなり異なる。
d0090322_2247516.jpg
d0090322_2248489.jpg
d0090322_22481684.jpg
キノカワガ

.
A moth of Blenina senex resting in camouflage.
Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II




イチモンジフユナミシャク; Operophtera rectipostmediana

イチモンジフユナミシャク♀キノカワガよりも発見するのが難しいと思う。

案の定、丘の上のソメイヨシノの木を何本もゆっくりと見ていくが、なかなか発見できなかった。40分ほど経過してモティベーションも低下してきたので、そろそろ諦めて帰ろうかなと思った時に、白っぽい樹皮の上で何とか見つけることができた。

とにかく、フユシャクの♀は翅が痕跡程度になり、全体にとても小さくて保護色なのだ。見つけた後でも目を離すともう一度見つけ出すのに苦労するくらいだ。
d0090322_22482988.jpg
d0090322_2248439.jpg
d0090322_2249392.jpg
イチモンジフユナミシャク♀

.
It was difficult to found a female of winter moth resting on the surface of the cherry tree.
.
Upper and middle; Canon D7, EF100mm-2.8L-Macro-IS-USM, ASA 200, Speedlight 430EX II, Lower; Olympus E-3, ZD8mm Fisheye, ASA100


**************************************************

§ Afterword §

フィールド散歩は実に1ヶ月ぶり(甲府市内の散歩は2ヶ月ぶり)になった。今まで忙しさにかまけてバタバタしていたら、いつのまにか過ぎてしまったのだ。
まったくこの頃、月日の進行が速く感じるのは年のせいなのかな。

これから寒くなると、さらに出不精になりそうだ----いかん、いかん。




以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2010-12-19 23:16 | ■他の昆虫 | Comments(8)

20101112 長崎の海岸散歩:ヤクルリほか

Nature Diary #0361
Date: November 12 (Friday), 2010
Place: Nagasaki
Weather: fine



§ Diary §

今週は九州の長崎。

海を見下ろす丘の上に車を止め、浜辺に降りる道を探した。
しばらくすると、薄暗い林の中にまるでトンネルのような小径を見つけた。

このトンネルの先は “不思議の国の虫林”---ふとそんな気がした。

d0090322_23571116.jpg
トンネル

.
(2010-November-12, Nagasaki)



トンネルを抜けると、そこは小さな浜辺。

子供の頃に海辺の町で育った僕には、踏みしめる砂浜は嬉しく、潮の香は懐かしい。
眩しく輝く午後の海を目を細めて見た。

d0090322_23572684.jpg

.
seashore
(2010-November-12, Nagasaki)




イシガケチョウ; Common Map

しばらく浜から内陸に向かって歩くと、猫の額ほどの畑に出た。
突然、何か白いものが飛んだ。

その場所にそっと近づいて覗いてみると、栽培している野菜の上に翅を開いて静止している「イシガケチョウ」を見つけた。

イシガケチョウは、まるで「紙で作った飾り」のようにみえた。

d0090322_23574143.jpg
イシガケチョウ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



ヤクシマルリシジミ; Common Hedge Blue

所々で見かけるヤマトシジミは、すっかり白っぽくなり低温期型の特徴を示していた。その中に素早く飛ぶ小さなシジミチョウを見つけた。ヤマトの色合いと明らかに異なり、濃い青色をしていた。

どうやら、ヤクシマルリシジミの♀だ。

ヤクルリ♀は花にはあまり興味を示すことなく、浜辺の草付きの上を飛び、バラ科植物の葉上に静止した。そういえば、ヤクルリの食草は確かバラのはずだ。しばらく産卵シーン期待して注視したが、残念ながら腹端を曲げなかった。

d0090322_23575624.jpg
ヤクシマルリシジミ

.
(2010-November-12, Nagasaki)

d0090322_235899.jpg
ヤクシマルリシジミ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



ムラサキツバメ ; Zizula hylax

どこからともなく、ムラサキツバメが飛来した。

d0090322_23582251.jpg
ムラサキツバメ

.
(2010-November-12, Nagasaki)

d0090322_23583584.jpg
ムラサキツバメ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



その他; Miscellaneous

ウラギンシジミはタテハチョウのようだがシジミチョウだ(変なの)。
このチョウを見ると、南米で発達している「シジミタテハ」を思い出す。

d0090322_23584948.jpg
ウラギンシジミ

.
(2010-November-12, Nagasaki)

d0090322_2359476.jpg
ウラギンシジミ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



浜辺を歩くと、足元からしばしばキタテハが飛び立った。

じつは、ここではタテハモドキを期待していたので、キタテハが飛び出すたびに目で追ったのだが、タテハモドキは一度も姿を見せてくれなかった。

d0090322_23591799.jpg
キタテハ

.
(2010-November-12, Nagasaki)

d0090322_2359374.jpg
キタテハ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



オオキンカメムシが多い木を見つけた。

このカメムシは以前に房総半島でも見かけたが、冬には海のそばで越冬する習性があるらしい。かなりの個体がいたので、もう少し寒くなれば集団越冬をするのだろう。

d0090322_00152.jpg
オオキンカメムシ

.
(2010-November-12, Nagasaki)


**************************************************

§ Afterword §

11月の散歩の記録をまとめているうちに、今年も終わりそうだ。
忙しさにかまけて、もう一か月もフィールド散歩に出ていない。

これでは、「酸素不足」ならぬ「散歩不足」だろう。

下の写真は小さな漁港の海産物屋。
ここで購入した干したカタクチイワシ(いわゆるニボシ250円)は、そのまま食べてとても美味だった-----ウームもっと沢山買うべきだった。
d0090322_011621.jpg


先日、東京に行った折に新宿の「ヨドバシカメラ」で新発売のオリンパスE-5を見てきた。E-5はまだ結構高い。その時同時にキャノン7Dに 300㎜F4 L IS USMを装着して試写してみたが、持った感じのフィールングがとても良く、レンズの動きもスムーズで感心した。この望遠レンズはF4で、最短1.2mまで寄れる。----来年はキリシマやヒサマツに挑戦したいので心が動く。ところで、キャノン7Dや新発売の60D はどうしてこんなに値下がりしているのだろう。まるで価格破壊だ。




以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2010-12-18 00:11 | ▣ヤクシマルリシジミ | Comments(6)

20101107 台湾(高雄)の散歩

Nature Diary #0360
Date: November 07 (Sunday), 2010
Place: Kaohsiung in Taiwan
Weather: fine




§ Diary §

所属する学会の日台合同セミナーで、台湾南部の都市「高雄 Kaohsiung 」 を訪問した。
 
台湾にはこれまでに何度か訪れたが、その度ごとにこの国の豊かな自然や人々の暖かい人情などに触れることができた。しかし、今回は忙しい中での駆け足的訪問なので、せっかくの台湾南部なのに、フィールド散歩の時間をほとんど捻出することができなかった。

まあ、仕事と趣味の優先順位を考えれば仕方がない-----なんだか未練がましいぞ。



下の写真は、高雄市内を流れる「愛川Love river」の風景。

日が傾き黄昏時になると、川面を渡る風も頬に気持ち良く、河畔に並ぶ小さなお店に灯がともった。見上げれば、空一面のイワシ雲が夕日を映して赤く色づいていた。

こんな時、虫林の心は時空を飛ぶ。

d0090322_1762759.jpg
#1: 黄昏の愛川

.
A landscape of Love river at the sunset time.
(2010-November-07, Kaohsiung)



ミドリオオハマキモドキ; Saptha beryllitis

観光客が行きかう賑やかなメインロードから、林の中に向かう脇道に入ってみた。せっかくの訪問なので、台湾南部の虫を少しでも見たかったからだ。自由な時間はせいぜい20分ほどなので、急いで歩いて行くとすぐに汗がにじんできた。

その道は林に囲まれた広場に続いていた。

草叢を見渡してみると、キク科の黄色い花に緑と赤茶色のメタリックツートンの綺麗な蛾を見つけた。雰囲気はヒゲナガガの仲間に似ているが、正確な種名は後日ゆっくりと調べることにする。

注:ze_ph さんより本種が日本では八重山に産するミドリオオハマキモドキであるとご教示いただいた。有難う御座いました。

d0090322_1764954.jpg
#2: 蛾の一種(ミドリオオハマキモドキ)

.
A beautiful moth resting on the flower.
(2010-November-07, Kaohsiung)



コウシュンルリシジミ; Chilades lajus koshunensis

これまで見たことが無いシジミチョウを見つけた。
コウシュンルリシジミという

コウシュン「恒春」とは高雄のさらに南に位置する県の名前で、このチョウは台湾では南部だけに分布するらしい。ここ高雄では普通種だと思うが、今までの訪問地が台北周辺や台中だったので、このチョウをこれまで見かけなかったのだろう。

d0090322_177382.jpg
#3: コウシュンルリシジミ

.
A butterfly, Chilades lajus koshunensis, perching on the leaf.
(2010-November-07, Kaohsiung)




ホリイコシジミ ; Zizula hylax

地面の上をちらちら飛ぶ小さなシジミチョウを見つけた。

当初、見た感じから小型のヒメシルビアシジミかヤマトシジミと思っていたが、どうやらホリイコシジミらしい。このホリイコシジミはシルビアやヤマトよりも一回り以上も小さい。

ちなみに、本種とタイワンヒメシジミが台湾で最も小さいチョウらしい。

このチョウは、小さくて一見ひ弱に見えるが、アジアはおろかアフリカまで広く分布するとてもタフなコスモポリタン なのだ。蝶は見かけによらない。

d0090322_1771742.jpg
#4: ホリイコシジミ

.
A small butterfly, Zizula hylax , resting on the leaf.
(2010-November-07, Kaohsiung)




ヤエヤマシロチョウ; Appias libythea

葉の上で、やや大きなシロチョウが何頭も日光浴をしていた。まるで傾く陽の光を惜しむかのように翅をひろげて静止していた。

少し白化したマダラシロチョウなのだろうか。

*台湾在住のDさんから、本種はヤエヤマシロチョウであるとのご教示を受けました。
調べたところ、確かにヤエヤマシロチョウですね。有難うございました。
ヤエヤマシロチョウは近年に台湾南部に土着し、また、最近、沖縄で撮影されたとかで話題になった蝶のようです。

d0090322_1773033.jpg
#5: ヤエヤマシロチョウ

.
Appias libythea
(2010-November-07, Kaohsiung)




その他; Miscellaneous

今回の高雄訪問でも感じたことだが、台湾の街角では子供の頃にどこかで見たような回帰的な風景に遭遇する。そういう感覚は デジャブdéjà vu と言うのかも知れないが、とにかく懐かしくて親しみがある風景を見ることができる。

d0090322_1774487.jpg
#6: 釣人

.
Fisherman
(2010-November-07, Kaohsiung)



参加した日台合同セミナーは医学関係者の集まりだが、台湾の参加者の一人に虫屋を見つけた。曹美華さん という名前の方で、虫林の趣味を伝え聞いた台湾側のスタッフが親切にも紹介してくれたのだ。早速、お会いしてみたところ、嬉しいことに彼も昆虫写真を写すことが趣味ということだった。

驚いたことに、昆虫に関する本も出版していて、1冊を虫林にプレゼントしてくれた。それは図鑑シリーズの一つで台湾のハムシに関するものだった。掲載されている標本写真は極めて精密かつ明瞭で、虫体の裏表、側面はもちろん、幼虫や蛹まで掲載されているのには驚いた。図鑑としてもかなりハイレベルなものだった。

せっかくなので、彼から頂いた本を紹介しておく。

d0090322_17254431.jpg
#7: プレゼントされた図鑑

.



**************************************************

§ Afterword §

台湾は訪れる度に好きになる国だ。

冒頭でも述べたが、台湾には素晴らしい自然(小さな面積なのに400種以上のチョウが棲む)がある。しかし、虫林がとくに感銘を受けるのは、「人情」がこの国ではまだまだ色濃く生きていることだ。現在の日本はどうだろうか?


今回の台湾訪問では、自然の中に少しだけしか身を置くことができなかったが、お会いできた虫屋の曹さんとは次回は必ずご一緒しましょうと約束した。

次回に台湾を訪れるのがとても楽しみだ(多分、来年の5月かな)。





以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2010-12-05 17:29 | ● Taiwan | Comments(14)